1945年 8月19日 『伊江島に降り立った日本降伏使節団』

〝沖縄〟という米軍基地 

『陸軍代表河辺虎四郎中将に率いられた総勢16名の日本降伏使節団8月19日朝、緑十字のマークが付いている武装解除した海軍の中型爆撃機2機に乗り込み、東京湾の東岸にある木更津空軍基地から密かに出発した。 伊江島に着陸後マッカーサー元帥の指示にしたがい、日本の使節団は直ちにアメリカ陸軍の輸送機に乗り換えさせられ、同日18時マニラ南部のニコルス飛行場に降ろされた。』

《「映像で見る占領期の日本-占領軍撮影フィルムを見る-マニラ会談に関する史料集」(マッカーサーレポート 第1巻)   From MacArthur Report(Japanese Version Only)より》

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/16-28-4.jpg

マニラでの降伏文書調印式へ向かう途中伊江島に到着した日本軍代表は、アメリカ側が彼らのために用意する輸送機への搭乗を待つ。左から2番目は帝国陸軍参謀次長でこの代表団の指揮官でもある河辺鷹四郎陸軍中将。(1945年8月19日撮影)

AS JAP DELEGATION ARRIVES AT IE SHIMA - Some of the 16-man Japanese surrender arrangement delegation wait to board an American transport being readied for them as they arrived at Ie Shima on the first leg of their journey to Manila. Second from left is Lieut. Gen. Kawabe Takashiro, Vice Chief of the Imperial Staff and leader of the delegation.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

河辺鷹四郎陸軍中将の回想:

『全体白塗、青色の十字を胴体に描いた―先方の指令による―海軍用「陸攻」機二機は、不名誉の一団をのせるべく、その準備が完了していた。一団は二機に分乗し、午前七時十五分頃あいついで離陸した。昨日からの情報を考慮して相当遠く南方洋上に出で、伊江島を目標に、その航法は寺井海軍中佐が指導した。

エンジンは好調、空路は大部快晴であったが、南西列島の上空で断雲が出た。一行それぞれ何事かの感懐を持っているであろうが、私の乗機の中では、談笑するものもなかった。私自身は、別段、使命達成の上に気がかりも持たなかったが、ただ一つ、正式の降伏調印の際に天皇親ら出て来いということを指令されることがあるまいか、過日のサンフランシスコの放送では、そういった意味を伝えていた。二、三日来先方の公式通告では、この心配がほとんどないが、現実になると平然として予告を変えられる場合あることは、外人との間にはまれでない。もしも天皇の臨場署名等を要求されたら、その指令を知って甘受して、復命できることか。この「不安」が胸中のシコリとなってとれず、その際私のとるべき処置を一通り考えた。私は昨夕、一行中の軍人連の服装をきめた際、拳銃携行を命じたのは、別段今の場合、敵側から受ける加害を考慮した自衛用のものではなかったのだ。』

《「映像で見る占領期の日本-占領軍撮影フィルムを見る-マニラ会談に関する史料集」(河辺虎四郎回想録より) From General Kawabe's Memoir より》

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/113-05-1.jpg

帝国陸軍参謀次長の川辺虎四朗中将率いる日本側使節団が、C-54輸送機に搭乗している様子。伊江島飛行場にて。使節たちは、連合国軍最高司令官マッカーサー元帥側の代表団と降伏条項について話し合うために、フィリピンのマニラに向かう。(1945年8月19日撮影)

Japanese envoys headed by Lt. Gen. Torashiro Kawabe, vice chief of the Imperial General Staff, boarding a C-54 at Ie Shima Airfield in Ryukyus for trip to Manila, Philippine Islands to discuss surrender terms with representatives of Gen. Douglas MacArthur, Supreme Allied Commander.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

河辺鷹四郎陸軍中将の回想:

『沖縄島付近に近づいた頃、かねて彼側から通告されてあったとおり、誘導機が現れてわれわれの機を誘導した。午後一時半頃われわれは伊江島に無事着陸した。着陸ぶりは敵側将兵の目の前で、みっともなくない手ぎわであった。    

この飛行場は私がはじめて見るので、日本時代との比較はできぬが、滑走路の舗装状況や土地の掘開状況などを見ると、敵側の占領後に大いに手を入れたことがよくわかり戦争間われわれの最も手痛い強敵であった動力化土工器材の偉勲をマザマザ見せつけられた

われわれの乗機がピストに誘導せられると、物見高く黒白の兵隊ども、戦争がすんでいかにも嬉しいというような顔付きで、大勢集まって盛んに写真機を向けている。覚悟をして釆たこととはいいながら、不快極まりない

《「映像で見る占領期の日本-占領軍撮影フィルムを見る-マニラ会談に関する史料集」(河辺虎四郎回想録より) From General Kawabe's Memoirより》

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/111-38-4.jpg

マッカーサー元帥の司令部で降伏条項に関する話し合いをするため、フィリピンのマニラに向かう途中の日本側使節団。伊江島飛行場で2機の日本軍一式陸上攻撃機からC-54機に乗り換える様子。(1945年8月19日撮影)

Jap envoys enroute to Manila, Philippine Islands for discussion of surrender terms at Gen. Douglas MacArthur's headquarters change from two Jap Bettys on Ie Shima Airfield in Ryukyus to continue their journey in a C-54.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

河辺鷹四郎陸軍中将の回想:

『われわれの乗機は、約十人ばかりの軍人がキチンと整列している前に誘導され、そこで一同機体から出た。整列者の最左翼にいた一人の白人と思われぬ男(フィリピン系か)、われわれの前に来て、まずい日本語で、「誰が長か」とたずねた。私は右手を挙げて、「私が長だ」というと、彼は手合図でついて来いというかっこうをした。数十メートル歩くと、DCIV式機がある。タラップまで案内され、またも、手合図でそれに乗れとの意が通ぜられた。

四発の堂々たる大型機、機内にゆったりした座席三十二、通路も広い。せせこましい軍用機内に窮屈な姿勢で、「これが大体空中旅行」というものと観念づけられていた私一日本の空軍将官には「すばらしいものを奴さん等使っていやがる」と、羨望やら反感やら自侮感やらわからぬ感じがひらめいた。しかも機内の奇麗なこと、各座席には新品と思われる水中救命具一式が整然とおいてある。数名の兵が機内にあってわれわれのサービスをする。あたかも空輸会社の飛行機に観光旅客として乗り込んだような感じだ。こうした待遇ぶりは、敵国の軍使にも丁寧な取り扱いをする文明国の態度でもあろうが、一面また余裕綽々たる大戦勝国の威風を誇示するものとも考えざるを得なかった。

午後二時過ぎ、この大型機は悠々と離陸した。離陸前に、要求されて着装した救命衣を、場周飛行の終わるとともに、取りはずした。当番兵は間もなくサンドウィッチとレモンジュースとをわれわれに配給した。今朝七時頃木更津で朝食をしたそのままの腹中であっただけに、非常な食慾で食い終わった。』

《「映像で見る占領期の日本-占領軍撮影フィルムを見る-マニラ会談に関する史料集」(河辺虎四郎回想録より)  From General Kawabe's Memoir より》

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/115-04-3.jpg

大きなC-54輸送機の翼の下で、マッカーサー元帥との会談に向かう日本側使節団と対面する米陸軍の高官。伊江島にて。使節たちはこれから、待機していた同機に搭乗し、マッカーサー連合国最高司令官との会談のためにフィリピンのマニラに向かう。それと分かる航空機に乗ってきた日本側使節団はこの後、C-54輸送機に乗り換え、最終目的地へと向かった。(1945年8月19日撮影)

High-ranking officers of the U.S. Army face Japanese envoys to Gen. Douglas MacArthur, under the wing of a giant C-54 waiting on Ie Shima to take the enemy dignitaries to Manila for conferences with the Allied Commander-in-Chief. The Japs landed at the island in distinctively marked planes and transferred to the transport for the last leg of their journey.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

 

第32軍の敗残兵

阿嘉島(あかじま): 海上挺進第2戦隊(戦隊長: 野田義彦少佐/阿嘉島慶留間島)

渡嘉敷島(とかしきじま): 海上挺進第3戦隊(戦隊長: 赤松嘉次大尉)

米軍は慶良間諸島の島々に潜む日本兵に投降するよう呼びかけていたが、なかなか成果をあげることができないでいた。そこで、既に捕虜となった日本兵らを使い、投降を呼びかけることにした。そこで、偽の上官からの「命令書」を作成し、投降する名分を与えることにした。

8月19日

塚本保次大佐の命令書と私信が野田隊と赤松隊に届いた。その文面は次のようになっていた。

---命令書野田隊と赤松隊に告ぐ。貴部隊は直ちに米軍に投降すべきこと。塚本保次大佐  第32軍最高司令官---

私信が続いた。

「誠に残念であるが、天皇陛下の命令に服し、連合軍に降伏することが日本軍の義務である。終戦が決定した今、潔く現地米軍に投降せねばならぬ。私も戦友の説得を受けて、米軍に投降した。これも新日本建設の為である。君達のような青年が降伏の屈辱感を捨て去り日本の再建のために働いてもらいたい。米軍の待遇は私の期待以上のものであった。決して悪いものではない。」

だが、阿嘉島の野田少佐は困惑した塚本大佐などという名前は聞いたことがない。アメリカ軍G2将校が説明した。

「牛島司令官ほか、ほとんどの軍上層部が自決、あるいは戦死した今、塚本大佐が第32軍の最高指揮官となっています。」

「そうか」と野田隊長はそれ以上確かめなかった。降伏の名分はそろったのだ。塚本大佐が実在するかどうか、騒ぎ立てるまでもない。』(28-29頁)

《「沖縄戦トップシークレット」(上原正稔/沖縄タイムス社) 28-29頁より》

 

 

そのとき、住民は・・・

先島諸島沖縄戦

遭難した疎開民 ⑮

1945年(昭和20) 6月30日、台湾に疎開する人々を乗せた船2隻が石垣島を出港した。数日後の7月3日疎開船は、米軍機からの機銃掃射を受けた。1隻は沈没、もう1隻は生存者を乗せて尖閣諸島魚釣島に到達した。疎開者らは、無人島でサバイバル生活を送ることになった。1カ月が経過した頃、決死隊を石垣島に送り出すことになり、難破船の廃材などを使い舟をこしらえた。8月12日魚釣島を出発した決死隊の舟は、同月14日石垣島へ到着、助けを求めた。8月15日八重山の日本軍から依頼を受けた台湾の日本軍が軍用機を飛ばし食糧を投下、18日には救助船が到着。人びとは、ようやく魚釣島を離れることができた。

8月19日午後、救助船が石垣島に到着した。6月30日以来の石垣島である。遭難していた人々は、いずれも疲れ、やつれ果て形相が変わっていた。男か女か、若いのか年寄りなのか、見分けがつかないほど変わり果てていた。港に家族を迎えに行った人々は、自分の家族を見つけるのに、しばし時間がかかった。

各世帯に白米1升が配られたが、胃が受け付けず、口にしただけで戻してしまう人たちもいた。飢餓生活の後遺症は石垣島に生還したあとも続き、体力の回復には大分時間がかかった。中には弱った胃に食べ物があわず死亡した者、衰弱した体が回復せぬまま死亡した者も数多い。

ある男性は、「私は七カ月目に初めて歩くことができた。初めの四カ月間はおしめにより大小便の用を足していた。思えば冥土の玄関まで参り、運よく門前払い、九死に一生をこのうえなき幸いと思っています。再び戦争のなからんことを祈ってやみません」と語っている。(尖閣諸島遭難・1-5)

《 「戦禍を掘る 出会いの十字路」目次 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース尖閣諸島遭難 (1-5)」より抜粋、一部要約》

youtu.be

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■