〜シリーズ沖縄戦〜

Produced by Osprey Fuan Club

PTSD 記憶とトラウマ

1945年8月28日 『若い兵隊の自殺』

那覇エアベース、震洋と震洋隊、屋嘉収容所の高級参謀 米軍の動向 降伏文書調印式までの動向 ② 嘉手納から厚木へ 琉球列島の「降伏」へむけて 〝沖縄〟という米軍基地の建設 - 那覇AB 那覇エアベース (現在の那覇空港) の建設 第32軍の敗残兵 第22震洋隊の投…

1945年8月27日 『連合国軍の日本進駐』

護郷隊、胡屋の野戦病院 降伏文書調印式までの動向 日本本土への進駐 米軍の動向 第32軍の敗残兵 第3遊撃隊 (第1護郷隊): 村上治夫大尉 第4遊撃隊 (第2護郷隊): 岩波壽大尉 そのとき、住民は・・・ 胡屋の海兵隊野戦病院 降伏文書調印式までの動向 日本本土…

1945年8月22日 『今も戦争中』

アブチラガマの投降、戦時 PTSD、今も続く苦しみ 米軍の動向 北部 - 掃討戦は続く 第32軍の敗残兵 投降ビラと宣撫班 アブチラガマで生き残った7名の傷病兵 「戦時PTSD」(心的外傷後ストレス障害) そのとき、住民は・・・ 沖縄戦 - 今も終わらない心の苦し…

1945年7月29日 『敵がきた!敵がきた!』

日本兵の戦闘疲労症、「スパイ」処刑された精神障がい者 米軍の動向 〝沖縄〟という米軍基地の建設 - 日本本土への空爆 日本軍の動向 宮古島から特攻 - 第三龍虎隊「赤とんぼ特攻隊」 第32軍の敗残兵 -「寝台の下から敵がきた!」 日本軍にスパイとして処刑…

1945年7月27日 『地獄から天国にきた気分』

ハワイの捕虜収容所、ドナルド・キーン、女たちの苦しみ 米軍の動向 日本本土への空爆 B-24 第32軍の敗残兵 ハワイの収容所に送られた捕虜 「地獄谷」とよばれたホノウリウリ日系人収容所 捕虜になった高級参謀 - 八原博通とドナルド・キーン そのとき、住民…

1945年7月23日 『片手に手榴弾、片手に白い布片』

戦闘神経症、大田昌秀、平安座収容所 米軍の動向 〝沖縄〟という米軍基地の建設 - 与那原飛行場 戦闘疲弊症 (combat fatigue) 第32軍の敗残兵 師範鉄血勤皇隊 - 命じられた遊撃戦 そのとき、住民は・・・ 平安座収容所 - 与勝諸島の収容所 米軍の動向 〝沖縄…

1945年5月31日 『戦いはまだ続く』

米軍の戦死者、日本軍の戦死者、追われる住民 米軍の動向 首里を制圧した米軍 - 「戦いは終わった」のか 南進する米軍 ここまでの米軍の戦死傷者数と戦闘疲労症 周辺離島の制圧 - 伊平屋島侵攻の準備 第32軍の動向 沖縄本島北部の日本軍 - 第4遊撃隊 首里撤…

1945年5月22日 『死ぬまで戦う運命』

南部へ撤退の決断、1000ヤードの凝視 米軍の動向 首里に迫る米軍 1000ヤードの凝視 - 戦闘神経症 第32軍の動向 牛島司令官、南部への撤退を決断 撤退準備 そのとき、住民は・・・ 米軍の動向 首里に迫る米軍 HyperWar: US Army in WWII: Okinawa: The Last B…

1945年5月19日 『首里に迫る米軍』

戦闘疲労症、晩発性PTSD 米軍の動向 首里に迫る米軍 シュガーローフと戦闘疲労症者 第32軍の動向 アブチラガマの負傷兵 そのとき、住民は・・・ 逃げまどう住民 沖縄戦と心の傷 - 晩発性PTSD 米軍の動向 首里に迫る米軍 米軍参謀たちは、日本軍は首里で最後…