〜シリーズ沖縄戦〜

Produced by Osprey Fuan Club

1945年 8月4日 『戦場でひとりぼっち』

米軍の動向

f:id:neverforget1945:20190804060551p:plain

《AIによるカラー処理》屋根なし観覧席に座り、服装についての講義を聴く兵士達(1945年8月4日撮影)

Men sit on the bleachers to hear a lecture on clothing.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/112-29-4.jpg

小さな男の子の喉を検査するウィンターズ衛生兵。沖縄本島のコザにて。(1945年8月4日撮影)

R. H. Winters, PhM3/c, examining the throat of a small boy at Koza, Okinawa.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

〝沖縄〟という米軍基地の建設

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/80GK-6833.jpg

第7海軍建設大隊による飛行艇基地の建設。(1945年8月4日撮影)

Construction of Seaplane base on Okinawa by 7th CB's. 4 Aug. 1945.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

 

第32軍の敗残兵

アメリカ軍は7月2日に「沖縄作戦の完了」を宣言したものの、しかしその後も本島各地に潜伏する敗残兵たちとの間で戦闘を続けていました。激戦地となった浦添の前田高地や最後の戦闘地島尻地区にはこの時点になっても200人あまりからなる陸軍部隊が残っており、降伏を拒否して抵抗を続けていました。

特に本島北部の山々には沖縄戦初期に八重岳を追われた陸軍宇土部隊の兵士たちが数多く潜伏。敗残兵の多くは陸軍中野学校出身でゲリラ戦闘技術にたけており、食料や武器も乏しい中で、なお戦闘を続けていました。

65年前のきょうアメリカ軍はほとんどの日本兵の掃討を終えたと判断北部地区の掃討作戦完了を宣言。しかし、その後も北部敗残兵の潜伏は続き、彼らの多くが投降に応じたのは10月初旬になってからのことです。

この指揮系統無き戦闘継続は、民間人を含め死者数を増やすこととなりました。

琉球朝日放送 報道制作部 ニュースQプラス » 65年前のきょうは1945年8月4日(土)

 

「解散命令」後の学徒たち

6月18日、第32軍は最後の命令を出した。それは、鉄血勤皇隊をひきいた遊撃戦を展開せよ、というものであった。しかし、学徒の中には解散命令を受けた者もおり、遊撃戦は、学徒各々に託された。

鉄血勤皇師範隊: 沖縄師範学校男子部

大田昌秀の体験談:

『…辛うじて志多伯の部落へ着いたのが、8月の4、5日頃。ここまで来るともう敵の後方陣地である。拡大された幅広い道路が真直ぐにどこまでも続き、トラックやジープのほか見たこともない車輌が、夜も昼もひっきりなしに通っていた。陸続と続くライトの行列は、私たちにとっては文字どおりの奇観だった。道傍の広場には弾薬が山のように積まれていた。

ある晩、思いがけなく弾痕に捨てられた敵さんの缶詰の山を見つけた。…当分この食糧を確保して、付近に潜伏して時機を待つことにした。

部落跡は特に敵の探索がひどく、ある時など木の上に登っていたら、昼頃になって米兵たちがやってきたので愕然としたこともあった。樹上で震えている私に気づかず、5名の黒人兵が、屋敷跡の水タンクを覗いたり、くずれ落ちた瓦の山を一枚一枚とりのけたりして厳重に捜索しはじめた。私はクシャミがでやしないかと気が気でなく、しがみついている手の力が抜けそうであった。初めて見る黒人兵の姿ほど奇怪に映ったものはなかった。』

《「鉄血勤皇隊/少年たちの沖縄戦 血であがなったもの」(大田昌秀著/那覇出版社) 200-201頁より》

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/80GK-6834.jpg

集落内の道。(1945年8月4日撮影)

Street in native village of Okinawa. 4 Aug. 1945.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

『敵が去ると、明るいのも構わず木から降りて竹藪に入った。付近の民家の防空壕にかくれるといっていた従弟のことを案じているところへ、野放しになった山羊が入ってきた。白い毛がまばゆいほど光っていた。人間を見て壊しそうにたち止まっている物いわぬ動物に、私もつい微笑ましくなり、言葉をかけてやりたい親しみを感じた。その口ひげを見ていると、近くで銃声がした。私はあわてて、シッシッと山羊を手で追いやろうとしたが、4メートルほどの距離を置いて一向に動こうとはしない。敵兵が山羊を見つけてやってきたら万事休すだと気が気でない。「こら、あっちへ行け」小石をつかんで投げてみても、言葉の通じぬ悲しさ、眠そうなその細い目で、這いつくばっているこの私を舐めるように見回すばかりだった。』(201頁)

《「鉄血勤皇隊/少年たちの沖縄戦 血であがなったもの」(大田昌秀著/那覇出版社) 201頁より》

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/09-10-4.jpg

廃墟の中を飛び跳ねる二頭の仔ヤギ。 

Curious Kids Caper amid Okinawa Ruins.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

ひめゆり学徒隊: 沖縄師範学校女子部

沖縄師範学校女子部と沖縄県立第一高等女学校の生徒222名、教師18名で構成された“ひめゆり部隊”。1945年(昭和20) 5月下旬、米軍が迫るなか、学徒たちは日本軍とともに陸軍病院を出て、本島南端部に向かった。移動先の安静もつかの間、激しい迫撃砲の続く中で6月18日を迎えた

その日、学徒たちは突然の「解散命令」に絶望する。米軍が包囲する戦場を逃げ惑い、ある者は砲弾で、ある者はガス弾で、そしてある者は自らの手榴弾で命を失った。陸軍病院に動員された教師・学徒240名中136人、在地部隊その他で90人が亡くなった。

生き残った学徒のなかに、摩文仁(まぶに)海岸を逃げ回って捕虜になり、百名 (ひゃくな/現・南城市) の病院勤務を経て、コザ (現・沖縄市) 孤児院で約100名の子どもたちの世話をすることになった女性がいた。

《 iRONNA 沖縄戦は終わっていない  佐野眞一「壮絶なひめゆり部隊の証言」より抜粋、要約》

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/112-30-4.jpg沖縄本島コザの医務室(1945年8月4日撮影)/ The sick bay at Koza, Okinawa.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

ひめゆり部隊にいた学徒の1人がコザ孤児院に来たのは、6月末のことだった。そこでは、焼け残った瓦葺の大きな家が孤児院として使われていた。大勢の孤児たちが収容されており、学徒は、ここで乳幼児の世話をすることになった。子どもたちは、栄養失調で精気もなく泣いていた。この子たちの面倒が見られるのか、一緒に泣き出すのではないかと、17歳の学徒は不安だった。

夕方になると、小さな子が『おっかあ、おっかあ』と言って泣く。そして夜になると、他の子どもたちも泣き始める。わあわあ泣くのではなく、しくしくと泣いていた。学徒は、昼間は子どもたちと一緒に鬼ごっこをした。駆け回らせたりして疲れさせれば、ぐっすり寝てくれると考えたが、子どもたちは皆、熟睡することはなかった

《 iRONNA 沖縄戦は終わっていない佐野眞一「壮絶なひめゆり部隊の証言」より抜粋、要約》

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/112-29-1.jpg

遊戯をする子ども。沖縄本島のコザにて。目隠し鬼ごっこをしている様子。(1945年8月4日撮影)

Children playing games at Koza, Okinawa, Ryukyu Islands. Blind man's buff.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

コザ孤児院では、毎日のように子どもが亡くなった。2、3歳の子は、今日連れてこられたかと思ったら、翌日には死亡する場合も多々あった。ほとんどが栄養失調によるもの。死体を埋葬する場所もなく、小さな体は、弾が落ちた跡の大きな穴の中に、そのまま落とされていった。

《 iRONNA  沖縄戦は終わっていない 佐野眞一「壮絶なひめゆり部隊の証言」より抜粋、要約》

 

──コザ孤児院では、毎日のように子どもが亡くなったようですね。

「そうですね。小さい子、二、三歳の子は、今日来たかと思ったら翌日にはもう亡くなっていました。もう埋めるところがなくて、弾が落ちた跡の大きな穴に、そのまま埋葬もしないでなかに落としていました」

──死因は何が多かったんですか?

「栄養失調だったと思います」

──寝るときは子どもたちと一緒ですか?

「はい、ずっと一緒でした。子どもたちは夜になると泣いて。わあわあ泣くんだったらまだいいんですけど、しくしく泣くんです」

──それは辛いですね。

「だから、とにかくぐっすり寝かせることを考えて、昼間は鬼ごっこで駆け回らせたりして疲れさせるんですけど、やっぱり熟睡はしないですね」

──いくら昼間、疲れても?

「夕方になると、小さな子が『おっかあ、おっかあ』と言って泣くんです。あのときは、私も泣きたくなるくらいでした」

 津波古さんに特になついた子は、名前はわからなかったが、地名のコザから“コザヨシコ”と名付けられた。

沖縄戦は終わっていない

 二〇一〇年六月、コザ孤児院で“同窓会”が開催された。この模様は、NHKのドキュメンタリーでも放映された。

 この番組の白眉は、同窓会に参加した六十八歳の“コザヨシコ”さんが、頭を包帯でぐるぐる巻きにされた少女の写真を見て「これは私かもしれない」と叫ぶ場面である。

──彼女とはNHKの番組で六十数年ぶりに再会したわけですが、津波古先生が大きくなった“コザヨシコ”さんを抱きかかえて、「これからは私をお母さんと思ってね」と言ってネックレスを渡すシーンは本当に感動しました。あれ以来、彼女から連絡はないのですか。

「ありません」

──それはなぜなんですか。

「いつでも訪ねてきてねって言って、手紙を出そうとしたんですが、住所も言えないんです。学校にも行けず、字もまったく読めないから……」

 衝撃的な話だった。沖縄戦で孤児になった少女は孫を持つ身になっても、自分の本当の名を知らないばかりか、読み書きもできない。

 戦争はそれほど不幸な人間を生み出す。

 戦後七十年、沖縄戦はいまだ終わっていない。

《 iRONNA  沖縄戦は終わっていない 佐野眞一「壮絶なひめゆり部隊の証言」より抜粋、要約》

f:id:neverforget1945:20190804062913p:plain

《AIによるカラー処理》食事をする栄養不足の子ども沖縄本島のコザにて。(1945年8月4日撮影)

Undernourished children having chow at Koza, Okinawa.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館 

【戦後70年の地平から】「戦争孤児  家族を奪った沖縄戦

沖縄戦で家族を亡くし「戦争孤児」となった男性、そしてその子どもたちを世話した女性の戦中・戦後の体験について見つめます。戦渦を潜り抜けた子どもたちを待っていたのは激しい飢えと途方もない寂しさでした。

戦争孤児 家族を奪った沖縄戦 | 琉球放送

 

  

そのとき、住民は・・・ 

コザ孤児院

f:id:neverforget1945:20190804062421p:plain
わずか7歳の少女は、ある壕の前に座り込んでいた。そこへ米兵が現れ、トラックに乗せられた少女は、コザ孤児院に連れて行かれた

米兵に発見されるまで、少女は来る日も来る日も1人で戦場を逃げ続けた。少女は、母親と弟と一緒に南部へ向かっていたが、途中、休もうと入った壕に艦砲弾が落ち、母親と弟が目の前で死んでしまった…。

それからは戦場でひとりぼっち。どこに逃げていいのか、何を食べたらいいのか。そんなとき、誰かからカンパンを貰う。だが、口にするはずだったカンパンは、味方だと思っていた日本兵お前が食べたら国のためにならんから。戦っている俺が食べたら国のためになる。この食べ物よこしなさい」と言われて奪われた私のものですって泣いてすがる少女を日本兵は革靴で蹴った

誰ひとり助けてくれない戦場。

少女にとっては、艦砲も人間も全てが怖かった

お母さんがいないから助けてください、泣きませんから助けてくださいと言っても、誰も助けてくれない。「こっちにいらっしゃい」という人は、一人もいなかった。

かぁちゃんと一緒に逃げるんだよと言われて、手をひかれていた時に感じたぬくもり。沖縄戦の最中に感じた母のぬくもりは、優しいものだった。

《 琉球朝日放送 報道制作部 ニュースQプラス » 戦後70年 遠ざかる記憶 近づく足音 沖縄戦で孤児になった女性 より抜粋、要約》

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/112-31-1.jpg

沖縄本島コザの医務室。それほど病状がひどくない子ども。(1945年8月4日撮影)

The sick bay at Koza, Okinawa. The children who aren't so sick.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

当時、沖縄には孤児院が13ヶ所あったとされ、中でも少女が連れてこられたコザ孤児院は、最も大きいものだった。

戦後8年が経過して実施された調査では、沖縄本島戦争孤児になった18歳未満の子どもは、約3,000人いたことが分かったが、戦後直後は、もっと多くの孤児がいたと推定されている。

コザ孤児院にいた子どもたちは、寝る間際になるとみんな西の空にむかって、「かぁちゃんよー」と泣いた。子どもたちは、両親がいつの日か迎えに来るんだという希望を持ちながら、孤児院で過ごした

2、3歳の子は、自分の一番大切な人を失っているのさえ、わからない。コザ孤児院では、親を呼んで泣く声がやむことがなかったうえ、毎日、何人もの子どもたちが栄養失調やケガで亡くなっていった

《  琉球朝日放送 報道制作部 ニュースQプラス » 戦後70年 遠ざかる記憶 近づく足音 沖縄戦で孤児になった女性 より抜粋、要約》

http://www.nhk.or.jp/okinawa/okinawasen70/picture/style/img/detail66_img.jpg

沖縄戦の絵】「集められた小さななきがら」

『米軍の捕虜となった人々のうち、家族を亡くした大勢の子どもたちが、沖縄市に残っていた赤瓦の民家に収容された。食糧もなく赤痢が流行し毎日のように子どもや障害者が栄養失調で亡くなった。朝になると子どもの遺体があちこちに転がっていて、大きなシートに集められた。沖縄市の嘉間良周辺に穴が掘られ、1か所に葬られたようだった。』

集められた小さななきがら | 沖縄戦の絵 | 沖縄戦70年 語り継ぐ 未来へ | NHK 沖縄放送局 

【戦後70年の地平から】「家族とのつながりを求めて」

戦争で母親と弟を亡くし、孤児となった女性が国に戦争被害の賠償を求める裁判に参加しています。母の存在を認めてほしいと司法の場に立った女性の思いを取材しました。

家族とのつながりを求めて | 琉球放送

 

battle-of-okinawa.hatenablog.com

www.huffingtonpost.jp