〜シリーズ沖縄戦〜

Produced by Osprey Fuan Club

1945年8月11日 『歓喜に沸く連合国』

 

日本の降伏に世界が歓喜

国民に伏せられた降伏

『日本政府の対外情報発信を担う「同盟通信社」が8月10日対外放送で、日本の降伏受け入れ意思を表明した。翌11日アメリカ新聞各紙には「日本、降伏受け入れ」の活字が大きく踊った。連合国は歓喜に沸いた

しかしこのニュースは、日本国民には伏せられた。』

【戦後70年】日本国内で伏せられた降伏 1945年8月11日はこんな日だった | ハフポスト

f:id:neverforget1945:20200810221520p:plain
日本の降伏受け入れを知り、喜ぶ米兵たち(パリにて)
American troops on leave in Paris (France) wave copies of the extra editions of the Paris Post and Stars and Stripes published August 10, 1945, bearing the news that Japan was prepared to accept the surrender terms decided on by Allies at the Potsdam Conference. (Photo by Photo12/UIG/Getty Images)

f:id:neverforget1945:20200809031331p:plain

日本の降伏受け入れを知り、喜ぶ米兵たち(パリにて)

US troops stop the traffic in the Rue Royale in, Paris, after hearing the unofficial news August 10, 1945, that Japan was prepared to accept the Allied terms of the Potsdam ultimatum of July 2O, The Madeleine church may be seen in background. (Photo by Photo12/UIG/Getty Images)

f:id:neverforget1945:20200809031417p:plain

日本降伏のニュースに喜ぶロンドン市民。

VJ Day In London
10th August 1945: Crowds of Londoners gather around Piccadilly Circus to celebrate the news of Japan's surrender. (Photo by Express/Express/Getty Images)

f:id:neverforget1945:20200809031647p:plain

ロンドン市民と共に日本降伏のニュースを喜ぶ中国人ウェイター

Chinese Rejoice. 10th August 1945: Joyful Chinese waiters join Londoners in celebrating the news of Japan's surrender. (Photo by William Vanderson/Fox Photos/Getty Images)

【戦後70年】日本国内で伏せられた降伏 1945年8月11日はこんな日だった

 

米軍の動向

〝沖縄〟という米軍基地の建設

f:id:neverforget1945:20200809031756p:plain

第148陸軍航空路通信施設の一部、ボロ滑走路 [残波岬] に建てられた臨時の管制塔。沖縄。(1945年8月11日撮影)

Temporary tower on completed Bolo Strip, part of the 148th Army Airways Communications System. Okinawa, Ryukyu Retto.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

f:id:neverforget1945:20200809031944p:plain

ボロ飛行場 [残波岬] に着陸した最初のボーイングB-29スーパーフォートレス「ルック・ホームワード・エンジェル」。グアム駐屯だが、日本への爆撃の際に第4エンジンに損害を受けたため飛来した(対空砲火によってオイルラインを切られ、昇降舵と安定装置もやられた)。(1945年8月11日撮影)

The first Boeing B-29 Superfortress “Look Homeward Angel“ to land on Bolo Strip, Okinawa, Ryukyu Retto. Based at Guam, the plane was returning from a bombing mission over Japan when it was forced down by damage to the #4 engine. (Flak cut the oil line, damaging elevator and stabilizer).

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

事件・事故 - 胴体着陸

f:id:neverforget1945:20200809032129p:plain

攻撃任務を終えて戻ってきたダグラスA-20が車輪を出せず、胴体着陸を行った。第3攻撃群第89攻撃中隊。沖縄。(1945年8月11日撮影)

A Douglas A-20 unable to lower its wheels, makes a ”belly” landing after returning from a strike. 89th Attack Squadron, 3rd Attack Group. Okinawa.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

第32軍の敗残兵

捕虜になった日本兵 - 八原高級参謀のその後 ⑦

第32軍の高級参謀の八原大佐は、民間人を装って投降。米軍の管理下にある民家に置かれていた八原大佐は、7月17、8日ごろ、一緒にいた避難民から軍作業に出るよう誘われ、作業に出ることを決心した。軍作業当日、現場までの移動中に見た光景は、星条旗が翻り米軍の幕舎が建ち並ぶ様変わりした沖縄島だった。7月23日夜、八原大佐は、米軍の事務所に出頭するよう命じられ、26日ごろ、取調べ中に高級参謀であることがばれて、越来村の捕虜収容所に一軒家を与えられ収容された。

八原参謀の回想:

『私は心中深く脱走を期しつつ、表面は何食わぬ顔で皆と接触していた。苦しい日々であったが、間もなく驚天動地の大事件が相ついで勃発した。広島、ついで長崎に原爆投下ソ連の参戦、皆機を逸せずアメリカ第10軍の機関紙『バックナー』が報じた。さらに10日同紙は日本が皇位の問題を除いて無条件降伏を申し込んだ旨、大々的に報じた。ラモット中尉、それに衛兵たちは狂喜した。この夜沖縄全島に亘り銃砲声が鳴り響いた。欣喜雀躍したアメリカ軍が祝砲のつもりでめちゃくちゃに乱射乱撃したのである。「ホームタウン」「故郷の町」の歓声が銃砲声の間に間に絶えなかった。私は、祖国日本とその指導層が音もなく崩壊するさまを想像した。もう本土決戦に参加する必要はなくなった。』(481頁)

《「沖縄決戦 高級参謀の手記」(八原博通/中公文庫) 481頁より》

 

野戦病院 

『…11日は、病院内は日本が降伏を申し出たという話で持ち切って、いろいろなうわさがとんだ。原子爆弾が広島に落とされた翌々日にソ連が日本に宣戦布告をしたことも病院内では知られていなかった。』(203頁)

《「沖縄の戦場に生きた人たち」(池宮城秀意/サイマル出版会) 203頁より》

 

戦場の学徒隊

沖縄県立水産学校 - 水産通信隊

沖縄県立水産学校の上級生10数人は「水産鉄血勤皇隊」として、そして下級生22人は「水産通信隊」として首里から摩文仁に。中学二年生の瀬底さん所属の通信隊は彼以外は一人も生きて親元に帰ることはなかった。

 具志堅という工業生 (注=沖縄県立工業学校) も8月上旬ごろ亡くなった。共同生活が始まって間もなく、傷を受けた腹部を三角布で巻き、さ迷っているのを瀬底さんが見つけ、一緒に行動するようになった。

 「140センチぐらいと小さく、目がパッチリしてかわいかった。首里の人で言葉もはっきりしており、親せきに議員だったか偉い人がいると話していた」。

 小さな工業生は「子どもと思って米軍は撃たない」と昼間から水くみに走った。しかし、3度目の昼間の水くみの時、丘の上の機関銃から狙われた。波打ち際に少年は倒れ、沖へ沖へとさらわれていく死体を目の前に見ながら、だれも壕から出ることはできなかった。瀬底さんは工業学校の戦没者名簿から具志堅という名を探してみたが見つからない。

沖縄県立水産学校 22人の水産通信隊 たった一人の生還

 

沖縄県立第一中学校 - 一中通信隊

f:id:neverforget1945:20190804113712p:plain

宮平盛彦さん「女の子なんかが、ところどころ潮だまりがあるでしょ、そこに浮いていたりして、本当に痛ましい状況でした」

糸満市喜屋武岬に立ち複雑な思いで海を見つめるのは、宮平盛彦さん。沖縄戦当時、わずか14歳で「通信隊」編入された宮平さんは、8月になっても戦争が終わったことを知らず、南部の険しい海岸べりや、アダンの林を必死に逃げ惑っていました。

宮平さんにはいまも忘れられない体験があります。北部を目指して、西原辺りを逃げていた8月中旬、突然、海の方から大きな音が聞こえたのです。宮平さん「打ち上げ花火みたいにずっと上空に大砲も撃つし、サーチライト、あれを上空に照らしていた、乱舞していた」後で振り返るとそれは8月15日。戦争の勝利を祝うアメリカ軍のセレモニーでした。

多くの仲間たちが捕虜になる中、彼が終戦を知ったのは11月のこと。しかし、そのときには彼の両親も兄弟も仲間の多くも戦死。宮平さんは一人ぼっちになっていました。

65年前のきょうは1945年8月11日(土) – QAB NEWS Headline

 

そのとき、住民は・・・

軍作業 - 死体処理

『米軍の軍作業は、収容所生活の開始とほぼ同時期に始まった。つまり、日米最後の地上戦闘と同時平行的に実施されたのである。したがって、日本軍の敵情視察を目的とする潜伏斥候(米軍占領地の様子に日本兵が忍び込んでいき情報収集する行為)要員の目には、米軍保護下の沖縄住民はまさに “非国民” と写ったのである。そして、特に南部戦線では、沖縄人はみなスパイであるという噂が飛び交い、住民が日本軍にスパイ視されて虐殺される一因にもなった。』(32頁)

《戦後沖縄の社会史ー軍作業・戦果・大密貿易の時代ー(石原昌家/ひるぎ社) 32頁より》

f:id:neverforget1945:20190804114841p:plain

沖縄本島で行われた民間人の埋葬。埋葬された者には親類がいなかったので簡素に行われた。(1945年5月20日撮影)

Civilian burial on Okinawa in Ryukyus. A simple burial for a civilian with no relatives.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

米軍は、捕虜となった日本兵や民間人を様々な作業に起用したが、そのひとつが死体処理だった。死体処理の作業に駆り出された捕虜は、配られた藁縄、DDT、手袋を持って米軍のトラックに乗せられ、目的地まで連れて行かれた。目的地に着くと銃を構える米兵数名の前を歩かされ、一帯を歩き回った。米兵たちは、鼻をくんくんさせて死体を見つけていった。

死体の手足を藁縄で縛り引っ張って運ぼうとすると、その手足がズルッと抜けてしまう。そうなると、捕虜たちは米兵からDDTをまき、手袋をつけて死体を直接手で運ぶように命令された。たくさんの蛆がわいている死体を目の当たりにした捕虜たちに吐き気が襲う。それを見た1人の米兵は、自ら死体を運んでみせたので、その後は、いやでも死体の後片付けをさせられた。

大抵、一ヶ所に穴を掘り、見つけた幾つもの死体を埋めた。しかし、破壊された民家の内外に30体の死体を発見した時などは、一体一体運び出すのは大変な作業となるため、米兵がガソリンをまき、火をつけて一度に火葬した。(沖縄の慟哭)

《「沖縄の慟哭 市民の戦時 戦後体験記/戦時篇」(那覇市企画部市史編集室/沖縄教販) 380-381頁より抜粋、一部要約》

f:id:neverforget1945:20200809032432p:plain

沖縄本島で行われた民間人の埋葬。(1945年5月20日撮影)

コザの軍政府病院の職員が、地元の慣習に従って、親類のいる民間人を埋葬しているところ。親類がいない場合には、簡素に行われた。

Civilian burial on Okinawa in Ryukyus.

Military Government hospital personnel at Koza burry civilians according to native customs, if relatives. If not, burials were simple.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

  1. 【戦後70年】日本国内で伏せられた降伏 1945年8月11日はこんな日だった | ハフポスト