1945年 8月17日 『悲しみのあとは歌』

〝沖縄〟という米軍基地

「東京占領」の準備

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/13-57-1.jpg

嘉手納飛行場の南管制塔から東を望む。第13空輸貨物補給中隊所属、空輸部隊ダグラスC-54輸送機が遠くまで何機も広がる(1945年8月17日撮影)

Looking east from the south operations tower along a strip at Kadena Airfield on Okinawa, Ryukyu Retto, Air Transport Command Douglas C-54s of the 13th Air Cargo Re-Supply Squadron, stretch out into the distance.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/15-16-2.jpg

嘉手納飛行場南に設けられた第13空輸補給中隊仮司令部。空輸司令部は東京占領のための人員や物資を運ぶ重要な業務を負う。1945年8月17日以前に100機以上のダグラスC-54が点検された(1945年8月17日撮影)

Temporary quarters of the 13th Air Cargo Re-Supply Squadron set up on the south side of Kadena Airfield on Okinawa, Ryukyu Retto. The Air Transport Command handled the difficult job of passengers and cargo to go by air for the Tokyo occupation. More than a hundred Douglas C-54s checked through here prior to 17 August 1945.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

米軍の装備品

パラシュート

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/14-33-3.jpg

嘉手納飛行場の端で第13空輸補給中隊の貨物用パラシュートをたたむ第7空軍の隊員。(1945年8月17日撮影)

A cargo parachute of the 13th Air Cargo Re-Supply Squadron is laid out before it is rolled up for packing by men of the 7th Air Force at the edge of Kadena Air Field on Okinawa, Ryukyu Retto.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/14-33-4.jpg

嘉手納飛行場の端にて、パラシュートを帆布のカバーに詰め込む第13空輸補給中隊のホップス伍長とメイナス伍長。カバーは荷物が投下されると自動索によってはずれるようになっている(1945年8月17日撮影)

Cpl. Lawrence Hopps, Jamaica, New York and Cpl. Eugene A. Manus, Ashtabula, Ohio, of the 13th Air Cargo Re-Supply Squadron, pack a parachute into a canvas cover which will be stripped off by a static line. They are based at the edge of Kadena Air Field on Okinawa, Ryukyu Retto.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

 

第32軍の敗残兵

阿嘉島(あかじま): 海上挺進第2戦隊(戦隊長: 野田義彦少佐/阿嘉島慶留間島)

渡嘉敷島(とかしきじま): 海上挺進第3戦隊(戦隊長: 赤松嘉次大尉)

米軍は慶良間諸島の島々に潜む日本兵に投降するよう呼びかけていたが、なかなか成果をあげることができないでいた。そこで、既に捕虜となった日本兵らを使い、投降を呼びかけることにした。

8月17日

日本兵捕虜を二組、渡嘉敷島阿嘉島に送り、日本の敗戦を知らせた。だが、阿嘉島の野田義彦隊長も渡嘉敷島の赤松嘉次隊長も日本降伏の事実が信じられなかった日本降伏という証拠はどこにもない。生きて捕虜の辱めを受けず、と教えられた皇軍の兵士が、敗戦したというだけの情報でおめおめ降伏するわけにはいかない。天皇陛下の降伏命令がない限り、降伏するわけにはいかない。2人は別の島で同じことを述べ、降伏を拒否した。陸軍サービス・コマンドのG2将校らは困惑した。どうしたものか。そのとき、1人の日本兵捕虜が提案した。

「野田と赤松の2人は天皇陛下の命令がなければ、と言っていますが、上官の命令は聞かねばならないはずです。牛島司令官は自決なされましたし、現在捕虜になっている日本軍最高指揮官からの命令ということではどうでしょうか」

「それは名案だ。今朝投降した塚本大佐にやってもらおう。彼も今まで洞窟に潜んでいたので気持ちは通じるはずだ。」とG2将校の1人が言った。

塚本保次大佐は沖縄戦終了後2ヵ月近くも摩文仁の北の洞窟陣地に潜んでいたが、先に捕虜になった部下の説得に従って、138人の日本兵と共に投降したばかりだった。特別尋問センターの塚本大佐は「私が第32軍の司令官となるのはおこがましいが、友軍を救うためならどんなことでもしよう」と言った。大佐はペンを執って手紙を書いた。』(27-28頁)

《「沖縄戦トップシークレット」(上原正稔/沖縄タイムス社) 27-28頁より》

 

 

そのとき、住民は・・・

悲しみのあとは歌

カンカラ三線(さんしん)

すべてをうしなった人びとは、最初有鉄線で囲っただけの収容所で砂の上に寝た。昼は米軍の命令で遺体や食糧あつめ、洗濯、軍作業などにかりだされた。が、夜はまったくすることがない。8月なかば、夜空に米軍のありとあらゆる火砲が撃ちあがり、歓喜する兵隊たちの声で日本の降伏が伝わった

そんななか、人びとはまずなによりもをうたいはじめた

米軍配給食糧の空き缶にパラシュートの布を張り針金やパラシュートのヒモで絃をつけた

カンカラ三線である。

おのおのテントから出てきて暗闇のなか車座になり、こんな歌に聞き入った。

なちかしや沖縄 戦さ場になやい 世間御万人(うまんちゅ)ぬ袖ゆ濡らち

(悲しい沖縄 戦場になって 世のみなさまのそでを涙でぬらし)

「屋嘉節」の一番である。つづきの歌詞を現代日本語にするとこんなふうだ。

---涙をのんで恩納岳に登り、みなさまとともに戦争をしのいできた。いまではあわれ闇夜に鳴く屋嘉村のカラス。親をなくしたわが身を哭(な)かずにいられようか。いとしい貴女は石川の民間収容所で茅葺き長屋住まい。ぼくは屋嘉の収容所で砂を枕にくらす。こころを励ますのは米軍配給物資の四本入り煙草。さびしさは月に流していこう---』(26頁)

戦争に翻弄され数えきれないものをうしなった人びとは、戦争の終結とともに国家からも解放され、残されたいのちに国家の歴史を突き放して見る感覚ーー民衆史の視点を刻んだ。そしてこれらの島うたを歌いつぐなかで権力の変遷を生きぬく精神を、子や孫にうけわたしていった。』(28頁)

《「沖縄戦後民衆史 ガマから辺野古まで」 (森 宣雄/岩波現代全書) 26、28頁より抜粋》

youtu.be

【戦後70年の地平から】「捕虜収容所とカンカラ三線

『…当時15歳で捕虜収容所に入れられ、手づくりの三線で悲しみを振り払うように歌いながら希望をつないできた男性を紹介します。

三線を弾いている時仲宗根さんは当時を思い出し心で泣いているそうです。

その様子を見てきた息子たちは思いをしっかりと引き継ぎ伝えていきたいと話していました。』

捕虜収容所とカンカラ三線 | 琉球放送

 

米軍野戦病院: 久志村

『Aさんが私に歌を所望した。息子さんがよく歌っていたという「麦と兵隊」である。

徐州徐州と人馬は進む

徐州居よいか住みよいか

洒落た文句に振り返りゃ

お故郷訛のおけさ節

髭が微笑む麦畑

私は歌った。これは、今でいう「カラオケ」とは趣を異にしている。歌い手が主役ではない。聴き手が主体であった

「誰か、この歌を知りませんか」と注文がある。それを歌うのである

そのうち、埋葬班の…君が加わった。彼は農林学校の3年生であったが、大抵の流行歌は知っているという貴重な存在だった。那覇の婦人が、若いころ歌ったという「紅屋の娘」や「船頭可愛や」の注文にも彼は応じた。』(119頁)

《「狂った季節 戦場彷徨、そしてー。」(船越義彰/ニライ社) 119頁より》

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

 

琉球朝日放送 報道制作部 ニュースQプラス » 65年前のきょうは1945年8月17日(金)

 

癒しと喜びの器―工芸品と楽器の2つの顔をもつ三線|学芸員コラム|博物館|沖縄県立博物館・美術館