1945年 5月13日 『村全体を破壊する命令』

米軍の総攻撃・3日目

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/99-12-1.jpg

那覇郊外の戦線で、第22海兵連隊を視察するガイガー少将(左)(1945年5月13日撮影)

Major General Roy S. Geiger watching 22nd Marines in line on outskirts of Naha.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/97-04-3.jpg

幕僚たちに総攻撃の目標を指し示す第4海兵連隊司令官シャプリー大佐(1945年5月13日撮影)

Colonel Allen Shapley, Commander of the 4th Marine Regiment, points out to his officers the objective for the big push.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

西部〜中央戦線

天久(あめく)

『第22連隊第3大隊は那覇市北部の郊外に向けて偵察活動を実施し、斥候隊は那覇市の北に位置する天久の集落に入った。…この日の朝、斥候隊は敵の機関銃攻撃に遭遇し2名が負傷したため、1400時にL中隊の歩兵小隊と戦車で強行突破することになった。…天久台の方向に向かって進撃していくと道端には日本兵の死体が、あちこちに散らばっていたが生きている日本兵の姿はまったく見られなかった。安里川の北、180メートルほどの位置まで到達したところ、遂に日本軍は迫撃砲と機関銃による攻撃の火蓋をきった。』(127頁)

《「沖縄 シュガーローフの戦い 米海兵隊 地獄の7日間」(ジェームス・H・ハラス/猿渡青児・訳/光人社NF庫) 127頁より》

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/124443.jpg

荒廃した天久から安里川河口を眺める。安里川の向こうが那覇

The Estuary of the Asato Kawa from the high ground above the suburb of Amike. This is a view looking southeast over the wreckage of Amike and across the Asato Kawa toward Naha itself.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

日本軍の陣地は村の中に巧妙に隠匿されており海兵隊の戦車は狭い通りで身動きがとれなくなった。1輌のシャーマン戦車は村に入ったとたん、爆雷攻撃をうけて擱座したため、残りの部隊は後退した。北方向からの歩兵と戦車による別の攻撃も、日本軍の重機関銃の銃撃をうけて頓挫した。このため、隊司令部は村全体を破壊する命令を下した。戦車と兵士たちは、建物を完全に破壊しつくし推定75名の守備隊を殺害すると1830時に撤退した。』(128頁)

《「沖縄 シュガーローフの戦い 米海兵隊 地獄の7日間」(ジェームス・H・ハラス/猿渡青児・訳/光人社NF庫) 128頁より》

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/83-29-4.jpg

那覇郊外で銃撃戦を展開する米海兵隊第22連隊

22nd Marines in firefight on outskirts of Naha.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

シュガーローフ: (52高地)

5月13日の朝、第6海兵師団の攻撃は0730時開始予定であったが、悪路のために支援のロケット砲と補給物資を積んだトラックの到着が遅れたため、1115時に遅延した。昨日の第22連隊2大隊G中隊の攻撃失敗にもかかわらず、師団司令部は日本軍の配備状況を明らかに軽視していた。5月13日付けの師団報告書には「敵は、安謝川と那覇の間の戦術上重要な地域を放棄した。師団前面において敵の組織的なていこうは見られない」と記述されていた。

…シェファード将軍は、攻撃の主軸を左翼側の、第22連隊第2大隊と、第29連隊第3大隊の正面の安里川上流の高地とすることに決めた。…敵の抵抗をやわらげるために、師団砲兵による砲撃と沖合に展開している戦艦1隻、巡洋艦4隻、駆逐艦3隻による艦砲射撃がくわえられた。さらに、敵の陣地にたいして航空機によるロケット弾攻撃や、100ポンド(90キロ)および500ポンド(450キロ)爆弾による空爆が何波にもわたり繰り返された。こうした事前攻撃にもかかわらず、日本軍の攻撃はスタートから激烈だった。』(121-122頁)

『第22連隊第2大隊のE中隊とF中隊は、戦車と歩兵による攻撃で正面と側面の日本軍の防御陣地から凄まじい銃砲撃に見舞われ、前日のG中隊の二の舞におちいっていた。午後遅くなってE中隊はシュガーローフの北側にある小山まで辿りついたが、敵の銃撃が激しく顔を地面に押しつけたまま身動きがとれなくなった。F中隊は、近接する小山を攻撃するために第29連隊第3大隊が進撃してくるのを午前中ずっと待ちつづけたが、最終的に敵の銃砲撃に持ちこたえられずに後退させられた。

…F中隊に所属する小隊は、猛烈な迫撃砲攻撃をうけた。何事もない静寂から突然、18発から20発の迫撃砲弾が降りそそいだ。それはちょうど「両手一杯に小石をつかんで、空に投げ出したようだった」…1800時までに戦車は撤退し、攻撃も中止となった。…戦闘も膠着状態となったため、F中隊は夜にそなえて塹壕を掘った。』(124-126頁)

『左翼の第29連隊第3大隊では、H中隊が先陣を切って270メートルほど前進し、真嘉比の集落の北西にある丘を掌握することができた。…二つの大隊によるこの日の攻撃は、日没までにさらに150メートルから250メートル程度前進するにとどまった。』(127頁)

《「沖縄 シュガーローフの戦い 米海兵隊 地獄の7日間」(ジェームス・H・ハラス/猿渡青児・訳/光人社NF庫) 121-122、124-126、127頁より》

 

沢岻(たくし)

5月13日、第7連隊が苦闘の末に沢岻高地を確保した。…われわれK中隊は、破壊されて廃墟となった村へ入った。士官が沢岻村だと教えてくれた。頑丈な石垣に近づいたところで銃を構えるように命じられ、そのまま100メートルほど前方で展開する不思議な光景を見守ることになった。廃墟と瓦礫のなかを退却していく4、50人の日本兵を、われわれは手をこまねいて見ているしかなかった。敵は第7連隊に攻め込まれてどっと逃げだしたのだが、われわれが支援する第7連隊の小部隊が前方の右手や左手のどこかにひそんでいるのだ。味方に当たるかもしれない危険を冒して撃つことはできない。小銃を抱えた敵兵が小走りに逃げていくのを、ただ見守るしかなかった。敵は背囊も背負わず、ただ弾薬帯を支える肩紐を背中で交差させているだけだった。
ヘルメットをひょこひょこ躍らせながら瓦礫の中を遁走する敵を見て、私の隣にいた仲間がM1ライフルの安全装置に指をかけ、嫌悪感もあらわに言った。「やつら隠れる場所もないってのに、撃つこともできないとはな」「心配するな。この先にゃ第7連隊の十字砲火が待ってるって」。下士官が言った。「そのとおり」。士官も自信ありげに言った。』(358-360頁)

《「ペリリュー・沖縄戦記」(ユージン・B・スレッジ: 伊藤真/曽田和子 訳 /講談社学術文庫) 358-360頁より》

http://ibiblio.org/hyperwar/USMC/USMC-C-Okinawa/img/USMC-C-Okinawa-p31.jpg

沢岻高地に向かう海兵隊

Marines of the 1st Division move carefully toward the crest of a hill on their way to Dakeshi. The forwardmost Marines stay low, off of the skyline.

THE FINAL CAMPAIGN: Marines in the Victory on Okinawa

『ちょうどそのとき、われわれの頭上低く砲弾の飛ぶ音がして、味方のものだとわかっていながら、みんな思わず首を引っ込めた。必殺の155ミリ砲が閃光を発し、乾いた音をたてて炸裂するたびに、日本兵たちの上に黒々とした大きなソーセージ形の雲がわき上がった。砲兵隊はぴたりと目標に照準を合わせていた。必死に走りだした日本兵の脚が、(彼らが走るといつもそうだが)極度のO脚に見えた。激しく降り注ぐ砲弾のなかを敵に後ろを見せて逃げるときでさえ、そこには自信満々の傲慢な雰囲気が漂っているように感じられた。パニックに襲われた動きではない。われわれは知っていた。彼らはただ別の堅固な要塞へと退避して、さらに戦いを長引かせるようにと命令されたのだ。

…味方の155ミリ砲がまた日本兵の頭上に向けてとんでいった。われわれは言葉もなく立ちつくし、砲火に打ちのめされる敵の姿を見ていた。…なんとか生き残った兵が漂う黒煙の向こうに見えなくなったとき、前方の左右から海兵隊の機関銃の発射音が聞こえてきた。

われわれは命令に従って、石垣に挟まれた細い道を進んでいった。通過していく廃墟の連なりも、もとは風情豊かな村だったのだ。藁葺き屋根や瓦屋根の、趣に富んだ小さな家々が、今は瓦礫となってくすぶっていた。』(360-361頁)

《「ペリリュー・沖縄戦記」(ユージン・B・スレッジ: 伊藤真/曽田和子 訳 /講談社学術文庫) 360-361頁より》 

http://www.ourwwiiveterans.com/okinawa/maps/USMC-M-Okinawa-27.jpg

沢岻 (Dakeshi)、大名(Wana)一帯の米軍進撃図

Chapter 08 | Our World War II Veterans

http://www.ourwwiiveterans.com/okinawa/img/USMC-M-Okinawa-p187.jpg

左から沢岻丘陵、大名高地、首里、57高地

Battle of Okinawa Chapter 09

つぎは大名高地5月13日この予備作業として沢岻村落を攻撃した米軍は、ここで熾烈な戦闘にはいってしまった。沢岻にはいたるところトンネル、洞窟、縦坑だった。防衛するほうにとっては、まったく願ってもない陣地である。狙撃兵は廃墟にひそみ、石垣の裏にかくれ、貯水タンクや土壁のなかにひそんでいた。

先発小隊が広場に一歩足を踏み入れたとたん、前方や両翼からの、はげしい迫撃砲や機関銃の砲火の中に包囲されてしまった。無電は切れた。戦車隊や砲兵隊が煙幕弾を発砲して、小隊をかくそうとしたが、相手は煙幕の下を這いくぐって前進し、海兵小隊に手榴弾を投げつけてきた。…小隊は49人から32人もの死傷者を出して、ついに後退せざるをえなくなった。』(356-357頁)

《「沖縄 日米最後の戦闘」(米国陸軍省編・外間正四郎訳/光人社NF文庫) 356-357頁より》

 

中央戦線 

石嶺(いしみね): チョコレート・ドロップ(130高地)周辺

『…13日の作戦は、石嶺大石原の大石森とチョコ・ドロップの集中攻撃である。短時間ではあるが、はげしい予備砲撃を行なってから、306連隊は、チョコ・ドロップに新たな攻撃を試みた。先攻は第2大隊。まず北東部の高台を攻め落とした。先発中隊は進撃を開始してから13分で丘に着いたが、日本軍の野砲や迫撃砲弾の激しい弾雨の下を、丘陵北のふもとを攻撃したというだけにとどまった。…それでも一応は、チョコ・ドロップ山腹の一部を確保することはできた。だが、これもまもなくふもとに押しかえされてしまった。』(375-376頁)

《「沖縄 日米最後の戦闘」(米国陸軍省編・外間正四郎訳/光人社NF文庫) 375-376頁より》

http://www.ibiblio.org/hyperwar/USA/USA-P-Okinawa/img/USA-P-Okinawa-p340a.jpg

チョコレート・ドロップの集中攻撃 (1945年5月13日)

CHOCOLATE DROP HILL under attack 13 May from the west by tanks and armored flame thrower.

HyperWar: US Army in WWII: Okinawa: The Last Battle [Chapter 13]

午後2時、日本軍は、チョコ・ドロップの南方から150ミリ砲を20発も撃ち込んできた。これに対して米軍は、野砲、戦車砲、自動操縦砲など、利用できるありとあらゆる火器を駆使して、高地に3回目の攻撃を挑んだ。しかし、それでも守り抜くに値するほどの土地は確保できず、ついにチョコ・ドロップ北方300メートルの地点へまたも退却せざるをえなかった。戦車が2輌ともその日の戦闘でやられた。しかも1輌は150ミリ砲を装備したままであった。(376頁)

《「沖縄 日米最後の戦闘」(米国陸軍省編・外間正四郎訳/光人社NF文庫) 376頁より》

http://www.ibiblio.org/hyperwar/USA/USA-P-Okinawa/img/USA-P-Okinawa-p340b.jpg

日本軍からの攻撃でやられた米戦車2輌

Tanks which moved through the draw between the "Drop" and Flattop were knocked out by fire from reverse slopes of these hills.

HyperWar: US Army in WWII: Okinawa: The Last Battle [Chapter 13]

 

中央〜東部戦線

コニカル・ヒル: (運玉森・うんたまむい)

『…B中隊は、フォックス高地やチャーリー高地頂上に攻撃を試みたが、付近の山から猛烈な反撃をうけ、コニカル・ヒルからも迫撃砲の砲火をあびて退却せざるをえなかった。』(386頁)

『13日の午前11時、バックナー中将は、メイ大佐の指揮所に姿を見せた。メイ大佐はコニカル・ヒル攻撃の機は熟したと見た。前夜、我謝、与那城に侵入してきた日本軍を片づけたF中隊は、13日、第763戦車大隊B中隊の2個小隊やE中隊とともに、午前中かかってコニカル・ヒル北斜面を砲撃した。だが、コニカル・ヒル北側の突出部西面にある日本軍陣地を襲撃したG中隊は、背後にある御茶待やコニカル・ヒル自体の陣地からも猛攻撃をうけて、峰まで上がることはできなかった。メイ大佐は、…コニカル・ヒルを正面から攻撃させ、戦車隊は歩兵とともに丘に登らせるよう命令を下した。右翼線にいた…2個小隊は、…いとも簡単に付近の丘を占領した。…午後1時には丘陵北東の峰の上に到着した。

ところが、…塹壕を掘る間もなく迫撃砲が頭上におち、さらに午後3時25分ごろになると、中隊の勢力の日本軍が正面から襲撃してきた。…曹長は立ち上がって、ブローニング自動小銃で3メートルしか離れていない日本兵を撃ちまくり、弾丸がつきると、こんどは小銃をわしづかみにして撃ちまくった。…日本軍の砲兵陣地を探していた1機の米軍機が、上空からこれを視認して、ただちに砲兵隊に掩護射撃を要請した。

突然、米軍の猛烈な集中砲火がはじまり、10センチ臼砲弾が丘を越えて炸裂した。…日本軍はついに撃退された。…こうして、首里防衛線の東部の要害はついに弱体化された。』(389-390頁)

《「沖縄 日米最後の戦闘」(米国陸軍省編・外間正四郎訳/光人社NF文庫) 389-390頁より》

 

 

第32軍の動向

沖縄方面根拠地隊(沖根): 小禄(大田実海軍少将)

海軍部隊の戦況報告:

『(1) 陸戦隊3コ大隊は13時30分国場、与那原方面進出を完了する。

(2) 真嘉比方面の敵に対しては、陸上挺進斬込隊20組、64名を出す

(3) 泊方面の上陸用舟艇、および敵戦車に対して、第2砲台の12糎砲2門をもって射撃、制圧する。発射弾数127発。

(4) 味方陣地に対する敵機は延78機。戦艦、巡洋艦駆逐艦等の艦砲射撃は昼夜連続である。被害は14糎砲2門だが、修理可能の程度である。戦死は8名で、重傷者が1名いる。』(82-83頁)

《「沖縄 旧海軍司令部壕の軌跡」(宮里一夫著/ニライ社) 82-83頁より》

 

安謝(あじゃ)・安里(あさと)・52高地: (シュガーローフ)

『日本軍は残った砲兵陣をたくみに使って、安謝から安里までのあいだで海兵隊をおおいに悩ました。第44旅団の砲兵は、100ミリ曲射砲8門に野砲4門、それに、ときどき近くの部隊が迫撃砲や重砲で支援していた。日本軍は視界が利くことを利用して一発必中主義で、じつに的確に海兵や戦車を砲撃、あるときなどは、観測地点に立っていた数名の海兵のちょうどまん中に砲弾を命中させて、大隊長をはじめ通信兵3名、戦車隊将校2名を戦死させ、3名の中隊長を負傷させたのである。』(342頁)

《「沖縄 日米最後の戦闘」(米国陸軍省編・外間正四郎訳/光人社NF文庫) 342頁より》

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/92-11-4.jpg

北西に“シュガーローフ・ヒル”の南東側ふもとを望む。(日本軍が防御していた斜面)

A view of the southeast base of Sugar Loaf Hill looking northwest. This was the slope that the enemy held.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

沢岻(たくし)

八原高級参謀の回想:

13日夕方、第62師団参謀長から、私に電話がかかってきた。上野参謀長は、例の熱気のある早口で、「八原君、ご承知の如く、今、有川少将が馬乗り攻撃をうけている。師団長は、少将に対し、現陣地を固守して死ぬるよう、すでに親書を送られた。従来このような境地に追い込まれた指揮官は、後退を命ぜられるのが常であるのに、有川少将を、ここで見殺しにするのは情において忍びない。部下も、まだ相当数生存していることだから、なんとか救出し、今後の戦闘を続けて、指揮してもらいたい。しかし、師団長がすでに厳命を下しておられるので、自分としては手の下しようがない。軍の方で良い思案はないだろうか」という相談だ。

…私は軍参謀長に、「師団長藤岡将軍の真摯にして、厳然たる処置は、師団長の立場上命ぜられたことと存じます。軍としては、この際有川将軍に後退を命ぜられるのが、適当であります」と意見を具申した。参謀長、軍司令官ともに別に拘泥される様子もなく、すぐ同意して下さった。…この夜遅く、有川将軍以下同司令部の生存者は、巧みに敵の包囲を突破し、無事首里市内に後退した。』(320-321頁)

《「沖縄決戦 高級参謀の手記」(八原博通/中公文庫) 320-321頁より》

 

沖縄県鉄血勤皇隊第一中隊(略称・沖縄一中鉄血勤皇隊): (隊長: 篠原保司陸軍中尉)

5月12、3日ごろの夜、一中壕へ突然、前線からの撤退兵らしい大男の軍曹が5、6人の兵隊を連れて現れ、居丈高に怒鳴った

この壕は軍が使うから、お前たちは出て行けーッ

入り口近くで寝ていた…柔道教師の…教諭…が対応、「ここは沖縄一中鉄血勤皇隊の壕です」と説明したが、軍曹は学徒隊のことを知らなかったらしく「キンノー隊?何だ、それは」と横柄にいい、「文句を言わず、さっさと壕から出ろ」というなり、…胸をどんと突いた。

奥で寝ていて騒ぎを聞きつけた篠原隊長は、出てくるなり大声で一喝した。

貴様らこそ、文句を言わず外へ出ろーッ

…軍曹たちは思いもかけず将校らしい人物が出てきたので驚いた様子だったが、こうこうと照る月明かりで篠原隊長の襦袢の階級章が見えたようだ。』(293頁)

一中鉄血勤皇隊学徒の証言:

『軍曹たちは道路に土下座して許しを乞いましたが、隊長は許しません。「貴様らのような奴がのさばるから、地方人(民間人を指す軍隊用語)は迷惑するのだ」というなり、鞘に収まったままの軍刀で軍曹をしたたかに打ちすえました。相手が骨折するのでは、と心配になるほどの激しい制裁でした。敵と相対峙する前に、教え子がつぎつぎ犠牲になっていく厳しい現実に対する苛立ちが、教官をあの激しい行動に駆り立てた、と思います』(293-294頁)

《「沖縄一中鉄血勤皇隊 学徒の盾となった隊長 篠原保司」(田村洋三/光人社NF文庫) 293-294頁より》

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

 

琉球朝日放送 報道制作部 ニュースQプラス » 65年前のきょうは1945年5月13日