〜シリーズ沖縄戦〜

Produced by Osprey Fuan Club

1945年7月15日 『因果はめぐる』

ある「隊長」の収容所生活

 

米軍の動向

〝沖縄〟という米軍基地の建設

f:id:neverforget1945:20190714205543p:plain

2号線と16号線の交差点に立てられたハイウェイの標識。標識は1-N号線の東100フィートの所に立てられ、16-E号線から来る際にも見える。(1945年7月15日撮影)

The highway marker has been erected at the traffic circle at the junction of Routes #2 and #16. The signal is about 100 feet east of Route #1N and may be seen on the approach from Route #16E.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

第32軍の敗残兵

野戦病院の捕虜 ① ある「隊長」の収容所生活

隊長の名前「梅村」は、あえて偽名を使い書かれている。

『…1945年7月の中ごろのある日、病院をさわがす事件がおきた。

屋嘉のPWキャンプから梅村という海軍少佐が病院おくりとなってきたのである。

「きのう、あいつと一緒に屋嘉から送られてきたおれの幕舎の兵隊から聞いたんだが、屋嘉においていたら、奴っこさん殺されちまいそうで、あぶなくなって病院おくりとなったらしい」

「水勤の連中が、ご恩返しをしてやろう、ということで、梅村の両足をゆわえて屋嘉の収容所の広っぱを引きずりまわしたそうだ」

因果はめぐるか・・・

そんな会話が私たちの幕舎でかわされていた。

水勤」というのは暁部隊の水上勤務の朝鮮人被徴用者たちのことであった。朝鮮の若者たちは正規の日本軍には編入されないで、海軍や陸軍の輸送船の労務者に、あるいは、海兵隊の労役に使われていた。水上勤務は私たちの「防衛召集」と似通っていた。名称はともかく、どちらも事実は苦力(クーリー)部隊にひとしかった。

幕舎の内外で聞かれた話をまとめると、おおよそ次のとおりであった。

海軍少佐梅村太郎那覇の西方にある慶良間諸島の中の阿嘉島の守備隊長であった。彼は冷酷非情の男であったうえに、朝鮮人に対する軽侮の気持ちがあったために、朝鮮人の水上勤務の者たちへの仕打ちはいよいよ冷酷さを加えたらしい。水勤の連中がきにくわぬことをしでかすと、足を縄でゆわえて引きずりまわさせた。隊長である梅村少佐の命令は阿嘉島では「大王の声」であった。反抗すれば有無をいわさず少佐の命令一下消されてしまうのであった。いのちのおしい者は反抗しようとしなかった。そういう札つきの梅村少佐が屋嘉のキャンプに現れたのである。

屋嘉のPWキャンプには水勤の仲間が何十名も先に送られていた。彼らは梅村少佐が捕虜となって屋嘉に姿を現わすとは夢にも思っていなかった。いつもの彼の言動から、彼は当然自決したものと思い込んでいた。それが姿を現したのである。

「どの面さげて人様の前に出て来ようというのか」

「ふざけた野郎だ」

憎しみの罵声が期せずして飛んだ。水勤仲間は梅村が捕虜になったことを「ゆるすべからざる」ことだと考えたのである。

彼は将校幕舎から呼び出されて、「人民裁判」にかけられた。

「お前からやられた通りのお返しをする。それ以上のことも以下のこともしないから安心しろ!」

そう宣言されて梅村は屋嘉のキャンプの砂地の上を両足をゆわえられて引きずりまわされたのである。キャンプの1万の日本兵捕虜たちの見まもる中で、アメリカのMPたちも見て見ぬ振りをした。日本軍将校に対する水勤仲間の「復讐」をアメリカ兵も同情の気持ちで黙認したのであろう。しかし、梅村を殺させては「捕虜保護」の責任を問われるので間もなくMPたちは水勤の連中をなだめて、彼を将校幕舎に連れ戻した。梅村が病院送りとなったのはその翌日であった。』(173-174頁)

《「沖縄の戦場に生きた人たち」(池宮城秀意/サイマル出版会) 173-174頁より》

f:id:neverforget1945:20200715041108p:plain

水上機母艦に所属する小規模の特派部隊によって捕まえられた、朝鮮人軍夫捕虜19人のうちの14人。同艦は、第1航空団と共に活動する。背後に写るのは、慶良間列島慶留間島水上機母艦ケネス・ホワイティング(AV-14)から撮影。

Fourteen of the 19 Korean prisoners captured by a small detail from a seaplane tender operating with FAW I. Behind them is Geruma Shima, Kerama Retto. Taken by the USS KENNETH WHITING (AV-14).

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

病院へ送られてほっとした梅村には、そこでも「」が待っていた。こんどは水勤の連中ではなくて、彼の部下であった日本兵たちである。

通勤の看護の娘たちも帰ってしまい、病院内が静まり返ってから梅村少佐は将校幕舎から呼び出された。幕舎つきの衛生兵たちの目の届かない病院の柵外へつれ出していくわけにはいかないので、幕舎の裏の方へ誘ったのである。少佐を連れ出した者たちは病院で元気をとりもどし、幕舎の世話係をしている連中で、病人らしくない見た目にはたくましい患者たちであった。

「おい梅村、おれたちを忘れやしないだろう」

「もう、手前は少佐殿でも、隊長殿でもないからなあ。そのつもりでいろっ」

「おれたちもお前も、おなじPWさまだ。お前、よくもしゃあしゃあと捕虜なんかになれたなあ。おれたちにお前、何といった」

「この野郎!」

しゃべっているうちに、めいめい自分の言葉で憎しみの心がよみがえって、次第に感情がたかぶってきた。梅村少佐はうなだれたまま一語も発しない。ひとりが梅村を思いきり殴った

ひとりが腕をふるうと、あとの3人も梅村に殴りかかった。梅村のからだつきは普通なのに、4人の兵隊はみんな彼よりも大きいから、1対4では勝負にならない。梅村は抵抗しないで、殴られていた。屋嘉のキャンプから引きつづいてのリンチに、彼は精神的にも完全にまいってしまっていた。PWキャンプで散々な目に会い、けがを口実に病院おくりとなって、また、そこで元の部下たちから痛めつけられるということになっては、戦争中とはいえ気が動転せずにはおれないはずである。無抵抗の梅村はかすかな呻き声をもらすだけで、やがて、暴力をふるっている4人が疲れてきた

ただならぬ気配に近くの患者たちが様子をのぞいていたが、加害者たちの片言隻句から1対4の殴り込みの真実を察知し、だまって自分の幕舎に引っ込んだ。』(174-175頁)

《「沖縄の戦場に生きた人たち」(池宮城秀意/サイマル出版会) 174-175頁より》

f:id:neverforget1945:20190714235512p:plain

《AIによるカラー処理》

軍政府病院の外観。沖縄本島の石川にて。屋内にいる患者。

Exterior of a Military Government hospital at Ishikawa, Ryukyu Islands. Patients indoors.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

『踏んだり蹴ったり、手と足を働かせながら口をついて出る彼らの言葉をつなぎ合せるとこうである。

阿嘉島の守備隊長をしていた梅村は、水上勤務の仲間たちに冷酷無残であったばかりでなく、部下の日本兵たちにも非道な指揮官であった。危険な作業に兵隊を無慈悲に駆り立てていた

戦争であれば危険は当然のことであるが、それでも時間によって「安全度」がちがったし、危険が全然避けられないわけでもなかった。百パーセント安全だという時間はないが、比較的危険がない時間を、10日、20日と戦闘が続いているうちに兵隊たちも知るようになって、その勘が当たるか当たらないかは別として、それによって毎日行動していた。梅村はそれを無視して自分の思いつきで、容赦なく、いつでも兵隊を駆り出したのである。そのようにして、「偶然」と「運」にかかわることであったにしても、つぎつぎに兵隊が殺されると「梅村に殺された」ということになった。

あの野郎殺してしまえ」と、みんな煮えくり返る思いをしながら、とうとう殺すことができずにいた梅村少佐を、PWキャンプと米軍病院の中で見つけたのであった。梅村が動けないくらいに殴られたころにコーア・メン (ブログ注・海兵隊員) が3名やってきて梅村を幕舎に返すように4人に指示した。

屋嘉キャンプと同じく、病院でも日本兵が日本軍将校に仕返しをするということは、アメリカ兵にも「面白いこと」であった。軍隊の常道としてアメリカ兵もときには自分たちの将校に憤懣もあったし、ぶん殴ってやりたいこともあったはずである。日本兵仕返しの気持ちに同情して、ここでも初めは見ぬふりをした。梅村もめぐり合せが悪かったというわけである。

思い切り梅村少佐を殴ったので腹の虫がおさまったのか、その後はことなくすんだが、殴った連中は「元気がありすぎる」ということで、翌る日に退院を命ぜられて屋嘉キャンプに送り返された。この事件はいささかアメリカ側にもセンセイショナルなもので、病院長にも報告され、3人の退院もその上での処置であったと衛生兵は話していた。』(175-176頁)

《「沖縄の戦場に生きた人たち」(池宮城秀意/サイマル出版会) 175-176頁より》

(座間味島は第一戦隊(戦隊長:梅澤裕少佐)、阿嘉島は第二戦隊(戦隊長:野田義彦少佐)、渡嘉敷島は第三戦隊(戦隊長:赤松嘉次大尉)であり、阿嘉島の野田と渡嘉敷の赤松の投降は8月22日以降。座間味島の梅澤(梅沢)隊長は6月中旬に捕虜となっている。2005年、大江・岩波沖縄戦裁判をおこしたのはこの梅澤裕と赤松嘉次の弟である。)また、実際に梅澤隊長は部下の日本兵二人を処刑したことも証言として記録されている。

 

捕虜になった日本兵 - 八原高級参謀の場合

6月26日に沖縄人と偽り投降、冨祖崎の収容所に入っていた沖縄戦の作戦参謀八原博通は、軍作業にもほとんど出ることなく米兵の目を警戒しながら収容所生活を送っていた。

助かった。嬉しかった。それにしてもなんで女と間違えたのか。ほっとしながらも、苦笑禁じ得なかった。百日間、陽の目にあわぬ蒼白な顔、おそらく体重五十キロを割るやせ衰えた身体つき。茶色のゴルフジャケツ、紫紺のズボン。顔にのっけた陽よけのハンカチ、服装の汚い、陽に黒く焦げた、前後に列をなして歩く沖縄の人に比べれば、たしかに女にも見違えられるスマートさがあったのかも知れぬ。

 《八原博通『沖縄決戦 - 高級参謀 の手記』読売新聞社、1972年》

 

米軍の記録に記された八原逮捕の経緯

参謀であることが発覚し逮捕されるのは、八原の手記では7月24日に連行され、26日に逮捕ということになっているが、米軍の記録では、7月15日、屋比久の収容所でのことと記録されている。米軍の8月6日の捕虜尋問調書 #28 によると、経緯はこのように説明されている。

彼は、摩文仁の洞窟から奇妙なやり方で転がり出て、その途中に不用意にもピストルを暴発させたところをブルー部隊に目撃されている。このパフォーマンスが明らかにヤハラが摩文仁で死んだという噂のもととなったようだ。飛び降りて怪我をしたにもかかわらず、ヤハラ大佐は壕の民間人の集団に紛れ込み、彼らと共に一緒に北へと向かい、最終的に小さなボートで日本領土に到達することを希望していた。

ブルー部隊がその壕に近づくと、ヤハラはグループを導いて投降し、彼らを伴って屋比久の収容施設に入ったが、そこで彼は学校教師としてうまく身を偽ることに成功した。三日間ほど軍作業の労働についただけで、彼のすでに弱った体は体調を崩し、次の2週間は休んで過ごした。

しかし、無為でいながらも文句の多いよそ者の存在は、警戒心をもった沖縄人の疑念と憤慨を招き、その男はヤハラをわきに連れていき説明を求めた。ヤハラは正体を明かしたが、その男の愛国心に訴え、黙っていてくれるよう頼み込んだ。がっかりなことには、その沖縄人はすぐさま彼の存在を地元の CIC エージェントに報告し、その職員はもどってきて、悔しそうにしているが無抵抗であったヤハラを連行し拘束した。

《Major Philips D. Carleton, The Conquest Of Okinawa: An Account Of The Sixth Marine Division, (2015) Appendix Footnote 4 p. 229. 》

f:id:neverforget1945:20190713183711p:plain

知念村屋比久の収容所で65年前の7月15日、一人の日本兵が逮捕されました。八原高級参謀長。32軍司令部で牛島司令官、長参謀長と共に沖縄戦の戦略を練ってきた人物です。八原高級参謀長は守備軍解散命令の出た6月18日の翌日、摩文仁の司令部壕を出て、本島北部へと向かいました。

大田昌秀さん「最後の酒盛りをして宴会、お別れの酒盛り。正装してね、軍服。ところが、翌19日になったら、軍服を脱いで、そして僕らの同僚を連れて道案内にして、守備軍の壕を出て行った」それは、牛島司令官と共に自決した長参謀長の命令を受けた行動でした。『主要な参謀を本土に帰還させ、本土決戦に備える』

八原高級参謀長は身元を偽り、住民に紛れ、疑われないように米軍作業にも参加しながら、密かに国頭から小船で与論を目指し脱出することを考えていましたが、ひと月足らずでその夢は断たれました。

65年前のきょうは1945年7月14日(土) – QAB NEWS Headline

 

そのとき、住民は・・・

先島諸島沖縄戦 - 尖閣諸島遭難事件

尖閣諸島戦時遭難事件「一心丸・友福丸事件」

f:id:neverforget1945:20170715190534j:plain

魚釣島の海岸(1979年撮影)

当時12歳の下地博さん(平良市出身)は「あまりの空腹感にたえられなくなり、これだけは食べるなと言われていたハジキ豆を伯父にかくれて食べました。食えるじゃないかと思ったとたんに猛烈ないきおいで吐き出し、気分が悪くなりました。あれ以来、三十年近くたっているのに、今でも豆類が食べられません」(「県史第10巻」)。餓死するのも出たが、島は岩盤だらけで、クバの葉に包まれ、石で押さえるだけ。死臭が島を覆っていた。

尖閣諸島戦時遭難事件「一心丸・友福丸事件」 - Battle of Okinawa

 

息子を失って

息子たちは、中西の国民学校で石部隊に入隊して、浦添村の内間で壕を掘ったりなどしていたが、私たちはそこへ何回も面会に行ったことがある。また息子も、二日間だけ休暇があったといって、村まで帰って来たこともあった。そして家族と楽しく語り過ごして、二日目の午前三時頃にこちらを出発した。私は大浜の橋の近くまで送って行ったが、息子は「お母さんまた正月に来て下さい」と言いながら別れたものであった。あの時に、誰に何と言われようが引き留めておけばよかったものを、息子は「そんなことをして、もし戦争に勝つようなことがあれば、家族そろって大変なことになるというから」などと冗談を言って笑っていたが、とうとうあの時に別れたままになってしまった。

息子は、西原村の棚原で死んだとのことであるが、どこでどのようにして死んだのかさだかではない。それで私は、羽地の収容所にいた頃に、息子たちと一緒に戦闘に加わった人々には、一人ひとり尋ねて廻わった。するとその中に、息子の最後のもようを知っている人がいたけれど、私に向かって、「母親のあなたにそのことを教えたら、あなたはショックで寝込んでしまうだろう」などと言うので、私は「足が切れていようが、首が吹っ飛んでいようが、もうそんなことで驚きはすまい。きちんととむらってあげたいだけですから」と、何度も頼み込んだのだが、なぜか彼等は本当のことを教えてくれなかった。

浜元にも棚原で肉親を亡くした方がいたので、別の日にその方と一緒に再度行って頼んでみたが、やはり無駄であった。誰が誰やら見分けもつかないということであれば、それはそれで弔う方法はあるからと、熱心に頼み込んだのだけれど、ついに聞き出すことはできなかった。息子はとても健康体で、高等二年を卒業(ブログ註・高等小学校2年は現中学2年生)するまで一日たりとも学校を休んだことがなかった。それだけにその遺骨にさえ会えなかったことは、残念でならなかった。

沖縄戦証言 本部 - Battle of Okinawa

国民学校とは、支那事変後の社会情勢によって日本に設けられ、初等教育前期中等教育を行っていた学校。1941年の国民学校令によって設立される。教育勅語の教えを奉戴して皇国の道に則って初等普通教育を施し国民の基礎的錬成を目的とし、国家主義的色彩が濃厚に加味された。

国民学校 - Wikipedia

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■