1945年 9月6日 『ご苦労さまでした』

降伏文書調印式までの動向

琉球列島の「降伏」 ⑦

第10軍司令官スティルウェル将軍は、9月2日以後、琉球列島の全日本軍の降伏を受諾せよとの指令を受けたため、8月28日宮古八重山奄美大島の各島守備隊指揮官あての和英両文による降伏メッセージを空から投下させた。翌 29日以降、離島に駐留する日本軍部隊の司令官らと連絡がついた。9月4日、日本側の代表者らが読谷飛行場に到着。降伏に関する詳細な指示が書かれた文書などを受け取り、翌5日には一旦部隊へと戻った。

9月6日、降伏文書に公式署名をする日本側指揮官と将校を招へいする取り決めが完了した。G2情報部のラーセン大佐はC-47輸送機で宮古島に向かい、納見中将の一行を迎えた。その構成員は、納見敏郎中将(陸海軍総司令官)、村尾繁二海軍大佐、一瀬壽(ひさし)大佐、杉本一夫中佐、通訳の小坂、高村であった。納見中将の一行は6日午後3時に読谷飛行場に到着し、直ちに特別尋問センターに向かった。

一方、G2情報部のコナー少佐とフラグラー中尉はC-47機で徳之島に向かい、高田陸軍少将と加藤海軍少将の一行を迎えた。徳之島構成員は高田利貞陸軍少将と中溝中佐、奄美構成員は加藤雄海軍少将、佐藤貞雄海軍中佐、坂田朝太郎海軍大佐であった。高田将軍の一行は6日午後6時に読谷飛行場に着き、納見将軍の一行に加わった。

その夜、日本側一行に「無条件降伏文書」のコピーが渡され、誤解のないように文面を検討することになった。その文書は次のようになっていた。

-----降伏------下記の日本軍指揮官は1945年9月2日、日本帝国政府が横浜で受諾した全面降伏に準拠して、ここに正式にか領域内の琉球諸島無条件譲渡する。北緯30度東経126度、北緯24度東経122度、北緯24度東経133度、北緯29度東経131度、北緯30度東経131度30分を結ぶ領域-----

(ここで読者は降伏と無条件譲渡という言葉に注意していただきたい。英語では降伏も譲渡も surrender となっている。軍隊の降伏も領土譲渡も英語では同じ言葉だが、日本語では全く違う。「領土を降伏するという日本語はない。降伏を譲渡と訳すると完璧な領土譲渡文書となる。これはただの降伏文書ではなかったのだ。)』(229-233頁)

《「沖縄戦トップシークレット」(上原正稔/沖縄タイムス社) 229-233頁より》

 

 

第32軍の敗残兵

恩納(おんな): 第4遊撃隊

9月6日の朝だった。絶望のなかでじっと林の奥に潜伏している私たちの山塞に、下方の谷間の入口あたりから熊笹がざわざわ鳴って、何者かが近づいてくる気配がした。

「スワッ敵襲」とばかり緊張したところ、

日本兵はおるか。44飛行場大隊の者はいないか」

と、突然、四方の静寂をやぶって大声がした。

私たちが断崖上からオドオドしながら、谷間の声の主をたしかめてみると、米軍の服こそ着て腕に腕章を巻いているが、なんと、まぎれもない、わが部隊の小寺主計少尉と、中折帽子をかむっている4人の島の人たちではないか。

やっと安心した私たちは、ふらつくように小寺少尉の前に姿を現した。小寺…少尉…は、

「私は恥ずかしいしだいながら、6月に本部半島で捕虜になり、目下、米軍の保護下にある・・・みなさん、おどろいてはいけない・・・」

と前おきして、

じつは8月15日に戦争は終わった。みなさんの生命は連合軍によってジュネーブ条約により保証されている」と一気にいうと、

ご苦労さまでした。諸君は立派に任務を果たされたのである・・・」

とつづけた。まさに青天の霹靂---私たちはただ呆然となってしまった。とてもすぐに信ずることはできなかった。いろいろなことをたしかめてゆかなければ・・・しかし、何をたしかめるのか? 胸のなかにワーッと感動の波が起って、整理がつかなかった。

とてつもなく重大な出来ごとは、まったくただ感動のうちにすぎてしまうものだ。しばらくして気がつく。「そうだったのか・・・」張りつめていた気持ちがグラグラっとすると、私は無言のうちに6発残った拳銃弾のすべてを抜きとってシダの林のなかに投げすてていた

祖国は敗れた! ・・・歴史的のこの一瞬! だが私も戦友もだれも涙を流さなかった。出る涙はもう、戦争中にぜんぶ出しつくしていた、というのが真実であろう。

その晩、私たちは早速、下方の谷間にいる海軍兵2名に連絡をとってやった。彼等は私たちよりも1日おくれて投降することに決った。

小寺少尉がマッカーサーは9月2日に伊江島に立寄ってから、厚木基地に飛び立ったという話をして、岡本上等兵が、「そういえばそのころ伊江島の方が爆音で騒々しかった」といった。

私たちは小寺少尉から贈られた缶詰と、たくわえてあった食糧ぜんぶを開けて、一晩中戦友たちと語り合った。(257-258頁)

《「沖縄戦記 中・北部戦線 生き残り兵士の記録」(飯田邦彦/三一書房) 257-258頁より》

(投稿者註: マッカーサーが沖縄に滞在したのは、文中にある9月2日ではなく、8月29日〜30日である。)

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/12-52-4.jpg

沖縄で自決するよりも降伏を選んだ大勢の日本兵。身なりはみすぼらしくひどく衰弱しているが、投降する日本人の数は彼らがようやく正気を取り戻してきていることを表しているといえる。

One batch of the large number of Japs who chose to surrender rather than be killed or commit hara kiri on Okinawa. Those who surrendered were a poorly garbed, emaciated lot--but the number surrendering indicated that the japs finally were coming to their senses.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/13-05-4.jpg

降伏した300人の捕虜。沖縄。/ 300 POW' s surrender. Okinawa.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/13-11-2.jpg

日本軍が連合軍の降伏条項を受諾したと聞き、丘の隠れ場から出てきた二人の日本兵とその彼らに質問する陸軍翻訳官。沖縄。

An army interpreter questions two Japs who came out of hiding in Okinawa's hills following announcement that Japan had accepted Allied surrender terms.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

 

琉球朝日放送 報道制作部 ニュースQプラス » 65年前のきょうは1945年9月6日(木)