1945年 4月7日『帝国海軍連合艦隊のさいご』

北進する米軍

名護(なご)・本部(もとぶ)半島

『海兵第29連隊は偵察隊や偵察戦車隊の後から、4月7日名護に入った。名護は沖縄島から西方に突き出ている本部半島の深く曲がったところに具合よく位置をしめた中ぐらいの大きさの町だ。部隊の先鋒は本部をまっすぐに縦に切ってそのまま平良へ北上、ほかの部隊は名護から海岸沿いの道路を西方へ安波の方向に出発した。…海兵隊は、やがて本部半島に着いた。』(128頁)

『偵察中隊は、4月7日本部の南部から迂回して西部海岸の道路を伝わって行ったが、橋が破壊されていたため部隊は戦車を降り、徒歩で進撃しなければならなかった。海岸からわずかに離れた海上では5隻のLCIが中隊の進撃に歩調を合わせるように徐行して、陸上の海兵隊に先がけて丘陵地や断崖に砲弾を撃ち込んだ。偵察中隊は、元の南西部の隅を巡り、ついに静かな瀬底島がぐっと近づいたところまで来た。ここで、放棄された塩川村落を偵察したのち引き返したが1発の弾丸も飛んで来なかった。』(129-130頁)

《「沖縄 日米最後の戦闘」(米国陸軍省編・外間正四郎訳/光人社NF文庫) 128、129-130頁より》

http://www.ibiblio.org/hyperwar/USA/USA-P-Okinawa/maps/USA-P-Okinawa-17.jpg

 HyperWar: US Army in WWII: Okinawa: The Last Battle [Chapter 6]

 

日本海軍艦艇を攻撃

『日本の艦隊は4月6日の夜から7日にかけて米海軍に海戦を挑もうと出撃してきた。これを探知した九州沖の一米潜水艦が、日本海軍戦艦の出動を報告するや、第58機動部隊は、4月7日未明、48機を飛ばして長距離偵察飛行を開始させた。

午前8時22分、ついにエセックスから飛びたった1機は、戦艦「大和」をはじめ軽巡洋艦「矢矧」、駆逐艦8隻からなる日本艦隊が、東支那海海上を、進路を沖縄に向けて進んでいるのを発見した。

その日の朝、日本艦隊に接近するため、午前4時から舵を東北方にとって行動を開始していた第58機動部隊は、日本艦隊からの距離およそ380キロの地点で艦載機を放った。

日本軍の対空砲火はすさまじかったが、容易に当たらなかった。このはげしい砲火のなかを通って行われた米軍の第1回目の空襲では、少なくとも魚雷8個、爆弾5個が「大和」「矢矧」のほか駆逐艦3隻に命中した。つづく攻撃で、戦艦「大和」が撃沈され、軽巡洋艦「矢矧」と駆逐艦4隻が沈没した。そのほか駆逐艦1隻が大破、1隻が炎上した。

この「大和」攻撃に出動した第58機動部隊の艦載機は、386機のうち、わずか10機を失っただけであった。沖縄の海は、いまやまったく海上からの攻撃に対しては安全になった。』(120-121頁)

《「沖縄 日米最後の戦闘」(米国陸軍省編・外間正四郎訳/光人社NF文庫) 120-121頁より》

f:id:neverforget1945:20170407141442j:plain

Battleship Yamato under aerial attack in the East China Sea, 7 Apr 1945

[Photo] Battleship Yamato under aerial attack in the East China Sea, 7 Apr 1945 | World War II Database

 

 日本機の襲撃

『第58機動部隊は、戦艦「大和」を攻撃しながら、一方では、日本機の襲撃に処しなければならなかった。しかし、日中の反撃で日本軍機54機を撃墜することができた。
この特攻機の襲撃のさい、1機が高度15メートルから空母ハンコックの甲板に爆弾を投下し、みずからも艦載機の群れのなかに突っこむという被害があった。このため空母ハンコックは大破の損害をうけた。それでも応急修理で、どうやら午後4時半、艦載機が帰艦するまでには着艦できるようになった。』(121-122頁)

《「沖縄 日米最後の戦闘」(米国陸軍省編・外間正四郎訳/光人社NF文庫) 121-122頁より》

f:id:neverforget1945:20170407142311p:plain

 

日本海軍の総攻撃: 2日目

『「菊水第1号」作戦に参加した特攻機は、米機動部隊をとらえて撃滅するだけの五航艦の一部兵力を残した、五航艦、三航艦、十航艦、陸軍六航軍の全力、それに台湾にある一航艦、第八飛行師団の協力部隊を合わせたもの。いい換えれば、海軍には他に航空部隊はないので、海軍航空部隊の全部と、陸軍の九州、台湾所在部隊をあげての総攻撃であった。

米軍が、太平洋方面陸海空兵力と資材の大部分を注ぎこんだ大集中」で沖縄に攻めかかってきた…それにたいする「バラバラ日本軍が、ようやく4月も6日すぎ、すでに沖縄に堅個な足場を築いた米軍が総攻撃をかけてきた日、日本海軍の航空部隊と陸軍の一部の航空部隊とが、総力を「結集」することができた。』(170頁)

《「沖縄 Z旗のあがらぬ最後の決戦」(吉田俊雄/オリオン出版社) 170頁より》

  

帝国海軍連合艦隊のさいご

『6日午後3時20分、海上特攻隊は、徳山沖を出撃した。…海上特攻部隊は、その夜、豊後水道を出たところから、米潜水艦に発見され、あとをつけられた。』(182頁)

《「沖縄 Z旗のあがらぬ最後の決戦」(吉田俊雄/オリオン出版社) 182頁より》 

『徳山湾を出撃した第一遊撃部隊は20時20分、豊後水道付近で浮上敵潜水艦を発見、探知する。米潜水艦「ハックルバック」は21時20分、「大和」を確認する。』(176頁)

《「沖縄に散った最後の陸軍大将 牛島満の生涯・魂還り魂還り皇国護らん」(将口泰浩/海竜社) 176頁より》

7日、朝6時半から10時まで、宇垣長官が見かねて出した5機ないし10機の戦闘機が「大和」の上空を警戒した。』(182頁)

『7時ころ、心配されていたエンジン故障で、駆逐艦「朝霜」が遅れはじめ、11時ころには視界外に去った。』(183頁)

《「沖縄 Z旗のあがらぬ最後の決戦」(吉田俊雄/オリオン出版社) 182、183頁より》  

8時15分ヘルキャット索敵隊が「大和」発見、「大和」も8時40分、敵機7機を発見するが、本格的空襲にはまだ時間がかかると判断する。

11時35分敵機2編隊以上が70キロ以内に接近したことを探知した。

…機関故障で隊列から遅れていた「朝霜」が12時8分、「艦上機見ユ」「敵機ト交戦中」「三十数機ヲ探知ス」と立て続けに発信した後、消息を絶つ

大和」も12時28分敵機発見12時32分に150機を確認、対空砲撃を開始する。12時40分、急降下爆撃機4機が爆弾投下、後部に2発命中、後部指揮所と電探、後部副砲が破壊される。間髪置かず雷跡3本、左舷前部1本命中。

約200機の戦闘機、爆撃機雷撃機が同時に複数方向から「大和」「矢矧」を目がけ、来襲する。この第一波で「矢矧」が航行不能、「濱風沈没、「冬月ロケット弾命中、「涼風火災と、瞬く間に第一遊撃部隊は編成できないほど大損害を受ける。

13時30分敵機約150機来襲、猛攻を加える。航行不能の「矢矧」は50機から魚雷7本、爆弾12発を受け、沈没する。「磯風」も速力低下する。

操艦不能となった帝国海軍の旗幟である戦艦「大和」に最期が訪れようとしていた。左に大きく傾き、巨大な訓練用標的のごとく波間にただ浮かんでいる。14時2分爆弾3発命中17分魚雷1本が命中した。…14時20分、「大和」はゆっくりと横転する。

昭和20年4月7日14時23分、鹿児島坊ノ岬沖北緯30度22分東経128度4分、前後砲塔が誘爆し大爆発、濛々たる黒煙を上げ真っ二つになり、蒼海に沈んだ。「大和」では戦死2740名、その他の艦船は戦死981名、合わせて3721名が海上特攻作戦に殉じる。帝国海軍の象徴だった「大和沈没で、日清戦争以来の栄えある帝国海軍連合艦隊は事実上全滅した。』(176-180頁)

《「沖縄に散った最後の陸軍大将 牛島満の生涯・魂還り魂還り皇国護らん」(将口泰浩/海竜社) 176-180頁より》

f:id:neverforget1945:20170407140903j:plain

A mushroom cloud hanging above battleship Yamato's exploding hull, 7 Apr 1945 

[Photo] A mushroom cloud hanging above battleship Yamato's exploding hull, 7 Apr 1945 | World War II Database

7日午後4時40分連合艦隊長官は、海上特攻部隊の突入の中止を命じ、この特攻作戦に終止符を打った。』(184頁)

《「沖縄 Z旗のあがらぬ最後の決戦」(吉田俊雄/オリオン出版社) 184頁より》

沖縄戦を最後の「決戦」と考え、残っていたすべての戦力を投入した日本海軍は、沖縄戦が始まったばかりの4月に、飛行機も軍艦もそのほとんどすべてを失ってしまったのである。(77頁)

《新装版「沖縄戦 国土が戦場になったとき」(藤原彰 編著/青木書店) 77頁より》

 

孤立する第32軍

『「菊水1号」作戦と海上部隊特攻作戦が、4月6日と7日、つづいて敢行されたが、32軍の総攻撃は、7日から8日に繰り下げられ、…ついで8日に予定された総攻撃を中止したことで、32軍が、いよいよ孤立し、かけがえのない総攻撃の時機を失った』(185-186頁)

《「沖縄 Z旗のあがらぬ最後の決戦」(吉田俊雄/オリオン出版社) 185-186頁より》

大本営と現地軍の間には、沖縄戦をめぐって最初からくい違いがあった大本営は沖縄に侵攻してくる敵軍を海空軍でもって海上で撃滅する方針であった。しかし、現地軍はサイパンやレイテ島で惨敗して以来、もはや「無敵」海空軍をあてにすることはできなかった。』(49頁)

《写真記録「これが沖縄戦だ」(大田昌秀 編著/琉球新報社) 49頁より》

『圧倒的な火力と航空威力をもっている米軍にたいし、32軍が対等に戦う唯一の方法は、洞窟、地下壕戦法である。洞窟、地下壕の厚い、強靭なヨロイを着ているから、艦砲射撃にも砲爆撃にも被害を出さず、進撃してくる強力な敵と戦い得る。もし、この洞窟、地下壕から出て、ハダカで陣前攻撃をしたら、米軍の物量にたちまち圧倒され、死傷者続出する。米軍が進撃をはじめる前には、かならずジュウタン爆撃、ジュウタン射撃を徹底的に繰り返すが、そのジュウタン砲爆撃にやられて、米軍が射程距離内に入ってこない前に、日本軍は全滅してしまわなければならなくなる。常識で考えても、誰にでもわかることではないか。

…ちょうど「大和」部隊出撃と同じように、なお成功の算ありといって頑張る、近接攻撃と、肉弾突撃と、斬込みとで、充分敵に出血を与えることができると固執する。「大和」は、「一億総特攻のさきがけとなる」という非常に抽象的な、観念的な合言葉で動き出したが、32軍は、もっともっと具体的な戦果をあげねばならない。』(186頁)

《「沖縄 Z旗のあがらぬ最後の決戦」(吉田俊雄/オリオン出版社) 186頁より》

 

そのとき、住民は・・・

『「当時、沖縄師範女子部本科2年でした。家族をすててでも、ひめゆり部隊に行きたかった。…軍は「甲戦備」というのを発令し、市民に退去命令を出しました。私たち姉妹は早く両親を失い、祖母に育てられていましたが、「南部へ逃げようか」といいますと、70歳の祖母は、「イクサヤ、ヒータイガスル、ワッターヤ、ヤンバルンカイイカ(戦争は兵隊がするものだ、私たち山原〔沖縄本島北部のこと〕へ行こう」といってききません。

…学校へ行ってみんなといっしょに南風原の陸軍病院へ行かなければと思って、近くの壕に教頭の照屋秀夫先生(のち戦死)をたずね、ひめゆりに参加したいといいました。先生は「家族といっしょに逃げなさい。師範女子部は本科1年と予科3年で看護教育を受けた人に限っている。…無理しないで、落ち着いたらまた連絡しなさい」とおっしゃいました。その夜、祖母、姉と私の3人に親類の4人とで歩いて出発、北中城村島袋をへて具志川村上江洲の親類の家に向かいました。

…何かガヤガヤと人の気配がするので、よく見ると村道を米兵100人ぐらいが隊伍を組んで歩いているではありませんか。…米兵の二世通訳が「…きょうからはアメリカ軍がみなさんを守ってあげる」と言っているらしいのですが、こわくて仕方ありません。

…祖母は「アメリカーは住民は殺さないらしい。前島の家へ帰ろう。途中で殺されそうになったら、降参すればいい」といい出しました。4月5日か6日のことです。私は生か死かと思いつめていましたから、祖母と大げんかです。祖母は一人でも那覇へ帰るといってがんばります。結局、姉も私も祖母にひきずられるようにして、南をさして歩きました。小高い丘の上から見ると、アメリカ兵50人ぐらいが裸馬に乗っています。彼らが炊事をしています。煙が上がっています。歩いても歩いても、まわりの景色はかわりません。ヘトヘトになってなかなか進まないのです。「もうこの辺が最期だね」と話し合っていると、ふもとの墓の中から荷物をかついだ人が10人ほど歩いてくる。かけ寄ると、「私たちはつかまって島袋にいる。許可をもらって荷物をとりに戻ったところですよ」というのです。そこで那覇へ帰るのをあきらめて、いっしょに島袋へ行きました。4月7日か8日と思います。沖縄で最初にできた捕虜収容所の住人になったわけです」』(31-33頁)

《「沖縄・八十四日の戦い」(榊原昭二/新潮社版) 31-33頁より》 

http://www.ibiblio.org/hyperwar/USA/USA-P-Okinawa/img/USA-P-Okinawa-p426b.jpg

車輌で走行できない場合は馬を使用した

When roads became impassable to motor vehicles, horses were used.

HyperWar: US Army in WWII: Okinawa: The Last Battle [Chapter 17]

 

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

 

www2.nhk.or.jp

 

【英語版】

youtu.be

 

戦艦大和〜最後の戦い〜】
http://www.jacar.go.jp/modernjapan/p16.html