〜シリーズ沖縄戦〜

Produced by Osprey Fuan Club

1945年4月28日 『米軍の部隊交替』

戦場の「結婚式」キャンプ・キンザー南風原陸軍病院

米軍の動向

部隊交替と海兵隊の南下

f:id:neverforget1945:20210427041716p:plain

Chapter 07 | Our World War II VeteransOur World War II Veterans

4月28日、バクナーは第3水陸両用車の第1海兵師団にたいして、3日以内に戦線の西翼をになう第27歩兵師団と交代するようにつげた。

《「沖縄 シュガーローフの戦い 米海兵隊 地獄の7日間」(ジェームス・H・ハラス/猿渡青児・訳/光人社NF庫) 44頁より》

f:id:neverforget1945:20210427095510p:plain

第10軍司令官 サイモン・B・バックナー中将

Simon Bolivar Buckner Jr. - Wikipedia

4月の末日までには、前線の部隊交替は、日本軍の陣地が頑強で、しかも早急には陥落しそうにもないことから、どうしても必要だった。第96師団は、沖縄上陸のときから、すでに師団としては十分な兵力をもっていなかったが、戦闘でさらに大きな損害をこうむっていた。そのためどうしても休養が必要であり、また他部隊と入れ替わる時間も必要だった。これに反して、第77師団のほうは、慶良間列島伊江島で戦ってきたとはいえ、比較的フレッシュであった。また第27師団のほうは、もともとは沖縄戦に使うつもりはなかったが、第7師団と第96師団だけでは首里防衛戦を突破することはむずかしいことがわかったので、臨時として第24軍団に配属されていたのだ。

《「沖縄 日米最後の戦闘」(米国陸軍省編・外間正四郎訳/光人社NF文庫) 276頁より》

 

屋富祖 (やふそ)

西海岸のほう、第27師団の作戦区域では、アイテム・ポケットの戦闘は、事実上は4月27日に終わっていた。そのため第165連隊は、その後は小湾方面を偵察していた。また師団左翼のほうでは、第105連隊が浦添丘陵の戦闘後、部隊を再編して、4月26日には仲間の南端まで進撃して散兵線をしき、5月1日に交替するまでそこで頑張った。師団中央線では第106連隊の第2大隊が前線を確保するため、屋富祖周辺で4月27日から28日にかけて猛烈な戦闘に従事していた。だが、米軍はあまりにもその兵線を広げすぎ、兵も疲れきっていたので、4月末ごろの戦闘では大した攻撃もできなかった。

《「沖縄 日米最後の戦闘」(米国陸軍省編・外間正四郎訳/光人社NF文庫) 277頁より》

 

前田 (まえだ) : 浦添丘陵

f:id:neverforget1945:20210427031938p:plain

US Army in WWII: Okinawa: The Last Battle [Chapter 11]

4月28日、第381歩兵連隊のK中隊は、浦添丘陵の日本軍の抵抗を弱めようと、第27師団の作戦地区を西方に進み、仲間村落を通って南西を攻撃し、校舎のほうに進んでいった。この校舎は、大きなコンクリートづくりで兵舎として使用されていたもので、日本軍の本部があり、仲間村落と前田村落の中間、丘陵の南側にあった。そこで半時間にわたる白兵戦のすえ、K中隊は多大な損害をうけて撃退され、生き残った兵は、煙幕のもとに退却せざるを得なかった。中隊で使えるものは、いまではわずか24名になってしまった。第381連隊では、K中隊、I中隊とも、多数の死傷者を出したので、ついに両中隊を合併して兵員70名、重機関銃4梃からなる、協力な1個中隊をつくった。

《「沖縄 日米最後の戦闘」(米国陸軍省編・外間正四郎訳/光人社NF文庫) 290-291頁より》

f:id:neverforget1945:20210427100518p:plain

HyperWar: US Army in WWII: Okinawa: The Last Battle [Chapter 11]

 

幸地 (こうち)

f:id:neverforget1945:20210427043032p:plain

US Army in WWII: Okinawa: The Last Battle [Chapter 11]

4月28日、まだ夜が明けきらぬうちに、第17連隊の第3大隊は、幸地丘陵西側で第1大隊と交替し、リー・ウォレス中佐の指揮のもとに攻撃を開始した。ウォレス中佐は兵を丘陵とゼブラ高地のあいだの切り通しに入れるのが得策だと考え、背後から幸地丘陵の防衛線を攻撃しようと思った。

まずL中隊が西側丘腹づたいに南進している間に、K中隊を切り通しにひきいれることには成功した。しかし、中隊がひとたび切り通しにはいると、たちまち日本軍の機関銃弾をあびて4名が戦死し、8名が負傷した。その後もたてつづけに機関銃の攻撃をうけて、ついに撤退せざるを得なくなった。一方、L中隊のほうは峰に着くことさえできなかった。

《「沖縄 日米最後の戦闘」(米国陸軍省編・外間正四郎訳/光人社NF文庫) 282-283頁より》

 

沖縄島北部の米軍

米軍は沖縄島の北部地域を制圧した後、掃討戦を展開した。

f:id:neverforget1945:20200413041944p:plain

敵陣を示す煙---日本軍陣地を爆破するための支援砲撃を待ちながら、山頂のかぼそい松林で小休止する第6海兵師団。(1945年4月28日撮影)

SMOKE MARKS THE SPOT---Marines of the 6th Div., pause at the edge of a scrubby group of pine trees on an Okinawan mountain top as they wait for artillery to blast a Japanese position that had been holding them up.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

戦場の「結婚式」

4月28日、西原村棚原で二人の男女が投降した。第62師団歩兵第63旅団独立歩兵第11大隊機関銃中隊長の木村中尉と、その部隊に所属する従軍看護婦として働いていた当時17歳の役場職員の女性で、二人の「結婚式」は、4月30日におこなわれ、米軍は宣伝ビラ『琉球週報』第2号(5月6日号) に掲載した。「白人語学将校」として尋問に関わっていたドナルド・キーン中尉によれば、この撮影は住民への投降呼びかけのため米軍が仕組んだプロパガンダであったという。

米軍が即席で作った後ろの鳥居に注目。

f:id:neverforget1945:20210427221705p:plain

日本陸軍捕虜木村直治中尉と新川シズコの結婚式。24兵団本部にて従軍牧師カーティス中佐による。この日本兵は24兵団のG-2に捕らえられた。彼は自分の銃剣とピストルを防空壕の中から投げ、「戦うのはうんざりだ。結婚したい」といって投降した。(1945年4月28日撮影)

Lieutenant Navji Kimura (Japanese Army P. O. W.) being married to Shizuko Arakawa by Chaplain Lieutenant Colonel Ruben E. Curtis, at 24 Corps Headquarters. This Jap officer surrendered to one of the G-2 officers of 24 Corps in the hills. He threw his sword and pistol from the cave he was in, and walked out to give himself up. He told the officer he was tired of fighting and wanted to get married.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

語学将校ドナルド・キーン中尉が友人にあてた手紙

『… こっちは泥まみれで戦っているのに、あの2人は結婚だと。結構なことだな。』その横でカメラマンが2人の日本人を取り囲む。

『はい、笑って。そうそう、笑顔で。キスしてくださいよ、彼女に...おや、新郎はどうかしたのかな?怖気づいたのかな?』

新聞記者が悪態をつく傍ら、カメラマンたちはあらゆる角度から写真を撮り続けた。こんな状況じゃ、結婚式を報じた記事が救い難いほどデタラメになるのも不思議はないだろう?

いつものことだが、記者たちはお互いの話に夢中になりながら、こんな結婚式は『おまけ』みたいなものだと言い張っている。ぼくに言わせばこうだ。

つまり、自分が実際に見聞きした出来事について新聞記事を見てみると、いつも話がねじ曲げられたり、誤っていたりした。すなわちキムラ氏の結婚式をアメリカ人の途方もない気前よさの表れと報じれば、まさにそう思い込んでいる世間の思惑に合致するのだ。アメリカ人が世界を守る偉大な救世主だなんて、記者たちがでっちあげたデタラメに過ぎないのに。

《保坂廣志『沖縄戦捕虜の証言-針穴から戦場を穿つ-』紫峰出版 2015年 124-125頁》 

f:id:neverforget1945:20210428014020p:plain

An American civil wedding ceremony is conducted for a Japanese Prisoner and his Okinawan sweetheart.
日本軍捕虜と沖縄女性の間のアメリカ式結婚式

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

ドキュメンタリー『よみがえる戦場の記憶~沖縄戦600本のフィルム』の28分35秒から。

f:id:neverforget1945:20190427134641p:plainよみがえる戦場の記憶 沖縄戦 600本のフィルム - 動画 Dailymotion

いっぽう、米軍の調書によると、二人の捕虜は部隊の棚原との退却時に棚原に残り捕虜となり、日本軍によってひどい状態に追い詰められている沖縄人を助けるため、米軍側に様々な提案・提言をしたことがわかっている。

当時17歳の従軍看護師の捕虜調書

「彼女によれば、米軍火砲により多くの負傷者が出たという。治療としては、止血のため包帯をまくことしか方法がなく、応急手当は、部隊の救助所 (包帯所) で行われた。移送可能な負傷者は、後方に転送され、さらに後方に下がる必要のある者や歩行可能な者は、前線から次の線まで移送された。しかし、重傷者はそのまま放置された。看護婦がいうには、(西原村の)民間人は、作業部隊として徴兵されたのではなく、斬り込み隊として動員されたという。これらの人々は、米軍が村に侵入すれば、斬り込みすることになっていた。また民間人は、米軍の砲撃のため山へと逃げなければならなかった」。 

新川看護婦が指摘するとおり、西原村からの防衛隊は歩兵第63旅団だけでも200人が配属され、さらに近隣の宜野湾村から同旅団への防衛召集者270人を加えると500人余が、西原村一帯に配置されている。特に西原村出身の防衛隊員は、第63旅団独立歩兵第14大隊に集中的に配置され、西原集落そのものの守備に任じていた。新川証言によれば、彼等は作業部隊ではなく、文字通り必死の「斬り込み隊」であったという。

《保坂廣志『沖縄戦捕虜の証言-針穴から戦場を穿つ-』紫峰出版 2015年 122-123頁》

日本の将校は、後ろ向きで精神が偏狭で、現代世界の知識を持たないものがほとんどだが、木村中尉は彼らとは異なる将校だと記してある。その上彼は、英語をある程度話することができ、英語を読むことはそれ以上に出来るともある。彼は、正確に情報を提供しようと心掛けており、答えられない質問は妻がそれを埋めるため協力したという。尋問では、民間人の救出をどうするかに多くの時間を割いている。…

日本軍は、民間人の南部移動に際し、何も協力をしなかった。実際、 彼等は住民のために何もしなかった。日本軍は、住民を何ら気に咎めず、 住民が負傷しても手当はしなかった。日本軍は、島の防衛の遂行に多忙を極め、住民は取り残されてしまった。民間人の食料事情が懸念されているが、日本軍は何も住民を助けよう とはせず、だれもが食料探しに苦しんでいる」。

《保坂廣志『沖縄戦捕虜の証言-針穴から戦場を穿つ-』紫峰出版 2015年 127-128頁》

 

浦添の戦死率と一家全滅率

f:id:neverforget1945:20210428102923p:plain

『ハクソー・リッジ』の公開によせて | 浦添市

 

沖縄南飛行場の占領 - 牧港飛行場

f:id:neverforget1945:20210428061736p:plain

1972年時の米軍基地 (米軍基地環境カルテ 牧港補給地区)

米軍は日本軍の南飛行場 (城間飛行場) を占領し、牧港飛行場を建設。現在の米軍基地「牧港補給地区」キャンプ・キンザーとなる。

f:id:neverforget1945:20190427143418p:plain

牧港飛行場は1944年に日本陸軍「沖縄南飛行場」として建設。1830メートルの滑走路を持つ一人乗りの小型特攻機用の飛行場でした。「沖縄戦アメリカ軍戦時記録」によると、65年前のきょう4月28日は、アメリカ軍第24軍団が牧港飛行場を占領した日とされています。

その日の記述にはアメリカ軍は日本軍の激しい抵抗に会いこの日はおよそ360mしか前進できなかった。飛行場には地雷が多数敷かれていたと記されています。

そのおよそ1ヵ月後アメリカ軍は滑走路を300メートル拡張し、日本本土を空爆するための前線基地に作り変えます。65年前のきょう占領された、この飛行場は戦後、アメリカ軍の物資の集積所として使われるようになり現在ではアメリ海兵隊キャンプキンザーになっています。

65年前のきょうは1945年4月28日 – QAB NEWS Headline

 

第32軍の動向

北部戦線: 国頭支隊(支隊長・宇土大佐)

沖縄本島北部の山中には、本部半島を占領されて退却した宇土大佐率いる国頭支隊の敗残兵や途中から合流した日本兵や学徒らがいた。米軍の攻撃を受けるたびに、北上したり来た道を引き返したりした際に、東村福地付近で米軍の攻撃をうけ、死傷者が続出した。

 

鉄血農林勤皇隊・肉迫攻撃隊

f:id:neverforget1945:20210427053708p:plain

農林鉄血勤皇隊の運命 - 「死んでもここを守れ」

真部山に取り残された農林鉄血勤皇隊は八重岳から多野岳へ、そして4月27日には東村内福地に到着したが、そこで銃撃戦に巻きこまれる。

…その日の昼頃、ちょうど谷川べりで、飯を炊こうとした時だった。…突然パシッと、立木の幹を裂いた一弾が飛び込んだ。次には、ドドドドドという音に変わっていた。機銃弾が、不意打ちに飛び込んできたのだ。…硝煙が渦まき、迫撃砲が破裂した。…静かな光景が、一瞬にして、地獄と化した。

《「沖縄戦記 鉄の暴風」(沖縄タイムス社編) 316頁より》

 県立農林学校学徒の証言:

「敵との距離はほんの20メートルくらい。武器は向こうの連射銃に対し、こちらは手投げ弾がたったの2個。結果は知れていました。投げた手投げ弾が近くの木に当たってはね返り、自爆した形で死んだ仲間もいます。とても歯が立たないと思い、敵に背を向けて夢中で丘を駆け上がりました」

肉体が、死体となって散乱した。他の処では擲弾筒で応戦したが、間に合わなかった。この騒ぎをよそに宇土大佐は山奥へ一人で逃げ込んだ。米兵の攻撃が止み、暮色が迫ると、山中では将校達が集まって会議を開いた。作戦主任の山本中尉は、「こうなっては、戦闘のしようもない」と力説したが、宇土大佐はその説を斥けた。』

《「沖縄戦記 鉄の暴風」(沖縄タイムス社編) 315-316頁より》

 

中南部戦線

f:id:neverforget1945:20210427224717p:plain

1945年4月28日、爆撃前に撮影した首里の風景。

Aerial view of Shuri, Okinawa, Ryukyu Retto, photographed 28 April 1945, before bombed.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

27日、28日の戦闘は、日本軍は体勢が悪いながらも、猛烈なファイトでこれを補って善戦した。24師団の歩兵32連隊第1大隊(大隊長・伊東孝一大尉)や第2大隊(大隊長・志村常雄大尉)が勇名を馳せたのも、この戦いであった。前田仲間と連なるこの浦添高地帯の特徴は、ここから見ると首里方面の日本軍陣地が見おろせる上に、これを失うと、この稜線から北の米軍の様子が全く見えなくなることであった。飛行機を一機ももたぬ32軍としては、これからの作戦指導のために、どうしても手離せない要地であった。』(238頁)

《「沖縄 Z旗のあがらぬ最後の決戦」(吉田俊雄/オリオン出版社) 238頁より》

f:id:neverforget1945:20210427224539p:plain

日本軍の機関銃砲座の銃眼。沖縄における日本軍地下施設はよくできていることがわかっている。(1945年4月28日撮影)

Firing slit in a Japanese machin gun emplacement. The Japanese installations on Okinawa were found to be well dug in.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

  

前田(まえだ)

前田高地にいた兵士の証言:

…途中で負傷兵ができて、それを、野戦病院に届けるように、小隊長から命令を受けて。その間、4~5日ぐらい遅れて行ったものですから、その間に、ほとんどやられてました800名から百何十名ぐらいに。ちょうど一線に出て行く途中で、アケラという一等兵が、朝、用を済まして、ヒエ畑で。帰るときに、艦砲の破片で股をえぐられましてね。それで小隊長が「それを病院に届けてくれ」と。「君は沖縄出身だから、それを届けてから、追ってこい」と。だから、防衛隊2人と私と3名で、その人を病院に届けて。軍病院に。それから、防衛隊連れて。1人はアケラ一等兵をそのまま残すわけにはいかんから、1人看護に残して。1人を連れて2人で島尻から前田(高地)までたどって行ったんですよ。

それから行ったら、もうみんな120~130人になっていました。前田高地の争奪戦で。前田高地を取ったり、取られたり、何回か繰り返すうちにほとんど、逝っちゃった。私が行った時期、その状況を聞いたら、もう戦友の誰々がいないよという話聞いてね。戦闘とはこんなもんだなと。

比嘉 恒吉さん|証言|NHK 戦争証言アーカイブス

 

蚊蛇平(がじゃんびら)台地・小禄(おろく)飛行場付近: 独立高射砲第27大隊第1中隊

通信班・陸軍二等兵の回想:

『数日間、雨が降り続いた。雨の日は爆弾が降って来ないが、砲弾だけは容赦なく飛んで来た。

私たちは薄暗い洞窟に閉じ込められたまま、死刑囚が刑の執行を待つような不安な日々を送らねばならなかった。窮屈な横穴に座りながらカビの生えた壁面を見つめていると、際限なく妄想がひろがり、果てはたまらない焦燥感におそわれてくる。』(77頁)

『そのころ、陣地周辺に米軍機から大量のビラや、タブロイド型の新聞が投下された。ビラには大きな活字で、「戦争は日本の負けで終わります。貴方たちは日本の軍閥にだまされているのです。死ぬだけが忠義ではありません。アメリカ軍は捕虜を大切に扱います。このビラを持って早くアメリカの方に来なさい。」と書いてあったほか、新聞には、日本軍将校と沖縄娘の結婚式の写真が大きく飾られ、「この写真は沖縄で捕虜になった日本軍将校です。アメリカは捕虜を大切にします。好きな女性がいれば結婚もさせます。一日も早く捕虜になりなさい。」と書いてあったのに続いて、

「日本の皆さん。サイパンで自決した南雲中将と、1943年(昭和18年)、日本軍の攻撃でフィリッピンから逃げ出したマッカーサー元帥と、どちらがえらいと思いますか。マッカーサーの方が立派です。南雲中将は死にましたが、死んで何が残りましたか。命を大切にしなさい。」と書いてあった。そのほかのニュースは、「ルーズベルト大統領の急死、映画女優シャーリーテンプルの結婚。アメリカ野間野球の復活。などで、日本軍将校と沖縄娘の結婚ばなしは眉つばものだと思ったが、そのほかの記事は、すべてもっともらしかった。戦況は日一日と身近に迫りつつあった。』(82頁)

《「逃げる兵 高射砲は見ていた」(渡辺憲央/文芸社) 77、82頁より》

 

南風原陸軍病院

沖縄陸軍病院南風原

f:id:neverforget1945:20210718101408p:plain

ひめゆり平和祈念資料館 PDF

沖縄陸軍病院の衛生材料科に配属されていた男性の証言:

沖縄陸軍病院は、熊本病院から部隊長以下一部が来まして、開南中学校に本部が設置され、部隊受け入れ準備をいたしました。… 衛生材料は、手持ちを使いました。本隊は熊本から来る時に持って来なければならないものを、何も持たずに手ブラで来ました。そこで民間の薬局や薬店などからの徴発が唯一のものでした。

県内でも民間の開業の医薬品などは配給制で、医師会の需要をまとめて知事に申請し、ヨードチンキ20本、クレゾール10本などという具合にもらっていました。私は医薬品の卸業務に携わっていましたので、需要と供給の切迫した事情がよくわかりました。

陸軍病院開設後は、軍や病院の上官から「買い占めろ、買い占めろ」とせき立てられまして、軍と民間医療との板ばさみで、精神的に苦労が多くて困りました。10・10空襲の数日前に陸軍病院の器材が陸揚げされ、空襲の中を南風原まで運んでからは、医薬品、衛生材料の方は大分楽になりました。

《「沖縄の慟哭 市民の戦時・戦後体験記 戦時篇」(那覇市企画部市史編集室/沖縄教販) 357、359頁より》

1944年5月に陸軍病院は開設され、10.10空襲後現在の南風原小学校に移動する。小学校の近くにある黄金森に米軍上陸にそなえて壕も掘られた。この周辺には南風原陸軍病院の本部壕、第一、第二、第三 外科壕があった。第三外科壕は現在の南風原町役場の後方に位置し、本部壕、第一、第二外科壕は黄金森に あった。炊事場は多少離れた場所にあり、森への坂道(写真中央の舗装道)を飯上げのためひめゆり学徒は登り降りした。1945年4月1日に米軍が上陸してからは負傷兵が次々に運び込まれるようになる。麻酔等はすぐに底をつき手術は麻酔無しで行われた。手術の間、患者が暴れないよう押さえること、切断した手足や死体の処分等も ひめゆり学徒の仕事であった。ひめゆり学徒は沖縄師範学校女子部と第一高等女学校の生徒で構成されていた。彼女らは15歳~19歳であり、法的根拠もなく動員された。1945年5月25日に南部撤退命令が出る。そのとき独歩患者(一人で歩ける病人)以外は青酸カリや手榴弾で自決する事を強要された。多数の人々が死亡した。

20号壕入り口

f:id:neverforget1945:20190427145128p:plain

これが壕の入り口、黄金森の反対側にある。ここの壕は摩文仁近くの鍾乳洞などの自然壕とは異なり 人力で掘られた物である。ひめゆり学徒が配置されたとき壕は出来上がっておらず 壕を掘りながらの看護作業であった。 壕内は縦横2M程の巾で掘られている、奥行きは2~30M程だろうか。直角に枝壕が掘られている。自然壕ほど通気が良くなく息苦しい。当時はここに二段ベットが作られており、その焼けた残った支柱が今も残る。当時の壕の様子はひめゆり資料館に再現されている。壕は浅く天井から木の根などが出ている 箇所がある。

南風原陸軍病院|那覇市公式ホームページ

ひめゆり学徒の証言:

戦争は日一日と激しさをまし、壕と壕との往来が次第に危険になってきました。…そのうち、第1線から移送されてくる患者が次第にふえ、生徒独自の壕もなくなり、生徒たちは患者の壕に割り当てられました。

…動ける患者は壕の入口近くにいて、奥にいくほど重傷患者がいました。壕に入ると、血や膿小便や大便、さらに汗臭い垢だらけのからだの臭いなど、さまざまな臭気がまざって壕内に漂い、気分が悪くなりました。

…肩から指先まで添え木を当てて包帯を巻いた兵隊、気管をやられて、たえず「ピー、ピー」とのどをならしている兵隊、火炎放射器で顔を焼かれ、目鼻と口だけを残して顔に包帯をぐるぐる巻いた兵隊、胸部を貫通され呼吸するたびに背中の傷穴から「ジュー、ジュー」と泡を出している兵隊、脳症をおこした兵隊などです。

《「私のひめゆり戦記」(宮良ルリ/ニライ社) 86-87頁より》

 

小波(こはつ): 歩兵第32連隊第1大隊(大隊長・伊東孝一大尉)

『…28日、敵の集中砲火は昨日よりも早めに開始された。第1線の銃声も、9時には聞こえてきた。「戦車が小橋川方面より大山隊方面に前進中!」監視兵が叫ぶ。続けて、情報係の曹長が監視所から走ってきた。「戦車をやっつけた!2台、大きなのをやっつけた!」彼らと一緒にいた樫木副官も引きあげてきて、声を弾ませながら報告した。

…大山大隊の陣地からは盛んな銃声が続いている。伊東は第1、第3中隊に命じて、擲弾筒各々1個分隊を大山隊の両側に出して支援させた。まもなく、西北方の翁長集落から出現した戦車を擲弾筒で撃退したとの報告があった。…しかし、陣地設備が不十分なため、猛烈な集中砲火を受けて損害を出すことになった。』(137-138頁)

『大隊本部の監視口から確認しただけでも、米軍は20両のトラックで死傷者を次々と後送していた。大山隊の報告によれば、肉薄攻撃により戦車2両を擱座させたという。』(141頁)

《「沖縄戦 二十四歳の大隊長 陸軍大尉 伊東孝一の闘い」(笹幸枝/Gakken) 137-138、141頁より》

 

そのとき、住民は・・・

戦地を生きのびる

RBC 琉球放送】戦後70年の地平から「前田高地の戦い」

前田高地の戦い | 琉球放送

 

収容所生活

f:id:neverforget1945:20210427224314p:plain

お気に入りの幼児を手当する海軍所属薬剤師助手ダグラス2等兵。幼児は侵攻に先がけた爆撃の際、(炸裂した)榴散弾の破片でわずかに傷を負った。前方の少年は、日本人ガールスカウトの手当を受けている。(1945年4月28日撮影)

CHUBBY AND DOC-- Navy Pharmacist's Mate, Second Class, Loren Douglas, of Princeton, Indiana, treats his favorite patient who was injured slightly by shrapnel in the pre-invasion bombardment. The boy in the foreground is being treated by the Japanese equi

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

f:id:neverforget1945:20210427215945p:plain

沖縄の子供たちにジープの複雑な内部構造について説明するバーデット一等兵(1945年4月28日撮影)

Marine Pfc. Robert O. Burdett, of O'Donnell, Texas, who has covered nearly 2,000 miles along the coast and interior of Northern Okinawa as the fighting continued. In this photo ”Tex” tries in vain to explain the intricacies of the jeep's insides to the Okinawan small fry standing besides him.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

f:id:neverforget1945:20210427224846p:plain

昭和20年4月下旬、避難の途中、沖縄本島北部の山中で見た光景。避難民が列を作って歩く道の脇で、置き去りにされたお年寄りたちが倒れていた。衰弱して歩けなくなり、家族が置き去りにせざるを得なかったのだろう。その中の1人のお婆さんが「芋ひとつ恵んでください」と哀願した。しかし、自分たちも食べ物はない。誰もが視線をそらして通り過ぎた。そうすることしかできなかった。飢えて死んだお年寄りたちと、それを助けられなかった若者たちのいずれもが悲惨な現実だった。沖縄戦での体験を風化させてはならないと、宮平さんは自らの戦争体験を40枚あまりの絵にまとめ、読谷村へ寄贈している。

置き去りにされた高齢者 【宮平良秀】|NHK 戦争証言アーカイブス

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■  

f:id:neverforget1945:20210428062310p:plain

 

4月28日『屈辱の日』の屈辱

  1. 戦時下の沖縄、捕虜が結婚式 京都出身の日本兵 : 京都新聞 
  2. 捕虜の結婚式、米軍の投降戦略か : 京都新聞
  3. 戦場での人間喪失 - 37軍が中国大陸でやってきたこと 近藤一