1945年 7月9日 『この島を取りに来ている強い米軍』

〝沖縄〟という米軍基地

『米軍は、無数の対住民用のビラを使って心理作戦を行なったが、「住民に告ぐ」というビラでは、要旨、つぎのように述べている。

「アメリカ軍は、支那や日本の内地を攻めるためこの島を使いたいのです。それでアメリカ軍は、マキン、サイパンパラオ等の島々を日本軍から取ったように軍艦、落下傘部隊、飛行機、戦車、重砲その外皆さんが聞いたこともないような新しい武器を澤山使ってこの島を占領します。アメリカ軍はこの様に恐ろしい武器を持っているばかりでなくまた戦いも非常に上手です(中略)この戦争に関係ない皆さんが無敵な米軍に反対するのは馬鹿らしくありませんか。それよりも早く安全な奥地へ行きなさい。米軍は皆さんとくに女の人や子供たちに日本兵のように無駄な死に方をさせたくない。この島を取りに来ている強い米軍の進む道から逃げなさい」。』(182-183頁)

《写真記録「これが沖縄戦だ」(大田昌秀 編著/琉球新報社) 182-183頁より》

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/14-39-2.jpg

日本軍が使用していた那覇南西海岸の滑走路。弾孔は埋められ、爆弾の破片は取り除かれた。空輸部隊の飛行機は兵站部に供給する物資をそこに運び入れる。もともと3本の滑走路を日本軍は使っていたが、米軍は1本を離着陸用に2本を駐機場に利用している。(1945年7月9日撮影)

Former Jap strip of Naha located on the southwest coast of Okinawa was put back in operation. Craters were filled and graded and bomb shell fragments that laid on the field were removed. Planes of the ATC used the field for bringing in supplies and equipment for the depot that was stationed here. Originally the Nips had three runways, but only one was being used for landings and take-offs by our planes. The others were used for parking the transports. Okinawa, Ryukyu Retto.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

『また「住民はこの戦争にたいしてどんな義務がありますか」というビラでは、なぜ勝つ見込みのない戦争に負け貧乏に暮らしたいのか、と反問し、「皆さんはこの戦争で何か得られることがありますか。日本の軍隊は皆さんの島を安全に守ってくれますか。この戦争は皆さん方の戦争ですか。それとも皆さん方を何十年も治めてきた内地人の戦争ですか」と述べているのである。』(183頁)

《写真記録「これが沖縄戦だ」(大田昌秀 編著/琉球新報社) 183頁より》

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/14-41-1.jpg

牧港飛行場を北向けに望む。(1945年7月9日撮影)

Looking north on Machinato airfield, Okinawa, Ryukyu Retto.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/14-43-1.jpg

伊江島の真正面にあるビースリー・フィールド(本部補助飛行場)の小飛行場。停泊しているのはフィリピン諸島ルソン島ラオアグから長旅をしてきた第3空軍第157連絡中隊の哨戒機ヴァルティL-5センチネル。(1945年7月9日撮影)

Cub Airstrip on Beasley Field directly across from Ie Shima. These are Vultee L-5 ”Sentinels” of the 157th Liaison Squadron, 3rd Air Commands that made the long trip from Laoug, Luzon, Philippine Islands to Okinawa, Ryukyu Retto.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

  

米軍の動向

給料日

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/330523.jpg

第10軍主計局で下士官兵への配分額を計算する3人。左からグローズベックT/5、コフィー2等軍曹、アーヴポン軍曹。(1945年7月9日撮影)

Three men handle the enlisted men's allotments of the Section of X Army Finance. L to R: T/5 T. R. Kennedy, Groesbeck, Tex.; T/Sgt. R. Mayes Coffey, Myrtilo, Miss.; and Sgt. Eugene Urreve-Pon, San Francisco, California.
写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/352167.jpg

金庫に陸軍第10軍財政資金を納めるイゴ少佐。金庫は軍票日本軍票(円)と重要書類などで一杯である。金庫は古い海軍船橋で出来ている。(1945年7月9日撮影)

Maj. C. E. Ego places the 10th Army Finance currency into the vault. The vault is full of American invasion money, the Military Japanese yen and important papers. The vault is an old Navy pontoon.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/352168.jpg

軍票、日本軍票(円)を計算に入れた給料を受け取るために、第1太平洋地域管区中隊事務室の外に集まった陸軍第10軍の下士官兵たち。(1945年7月9日撮影)

Outside of the 1st Pacific Ocean Area Province Company orderly room, 10th Army enlisted men gather for their pay, figured in Japanease yen, American invasion money.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

 

そのとき、住民は・・・

先島諸島沖縄戦

遭難した疎開民 ⑦

1945年6月30日石垣島から台湾へと疎開する人びとが乗った船団が西表島に向かった。その後、米軍機に発見されないよう、尖閣諸島を経由する航路で台湾へと向かうが、7月3日、船団は米軍機による掃射を受け、うち1隻は沈没し、多くの人びとが溺死した。沈没を免れた船は、生存者を乗せて石垣島に引き返すつもりでいたが、7月4日魚釣島に漂着した。台湾を目指していた疎開民は、無人島の魚釣島で救助を待ちながら、サバイバル生活を送ることになった。疎開民は、それぞれが持っていた食糧を出し合って炊き出しをし、島に繁殖する野草や木の芽、カニやヤドカリを食した。

7月9日ごろ石垣島と連絡を取るため、米軍機による掃射で沈没しなかった第一千早丸(友福丸)が石垣に向かった

だが、周辺の海流は激しく、途中でエンジンが故障してしまい、船は漂流し始めた。乗組員たちはやむをえず船を放棄することにし、小伝馬舟に乗り移って、やっとの思いで魚釣島に引き返した。これで、外部への全ての連絡手段が失われた。(尖閣諸島遭難・4 / 八重山の戦争) 

《 [72 尖閣諸島遭難(4)]ついに“決死隊”編成 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース および八重山の戦争」(大田静男/南山舎) 216頁より抜粋、一部要約》

f:id:neverforget1945:20170709212001p:plain

シリーズ牧野清コレクション79 尖閣列島遭難者関係資料綴 「台湾疎開石垣町民遭難関係コース略図(略)」

シリーズ牧野清コレクション79 尖閣列島遭難者関係資料綴 | 尖閣諸島資料ポータルサイト(Senkaku Islands Archives Portal)

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

 

琉球朝日放送 報道制作部 ニュースQプラス » 65年前のきょうは1945年7月9日(月)