1945年 8月27日 『連合国軍の日本進駐』

降伏文書調印式までの動向

日本本土への進駐 ①

http://www.city.yokohama.lg.jp/somu/org/gyosei/sisi/web-air-raid/images/75-2.jpg

昭和20年8月27日午後1時過ぎ、戦艦・巡洋艦17隻よりなる先遣艦隊が集結した。

横浜市史資料室:横浜の空襲と戦災関連資料 「写真でみる横浜大空襲」web版(photo85.html)

27日、アメリカ第3艦隊は曇り空の下、鉛色にけぶる海上を日本本土に接近していた

ハルゼー大将座乗の戦艦「ミズリー」を中心とする艦隊が相模湾沖に姿を現したのは午前10時半である。戦艦、巡洋艦駆逐艦、運送艦を併せ、陸上から数えられる艦影だけでも60隻に達していた。それは水平線上を覆い、日本の海を圧する大艦隊であった。…相模湾一帯は、敵上陸の水際作戦に備え日本陸海軍が防衛線を布いた地域である。無数の銃眼を開き地下壕の走る江ノ島。海岸線に沿う低い松林に20ミリ対空機銃砲台が展開する茅ヶ崎砂丘には陸軍53軍の工兵隊が構築した掩体壕が隠れている。

大磯照ヶ崎海岸の内陸部湘南平千畳敷は水際で敵軍を撃つ砲台であった。平塚も真鶴も、沿岸はことごとく武装していた。全滅しても後退はない、ハリツケ部隊の陣地であった

夏草が伸び土砂が崩れた海岸地帯に、もはや決戦部隊の姿はない。そして沖合に集うのは旭日の軍艦旗ではなく、星条旗を掲げるアメリカ艦隊であった。

「翌27日は時々にわか雨の降る日だったが、米第3艦隊は観艦式でも行うかのごとく、激戦のなごりとどめぬ堂々たる雄姿相模湾一杯にくりひろげた。

茅ヶ崎の海岸から、この光景を見せつけられた筆者は、往年のわが連合艦隊を偲んで、新たな無念の思いに言葉を失った」高木惣吉著『自伝的日本海軍始末記  続編』光人社刊)』(164-166頁)

《「マッカーサーが来た日」(河原匡喜/光人社NF文庫) 164-166頁より》

https://static.mfah.com/collection/112075.jpg?maxWidth=550&maxHeight=550&format=jpg&quality=90

DATE: August 27, 1945

U.S. and British Warships Anchored in Sagami Wan, Outside of Tokyo Bay, Japan, on the Day the Allied Ships Entered Japanese Waters | The Museum of Fine Arts, Houston

 

 

米軍の動向

ビーチパーティー

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/113-13-4.jpg

琉球列島のレクリエーション用の島にボートでパーティーにでかける米兵。彼らは、ビール、軽食、スポーツ器具を持参している。(1945年8月27日撮影)

Boats bringing men to Recreation Island, Ryukyu Retto for recreation party. Men bring their own beer, refreshments and sporting equipment.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/113-14-1.jpg

琉球列島のレクリエーション用の島にボートでパーティにでかける米兵。彼らは、ビール、軽食、スポーツ器具を持参している。(1945年8月27日撮影)

Boats bringing men to Recreation Island, Ryukyu Retto for recreation party. Men bring their own beer, refreshments and sporting equipment.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/113-13-3.jpg

琉球列島にあるレクリエーション用の島でのパーティ。ビールを運ぶ者や、泳ぎを楽しむ者がいる。(1945年8月27日撮影)

Recreation party on Recreation Island, Ryukyu Retto. Some carry their beer and others go in for a dip.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

 

第32軍の敗残兵

恩納(おんな): 第4遊撃隊

『あれから台風も去来して、もう8月も末になっていた。さすが南国の山中にも朝夕はめっきり冷気が感じられるようになった。樹間からは気のぬけるような真青の空のなかを観測機がときおりおどけたように、ブルンブルンと飛び去ってゆくのが望まれた。

脇腹の負傷もすっかり治った、雑草のように強じんであった私の身体にも、このころから得体の知れない変調のきざしがみえてきた、マラリヤに罹ったのである。

毎日、日中になると微熱がでて、食欲もなく、体が震え、小屋に横たわる日が多くなっていった。手も足もいよいよ力がぬけて、だんだん衰弱してゆく敗残の身に、私はしみじみ悲しさを嚙みしめていた。

死んではいけない、強く雄々しく生きるんだ

耳の奥で、生命の本能だけが必死で叫んでいた。』(257頁)

《「沖縄戦記 中・北部戦線 生き残り兵士の記録」(飯田邦彦/三一書房) 256-257頁より》

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

 

琉球朝日放送 報道制作部 ニュースQプラス » 65年前のきょうは1945年8月27日(月)