〜シリーズ沖縄戦〜

Produced by Osprey Fuan Club

1945年9月7日 『第32軍の降伏』

第32軍の降伏文書調印式

旧越来村、現在の嘉手納基地内で行われた降伏調印式には第32軍司令官・牛島満中将が自決したため、守備軍を代表して先島群島司令官・納見敏郎中将ら3人が出席。戦車や武装兵が待機する中、納見中将らは降伏文書に署名を行い、沖縄における戦闘が正式に終結します。

住民は戦闘の脅威から解放されますが、文書には「日本帝国政府により執行された全面降伏に基づいて琉球諸島を無条件に引き渡すものである」と記されています。調印後、沖縄奄美は日本本土から切り離され、アメリカ軍の直接統治下に置かれることになります。

65年前のきょうは1945年9月7日(金) – QAB NEWS Headline

f:id:neverforget1945:20200907185943p:plain

沖縄の第10陸軍本部での降伏調印場面の航空写真。降伏テーブルは旗竿のすぐ右。旗竿に隣接する日本軍の大砲に注目。左下に米軍M-26「パーシング」戦車。左中央の自走砲とその向こう側の広大な第10陸軍本部のテント都市。艦隊提督チェスターW.ニミッツのコレクション。米国海軍歴史センター

JAPAN CAPITULATES--Surrender of Japanese Forces in the Ryukyu Islands

 

9月7日午前11時20分、琉球列島の「降伏調印式」

9月8日付の『ニューヨークタイムス』が伝える琉球列島降伏調印式

9人の扱いやすい日本人将校は、今日、琉球グループの約60の島にいる10万5,000人の日本陸軍・海軍兵士の降伏を表明し、無条件降伏文書にサインした。降伏式典では、合衆国第10軍の司令官、ジョセフ.W・スティルウェル陸軍大将が連合国を代表した。レイモンド・スプルーアンス海軍大将、ドゥーリトル.H・ジェームス中将、ジェーシー.B・オルデンドルフ海軍大将、デビット・ペック海兵隊少将が降伏の証人となった。

島のほとんどすべての非番の船員、軍人、および海兵隊員が降伏式に集まった。降伏式典は、音楽も含めて何から何までスティルウェル大将の独断場であった。沖縄の連合軍の部下たちがスティルウェル大将の本部のまわりに集まると、第10軍のバンドは司令官をたたえて「年老いた灰色の雌馬」(筆者注一南北戦争時の陽気な行軍曲)の演奏を始めた。日本陸・海軍を代表して、最初に降伏文書6部にサインしたのは、納見敏郎中将だった。続いて高田利貞少将と加藤唯雄少将がサインした。日本人将校が降伏文書に署名を終えたとき、スティルウェル大将は大股でテーブルに近づき、すぐに6部すべてにサインした。スティルウェル大将は、日本人に彼の指示に従うように命令して、日本人を護衛する役目を勤める諜報機関将校のルイス・イーリー大佐に向かって言った。「彼らをここから連れ出せ」

川平成雄「沖縄戦終結はいつか」琉球大学経済研究(74): 1-21

嘉手納の第10軍司令部前広場、陸軍と海兵隊の射撃部隊がずらりと並ぶ。

f:id:neverforget1945:20190907074503p:plain

《AIによるカラー処理》Press group at signing of Jap surrender at Ryukyu Islands.

琉球列島の降伏調印式に集まった記者団。(1945年9月7日撮影)

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

午前10時30分、見物の人々が近くの小高い丘の上までつめかける。

f:id:neverforget1945:20190907074734p:plain

《AIによるカラー処理》Ceremony of signing of Jap surrender at Okinawa, Ryukyu Islands. Spectators on the hill watch the ceremony.

沖縄本島での降伏調印式。見物人が丘の上で調印式を眺めている。(1945年9月7日撮影)

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

11時、陸軍バンド部隊が〝オールド・グレイ・マーチ〟を演奏するなか、第8航空隊のドゥリトル中将、第95機動部隊のオリンドーフ提督、第1海兵師団のペック少将、陸軍サービスコマンド24のチーズ少将らが貴賓席に。ラーセン大佐に率いられた日本語将校らが登場。

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/113-09-2.jpg

スティルウェル大将に対して琉球列島の降伏調印をするため、沖縄本島の第10軍司令部に到着した日本軍将兵(1945年9月7日撮影)

Japs arriving at the 10th Army Headquarters at Okinawa to surrender Ryukyus to Gen. Joseph Stillwell.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

f:id:neverforget1945:20200907182351p:plain

琉球列島の日本軍降伏を受け入れるため、降伏調印式に到着したスティルウェル大将沖縄本島の第10軍司令部にて。(1945年9月7日撮影)

Gen. Joseph Stillwell arrives at the surrender table at 10th Army Headquarters, Okinawa for the surrendering of the Ryukyus by the Japs.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

11時30分、スティルウェル将軍らと二世通訳のロバート・オダ軍曹が登場。納見将軍、高田将軍、加藤提督が 6通の降伏文書に署名した。

f:id:neverforget1945:20190907080907p:plain

《AIによるカラー処理》The signing of the surrender papers for Ryukyus at Okinawa. Lt. Gen. Toshiro Nomi signs for surrender of Sakishima Gunto, Miyako Shima (1st signer).

琉球列島の降伏調印式。沖縄本島にて。先島群島の司令官(指令部は宮古島にある)納見敏郎中将 (第1調印者)。(1945年9月7日撮影)

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

f:id:neverforget1945:20200907183439p:plain

琉球列島の降伏調印式。沖縄本島にて。奄美群島の司令官(司令部は徳之島にある)高田利貞少将 (第2調印者)。(1945年9月7日撮影)

The signing of the surrender papers for Ryukyus at Okinawa. Maj. Gen. Toshisada Takada (Army Force Comdr.) signs surrender of Amami Gunto, Tokuno Shima (2nd signer).

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

http://www.archives.pref.okinawa.jp/wp-content/uploads/12-1.jpg

第10軍司令部

1945年9月7日

降 伏

下記に署名する日本人司令官は、1945年9月2日横浜において、大日本帝国によって執行された全面降伏に従って、ここに正式に下記の境界線内の琉球諸島の島々への無条件降伏を行う。

北緯30度東経126度より北緯24度東経122度より

北緯24度東経133度より北緯29度東経131度より

北緯30度東経131度30分より頭書の地点

納見敏郎中将

先島群島日本軍司令官

高田利貞少将

奄美群島日本陸軍司令官

加藤唯雄海軍少将

奄美群島日本海軍司令官

J.W.スティルウェル
米国陸軍大将』

アイスバーグ作戦 – 沖縄県公文書館

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/113-12-4.jpg

沖縄本島での降伏調印式。沖縄本島にて。降伏調印式の遠景。 頭上には航空機が飛んでいる(1945年9月7日撮影)

Ceremony of signing of Jap surrender at Okinawa, Ryukyu Islands. Long shot of ceremony with planes over head.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

沖縄市民平和の日 | 沖縄市役所

 

第32軍の敗残兵

久米島: 鹿山隊(隊長: 鹿山正 海軍兵曹長)の降伏調印式

住民にスパイ容疑をかけて、久米島で4件もの虐殺事件を起こした鹿山隊 (久米島電波探知機部隊) も降伏した。

f:id:neverforget1945:20190728031844p:plain

1946年9月、ウィルソン米海軍少佐(前列左)に軍刀を手渡す鹿山正兵曹長。後方で眼鏡をかけている米兵(左から3人目)がシンエイ・ギマ

沖縄戦で敵味方に分かれた“日系2世兄弟”の悲運 | 日系通訳兵は「久米島住民虐殺」の現場を見た | クーリエ・ジャポン

9月7日、身を潜めていたはずの鹿山隊30余人が銃を肩に掛け、仲地の集落を堂々と行進していた。目指すは米軍が待つ広場。降伏式に向かうところだった。鹿山は顔見知りの住民を見掛けると、「元気か?」と声を掛け余裕を見せた。…鹿山が米軍幹部に銃を渡し、その部下たちも次々に武装を解除した。沖縄戦の組織的戦闘の終結から2カ月余。久米島の住民は虐殺の恐怖からようやく解放されたのだった。』(121頁)

米軍はこの日、久米島から鹿山隊を移送した。鹿山隊は米軍が配給した服に着替えさせられた。背中には捕虜を表す「PW」の2文字が白いペンキで大きく記されていた。食料などを詰めたとみられる箱を持たされ、行進してきた道を引き返した。降伏式前の行進していた姿とは一転し、鹿山を含めた全員がうなだれていた。「人間はこうも変わるものか」。島民らはその光景を見詰め、ただ惨めだと感じた。』(122頁)

《「奔流の彼方へ 戦後70年沖縄秘史」(島袋貞治 著・琉球新報社 編/新報新書) 122頁より》

そんな中、久米島の上江洲にいた海軍K隊が、投降しました。9月の何日かに、陸海軍合同の投降式をして、二十数名が沖縄本島の収容所に送られてきました。K兵曹長の行いに対して快くは思っていない兵隊が何人もいましたので、収容されたK兵曹長はその晩に兵隊たちに殴られたのです。収容所内は無警察状態ですので、感情が高ぶると何が起こるかわからないです。
《「逃げる兵ー高射砲は見ていたー」の著者、渡辺憲央氏の証言》

 捕虜になって十日目、私たちは沖縄中部の屋嘉収容所に送られた。収容所の入口に近い幕舎は本部で、そこにはMPの下で捕虜の世話をする班がいくつかあった。私はそこで捕虜の写真を撮ったり、現像したりして三人のMPとともに働いていた。

 ある日、まさかと思った鹿山と沢田の写真を現像していたのである。この人が生きているとは信じられなかった。私はその晩さっそく二人の幕舎を訪問した。二人とも別におどろいた様子もなかったが、鹿山はちらっと私を見て、ぶいと横を向いた。沢田はふたことみこと話の相手をしていた。鹿山はその間終始横を向いたまま、うんともすんともいわなかった。

 それから二、三日して、鹿山の部下の一人が私を訪ねて来た。この人は久米島では身にあまる事をやり、今、良心に咎められ、訴えに来たといって、久米島のことを逐一話していた。

 仲村渠さん一家の虐殺は、私はしばらく声も出なかった。私がここで知ったことであるが、仲村渠さんが久米島に渡ったもう一つの理由は、鹿山を説得して山から降すことであった。それはすでに捕虜になっていた鹿山の上官の大尉の強い依頼によるものだったという。海軍のめしを食べていた仲村渠さんにしては当然引き受けるべきだと信じてやったに違いない。久米島で殺した村民二十余名。みなスパイ容疑だったという。しかし朝鮮人一家皆殺しにいたっては、私が鹿山や沢田と初めてあった時の印象を実証してみせているようなサデイステックな殺人である。

 屋嘉収容所では、朝鮮人が日本人を襲ったり、日本人の間では、上官私刑が毎夜行われていた。戦争時の報復である。これらの事件は特筆されるべきであろう。朝鮮人は永らく根強い日本人の朝鮮人への仕うちに対する仕返えしであったろう。

 日本人収容所では、将校も下士官も、戦争中悪いことをした連中は、毎晩必ずどこかで私刑にあっていた。そのようなある晩、塵山は一部の部下に私刑され、それに久米島出身者が加わって暴力をうけ、一月ばかり寝込んで作業にも出て来なかった。

 《 久米島に生きて

 

恩納

恩納岳に潜み、いつの日か遊撃戦を展開するはずだった敗残兵たちは、前日の6日、既に捕虜となっていた日本兵の呼びかけに応じ、投降することを決めた。

『翌朝早く、小寺少尉はニコニコしながら約束どおり、私たちを山に迎えにきてくれた。持っている武器は全部捨てさせられた。

私は戦友の肩につかまり、かすかな気力をかきたてながらヨロヨロと、指定された谷茶部落の投降地への一歩一歩を踏みだした。いちどでいいから昼間、大手を振って歩いてみたい」と思った、米軍への恐怖の小径を今日は昼間、しかも小寺少尉ひとりを信じて投降してゆく気持ちには、まだ不安がないでもなかった。

アメリカ兵は自動小銃こそ持っていたが、私たちのトラックを待たせ、チューインガムをかみながら、これまで敵であったという態度をすこしもみせなかった

かんたんな身体検査を受けた後、私たちはトラックに乗せられた。そのとき、反対側からジープが1台疾走してきて停まり、中から半ズボン、開襟シャツに防暑帽をかむった恰幅のよい老齢の日系二世らしいひとりが降り立ってから「いよう、まだいたんだな・・・」と微笑しながら、サングラスをはずして車上の私たちを眺め廻した。その顔に私は、「どこかでみた顔だ」と、胸がつかれる思いに頭をひねってやっと思い当った。米軍協力の特別功労者として、ジープまであてがわれているその人こそは、つい4カ月前の恩納岳戦のおりに、「地理案内は私たちがいたします」といって、岩波大尉に決起をうながしたことのある白髪が頭に霜をおく恩納村村長の古山氏その人ではないか。私は瞬間、まるでハンマーか斧で頭の脳天を力いっぱい殴られたような衝撃をおぼえ、目の前が真暗になるようだった。

トラックはやがて私たちの思い出の地、谷茶を離れ、仲泊を左折して島の最狭部を縦貫している東西横断道路を走って、東海岸に出た。眼下は金武湾だ。さまざまな船やヨットが浮かんでいるのが見える。左手には石川部落があってトラックはそこに立ち寄ったから、米軍保護下の住民区を垣間見ることができた。小寺少尉の説明でいまここは「沖縄の首都」になっているそうだ。屋根のとんでしまった家には米軍のテントをかけて、何万人も住んでいた。』(259-260頁)

《「沖縄戦記 中・北部戦線 生き残り兵士の記録」(飯田邦彦/三一書房) 259-260頁より》

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/15-34-2.jpg

金武湾上陸地点。/ Chimu Wan Landing Beach, Okinawa.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

『土のようだった住民の顔は、男も女ももう生色をとりかえしていた。…やがてトラック上の異様な風態をしている私たちを見ようとして、子供たちや娘さんたちが大ぜいゲートのところまで出てきた。…嘉手納飛行場の通信任務として、沖縄の大ぜいの人たちから顔を知られている私は、命ながらえた恥ずかしさに私は顔をおおっていた

私は戦闘中に悲惨であった避難民たちの面影を浮かべ、こんなにあたたかい保護がくわえられるのなら、なぜもっとはやく・・と心がくもる思いがした。そして、荒廃した島の人たちに幸あれと祈らずにおれなかった

トラックは金武湾岸を北上してゆく。

…遂に「屋嘉」にきたのだ。

どの顔も土のよう、おちくぼんだ目だけが、狼のようにけわしく光っている。鼻をつくウミのにおいに、ゴム手袋をして身体検査をするMPは思わず鼻を押え、目をそむけた。

素裸にされてDDTをかけられたあと、PW(戦争捕虜)と墨書された服に着かえされ、私たちは一人ひとり写真を撮られたうえ、調書に署名させられた

収容所はみどりの山々を背にして、海岸よりのやや開けた砂地にあった。周囲には二重に鉄条網が張りめぐらされて、正面と周囲、四カ所に監視哨がそびえている。

この鉄条網のなかに整然と天幕がならび、高級参謀の八原博道大佐以下、7千名の同胞が収容されていると聞いて、私はおどろいた。10万人あまりの軍隊から、たった7千名、あとは戦死を遂げてしまったか、斬り込み自殺、敗走中での死亡、海上での溺死、あるいは地方民への変装潜行、日本軍10万壊滅というわけだ。それにしてもよくも7千人の者が捕虜になったものだ。沖縄玉砕劇もこれで幕がおりた。この7千人はたしかに幸運なものたちであったが、私はいろいろと考え、複雑な感情におそわれた。

その人たちが、みな安心しきった表情でいるのが不思議でたまらなかった。私たちは敗戦の虚脱感の中でこの日から米軍の寛大な保護のもとに、この同胞たちの仲間入りをした。』(260-261頁)

《「沖縄戦記 中・北部戦線 生き残り兵士の記録」(飯田邦彦/三一書房) 260-261頁より》

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/112-02-4.jpg

沖縄本島石川の地元民。トラックを待つ2000名の人。各々が様々な部隊の地に向かうことになっていた。

Natives at Ishikawa, Okinawa. About 2000 people waiting for trucks to various units on island.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

南部: 島尻郡大里村 (南城市) からの投降

どこの部隊か知らない人と二人で行動していましたが、九月七日に米軍に使われていた宣撫班が来て「国は全面降伏したが、あんた達はどうする」というから、「国が降伏したんなら、私達がこんなところで抵抗したって何の意味もないから、じゃあ山を下りましょう」ということで、「明後日迎えに来るから、それまでアメリカ兵に見つからないように隠れていてくれ」なんて言われてね、九日に来ました。四〇人くらいはいましたね。  

読谷村史 「戦時記録」下巻 第四章 米軍上陸後の収容所 体験記


そのとき、住民は・・・

「友軍」というトモダチ

 今帰仁村の謝名部落の山中に避難小屋を作って隠れて生活している時、ある日アメ リカ兵がいなくなる晩を待って山道に立っていると十名位の民間人に変装している日本兵の一団と一緒になりました。彼等は、日本刀やハサミのネジをはずしてこしらえた「槍」をそれぞれビンロウの葉などに包んで、これから塩屋の方へ行こうとしていました。彼等は私が何も持っていないのをみて「貴様は武器も持たずに山をおりるのか」といったので、私が「そんな槍でアメ リカ兵と闘えますか」と逆に聞いたら物すごく怒り出して、ひどい目に合ったことがあります。本当に忘れられません。ハサミの槍なんて見たこともきいた事もありませんでしたからあれでは戦争ができるはずがないと思いました。

 私たちにとっては、友軍がこの沖縄へ入ってきたから、アメ リカ軍との戦争に巻きぞえにされて多数の住民が殺され、私たちのように生き残りはしたが、非常な苦しみを味わされたという考えが非常に強いです。私のように日本軍にいじめられた者にとっては、復帰して日本の自衛隊が沖縄へ上陸してきたら、また大変なことになりはしないかと心配です。

戦時下に製糖作業

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

  1. 65年前のきょうは1945年9月7日(金) – QAB NEWS Headline
  2. 日本軍の降伏文書 公開 沖縄市が終戦70年展 - 琉球新報

軍事占領と身体的暴力「ムスメ・ハンティング」

  1. 第20回講演会 『沖縄にみる性暴力と軍事主義』(10月26日) – 関西・沖縄戦を考える会