〜シリーズ沖縄戦〜

Produced by Osprey Fuan Club

1945年7月9日 『この島を取りに来ている強い米軍』

米軍の心理戦伊江島住民の苦難

米軍の動向

〝沖縄〟という米軍基地の建設

米軍は4月1日に読谷と嘉手納の基地を占領し、日本軍の飛行基地を礎にして更なる基地拡大を進めた。1945年の沖縄戦で米軍は11の飛行場20の小飛行場を建設し、そのほか数多くの軍事施設を構築した。

f:id:neverforget1945:20210709014748p:plain

那覇飛行場 (那覇AB)
海軍小禄飛行場(海軍那覇飛行場)➔ [米軍] 那覇飛行場

f:id:neverforget1945:20210708232732p:plain

Former Jap strip of Naha located on the southwest coast of Okinawa was put back in operation. Craters were filled and graded and bomb shell fragments that laid on the field were removed. Planes of the ATC used the field for bringing in supplies and equipment for the depot that was stationed here. Originally the Nips had three runways, but only one was being used for landings and take-offs by our planes. The others were used for parking the transports. Okinawa, Ryukyu Retto.

日本軍が使用していた那覇南西海岸の滑走路。弾孔は埋められ、爆弾の破片は取り除かれた。空輸部隊の飛行機は兵站部に供給する物資をそこに運び入れる。もともと3本の滑走路を日本軍は使っていたが、米軍は1本を離着陸用に2本を駐機場に利用している。(1945年7月9日撮影)

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

牧港飛行場 (今の牧港補給地区)

陸軍沖縄南飛行場(仲西飛行場・城間飛行場)➔ [米軍] 牧港補給地区

f:id:neverforget1945:20210708233050p:plain

Looking north on Machinato airfield, Okinawa, Ryukyu Retto.

牧港飛行場を北向けに望む。(1945年7月9日撮影)

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

およそ20もの小飛行場 (cub air strips) が作られた。

第13小飛行場 - 当間小飛行場 (沖縄市)

f:id:neverforget1945:20210708234822p:plain

Aerial view of Cub Airstrip #13. There were approximately 20 Cub Airstrips throughout Okinawa, Ryukyu Retto. 163rd Liaison Squadron, newly arrived from the States, operated here.

第13小飛行場。沖縄本島にはおよそ20の小飛行場があった。沖縄での活動のため米本国から着いたばかりの第163連絡中隊。(1945年7月9日撮影)

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

備瀬の本部補助飛行場、現在の備瀬フクギ並木の東側にあった。

f:id:neverforget1945:20210709021022p:plain
Cub Airstrip on Beasley Field directly across from Ie Shima. These are Vultee L-5 ”Sentinels” of the 157th Liaison Squadron, 3rd Air Commands that made the long trip from Laoug, Luzon, Philippine Islands to Okinawa, Ryukyu Retto.

伊江島の真正面にあるビースリー・フィールド (本部補助飛行場) の小飛行場。停泊しているのはフィリピン諸島ルソン島ラオアグから長旅をしてきた第3空軍第157連絡中隊の哨戒機ヴァルティL-5センチネル。(1945年7月9日撮影)

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

本部半島には上本部飛行場のほか少なくとも3カ所に小飛行場 (名護市・備瀬・崎山) が建築された。このため、6月25日から本部住民は大浦崎収容所や田井等収容所に強制収容された。

 

沖縄戦と心理作戦 (psyop)

米軍は、無数の対住民用のビラを使って心理作戦を行なったが、「住民に告ぐ」というビラでは、要旨、つぎのように述べている。

アメリカ軍は、支那や日本の内地を攻めるためこの島を使いたいのです。それでアメリカ軍は、マキン、サイパンパラオ等の島々を日本軍から取ったように軍艦、落下傘部隊、飛行機、戦車、重砲その外皆さんが聞いたこともないような新しい武器を澤山使ってこの島を占領しますアメリカ軍はこの様に恐ろしい武器を持っているばかりでなくまた戦いも非常に上手です(中略)この戦争に関係ない皆さんが無敵な米軍に反対するのは馬鹿らしくありませんか。それよりも早く安全な奥地へ行きなさい。米軍は皆さんとくに女の人や子供たちに日本兵のように無駄な死に方をさせたくない。この島を取りに来ている強い米軍の進む道から逃げなさい」。

《写真記録「これが沖縄戦だ」(大田昌秀 編著/琉球新報社) 182-183頁より》

f:id:neverforget1945:20200708133017p:plain

Outside of the 1st Pacific Ocean Area Province Company orderly room, 10th Army enlisted men gather for their pay, figured in Japanease yen, American invasion money.

軍票、日本軍票(円)を計算に入れた給料を受け取るために、第1太平洋地域管区中隊事務室の外に集まった陸軍第10軍の下士官兵たち。(1945年7月9日撮影)

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

また「住民はこの戦争にたいしてどんな義務がありますか」というビラでは、なぜ勝つ見込みのない戦争に負け貧乏に暮らしたいのか、と反問し、「皆さんはこの戦争で何か得られることがありますか。日本の軍隊は皆さんの島を安全に守ってくれますか。この戦争は皆さん方の戦争ですか。それとも皆さん方を何十年も治めてきた内地人の戦争ですか」と述べているのである。

《写真記録「これが沖縄戦だ」(大田昌秀 編著/琉球新報社) 183頁より》

f:id:neverforget1945:20210709052122p:plain

米軍の心理戦が効力を発していることを伝える米『ライフ』誌

f:id:neverforget1945:20210709031513p:plain

f:id:neverforget1945:20210709033800p:plain

日本兵の投降が増加 - 心理作戦が効力を証明する

ジャップの戦陣訓である武士道は降伏を許さない。ゆえに日本の兵士は死ぬまで戦わなければならない。太平洋で自爆的ジャップと戦ったアメリカ人は、武士道が絵空事ではないことを知っている。しかし、過去数週間で、米国の心理戦部隊の紙爆撃が効力を発揮し始めた。米国がその島を奪還してから10か月後のグアムでは、35人の日本人歩兵が壕から出て降伏した。沖縄のための血なまぐさい戦いの最後の日、日本兵はこの戦争で初めて大きな規模で降伏している。より勝る敵軍と闘ったことを考慮しても、沖縄での9,498人の日本兵の捕獲は、硫黄島(1,038人)、サイパン(2,161人)、グアム(524人)、またはタラワ(150人)での以前の戦闘よりも捕虜の著しい増加を示している。捕虜の数が急増しているのは、もう後戻りできないほど敗北が明らかであり、米軍に降伏したとしても殺されることはないということが証明されたことによるものだ。米国のプロパガンダはまた戦争が日本兵の祖国にもたらした酷い状況を強調しており、それ自体が降伏プロパガンダの目的である。

…  日本をプロパガンダのビラや放送で充満させることで、アメリカ人はこれらの妄信の核心を突き崩そうとしている。平均的な日本人の天皇への熱狂的献身を認識したうえで、プロパガンダは民間人と軍階級「グンバツ」との間のくさびを打ち込もうとするものだ。「グンバツ」が日本列島の現在の悲しい状態に主要な責任があることを示すビラ(下)は、日本の歴史の教訓である。それらは、いかに東条のような軍閥政府のなかに入り込み、外交政策を乱用し、ついに国と皇帝を愚かで血なまぐさい絶望的な戦争へと追いやったかをしめしている。

《『ライフ』1945年7月9日 67-68頁 》

 

敗残の日本軍

久米島の鹿山隊「山賊化す」

  1. 6月26日: 米軍、久米島へ上陸
  2. 6月27日: 鹿山隊による有線電話保守係を惨殺
  3. 6月29日: 16歳の少年を含む9名の住民を惨殺

山の鹿山隊と、里に駐留する米軍と、そのはざまにおかれた住民。

ある男性の戦時日記より:

七月九日 鹿山隊山賊化す

山を出て自宅に帰れば日本軍これを好まず帰家する者は危害を加ふベシと云う宣伝がきびしく流布され今や島民は皇軍に対し山賊のごとく恐れをなし退山するものが西銘、上江洲、仲地、山里、具志川、仲村渠には目立て少なかったようだ。

それに米兵は1日も早く退散して帰宅耕作すべし、左ならずば日本軍とみなして山を掃討すべしという布告を発せられたからたまらない。民衆は山に居れず里にも居れず、里と山とに迷う皇軍を恐れ敵に怯え帰するところを知らず。

呼々信頼セシ皇軍は完全に山賊と化し民衆の安住を妨害す。

民衆は1日も早く山を出て耕せざれば生活に窮迫をつげている現状を不知。只管自己の安逸をむさぼる鹿山兵曹いつまでにげまわるつもりだろうか。

沖縄戦証言 久米島と鹿山隊 - Battle of Okinawa

 

そのとき、住民は・・・

漢那収容所

米軍は12の民間人収容所地区を設置し、中南部や本部半島、伊江島での基地建設の都合にあわせて住民を転々と移送した。

f:id:neverforget1945:20210627015427p:plain

沖縄島に設置された12の民間人収容所

漢那 (現在の金武町中川と宜野座村漢那・城原)

五月中旬頃、地元住民 (金武・並里) と中南部か らの避難民 (沖縄戦直前の疎開者) を収容した。なお、金武村伊芸と屋嘉の住民は石川の難民収容所へ移された。その後、中南部戦線で米軍の保護下に入った住民が、糸満豊見城村伊良波・ 宜野湾村野高・中城村安谷屋・北谷村などの臨時収容所を経て送りこまれた。難民の数は約三万人。中川地区には、沖縄戦終焉の地である島尻方面から移された難民が多かった。 

佐敷町佐敷町史 4 戦争』》

f:id:neverforget1945:20190706115638p:plain

福元藤吉さん「残っている兵隊、壕に入っている兵隊が、時々、攻撃したりしているんです。それも8月、9月までやっているみたいでした」

糸満市米須の福元藤吉さんは当時10歳。激戦地の南部で家族とともに捕虜になり、7月には金武へと移りましたが、そこではアメリカ軍と日本兵の銃撃戦が続いていたのです。金武に向かう途中、福元さんの兄夫婦と妹、祖母の4人が戦死。向かう道はおびただしい死体だったといいます。

福元さん「歩く道、全部、もう死体が転がってですね、10歳の子供が真っすぐ歩ける道じゃなかったですね」

福元さんは戦争を「怒り」と表現しました。

福元さん「国民、住民を騙して、捕虜にとられたら戦車に轢かれるとか、いろんなデマを飛ばして、住民を助けようとしなかったのが怒りなんです。いくさというのは、もう二度とやってはいけない」

65年前のきょうは1945年7月9日(月) – QAB NEWS Headline

 

伊江島住民の移送

伊江島の戦闘で住民の約半数の命が奪われたが、生きて米軍に収容された伊江のひとびとは、慶良間諸島の渡嘉敷に送られるか、久志の大浦崎収容所に送られた。どちらも劣悪な状態であり、そこでもまた命を奪われるものが多かった。

渡嘉敷島に移送された伊江島住民

海上挺進第3戦隊 (隊長: 赤松嘉次) - 渡嘉敷

5月 米軍から送りこまれた伊江島住民男女6人が赤松隊により惨殺される
7月2日 米軍の捕虜になっていた住民ら4人が赤松隊により惨殺される。

しばらくして、私たちは全員、渡嘉敷島にL・S・Tで運ばれました。渡嘉敷の人びとはまだ山にかくれたままでしたから、民家は空家になっており、そこに私たちは分宿させられました。部落のはずれにはアメリカ軍が針金を張りまわしてそれに手投弾をぶらさげて、地雷がわりに使っていました。それは、山にたてこもる日本軍ーつまり赤松隊ですがーの侵入を防ぐためだったのでしょうが、とても危険で、伊江島の人の中にも、ソテツやハブキをとりに行って、それにふれて死んだ人が少くありません。

渡嘉敷で一番困ったのは、食糧でした。伊江島から持っていったのはハッタイコだけでしたので、それを水でこねて食べたり、ソテツはもちろん、雑草でも食べられるものはなんでも食べました。例えばツハブキも食べつくしてしまい、あざみの茎のトゲを除いて蒸して食べたり、ザーギナといういやな臭のする灌木の葉をたべたりしました。ソテツの中毒症もひんぱんに起りました。とくに、子どもたちは無知ですから、飢えの余り、未処理のものをつまみ食いして、中毒しました。私も危く死ぬところでした。

沖縄戦証言 伊江島 - Battle of Okinawa

太陽がまぶしく目が痛い程であった。私たちは、アメリカ軍のトラックに乗せられ、西のナーラ浜につくられた収容所につれていかれた。収容所に、たくさんの住民が生き残って収容され、それらの人たちが私たちと巡って健康に日焼けしているのが私にはにわかには信じられなかった。その日が、何日だったか確かでないが、その時聞いた話では、あと二日で上陸の日から一か月になるということだった。ナーラで二、三日すごしたあと、慶良間に連行された。

渡嘉敷島では、山中に赤松隊がたてこもっており、アメリカ軍との間にしばしば小ぜりあいがあった。渡嘉敷島の住民も山中に避難したままで、私たちはその民家に分宿させられたが、家の軒先を弾がかすめてとぶありさまであった。

そのころ、伊江島の戦闘は完全に終っており、その平和になったところから、なぜ、まだ戦闘のつづいているところに伊江島住民を連行したのか、私は不思議でならない。おそらくは、渡嘉敷住民を下山させるための囮ではなかったかと思うがどうだろうか。

沖縄戦証言 伊江島 - Battle of Okinawa

大浦崎収容所 (辺野古) に移送された伊江島住民

伊江島今帰仁村兼次 → 辺野古大浦崎

そのうち、アメリカ軍に捕まり、その指示で、今帰仁村の兼次部落に移住した。伊江島から持ち出してきた衣類などの家財は、何回もの移動のたびに捨ててきたので、そのころは全くの着のみ着のままになっていた。

今帰仁に着いて三日目の朝、部落の大通りに集められ、アメリカ軍によって久志村大浦崎に連行された。大浦崎の何にもない野原で、数世帯に一つのテントがあてがわれただけで、そこに住むよう指示された。水もなく、米の配給はあったが、鍋も食器もなく、アメリカ軍の塵捨て場から罐詰の空き缶を拾ってきてそれを使った。その上、マラリアが流行した。沢山の人が死んだ。食糧も十分でなく、アメリカ兵に "ギブ、ミー。ギブ、ミー" と物乞いをするありさまであった。

私たちは、久志から今帰仁まで片道二〇キロの道を歩いて食糧さがしに出向いた。往きに二日、探すのに1日、帰りに二日、計六日がかりだった。米、麦、みそなどが主だった。最初は欲ばってたくさん担いだが、重いので、途中で少しずつ捨てて減らしていった。また、名護の東江原あたりに来ると敗残兵にねらわれて、食糧を分けたりしてますます少くなった。家に持ち帰るのはごくわずかなので、また出かけるのだった。

三回目の旅のときだった。みそと塩をさがしての帰り道だった。仲間の老人が引いていた山羊が死んだので、山中でそれを料理して食べている間に、荷物を全部敗残兵に盗まれてしまった。

沖縄戦証言 伊江島 - Battle of Okinawa

f:id:neverforget1945:20200708180006p:plain

Japanese people living under U.S. Military Government at Hinoko [Henoko], northern Okinawa, Ryukyu Islands.
米軍政府の管理下で生活する民間人。沖縄本島北部の辺野古にて。
撮影地: 辺野古 (1945年 7月 8日)

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■