〜シリーズ沖縄戦〜

Produced by Osprey Fuan Club

宮古島

1945年9月6日 『ご苦労さまでした』

降伏文書調印式までの動向 第32軍の敗残兵 その時、住民は・・・ 収容所での生活 降伏文書調印式までの動向 琉球列島の「降伏」 ⑦ 第10軍司令官スティルウェル将軍は、9月2日以後、琉球列島の全日本軍の降伏を受諾せよとの指令を受けたため、8月28日、宮古、…

1945年9月4日 『こんな国のために死ぬもんか』

降伏文書調印式までの動向 琉球列島の「降伏」 ⑤ 第32軍の沖縄観 沖縄差別と同化政策 同化政策と皇国教育 日本軍の「スパイ」の概念 「スパイ」という言葉で追われる精神障害者 米軍の占領政策に利用される「琉球人」差別 降伏文書調印式までの動向 琉球列島…

1945年8月16日 『戦争は終わったのか?』

米軍の動向 第32軍の敗残兵 恩納岳: 第44飛行場大隊 慶良間列島 宮古島 - 餓死兵のむくろ 敗戦の知らせ - 竹富島の大石部隊 元・一中鉄血勤皇隊の学徒の苦しみ そのとき、住民は・・・ 敗戦の知らせ - 米軍野戦病院 沖縄戦の傷跡 米軍の動向 《AIによるカラ…

1945年8月14日 『宮古の沖縄戦』

宮古島の沖縄戦 米軍の動向 〝沖縄〟という米軍基地の建設 宮古島、生と死が隣り合わせの「もう一つの戦争」 宮古島の土地強制接収と飛行場建設 続々と、3万人の兵士かやってくる 日本軍と慰安所 飢餓と戦争マラリア -「八月は地獄」 宮古の学徒隊 鉄血勤皇…

1945年7月29日 『敵がきた!敵がきた!』

日本兵の戦闘疲労症、「スパイ」処刑された精神障がい者 米軍の動向 〝沖縄〟という米軍基地の建設 - 日本本土への空爆 日本軍の動向 宮古島から特攻 - 第三龍虎隊「赤とんぼ特攻隊」 第32軍の敗残兵 -「寝台の下から敵がきた!」 日本軍にスパイとして処刑…

1944年3月22日 『第32軍 (沖縄守備軍) の創設』

南風原町勢要覧 「第32軍司令部 津嘉山壕群」より 第32軍 (沖縄守備軍) の創設 なぜ大本営は第32軍を創設したのか。 石垣、宮古、沖縄島、随所での飛行場建設 津嘉山の司令部壕建設 1944年10月10日の空襲後、司令部壕を首里城地下に構築し移設 慰安所の建設 …