〜シリーズ沖縄戦〜

Produced by Osprey Fuan Club

1945年6月29日 『続く久米島の悲劇』

米軍の飛行場建設 / 鹿山隊 久米島の虐殺 (2) / 摩文仁の淵で / 子どもを連れてさまよう女性たち / 田井等の孤児院

 

米軍の動向

〝沖縄〟という米軍基地の建設

沖縄の米軍基地は多く日本軍の土地接収と基地建設にその起源がある。米軍はまず4月1日に読谷と嘉手納の基地を占領し、次々と日本軍の基地を礎にして更なる基地建設を進めた。1945年の沖縄戦において、米軍は11の飛行場20あまりの小飛行場を建設した。

f:id:neverforget1945:20210629132710p:plain f:id:neverforget1945:20210629132745p:plain

左図が日本軍が建設あるいは途中放棄した飛行場。右図は米軍が沖縄戦の年に建設した飛行場

日本軍が建設/建設中であった飛行場を米軍が拡張したものは次の6か所。

米軍が沖縄戦中に住民を排除して建設した飛行場は次の5か所。

泡瀬 (Awase) は戦前から産業の町としてにぎわっていた。1945年4月3日に泡瀬に到達した米軍は、一帯を下原 (Shimobaru) と呼び、巨大な民間人収容所となしていた。下は4月下旬の泡瀬。通りの向こうに中城湾と岬が見える。

米陸軍: A Typical street scene in the town of Shimobaru, with the civilians pursuing their routine activities.【訳】 日常生活を営む住民と下原の典型的な風景  1945年4月26日

写真が語る沖縄 – 沖縄県公文書館

5月中旬には住民は他の収容所に移送され、泡瀬の町並みは取り壊された。泡瀬飛行場は7月1日に完成。

f:id:neverforget1945:20210628232045p:plain

Awase Airstrip as it looked from the control tower on 29 June 1945. Bulldozers, scrapers and rollers of the 36th Naval Construction Battalion were working to complete the field for operation on 1 July 1945. Okinawa, Ryukyu Retto.【訳】1945年6月29日管制塔から眺める泡瀬飛行場。7月1日の作戦までの完成をめざして作業する第36海軍建設大隊のブルドーザー、スクレイパー、ローラー。1945年6月29日

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

那覇の一帯は補給基地となる。

f:id:neverforget1945:20190628235441p:plain

Area of Class II Quartermaster Dump, part of 521st Quartermaster Group at Naha.【訳】那覇の第521補給部隊のクラスII物資置き場。(1945年6月29日撮影)

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

第32軍の敗残兵

久米島住民虐殺事件 ② 1945年6月29日

  1. 6月26日: 米軍、久米島へ上陸
  2. 6月27日: 鹿山隊による有線電話保守係の虐殺

久米島: 久米島電波探知機部隊(隊長: 鹿山正 海軍兵曹長

f:id:neverforget1945:20210627095005p:plain

沖縄戦証言 久米島と鹿山隊 - Battle of Okinawa

6月26日の米軍上陸には何の抵抗もしなかった久米島の鹿山隊だが、翌日から日本軍の銃は住民に向けられる。27日の虐殺に続き、29日には16歳の少年を含む住民9名を惨殺し、火を放つ。

29日の住民虐殺

  • 字北原区の区長、小橋川友晃
  • 警防班長、糸数盛保
  • 宮城栄明 (39歳) と妻ツル、妻の弟の孫一郎 (16歳)
  • 比嘉亀 (67歳) と妻 (67歳)、息子の定喜 (22歳) と妻 (20歳)

虐殺のもようは、当時日本軍の一人として現場にいた沖縄出身兵K氏のつぎの証言で明らかにされた。「宮城さんの家に集められた九人は、手足を針金で縛られ、目隠しされて立たされ『ひとりひとり殺せよ』と命令され、銃剣で次々刺したのです。一突きで死ななかったので、のたうちまわっている九人を何度も刺して殺し、八坪そこそこの住宅は血の海となり、全員が息絶えた処、火をつけて引き上げていったのです」家ごと焼き払われた死体は、いずれも黒こげでだれがだれだかまるで判別不能の有り様だったという。

「報告・久米島三二年目の夏」: ガンジーの小屋

久米島の戦争 鹿山隊と住民虐殺 - Battle of Okinawa

米軍は6月13日深夜に久米島を偵察しており、その際、北原地区の住民2人、67歳の比嘉亀、16歳の宮城家の少年が一時的に捕虜となるも解放され帰宅していた。比嘉亀は言葉が通じず、聡明な宮城家の少年が久米島の日本軍がごく少数であることを伝えたために、米軍の上陸は当初の計画より小規模なものに変更されたという。

同証言で、旧日本軍の守備隊が機関銃一丁と小銃のみで武装した小規模の通信隊であるとの情報から、米軍は久米島を砲撃せず、当初より小規模の戦闘員742人で上陸した経緯がつづられている。… 林教授は「二人の証言が米軍の久米島への攻撃をやわらげ、多くの住民の命を救うことにつながったのではないか」とみている。

「旧日本軍の作戦資料入手/関東学院大・林博史教授」沖縄タイムス 2003年5月12日

29日、鹿山隊は米軍の一時捕虜となった二人だけではなく、比嘉家と宮城家の全員をとらえ、また区長や警防分団長も含めて惨殺し、ガソリンをかけて燃やし、見せしめにした。

それから、私たちは敵の米軍より味方の日本軍のほうが恐ろしくなったですよ。こわくて焼け跡から遺骨も拾うこともできない。仕方なく死体は一ヵ月も放置したまま。海岸ぞいの米軍と山の中の日本軍にはさまれて私たちは二ヵ月以上も、自然の鍾乳洞を利用した避難壕の奥深く隠れていました。食糧も不足して、壕の中で餓死したり、病死した老人もいたんです」と現在の北原区長、仲間良成さん(58)は、悪夢のようなホラ穴生活を思い起こす。

サンデー毎日「沖縄のソンミ事件・久米島島民虐殺の真相」1972年4月23日号

ガソリンをまいて燃やしたことを「火葬」にしたと語る鹿山隊長。その後も住民虐殺を続けた鹿山は戦後のインタビューで「島民を掌握するため」だったと語る。

鹿山隊長の証言

〔答〕ええ、火葬にしました。家といっしょにね、それから、あと片づけをするように、村長に命令しました。ええーと、ワシの見解はね、当時スパイ行為に対して厳然たる措置をとらなければ、アメリカ軍にやられるより先きに、島民にやられてしまうということだったんだ。なにしろ、ワシの部下は三十何人、島民は一万人もおりましたからね、島民が向こうがわに行ってしまっては、ひとたまりもない。だから、島民の日本に対する忠誠心をゆるぎないものにするためにも、断固たる処置が必要だった。島民を掌握するために、ワシはやったのです。

久米島の日本軍 海軍通信隊の鹿山正隊長と陸軍中野学校の上原敏夫 - Battle of Okinawa

住民は食糧不足で餓死寸前であった。

島は小さかったが食糧はかなりあった。ことばは琉球語であるが、日本の教育を受けているので不自由はしなかった。那覇は知らんが久米島は離島でいち植民地である。

鹿山、テレビインタビューで語る。

沖縄返還」に先駆け、1972年4月23日号で「サンデー毎日」が久米島虐殺事件を「沖縄のソンミ事件」としてスクープする。しかし、この記事の受容において、日本では、典型的な「戦争の犠牲は沖縄だけではない」といった、本土の戦争被害には目を向けても、戦争加害に向きあうことを拒絶する傾向がみられた。

 テレビ局には視聴者の電話が殺到した。だが、〈その声は本土と沖縄ではまったく対照的〉だったと本誌72年4月23日号は伝える。本土からの電話の7割は「戦争の犠牲は沖縄だけではない」といった意見だった。〈「もういいではないか」(本土)に対し「やつざきにしてやりたい」(沖縄)。この落差は何か〉 記事はそう書いている。

久米島で住民20人〝処刑〟 スパイ容疑が招いた惨劇 1972(昭和47)年・〝沖縄のソンミ事件〟報道〈サンデー毎日〉 | 週刊エコノミスト Online

米軍が久米島に建設した通信施設「久米島航空通信施設」は、1973年5月14日に自衛隊那覇基地久米島分屯基地に移管された。

海を見渡せる山頂一帯に設置された航空自衛隊久米島分屯基地。この山の一体に日本軍の兵舎などがあった。

 

 

摩文仁の淵で生きのびる

おおくの兵士や住民が終わらぬ戦場を生きていた。

f:id:neverforget1945:20200506040819p:plain

愛知県出身の吉橋さんは日本軍の歩兵部隊の兵士として、米軍と戦った。絵は昭和20年6月末、糸満市摩文仁の海岸に追い詰められた際、米軍の高速艇に海から火炎放射器で攻撃されたときの様子。吉橋さんが近くの岩にへばりつくように身を隠すと、上から何人もの兵士が覆いかぶさってきた。数時間後、あたりが静かになってから身を起こすと、覆いかぶさっていた兵士のほとんどは焼死していた。

船からの火炎放射 【吉橋弘二】|NHK 戦争証言アーカイブス

吉橋弘二さんが投降したのは9月に入ってからのことだった。

300人もいた松田中隊は10人ほどになっていました。それも沖縄島最南端の摩文仁(まぶに)海岸に到着した時には、わずか3人になっていました。… この大度海岸の近くに爆撃で破壊された集落跡がありました。三方が自動車道路になっており、頻繁にアメリカ軍車両が通過していました。海岸の洞窟にいるよりここに潜んでいたほうが安全だ、との松田中隊長の判断で、そこに竪穴を掘って3人は、隠れ住んでいました。

沖縄戦--首里陣地攻防から摩文仁まで

 

そのとき、住民は・・・

何を信じるべきか - 錯綜する情報

幼い子どもを連れ、女性たちは食糧もなくさまよった。米須からヤンバルに疎開していた集団は、南部が安全だと聞いて南に向かった。しかし現実は米須は死の道と化しているだけではなく、そもそも米軍の規制線を越えることは不可能であった。

6月29日かね、島尻は安全だからというので、島尻に行くよ、ということになりました。60名余りだったです、村の疎開者は。集まって係からこういう話があったといってですね、島尻に行くといって、夜の九時から朝の六時まで、夜中歩いて、喜瀬武原を越えてですね、恩納山に行ったんです。そうしたら、あの時は荷物も着換えもですが、それを頭に載せて、子供二人を負んぶして、また五歳になる子供には、小さい急須を持たしてあったんです。転んで泣いたら死ぬよ、捨てて行くよ、といって歩かしたんです。山道は狭いので、手も持ってやれませんからね、三歳になる子は栄養不良で恩納山で亡くなりました。

… 島尻は安全といって恩納山に行ったら、恩納山では、島尻は激戦場になっているんだと知らされました。そののち恩納山では、芋掘りもできなかったですよ。

『沖縄県史』 9-10巻 沖縄戦証言 米須 ( 1 ) - Battle of Okinawa

七月半ばまで恩納岳にとどまり、やっと石川民間人収容所に収容される。

石川の配給は一日に一人一合五勺、切升で。翌日は芋一斤ずつ、一日おきにそのように配給されました。それにウズラ豆も、五勺。あっち行ったらですね、星も見える、子供が泣いても何でもないといってですね、こんなところもあったのに、そんなに長らく山におったか、とくやしかったですよ。

(恩納岳で一緒であった近所の) おじいさんと姉さんは、もう生きていても何ののぞみもないといって、(恩納岳に残り) そとに出て行って、飛行機から弾を落されて亡くなったそうです。おばあさんはうちの防空壕で亡くなったそうです。

『沖縄県史』 9-10巻 沖縄戦証言 米須 ( 1 ) - Battle of Okinawa

また米須にとどまっていた別の女性は、妊娠中で三人の子どもをかかえ、日本兵に転々と壕を追われながらさまよった。八重岳で出産 (赤ちゃんは死亡)、最終的に米須の壕に戻り、九月十日ごろまで壕にとどまった。

五時後からはアメリカさんはいないから、うちは薄暗くなってから、(水や芋など) 取りに出て行くんです。その頃にも友軍の兵隊さんがいて、「日本は絶対に負けないよ。絶対負けないよ、また日本から来るよ、」といって、アメリカの飛行機が飛んでいると、日本の飛行機でないかね、といって、友軍の兵隊さんが出さなかったんです。

… だがこんなにいつまでも壕生活をしていては、子供たちのお腹が、(栄養失調で) もう大きくなっていたんですよ。ゴージ (栄養失調にそういっていたらしい) だといって、大変だから、戦車で轢き殺すという話があったんですが、轢き殺すなら戦さだからいいさ、もう出た方がいいさ、といって出たんです。ところがうちの四男、分家しているわたしの弟が、あなた方出なさい、わたしは行かないよ、といって、出なかったんですよ。自分の妻も子も出ているが、自分ひとり残って、来なかったんですよ。男は睾丸を取られて女はアメリカ兵にいたずらされる、オモチヤになるという話がありましたから。わたしは行かないからあなたがたはいらっしゃいといって出ませんでしたが、四日くらいして後に出ていますよ。

『沖縄県史』 9-10巻 沖縄戦証言 米須 ( 1 ) - Battle of Okinawa

 

田井等地区の孤児院

f:id:neverforget1945:20210627015427p:plain

2008年に発見された写真

f:id:neverforget1945:20200628052629p:plain

Pfc. Chester J. Dziurkiewicz, member of the 27th Division Band, entertains Okinawan children in the village of Taira with some fancy rope twirling.【訳】田井等の村で面白いロープのおもちゃで子供を楽しませる第27師団楽隊のジウオキウイク上等兵(1945年6月29日撮影)

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

f:id:neverforget1945:20210629005217p:plain

名護市田井等地区に、沖縄戦で親と死別したり生き別れたりした子どもたちを収容する孤児院がありました。孤児院として使われた住宅は昭和初期に建てられました。50坪の母家は、この地区で最も大きな住宅で、60人あまりの子どもたちが生活していました。終戦後、親などに引き取られる子どもたちが相次ぎ、翌年の春に孤児院はその役割を終えました。

名護市 戦争孤児院【放送日 2009.6.15】|戦跡と証言|沖縄戦|NHK 戦争証言アーカイブス

孤児院は各収容所に併設されていたが、米軍の囲い込みのもとにあり、住民は自由に孤児たちの施設に通い食事を与えることすら許されなかったことが他の証言から明らかになっている。また当時の孤児院の米軍記録も今までのところ公開されていない。

孤児院での子どもたちの衰弱死に関する統計はない。これも米軍管理のもとで正確な統計が存在しないこと自体が施策の怠慢を物語っている。統計資料や記録を米軍が廃棄したのか、もとも と記録などはないのか、現在もアメリカのどこかの図書館・史料室に眠っているのかは不明である。

田井等孤児院の状況に関する証言でも「毎日のように山から運び込まれてくる小さい子どもたちは、裸にされていましたが、どの子も栄養失調でした。縁側に寝かされても翌朝までに半数は死んでいましたが、『シニイジ』といいますが、子どもたちは汚物にまみれており、朝鮮の女の人たちがダンボールに入れて埋葬していました」という証言にもかなりの頻度で子どもたちが 亡くなっている状況を見て取ることができる。

また越来村(現在の沖縄市)のコザ孤児院は当時「子どもの家」と呼ばれた施設であったが、 激しい下痢で子どもたちは衰弱しており、大勢の子どもたちがそこで命を落とした。下痢で床張りの部屋は豚小屋のようになっていた。……子どもたちの遺体は、衛生係と呼ばれた男性が担架で少し離れた墓地に運んだことが語られている。

浅井春夫「沖縄戦と孤児院 ─ 戦後史のなかの児童福祉の空白を埋める ─」(2013)

親を失いひとりぼっちで戦場に取り残される子どもたち。

f:id:neverforget1945:20210630000055p:plain

海兵隊: A little Japanese girl shares the canteen of a marine who found her in a cave on Okinawa. She was brought in to the settlement maintained for Okinawa civilians by military government officials.【訳】海兵隊員の水を分けてもらう日本人の少女。沖縄の壕で見つかった。軍政府職員が沖縄人のために管理している居住区に連れていかれた。1945年 6月

写真が語る沖縄 – 沖縄県公文書館

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■