〜シリーズ沖縄戦〜

Produced by Osprey Fuan Club

1945年8月27日 『連合国軍の日本進駐』

護郷隊胡屋の野戦病院

降伏文書調印式までの動向

日本本土への進駐

昭和20年8月27日午後1時過ぎ、戦艦・巡洋艦17隻よりなる先遣艦隊が集結した。

f:id:neverforget1945:20210827032722p:plain

本土上陸のため相模湾に集結した米艦隊 横浜市

27日アメリカ第3艦隊は曇り空の下、鉛色にけぶる海上を日本本土に接近していた。ハルゼー大将座乗の戦艦「ミズリー」を中心とする艦隊が相模湾沖に姿を現したのは午前10時半である。戦艦、巡洋艦駆逐艦、運送艦を併せ、陸上から数えられる艦影だけでも60隻に達していた。それは水平線上を覆い、日本の海を圧する大艦隊であった。…相模湾一帯は、敵上陸の水際作戦に備え日本陸海軍が防衛線を布いた地域である。無数の銃眼を開き地下壕の走る江ノ島。海岸線に沿う低い松林に20ミリ対空機銃砲台が展開する茅ヶ崎砂丘には陸軍53軍の工兵隊が構築した掩体壕が隠れている。大磯照ヶ崎海岸の内陸部湘南平千畳敷は水際で敵軍を撃つ砲台であった。平塚も真鶴も、沿岸はことごとく武装していた。全滅しても後退はない、ハリツケ部隊の陣地であった。

夏草が伸び土砂が崩れた海岸地帯に、もはや決戦部隊の姿はない。そして沖合に集うのは旭日の軍艦旗ではなく、星条旗を掲げるアメリカ艦隊であった。

「翌27日は時々にわか雨の降る日だったが、米第3艦隊は観艦式でも行うかのごとく、激戦のなごりとどめぬ堂々たる雄姿相模湾一杯にくりひろげた。茅ヶ崎の海岸から、この光景を見せつけられた筆者は、往年のわが連合艦隊を偲んで、新たな無念の思いに言葉を失った」高木惣吉著『自伝的日本海軍始末記  続編』光人社刊)

《「マッカーサーが来た日」(河原匡喜/光人社NF文庫) 164-166頁より》

 

米軍の動向

米軍のビーチパーティー

f:id:neverforget1945:20190811115049p:plain

琉球列島のレクリエーション用の島にボートでパーティーにでかける米兵。彼らは、ビール、軽食、スポーツ器具を持参している。(1945年8月27日撮影)

Boats bringing men to Recreation Island, Ryukyu Retto for recreation party. Men bring their own beer, refreshments and sporting equipment.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

f:id:neverforget1945:20200827100959p:plain

琉球列島のレクリエーション用の島にボートでパーティにでかける米兵。彼らは、ビール、軽食、スポーツ器具を持参している。(1945年8月27日撮影)

Boats bringing men to Recreation Island, Ryukyu Retto for recreation party. Men bring their own beer, refreshments and sporting equipment.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

戦後に米軍は更なる土地接収を始める。奥間レストセンターや泡瀬ゴルフ場など米軍保養施設の建設のための土地接収においても、土地を奪われる側の地元住民は強く抵抗したが、そのような個人所有の「小さな農地」にこだわる価値観がアメリカの農業と土地の感覚からは理解できないことだったと述べている*1

 

 

第32軍の敗残兵

北部の森やんばるには、敗走する国頭支隊 (宇土部隊)、運天港の第27魚雷艇隊 (白石部隊) や第二蛟竜隊 (鶴田部隊)、そして金武の第22震洋隊 (豊廣部隊) の兵士らと、第一・第二護郷隊などが入り乱れ、多くの敗残兵が潜伏し、金武飛行場などを襲撃した。

f:id:neverforget1945:20210827043824p:plain

第一護郷隊隊長村上治夫と第二護郷隊隊長岩波壽

住民の協力なくして秘密戦はできない。普通の住民たちが絶対に協力して軍の側についてくれて、一心同体になって裏切らず秘密も保持して、でもお互いに監視させて、最後は武器を持って戦わせるというところまで、住民を全部使っていかないことには勝てないんだ、と。こういう教科書を頭に入れて彼らは沖縄に来ているわけですね。

戦後75年 沖縄戦を生き抜いた人たちの思いをどう伝えるか? – 集英社新書プラス

 

第3遊撃隊 (第1護郷隊): 村上治夫大尉

野岳・久志岳を拠点とした第3遊撃隊(第1護郷隊)は、村上治夫大尉を隊長として兵員は約500人であった。第三遊撃隊は、主として名護・羽地方面の米軍を攻撃したが久志岳方面にも進出して東海岸一帯でのゲリラ活動を展開した。
このように、遊撃隊の活動によって、米軍の警戒は厳重となり、難民収容所に入った住民は、つねに不安な毎日を送った。7月以後は、遊撃隊は山中に散って解散し、北部出身の隊員たちは家族のもとへ帰っていった。第四遊撃隊の岩波大尉が米軍に投降したのは10月2日、第三遊撃隊の村上大尉が投降したのは1946年1月3日であった。

読谷村史 「戦時記録」上巻 第一章 太平洋戦争

「戦争が終わった」とは、私たちの部隊長は言わなかったです。それより、「本国の方から日本軍が逆上陸してくるから、その時はまた集まって、後方からゲリラ戦を仕掛けるので、あなたたちはその間、各家庭に帰って、家庭から食料などを持ってきて、陸軍中野学校の将校たちに食料を運んできなさい」という命令がありました。
戦争に負けたという話は聞きませんでした。周囲には「勝つ」という人もいれば「負けている」という人もいました。

学徒が経験した伊江島・本島北部での戦争 | 証言 | 戦世の記憶 戦争体験者多言語証言映像

f:id:neverforget1945:20190827025745p:plain

少年ゲリラ兵、マラリア、住民虐殺── 『沖縄スパイ戦史』が描く戦争の実相 - VICE

護郷隊の村上大尉や岩波大尉に関しては数々の逸話が語られている。

第22震洋隊豊廣隊長の証言

付近にいた部下のなかで、元気のよい者はたびたび斬り込みに参加、金武の米軍基地をおびやかした。そして岩田二飛曹などは、山を降りるときまで米が五俵、砂糖が石油カンに三杯、味噌、醤油はもとより、米軍キャンプから失敬してきた洗濯機までそろえ、一年ぐらいは籠城しても大丈夫なほどだった。こうして頑張っていれば、そのうち関東軍の精鋭が救援にやって来るだろう、と本気に考えていた由。

そういう場合の斬り込みの指揮は、誰がとったのであろうか。時期的に七月に入ってからのことと思われるので (ブログ註・第二護郷隊は6月には国頭に移動したという)、その指揮をとったのは第3遊撃隊長の村上大尉であったらしい。

伝聞であるので、間違っていたら申し訳ないのだが、岩田兵曹の回想によれば、北の方から、風のようにやって来た一人の西部男のような将校・村上大尉が、付近にいた陸軍や海軍の兵隊を集めて、「オイお前ら、食糧欲しいか。それだったら俺について来い」と言って、斬込隊を編成しては、金武になぐり込みをかけた。大尉は人も知るゲリラ戦のベテランであった。

聞くと、その采配ぶりは、まことに見事であった由。たとえば、「この時点で擲弾筒を撃ち込め、そしておいて、こちら側からこう攻めよ」と、まるでその指揮は掌を指すがごとくであった由。そして斬り込みがひとまず終わると、いつの間にか付近から姿を消して、どこかへまた、風のごとく行ってしまった由。まことに胸のすくような話である。

沖縄の「震洋」~ ベニヤ板の特攻「震洋特別特攻隊」 - Battle of Okinawa

 

 第4遊撃隊 (第2護郷隊): 岩波壽大尉

岩波壽大尉のひきいる第4遊撃隊(第2護郷隊)は石川岳と恩納岳を拠点にして、恩納・金武・宜野座方面へ遊撃戦をくりかえした。兵員は隊長以下393人で装備は機関銃と擲弾筒、小銃で、橋や道路を破壊するために爆薬を携帯した。

米軍は、四月中旬には、金武の平川原から伊保原一帯に金武飛行場の設営を完了していた。また、金武と喜瀬武原・安富祖を結ぶ線を遮断して、遊撃隊の活動を押さえこんだ。石川・屋嘉・金武・漢那・宜野座・古知屋に拠点を確保した米軍に対し、遊撃隊の攻撃は執拗に続けられた。

読谷村史 「戦時記録」上巻 第一章 太平洋戦争

あれから台風も去来して、もう8月も末になっていた。さすが南国の山中にも朝夕はめっきり冷気が感じられるようになった。樹間からは気のぬけるような真青の空のなかを観測機がときおりおどけたように、ブルンブルンと飛び去ってゆくのが望まれた。

脇腹の負傷もすっかり治った、雑草のように強じんであった私の身体にも、このころから得体の知れない変調のきざしがみえてきた、マラリヤに罹ったのである。毎日、日中になると微熱がでて、食欲もなく、体が震え、小屋に横たわる日が多くなっていった。手も足もいよいよ力がぬけて、だんだん衰弱してゆく敗残の身に、私はしみじみ悲しさを嚙みしめていた。

「死んではいけない、強く雄々しく生きるんだ」

耳の奥で、生命の本能だけが必死で叫んでいた。

《「沖縄戦記 中・北部戦線 生き残り兵士の記録」(飯田邦彦/三一書房) 256-257頁》

多くの敗残兵がやんばるで飢餓や傷病と戦っていた。第22震洋隊の隊長らは恩納岳にとどまり8月27日に投降した。

恩納岳の第二護郷に合流していた第22震洋隊豊廣隊長の証言

6月2日、岩波大尉の第四遊撃隊は、恩納岳での戦闘に区切りをつけて、国頭の方へ移動した。その折、味方も、そしてそれを追う敵も、私たちがいた地点のすぐそばの草を押し倒し、踏みかためながら、風のように移動して行ったのを覚えている。 

そのとき、鶴田隊の元気のよい兵曹が、敵を一人たりとも殺傷しょうと銃を構えて出て行き、逆に撃たれて戦死してしまった。味方は夜陰に乗じて、また、敵は昼間に風のごとくに移動する。

沖縄の「震洋」~ ベニヤ板の特攻「震洋特別特攻隊」 - Battle of Okinawa

沖縄戦において最後まで一糸乱れず敢闘した部隊は、きまって部隊長が人間として、部下の敬慕を集めていたということであるが、岩波隊長は正にそのような人柄であった。

《「沖縄戦記・北部戦線 生き残り兵士の記録」(飯田邦彦/三一書房) 》

 

そのとき、住民は・・・

胡屋の海兵隊野戦病院

米軍は胡屋十字路南側に野戦病院を設置。後に民間に移管され沖縄中央病院となる。

f:id:neverforget1945:20210827052934p:plain

7月19日、知念地区の久手堅収容所が日本軍敗残兵に襲撃され、重傷を負った夫婦は胡座の海兵隊野戦病院に送られていた。

胡座十字路の野戦病院に11月までいた女性の証言

しばらくして、伯母と私たち夫婦三人は、重傷で、百名の治療所では治療が困難とのことで、越来村胡屋のアメリ海兵隊野戦病院に移された。伯母は胸部に銃弾が残っていて毎日苦しそうに咳が出て、見るも痛ましいかぎりであった。手術をして摘出しなければ命が危いとのことだったが、私だちの知らないうちに宜野座の病院へ移されてしまった。家族だから一緒にしてくれと頼んだが、米兵には充分に言葉が通ぜずいらだちをおぼえた。それ以来、伯母は行方不明になり、何の消息も得られず残念に思う。

テント張りの病室が幾棟となく続いている野戦病院には前線から護送されて来た多くの負傷者でひしめきあい、衛生兵や従業員がせわしそうに働いていた。目をそむけるような生々しい重傷者が毎日運びこまれた。火焔放射器で焼けただれ、顔形もわからなくなり、これが人間かと思えるようなむごたらしい姿になった者、両脚を切断され、血まみれになり目だけが異様に輝いている若い兵隊、艦砲の破片で下顎が切りおとされて食事のできない婦人、栄養失調で痩せ衰へ、虫の息になった老人、とその残酷さに目をおおいたくなり、激戦の傷あとの深さを物語る光景であった。毎日運びこまれる人だちを見て涙を流さずにおれない心境におかれた。南部の戦場から、次々と幼児だけがトラックで運びこまれた。親と死別したらしい乳幼児、放棄されて道端で泣きじゃくっていた幼児、幾日も親とはぐれて戦場をさまよい歩いていた飢えた子、裸のままベットに寝かされ、下痢をするたびに水で洗い流されているようすに胸が痛くなる。ほとんどの子どもが栄養失調と下痢のため短い生涯を閉じていった。

f:id:neverforget1945:20210827073220p:plain

米海軍: Life among Japanese people inside a military compound on Okinawa in the Ryukyus as the US forces take over areas of the island. A boy and his baby brother show some bewilderment.
米軍占領後、収容所内での日本人の生活の様子。困った顔をしている少年と弟。

写真が語る沖縄 – 沖縄県公文書館

胡座十字路の野戦病院に11月までいた女性の証言

一張りのテント病室に三〇人ぐらいの患者が収容されていて、毎朝ドクターが診療にまわっていた。私はギブスを巻き、包帯で首から吊し、自分で用便もたっせるので、あまり不自由を感じなかった。歩行できない重傷患者は、たいへんわずらわしかったと思われた。特に下痢患者は気の毒だった。みんなが寝しずまった頃、衛生兵がきて重傷患者に注射を打っていた。翌日息をひきとって冷たくなっていた。手のかかる患者はこの方法で安楽死させていたかもしらない。このように虫けらの如くあつかわれ命を粗末にされても、どうすることもできない心の動揺は毎日続いた。病院のとなりの空屋敷のみかんの林の中に大きな穴を掘り、多くの死体が毛布にくるまれて穴の中へ投げこまれ、折重なって埋められた。それを見ても涙も出ない、何も感じなくなっていた。いかに戦争が人の心を荒廃させ、狂わし、残酷きわまりないものであったかがわかる。終戦のラジオ放送も雨の中で広場に集められ聞かされた。泣いて帰ると通訳のハワイ二世が「なぜ泣くの」と言っていた。夜風もそろそろ寒くなる頃、退院して久手堅の家へ帰った。

知念地区 久手堅収容所 ~ 日本兵の襲撃 ~ 胡座の野戦病院と孤児院 - Battle of Okinawa

f:id:neverforget1945:20210803075754p:plain

米国海軍 G-6 hospital 61 at Koza, Okinawa, Ryukyu Islands. ComPhibPac #264.Primitive laundry.
コザにあるG-6区第61病院。原始的な洗濯施設。 コザ  1945年5月15日

写真が語る沖縄 – 沖縄県公文書館

  

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

f:id:neverforget1945:20210827091901p:plain

*1:Arnold G. Fisch, Jr., Military Government in the Rhykyu Islands 1945-1950. Center of Military History United States Army, Washington, D.C., 1988. p. 177.