〜シリーズ沖縄戦〜

Produced by Osprey Fuan Club

1945年8月18日 『〝終戦〟3日後の住民虐殺』

 

米軍の動向

f:id:neverforget1945:20190805225719p:plain

嘉手納B滑走路に停留するおよそ200機のダグラスC-54スカイマスター。南西太平洋地区及び米国にある全ての基地から飛来したもので、日本や満州からの捕虜を移送する任務を負っている。輸送機のスペース確保のため戦闘機は移動し、人員はいつでも出動できるように準備を整えている。(1945年8月18日撮影)

Douglas C-54 “Skymasters“ on service apron, Kadena Airstrip #B, Okinawa, Ryukyu Retto. These planes were flown in from all bases in the SWPA and United States, and alerted to carry prisoners from Japan and Manchuria. There were approximately 200 “Skymasters“ parked on this airstrip. All combat airplanes were removed from this strip to accomodate all transports. Personnel remained with the planes constantly to be ready to move at a moments notice.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

第32軍の敗残兵

阿嘉島渡嘉敷島の投降交渉

阿嘉島(あかじま): 海上挺進第2戦隊(戦隊長: 野田義彦少佐/阿嘉島慶留間島)

渡嘉敷島(とかしきじま): 海上挺進第3戦隊(戦隊長: 赤松嘉次大尉)

米軍は慶良間諸島の島々に潜む日本兵に投降するよう呼びかけていたが、7月2日には米軍によって投降交渉に送りこまれた伊江島の男性3人女性3人も赤松隊によって虐殺された。そこで、既に捕虜となった日本兵らを使い、投降を呼びかけることにした。

8月18日

阿嘉島渡嘉敷島ではG2将校と日本兵捕虜が降伏の条件について、野田隊長と赤松隊長と詰めていた。協定が成立した。

1、上級将校からの命令を受けること。

2、守備軍の武器を全て一カ所に集めること。

3、守備軍は2隊に分かれて投降し、第1隊は武器を所持せず、第2隊は小火器を所持してよいこと。』(28頁)

《「沖縄戦トップシークレット」(沖縄タイムス社) 28頁より》

 

久米島 - 鹿山隊住民虐殺 ➂ 仲村渠一家の虐殺

久米島(くめじま): 久米島電波探知機部隊(隊長: 鹿山正 海軍兵曹長) によって、仲村渠明勇と妻と一歳になる子どもあわせて3人が虐殺された。

f:id:neverforget1945:20200818172833p:plain

終戦後に…スパイと決めつけ、日本兵が一家刺殺 久米島 - 沖縄:朝日新聞デジタル

玉音放送から3日後の1945年(昭和20)8月18日、日本軍は久米島で住民を虐殺した久米島の住民虐殺は、これで3度目である。昭和天皇が日本国の敗戦を告げてもなお、沖縄の住民は戦争の犠牲となっていた。

《 「太平洋戦争と久米島」(上江洲盛元 編著/あけぼの印刷株式会社) / 29頁より抜粋、一部要約》

仲村渠明勇さんは「命の恩人」

6月23日ごろ、沖縄出身の米軍二世の通訳二人を伴って、仲村渠明勇さんが訪ねてきた。嘉手納の進駐軍野戦病院に収容されていた、やはり久米島出身の野村健さん(当時29歳)が、きっかけをつくったのだった。野村さんは胸から背中にかけて貫通銃創を負い、ベッドで重傷の身だった。ところが通訳の話では、近日中に久米島攻略に出動し、艦砲射撃を加えるという。野村さ一んは驚いて、久米島は無防備で、見張所はせいぜい機関銃が三丁くらいだから、艦砲射撃などせずとも無血上陸できると説き、住民をまきぞえにしないよう嘆願した。そして野村さんは、収容所で見かけた、仲村渠明勇さんの名前を出したのである。

米軍通訳からこのことを知らされ、明勇さんも大いにあわてた。収容所内の久米島出身者を訪ね歩いて、米軍の作戦行動を中止させる協力者をさがした。それにはまず、久米島の実情を正確に知らせることが必要だった。…(中略)…

仲村渠明勇さんは、米軍の上陸地点である通称イーフ原で、日本軍の追及を逃れて、妻子といっしょに過ごしていた。隠れ家に親子三人、昼間は息をひそめて、夜になったら行動を起こしていた。

日本軍はすでに、彼のことを嗅ぎつけて、探索していた。だから危害が肉親に及ぶのを恐れて、実家や親類のところへは近づかないようにしていたのに、とうとう八月十八日夜、やってきた兵隊たちによって殺害されたのだ。

佐木隆三『証言記録「沖縄住民虐殺」―日兵逆殺と米軍犯罪』徳間文庫1982年》

仲村渠さんの説得で投降した日本兵の証言

仲村渠さんの家は広い庭を前にして、沖縄独特の赤がわらの古い家であった。米兵は居なかったが、庭で焚火を囲んで五、六人の村民が談話に興じていた。私たちは中にはいって行った。村民は、はたーっ、と立ち上って、武器を持たない私たちでも陸軍二等兵の階級章を付けた兵隊なので、びっくりして、上から下までじろじろ見ていた。「陸軍さんどこから来ましたか」と口をきいた人は、海軍の服装をちゃんと着けていた。仲村渠明勇と名乗り、次のようなことをいっていた。「私は沖縄で捕虜になりました。久米島出身なので本島のような悲惨な目に会わせたくありません。村民と海軍を一日も早く山から下ろして米軍の保設に入るよう推めに来た」といっていた。「私たちは今すぐ投降したいと申し出ると、米軍は捕虜に対して寛大であること、など説明して、明朝九時にここに落ちあって、銭田の米軍基地に行くことを約束した。

仲村渠さんは立派な体格で、目は鋭いがまだ童顔が残っているようであった。お茶を推めながら本島の戦争状況など話している彼は久米島を本島のような悲惨な目に会わせたくないと、先ほど出た言葉が真実であることがわかった。その時、月が煌々と照りつけ、上気してきている高橋の顔がはっきり見えた。私は感無量であった。戦争は馬鹿ばかしいが、何か事大なものを体験して、今それが終ったような気持であった。

沖縄戦証言 久米島と鹿山隊 - Battle of Okinawa

f:id:neverforget1945:20200813055130p:plain

『朝焼けに染まる宇江城岳の展望台から、自衛隊のレーダー基地を臨む。かつてはこの辺りに鹿山隊の兵舎、電探室や機械室があった。2015年8月23日 Photo by Ryuichi HIROKAWA

1945年8月18日、鹿山隊によって殺されたのは、住民が「久米島の恩人」と言う男性の一家3人だった。

一家は鹿山隊によって突き殺され、妻は殴り殺され、小屋に運ばれ、そのあと焼かれている。場所はイーフビーチに面する銭田のサトウキビ畑のあるところだという。

殺害された一家を知る男性の証言:

「彼は海軍上等兵として沖縄本島で米軍の捕虜になり、久米島に艦砲射撃されようというのを知った時に、『この島には数十人の通信隊しかいないから、艦砲射撃はやめてくれ』と米軍に掛け合ったのです。

そして米軍が島に上陸したときには彼は米軍の道案内をしていましたから、米軍に『住民に投降するように言って来い』と言われました。男性は、住民の隠れている場所を探して、危害は加えられないから出てきて家に戻りなさいと言って回ったんです。こうした行為は、鹿山隊にとってはスパイや裏切りに見えました」

終戦は8月15日ですね。ところが…18日になって殺されてるんです。だから、その辺が悔しいですよ」

「家が2軒隣りだったんです。この人のおかげで、米軍によって殺された久米島の島民の数は少なくて、10人だけです。ところが日本軍に殺されたのはその倍の20人です。それが久米島の戦争の特徴なんです。他の島では人口の半数が米軍の艦砲射撃で殺された島もあったのに」

「鹿山隊長は、米軍に捕まったり近づいたりした者を、みんなスパイ容疑のブラックリストに載せるんです。つまり軍の秘密をアメリカに告げていると考えたわけです。さらに島の人も、人のせいにして告げ口をすれば自分は助かるから、鹿山隊に嘘の報告をする。だからもう、誰を信じていいかわからなくなるわけですよ、戦争というのは。そういう状態に人間を追い込むんです。相手を直接殺さなくても、人間が人間でなくなっていくのが戦争ということです。…」

日本兵が島民を殺す 久米島の戦争 – 世界を視るフォトジャーナリズム月刊誌DAYS JAPAN 

f:id:neverforget1945:20190806005309p:plain

喜友村さん「頭がなかった。これおかしいなって、そんなに人には、話しなかったけど」翌日 遺体を確認したら3人の頭部が無かったといいます。喜友村さん「今考えてみたら(頭部は)隊長の前に確認させて持って行ったんじゃないかなって想像している。」久米島では、日本軍のこのような残虐な行為がこの後も続いたのです。

65年前のきょうは1945年8月18日(土) – QAB NEWS Headline

f:id:neverforget1945:20190806011019p:plain

盛元さん「首に紐をくくって道は、こっちから海岸のところへ引っ張っていて見せしめの為に引っ張っていったという風に言われています」

アメリカのスパイだとして住民を虐殺する日本軍。ずっと沈黙を守っていた島の人たちが、去年ようやく当時のことを語り始めました。喜友村さん・譜久里さん・喜久永さん「(敗戦を知らない友軍は)アメリカにひいきする奴はやるよ(殺すよ)という状態だったですからね。日本は、勝つとしか考えないから。疑心暗鬼でですね。人を信用できなくなるわけですよ」

当時、久米島で指揮をとっていた鹿山隊長は、住民たちに命令文を出し監視していました。『アメリカ軍と接触したものが、帰ってきた直ちに軍駐屯地に引き渡すこと。その命令に違反したものはスパイとみなしその家族はもちろん警防団長区長は銃殺する』

アメリカ軍が海岸から上陸すると、日本軍は住民に対し不信感を抱き、厳しい目を向けます。そして20人の命を奪いました。久米島には住民1万人に対して、日本兵はわずかに30人。全ての住民がアメリカ軍に取り込まれるのではと恐れた日本軍の猜疑心が虐殺へとつながりました。
宮平さん「軍隊服は着ないで普通の住民の服を着ているから、だれが兵隊かわらない。だからそれが怖かった」

さらに、日本軍はスパイを養成する陸軍中野学校の卒業生を教師として住民の中に潜伏させ、諜報活動をしていました。上原敏夫(本名:竹川実)は1945年1月に久米島の具志川国民学校に赴任。村長の娘と結婚し、住民たちからも厚い信頼を得ていました。上原先生の任務は「アメリカ軍に情報を流出させないこと」。つまり、住民たちをスパイにさせないよう見守ることでした。

島袋由美子さん「鹿山隊長が山から降りてきて役所とか農業会でいろいろ用事をして、帰りはそこ(上原先生のところ)に寄ってずっと話をしたり、そういうことはやってましたって」上原先生の下宿には、当時、鹿山隊長が頻繁に訪れ情報交換をしていたと言います。

f:id:neverforget1945:20200818092856p:plain

6月14日の警防団日誌。上原先生の名前で、アメリカ軍が上陸した場合、どのような警戒をしたらいいかなど、鹿山隊長との打ち合わせが記入されています。国民学校で上原先生の同僚だった譜久里藤江さんは、学校内に置かれていた上原先生の不思議な荷物を記憶しています。譜久里藤江さん「座ろうとしたら、それはご先祖の位牌だから座るなといわれて。ご先祖の位牌に座ったりしたら不敬ですよね。だからびっくりして。多分あれ(手榴弾)じゃないですかね、島の人が降伏したらあれだということで」

アメリカ軍が上陸すると住民から情報が漏れることを恐れた上原先生。譜久里さんにだけ、こんな計画を吐露しました。譜久里さん「久間地の部落に集結させて玉砕させると言いよった。自分の家族を犠牲にしたくないから、会わないようにした」

譜久里さんは66年間、胸にしまっていた思いを話してくれました。譜久里さん「あの時は、もう本当に軍国少女だから。ずいぶん尊敬していました」譜久里さんは軍国少女として、命を投げ出して戦おうとする上原先生に憧れ、鹿山隊長へ尊敬の念を抱き、日本軍にも率先して協力していました。

しかし、自宅近くにアメリカ軍の兵舎が設営され、小さな姪にアメリカ兵が缶詰や菓子を渡したとたん、その思いは裏切られます。譜久里さん「米軍と接触したということで(日本軍の虐殺)リストに載ったわけです。うんと山の兵隊に協力したのに(虐殺)リストにあがっているんですよ。あと2日後にやるということで」アメリカ軍の兵舎が近くにあった譜久里さん一家を含め、9件の家族が2日後に虐殺されることになっていたのです。

日本軍に協力して裏切られ、アメリカ軍と接触したといって虐殺される譜久里さんは戦争の不条理さを嘆きます。譜久里さん「もう二度と戦争は起こすな。もうこれ以外はないです。人間が人間でなくなる」

語り継ぐ沖縄戦2011 (2) 久米島住民虐殺ひも解く証言 – QAB NEWS Headline

鹿山正隊長の戦後

f:id:neverforget1945:20190818100541p:plain

久米島の日本軍 海軍通信隊の鹿山正隊長と陸軍中野学校の上原敏夫 - Battle of Okinawa

 それから四半世紀が過ぎた。一九七二(昭和四七)年三月から四月にかけて、日本復帰を目前にひかえた沖縄では、久米島住民虐殺事件の記憶が生なましくよみがえり、沖縄返還協定の内容に怒りをつのらせていたが、思いがけず、県民の怒りにますます油を注ぐような出来事が表面化した。
 本土の新聞やテレビが鹿山元隊長の居所を探しあて、久米島虐殺事件の責任者にじかに責任追及を行ったのである。鹿山元隊長は健在だった。新聞やテレビの追及にも悪びれる風もなく、むしろ軍人の矜持を態度に表して、過去の事実関係や現在の心境を語った。
 「島は小さかったが食糧はあった。言葉は琉球語であるが、日本教育を受けているので不自由はしなかった。那覇は知らんが、久米島は離島で一植民地である
 「一万の島民が米側についたらわれわれはひとたまりもないから、島民の忠誠心をゆるぎないものにし、島民を掌握するために、わしは断固たる措置をとったのだ」
 「これまで報道された事件のあらましはほとんど間違いないが、私は日本軍人として戦争に参加し、米軍が進駐した場合、軍人も国民も、たとえ竹槍であっても、うって一丸となって国を守るのだという信念、国の方針で戦争をやってきた。だから敵に好意を寄せるものには断固たる措置をとるという信念でやった」
 鹿山元隊長の弁明は全国ネットのニュース特集番組「久米島大量処刑事件・二七年目の対決」というタイトルで全国に放映された。鹿山正元海軍兵曹長は「わしは悪いことをしたとは考えてないから、良心の呵責もないよ」「日本軍人として当然のことをやったのであり、軍人としての誇りを持っていますよ」と軍隊口調で平然と語っていた。

《大城将保 『沖縄戦の真実と歪曲』(高文研 2007年) P.127-137》

  

battle-of-okinawa.hatenablog.com

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 

  1. 「戦争終わったよ」投降を呼び掛けた命の恩人は日本兵に殺された 沖縄・久米島での住民虐殺(琉球新報)