1945年 8月12日 『魚釣島からの決死隊』

〝沖縄〟という米軍基地 

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/15-43-1.jpg

フィリピン諸島ルソン島から読谷飛行場に着いたばかりのコンソリデーテッドB-32の給油の様子。この2機は日本が降伏したといううわさを聞いた後、日本上空で写真偵察中に攻撃を受けた。2機ともひどくやられたが犠牲者はなかった。これらは長距離の任務に使用された最初の2機であった。(1945年8月12日撮影)

Consolidated B-32s that had newly arrived from Luzon, P.I. on Yontan Strip. Shown is a B-32 being refueled shortly after arrival. Two of these planes while on a photo reconnaissance over Japan were attacked after Jap peace rumor. Both planes were badly damaged but not casualties. These were the first planes used in a long range mission. Okinawa.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

事件・事故

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/16-49-4.jpg

読谷飛行場からルソン島へ向けて離陸準備に入っていたコンソリデーテッドB-24(所属は不明)のタイヤがパンクした。旧日本軍の作った防壁に激突し、爆発炎上した。(1945年8月12日撮影)

Consolidated B-24 (outfit unknown) in taking off from Yontan strip on a trip to Luzon blew a tire - crashed into an old Jap revetment, exploded and caught fire. Okinawa.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

米軍の動向

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/333197.jpg

碁に興じる第3925通信写真中隊のマンデリン少尉と第27師団副団長であるブラッドフォード将軍の補佐を務めるモーカー中尉。碁は日本の遊戯で第27師団による沖縄本島北部掃討作戦の際にはいくつかの碁の道具が見つけられた(1945年8月12日撮影)

2nd Lt. Lloyd Mandeline, left, Sacramento, Calif., of the 3925th Signal Photo Service Company, and 1st Lt. Herman E. Moecker, Albany, New York, Aide to General Bradford, 27th Division Executive Officer, are playing a game of ”go”. This is a Japanese game and several sets have been found during the mop up of Northern Okinawa by the 27th Division.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/347498.jpg

B型日本脳炎の血清注射をする第27軍の特別医療班。第27軍はホルマリンで殺し塩水に浸けたネズミの脳の浮遊物から作られた血清を最初に手に入れた部署である。二度目の注射に続いて2CCを投薬。注射は8、9月にピークを迎え、冬にはおさまった(1945年8月12日撮影)

The Special Troops Medical Detachment of the 27th Division, give injection of Japanese ”B” encephalitis serum. The Troops of the 27th Division were the first to receive the serum which is made from mouse brain suspension in saline solution, formalin killed. The dose is 2 CC's which is followed by a second injection from three to not more than five days later. The epidemic stage is reached in August and September, and disappears during the winter.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

 

そのとき、住民は・・・

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/336198.jpg

地元の馬具を使ったに引かれた馬車。その後は苦痛を与えない馬具に取り替えられた。(1945年8月12日撮影)

This native vehicle is drawn by horse harnessed with native type of harness, since replaced with more humane type.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/347320.jpg

地元民がヤギの死骸から皮を剥ぎ、下拵えするのを監視する軍政府配属のジョンソン氏。この食肉処理場は地元民が不衛生な場所で処理するのを避けるために作られた。(1945年8月12日撮影)

Arthur V. Johnson, right, PHM 3-C, 2555 Fowler Ave., Ogden, Utah, assigned to the Military Government watches Ken Nakasone, a native, complete the skinning and dressing of a goat carcass. Goats, cows, pigs and horse are killed in this abattoir which is set up to prevent the natives from slaughtering their own meat under unsanitary conditions.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

民間人収容所

古知屋収容所

8月12日、朝、起きてみると、は冷たくなっていました。夜中のことで、痛いとも苦しいともなんの知らせもなく、一言の遺言ものこさずにローソクの火が自然に燃えつきるように死んでいきました。27歳の若さでした。

死因は栄養失調だとしか考えられません。もともと肺結核に予後で自宅療養中だったのが、戦争にまきこまれて食うや食わずで3ヵ月も戦場を逃げ回ったのですから、体力を消耗しつくしたのでしょう。せっかく弾の雨の中を生きのびてきたのにここで死ぬなんてほんとに悔しい気持ちがいっぱいで言葉も出ませんでした。

葬式もちゃんと出してやる余裕はありません。収容所の周囲の野原にたくさんの穴が掘ってありました。葬式班の人たちが遺骸を担架で墓地まで運んでいって、穴の中にモノでも捨てるように死体を投げ込んで赤土をかぶせるだけです。沖縄では土葬の習慣はありませんから、まるで犬か猫を始末するようなやり方でほんとに残念でなりませんでした。位牌も仏壇もありません。椎の木で墓標をたててやったのがせめてもの葬式でした。』(163-164頁)

《「沖縄戦 ある母の記録 戦争は親も子も夫も奪ってしまった・・・」(安里要江・大城将保/高文研) 163-164頁より》

 

先島諸島沖縄戦

遭難した疎開民 ⑩

1945年(昭和20) 6月30日沖縄本島における日本軍の組織的な持久戦が終わっていたこの頃、石垣島では、台湾へと疎開する人々がまだいた。出航から数日後の7月3日   、台湾の基隆(キールン)に入港予定だった2隻の疎開船は、米軍機からの機銃掃射を受け、1隻は沈没、もう1隻は生存者を乗せて尖閣諸島魚釣島に到達した。疎開者らは、無人島での生活を送ることになり、毎日、島中を歩きまわって食糧を探すという日々が続いていた。

『島にある青いものはすべて試食され、食べられるものはほとんど食べた。食糧は尽きていく。衰弱はひどくなり、1人、また1人と死んでいった。最初のころは救出する船がやってくることを期待していたが、やがてその希望が薄いことを長い遭難生活の中で知っていった。「ここで死を待つよりない」。そんなあきらめもあった。

遭難から1カ月が過ぎた8月の初めごろ、「“決死隊”を送ろう」ということが決まった。島の裏側に打ち上げられた難破船を利用、その板やクギで舟を造り、連絡のための“決死隊”を送る。百数十人の命をつなぐ小舟を造ろう―助かる道はこれしかなかった。』

幸いにも、遭難者の中に船大工がおり、大工道具も無事に残っていた

 『遭難者たちに希望がわいた。「自分はもうだめだ」と寝ていた人までが、船材を運びに出掛けたという。難破船の板をはがし、クギを抜いて一本一本真っすぐにする。男は解体し材料を運ぶ。女は布を出し合い帆を作った。…長さ5メートルのサバニが完成したのは10日目のことだった。石垣までの170キロの海を乗り越していく舟だ。』

石垣島へ向かう決死隊のメンバーは、疎開船の乗組員を主体とする8人に決まった

『出発の前にツメを切り、遺品として預けた。餓死寸前の疎開者の一るの望みを背負った小舟がみんなに見送られ出発したのは8月12日の午後5時ごろ。“決死隊”の頭には赤いハチ巻きがしめられていた。遭難者の中から「祖母の米寿祝いの縁起のいい着物。成功して全員を救ってほしい」と贈られた着物で作ったハチ巻きだ。』

嘉例(カリー)をあやかり舟が無事に石垣島にたどり着くことを祈ってのものだった。

頭に赤いハチマキをした“決死隊”の8人は、疎開者全員が歌う「かりゆしの歌」に送られながら小舟に乗り、石垣島までの約170キロの航海に出た。

『“決死隊”の成否を握る海図とコンパスは帆柱にしっかりとしばった。舟は順風を得て快調に走った。敵機との出遭いが怖かった飛行機が来るたびに舟をひっくり返し、その陰で通り過ぎるのを待った。』(尖閣諸島遭難・4 / 八重山の戦争)

《 [72 尖閣諸島遭難(4)]ついに“決死隊”編成 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース および 「八重山の戦争」(大田静男/南山舎) / 216-217頁より抜粋、一部要約》

http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/senkaku/images/top/img02.gif

尖閣諸島 | 外務省

  

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

www.qab.co.jp

www.huffingtonpost.jp