〜シリーズ沖縄戦〜

Produced by Osprey Fuan Club

1945年8月19日 『伊江島に降り立った日本降伏使節団』

伊江島の米軍伊江島の住民開南中学の学徒隊

 

米軍の動向

伊江島、日本降伏使節団を迎える

日本降伏使節団は伊江島飛行場に立ち寄った。

陸軍代表河辺虎四郎中将に率いられた総勢16名の日本降伏使節8月19日朝、緑十字のマークが付いている武装解除した海軍の中型爆撃機2機に乗り込み、東京湾の東岸にある木更津空軍基地から密かに出発した。 伊江島に着陸後マッカーサー元帥の指示にしたがい、日本の使節団は直ちにアメリカ陸軍の輸送機に乗り換えさせられ、同日18時マニラ南部のニコルス飛行場に降ろされた。

《「映像で見る占領期の日本-占領軍撮影フィルムを見る-マニラ会談に関する史料集」(マッカーサーレポート 第1巻)   From MacArthur Report(Japanese Version Only)より》

f:id:neverforget1945:20200819041155p:plain

Japanese envoys headed by Lt. Gen. Torashiro Kawabe, vice chief of the Imperial General Staff, boarding a C-54 at Ie Shima Airfield in Ryukyus for trip to Manila, Philippine Islands to discuss surrender terms with representatives of Gen. Douglas MacArthur, Supreme Allied Commander.

帝国陸軍参謀次長の川辺虎四朗中将率いる日本側使節団が、C-54輸送機に搭乗している様子。伊江島飛行場にて。使節たちは、連合国軍最高司令官マッカーサー元帥側の代表団と降伏条項について話し合うために、フィリピンのマニラに向かう。(1945年8月19日撮影)

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

伊江島飛行場はもともとは日本軍が構築し、この日の5ヶ月前 (1945年3月13日) に自ら自壊した飛行場だった。

第32軍は、3月10日には伊江島飛行場の破壊を命令、さらに3月30日には読谷・嘉手納飛行場が米軍攻撃で使用不能になり特攻配備が絶望となるや浦添飛行場滑走路 (ブログ註・「南飛行場」現在の牧港補給地区) の破壊を命令した。このように心血を注いで建設された飛行場は当初の目的に使用されることはなかった。

沖縄県「旧軍飛行場用地問題の歴史的な背景とその後の経過」

FAC6005 伊江島補助飛行場 - わかりやすい沖縄基地問題

米軍基地「伊江島飛行場」に降り立った陸軍参謀次長は何を感じたのか。

f:id:neverforget1945:20190806021941p:plain

AS JAP DELEGATION ARRIVES AT IE SHIMA - Some of the 16-man Japanese surrender arrangement delegation wait to board an American transport being readied for them as they arrived at Ie Shima on the first leg of their journey to Manila. Second from left is Lieut. Gen. Kawabe Takashiro, Vice Chief of the Imperial Staff and leader of the delegation.

マニラでの降伏文書調印式へ向かう途中伊江島に到着した日本軍代表は、アメリカ側が彼らのために用意する輸送機への搭乗を待つ。左から2番目帝国陸軍参謀次長でこの代表団の指揮官でもある河辺鷹四郎陸軍中将。(1945年8月19日撮影)

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

帝国陸軍参謀次長、河辺鷹四郎陸軍中将の回想:

沖縄島付近に近づいた頃、かねて彼側から通告されてあったとおり、誘導機が現れてわれわれの機を誘導した。午後一時半頃われわれは伊江島に無事着陸した。着陸ぶりは敵側将兵の目の前で、みっともなくない手ぎわであった。    

この飛行場は私がはじめて見るので、日本時代との比較はできぬが、滑走路の舗装状況や土地の掘開状況などを見ると、敵側の占領後に大いに手を入れたことがよくわかり、戦争間われわれの最も手痛い強敵であった動力化土工器材の偉勲をマザマザ見せつけられた

われわれの乗機がピストに誘導せられると、物見高く黒白の兵隊ども、戦争がすんでいかにも嬉しいというような顔付きで、大勢集まって盛んに写真機を向けている。覚悟をして釆たこととはいいながら、不快極まりない

《「映像で見る占領期の日本-占領軍撮影フィルムを見る-マニラ会談に関する史料集」(河辺虎四郎回想録より) From General Kawabe's Memoirより》

f:id:neverforget1945:20210818145254p:plainAmerican forces gather around the two Jap Bettys that brought Jap envoys from Japan to Ie Shima in Ryukyus. Here a C-54 was ready to carry them to Manila, Philippine Islands to discuss surrender terms at Gen. Douglas MacArthur's headquarters.
日本側の使節団を乗せて伊江島にやってきた、2機の日本軍一式陸上攻撃機の周囲に集まる米軍兵。C-54機が、日本側使節団の搭乗を受け入れる準備を済ました状態で待機しており、マッカーサー元帥の司令部で降伏条項に関する協議をするためにフィリピンのマニラに向かう予定。 伊江島 (1945年 8月 19日)

写真が語る沖縄 – 沖縄県公文書館

帝国陸軍参謀次長、河辺鷹四郎陸軍中将の回想:

『われわれの乗機は、約十人ばかりの軍人がキチンと整列している前に誘導され、そこで一同機体から出た。整列者の最左翼にいた一人の白人と思われぬ男(フィリピン系か)、われわれの前に来て、まずい日本語で、「誰が長か」とたずねた。私は右手を挙げて、「私が長だ」というと、彼は手合図でついて来いというかっこうをした。数十メートル歩くと、DCIV式機がある。タラップまで案内され、またも、手合図でそれに乗れとの意が通ぜられた。

四発の堂々たる大型機、機内にゆったりした座席三十二、通路も広い。せせこましい軍用機内に窮屈な姿勢で、「これが大体空中旅行」というものと観念づけられていた私一日本の空軍将官には「すばらしいものを奴さん等使っていやがる」と、羨望やら反感やら自侮感やらわからぬ感じがひらめいた。しかも機内の奇麗なこと、各座席には新品と思われる水中救命具一式が整然とおいてある。数名の兵が機内にあってわれわれのサービスをする。あたかも空輸会社の飛行機に観光旅客として乗り込んだような感じだ。こうした待遇ぶりは、敵国の軍使にも丁寧な取り扱いをする文明国の態度でもあろうが、一面また余裕綽々たる戦勝国の威風を誇示するものとも考えざるを得なかった。

午後二時過ぎ、この大型機は悠々と離陸した。離陸前に、要求されて着装した救命衣を、場周飛行の終わるとともに、取りはずした。当番兵は間もなくサンドウィッチとレモンジュースとをわれわれに配給した。今朝七時頃木更津で朝食をしたそのままの腹中であっただけに、非常な食慾で食い終わった。

《「映像で見る占領期の日本-占領軍撮影フィルムを見る-マニラ会談に関する史料集」(河辺虎四郎回想録より)  From General Kawabe's Memoir より》

 

第32軍の敗残兵 

戦場の学徒兵 - 開南中学通信隊

f:id:neverforget1945:20210819105951p:plain

沖縄戦で失われた中学の一つに、私立開南中学校がある。開校したのは、志喜屋孝信。彼は、戦後アメリカ統治下の沖縄で、沖縄諮詢会委員長や初代沖縄民政府知事、そして琉球大学の初代学長を務めた。しかし彼が開設した開南中学は、沖縄戦で学舎と多くの生徒を失い、消滅した。

沖縄戦から74年、今まで「不明」とされていた「開南中学校学徒隊」の資料が国立公文書館から「発見」される - Battle of Okinawa

開南鉄血勤皇隊

第62師団独立歩兵第23大隊に配属された開南鉄血勤皇隊

開南中学校は、戦前の沖縄県で唯一の旧制私立中学校で一1936年(昭和11年)に創設されましたが、沖縄戦によりわずか9年という短い歳月で廃校になりました。

開南鉄血勤皇隊の入隊先の第62師団独立歩兵第23大隊は、激戦地となった宜野湾-浦添戦線に配置され多くの犠牲者を出した部隊で、入隊した開南中学生が全員戦死しました。

【開南中学校】開南中学通信隊 ~ たった4人だけの生還 ~ - Battle of Okinawa

開南中学通信隊

歩兵第32連隊に配属された開南中学通信隊

沖縄戦では開南中学学徒は71人が動員され、67人が死亡した(1959年編「沖縄戦における学徒従軍記」による)。当時2年生の金城一雄さん(55)=糸満市糸満=は数少ない生存者の一人だ。・・・

4人との最期は真栄里の大隊から国吉の大隊に向かう時だった。1人は頭がおかしくなっていた。「家族が来ている」「友だちが来ている」と昼間から壕を出ようとしていたから副官の准尉が付きっきりだった。他の3人は元気だった。・・・

金城さんら無線中隊や軍属の女性ら十数人は、その後、“食糧難”から真栄里に移される。“終戦”を迎えたのは8月29日だ。米軍との降伏調印もするなど、まだ連隊としての組織は残っていた。

【開南中学校】開南中学通信隊 ~ たった4人だけの生還 ~ - Battle of Okinawa

沖縄戦鉄血勤皇隊や通信隊、学徒隊として生徒が動員された県内21の旧制中学や師範学校、実業学校のうち私立開南中学校の戦場動員の実態がほとんど分かっていない。慰霊碑建立に向けた名簿作成など検証作業を踏まえ、沖縄戦に動員され、犠牲となった在学生は190人と同窓会は主張する。しかし、これまでの学徒に関する研究では、犠牲者数など開南中学徒の事実関係の多くを「不明」と扱ってきた。沖縄戦から73年。高齢となった開南中の同窓生らは、亡き学友の無念を思い、開南中学徒隊の実態解明を待ち望んでいる。

開南学徒 友の死たどる 同窓生、解明へ検証 | 女性自身

 

 

そのとき、住民は・・・

尖閣諸島戦時遭難事件

7月3日に遭難した一心丸と友福丸。8月14日、遭難者の決死隊が乗ったサバニが石垣島に到着。その5日後の、8月19日になってやっと救助船が到着した。

それから3日後、石垣島の水軍隊少尉や町役場の人たちを乗せた3隻の救助船が魚釣島に到着した。皆、「船が来たー」と喜び、「今日で魚釣島ともおさらばだ」と安堵した。だが、疎開者らは所持品は全て島に置くよう言われ、島で死んだ人々の遺骨も持って帰れることはできなかった。また、重症者は置き去りにしろと言う人もいたが、協力できる人同士がモッコで運び、無事に救助船に乗ることができた。

8月19日午後、救助船が石垣島に到着した。6月30日以来の石垣島である。遭難していた人々は、いずれも疲れ、やつれ果て形相が変わっていた。男か女か、若いのか年寄りなのか、見分けがつかないほど変わり果てていた。港に家族を迎えに行った人々は、自分の家族を見つけるのに、しばし時間がかかった。

各世帯に白米1升が配られたが、胃が受け付けず、口にしただけで戻してしまう人たちもいた。飢餓生活の後遺症は石垣島に生還したあとも続き、体力の回復には大分時間がかかった。中には弱った胃に食べ物があわず死亡した者、衰弱した体が回復せぬまま死亡した者も数多い。

尖閣諸島戦時遭難事件「一心丸・友福丸事件」 - Battle of Okinawa

しかし隣の南小島に食糧調達に行っていた6人が救助船から取り残され、そのうちの2人は死亡、親族が救助船を雇い、11月になってやっと最後の4人が救出された。

 

 

伊江島から追われた住民たち

伊江島の戦争で住民の半数が命を奪われ、生き残った人々は慶良間の収容所 (渡嘉敷と慶留間) そして辺野古の大浦崎収容所に送られた。

伊江島の生き残った住民は、5月20日、慶良間につれていかれた。渡嘉敷に1,600人、慶留間に400人だった。私は、慶留間につれていかれた。この戦争で、私の家族は私を残して全滅した。

「防衛隊」沖縄戦証言 伊江島 - Battle of Okinawa

2年間の収容所生活

収容所に着くと、男や子どもは―多分D・D・Tだと思うのですがードラム鱷の消毒液の中につけられ、また女は白い粉を吹きつけられたあと、テントの中に収容されました。ナーラの収容所に居る間に、日本の特攻機がやってきたことを記憶しています。

しばらくして、私たちは全員、渡嘉敷島にL・S・Tで運ばれました。渡嘉敷の人びとはまだ山にかくれたままでしたから、民家は空家になっており、そこに私たちは分宿させられました。部落のはずれにはアメリカ軍が針金を張りまわしてそれに手投弾をぶらさげて、地雷がわりに使っていました。それは、山にたてこもる日本軍ーつまり赤松隊ですがーの侵入を防ぐためだったのでしょうが、とても危険で、伊江島の人の中にも、ソテツやハブキをとりに行って、それにふれて死んだ人が少くありません。

渡嘉敷で一番困ったのは、食糧でした。伊江島から持っていったのはハッタイコだけでしたので、それを水でこねて食べたり、ソテツはもちろん、雑草でも食べられるものはなんでも食べました。例えばツハブキも食べつくしてしまい、あざみの茎のトゲを除いて蒸して食べたり、ザーギナといういやな臭のする灌木の葉をたべたりしました。ソテツの中毒症もひんぱんに起りました。とくに、子どもたちは無知ですから、飢えの余り、未処理のものをつまみ食いして、中毒しました。私も危く死ぬところでした。

その間、アメリカ軍は、山にかくれている渡嘉敷島の人々や日本軍に、しばしば投降を呼びかけていました。それに応じて、最初、二、三人の朝鮮人が下山して来ました。また、アメリカ軍の命令で伊江島の人が四人だったと思いますが (ブログ註・実際には6人)、投降勧告に行き、赤松隊に殺される事件がおこりました。

赤松隊が、下山した時のこともおぼえています。赤松大尉は、山にかくれていた敗残兵には見えない程太っていました。

私たちは、渡嘉敷で冬を越して、翌年村の人たちといっしょに本部町字健堅のミジハイというところの段々畑に移動して来ました。そこでは、オイルで揚げたテンプラを食べたり、多分、荷役中のアメリカ艦船から落ちたものだと思いますが、海岸に漂着した食糧を拾って食べたりしました。この頃、アメリカ軍の物資集積所から、物を盗みとる「戦果」も流行しました。

しばらくして、同じ本部町塩川に集団で移りました。そこでは砂地に芋を植えたり、またアダン葉むしろを作って生計を立てたりしました。原料のアダン葉を買うために、当時小学校の一年生か二年生の足で、遠く今帰仁村の湧川や古宇利島まで行ったものです。当時は、また、マラリアがしょうけつをきわめていました。翌年(1947年)、やっと伊江島に帰ることが許されました。

「子どもの体験」沖縄戦証言 伊江島 - Battle of Okinawa

7月2日に惨殺された6人のうちの1人安里安子さん (19歳) には婚約者もいた。

日本兵に捕まった安子さん は「父母に一言も言わないで来た。母親に一目会わせてほしい」と、兵隊に懇願したとい う。しかし、聞き入れられなかった。 日本兵はこっそりと山から下りると、わざわざ正江さん (父) を訪ねて「娘は元気だ」と話し、 安子さんのために毛布や着物を要求した。「父は日本兵の様子から変だと思ったそうです」。 八月下旬、戦隊長らを含め日本軍が山を下りてきた。「戦隊長の姿を見た父は、殺してやると暴れようとして止められた。

《謝花直美『証言 沖縄「集団自決」―慶良間諸島で何が起きたか』岩波新書 (2008) 75頁》

一方、赤松隊長は暖かい見送りを受けたと回想している。

(1968年) 1月に初めて第3戦隊の同窓会をした。60人ほど集まったが、そのとき新しい戦史を作ろうと話し合った。いずれ沖縄、とくに渡嘉敷島にも行ってみたい。70年までには―と計画している。

琉球新報『開き直る赤松元大尉「命令しなかった」~ 渡嘉敷島の「集団自決」赤松嘉次隊長の沖縄戦

実際には渡嘉敷島の住民の激しい怒りによって拒絶される。

(1945年) 8月24日、米軍に武装解除された部隊を、涙を流して送ってくれた村民、昨年三月、慰霊祭に旧部隊のものをあたたかく迎え、夜の更けるのを忘れて語り合ったとか、また島に上隆できなかった私に、わざわざ土産を持って那覇まであいに来てくれた村民に、私はあの島の戦史にあるような憎しみや、悪意を見い出し得ないのである。

1971年 赤松嘉次「私たちを信じてほしい」~ 渡嘉敷島の「集団自決」赤松嘉次隊長の沖縄戦

 

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

  1. 尖閣列島での辛い50日あまりの体験(石垣正子さん) - YouTube

f:id:neverforget1945:20210819111534p:plain