1945年 8月20日 『見せしめのために殺す』

〝沖縄〟という米軍基地

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/94-34-2.jpg

夜間戦闘部隊の新生タイガーキャット飛行中隊(VMF(n)533)の副隊長、ビービー少佐(ミネソタ州出身)。彼は太平洋戦での2回目の遠征である。彼の強力な新生タイガーキャット(F7F)は、夜間パトロールの準備をしている。(1945年8月20日撮影、金武滑走路)

Executive officer of the new Tigercat squadron (VMF (n) 533) of Marine night fighters, Major John W. Beebe, 27, of 31 Lake Avenue, White Bear Lake, Minn., is on his second tour of Pacific duty. His plane, one of the hard-hitting new Tigercats (F7F) is shown being readied for night patrol.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

 

第32軍の敗残兵

捕虜になった日本兵

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/01-70-4.jpg

投降する日本兵(1945年8月20日撮影、慶良間列島

Jap soldiers surrendering at Kerama Retto.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/01-71-1.jpg

投降する日本兵(1945年8月20日撮影、慶良間列島

Jap soldiers surrendering at Kerama Retto.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

住民を虐殺した日本軍残党

久米島住民虐殺事件 ④: 1945年8月20日

久米島(くめじま): 久米島電波探知機部隊(隊長: 鹿山正 海軍兵曹長

男性は、首にロープをかけられ数百メートル引きずられて息絶えた

その男性の息子は、浜辺のくり舟に投げ込まれもがいているところを銃剣で何度も刺されて死んだ

1945年(昭和20)8月20日、こうこうと明るい月夜の晩、久米島での出来事である。

村民に変装した日本兵約10名は、護岸の上から男性の死体を投げ捨てた。その後、1人が男性の息子を抱えてきて、父親の死体のそばに投げ落としたのだ。父親の死体にしがみついてワーワー泣き崩れた息子。その子を日本兵軍刀で何回も何回も切り刻んだのだ。

一部始終を目撃し、日本軍から「見せしめだ、ほっておけ」と言われ、「あとで死体を片づけよ」と命じられた地元の警防団員は、涙をすすりながら、海岸に穴を掘って埋めた。10歳だった男性の息子は、学校で級長をつとめる頭のいい子だった。

その後、日本兵らは残された男性の家族を捜した。男性のは、乳飲み子を背負い、2歳の子を抱いて逃げたが、住まいからわずか50メートルの所で捕らえられた。子どもをおろすようにいわれ、それに従うと後ろから首を切られた。泣き叫ぶ幼児と乳児も母親の死体の上に重ねて、斬り殺された

男性の7歳と5歳の子どもは、裏の小屋に隠れていたが、不安にかられて外に出たところを捕らえられた。そして「両親のいる方に行こう」と字山里の農道に連れて行かれ、そこで斬殺された。月光の下での惨劇は、午後10時前後だった。

朝鮮釜山(プサン)出身の男性は、島中を回ってスクラップの販売を行って生計を立てていた。行商で各民家や避難所を訪ね歩くのでスパイの濡れ衣を着せられたのか、あるいは朝鮮人というだけで日本への忠誠心を疑われたのか、あるいはただ島人たちへの見せしめのために最も弱い立場の一家を血祭りにあげたのか。この一家がなぜ虐殺されたのか理由は明らかでない。

久米島では日本軍による住民虐殺が昭和20年6月23日以降4件発生し、20人が命を奪われた(沖縄戦の真実と歪曲/太平洋戦争と久米島/QAB)

《「沖縄戦の真実と歪曲」(大城将保/高文研) 133-134頁、「太平洋戦争と久米島」(上江洲盛元 編著/あけぼの印刷株式会社) 30頁 および 琉球朝日放送 報道制作部 ニュースQプラス » 特集 島は戦場だった 封印解いて語る思いより 抜粋、一部要約》

(投稿者註: 事件の詳細は、文献や資料によって若干異なる)

https://daysjapan.net/wp-content/uploads/2015/09/DSC_0210.jpg

朝鮮人父親一家が虐殺されたとき、女の子たち2人がここに連れてこられて殺された。』 Photo by Ryuichi HIROKAWA

日本兵が島民を殺す 久米島の戦争 – 世界を視るフォトジャーナリズム月刊誌DAYS JAPAN

 『…1943年から住みついた朝鮮出身の谷川昇(具仲会)さんという人は、沖縄出身のウタさんと結婚し谷川姓になったと書かれている。夫婦の間には10歳、7歳、5歳、2歳、そして生後数か月の赤ん坊がいた。ウタさんは国防婦人会に入っていた。

「谷川さんは廃品の鉄くずを拾って、それを那覇に売るのが仕事だったんです。そのうち何ひとつ食べるものなくなって、米軍のキャンプ地へ行って、残飯や捨てられた菓子などを拾って食べたりするようになりました。ところがこうしてキャンプに何度も出かけるのはあやしいスパイだということで家族全員が殺されたのです」

この人々の住んでいた場所は、上江洲地区と西銘地区の境界に接していた。その家は今も残っている。

8月20日、谷川さんがスパイとして、処刑されるといううわさが島内に広がり、鹿山隊は野良着を着て住民に変装し、上江洲の谷川家に向かった。近くの住民が急を知らせて、ウタさんは子ども2人を連れて逃げ出す。それを追ってきた兵隊が切りつけて殺したという。鹿山隊はそこから谷川家に戻り、震えていた長女と次女を連れ出し、近くの雑木林の中で首を絞めて殺した。そのあと虐殺部隊は海岸の鳥島地区に行き、次男を連れて隠れていた谷川さんの首に縄をかけて引きずって行き、息絶えていた谷川さんを護岸から突き落とし、遺体にすがって「父ちゃん、父ちゃん」と泣き叫ぶ次男を刺し殺したという。(『久米島の戦争』より)

日本兵が島民を殺す 久米島の戦争 – 世界を視るフォトジャーナリズム月刊誌DAYS JAPAN

(投稿者註: 事件の詳細は、文献や資料によって若干異なる)

https://daysjapan.net/wp-content/uploads/2015/09/DSC_0020.jpg

『日本軍によって殺された島民の名前が刻まれた痛恨の碑。 』Photo by Ryuichi HIROKAWA

daysjapan.net

dai.ly

鹿山 正 ( かやま ただし ) : 久米島 住民虐殺の 日本軍指揮官 / 沖縄戦・第2次世界大戦 - Dailymotion動画

 

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

 

琉球朝日放送 報道制作部 ニュースQプラス » 特集 島は戦場だった 封印解いて語る思い