〜シリーズ沖縄戦〜

Produced by Osprey Fuan Club

1945年7月2日 『アイスバーグ作戦終了』

アイスバーグ作戦米軍基地マヤーアブ

米軍の動向

アイスバーグ作戦終了

7月2日、アメリカ軍は沖縄占領を目的としたアイスバーグ作戦の終了を宣言。次の攻撃の標的を日本本土に定めます。

1945年1月6日に作成された「第10軍作戦計画アイスバーグ(氷山)」は、米軍が沖縄戦に際して用いた総合作戦計画書です。この作戦は、米軍が日米開戦以降太平洋地域で展開した戦闘の経験や教訓を盛り込み、沖縄占領に引き続く日本本土上陸までを視野に入れたものでした。<中略>

掃討戦を続けた米軍は、7月2日にアイスバーグ作戦の終了を宣言しました。

アイスバーグ作戦 – 沖縄県公文書館

f:id:neverforget1945:20210701020355p:plain

アイスバーグ作戦計画書 1945年1月6日 (左)表紙 (右)第1章 概要

第1章 概要より
b.アイスバーグ作戦の目的は、
(1)(沖縄に)軍事基地を確立すること
(2)東シナ海から中国沿岸及び揚子江流域にわたる海路および空路の安全性を確保すること
(3)日本に対して間断ない圧力をかけること

アイスバーグ作戦 – 沖縄県公文書館 

7月2日琉球作戦終了が宣言された。

沖縄に払った代価は高かった。米軍側の損害の合計は、日本との戦争では、どの戦役での損害よりもいちばん大きかった。米軍損害4万9151人のうち1万2520人が、戦死または行方不明になり、3万6631人が負傷した。陸軍の損害は、戦死4582人、行方不明93人、負傷1万8099人、海兵隊の損害は、戦術空軍のそれもふくめて、戦死と行方不明2938人、負傷1万3708人、海軍戦死と行方不明4907人、負傷4824人であった。非戦闘損害は陸軍1万5613人、海兵隊1万598人で、艦船の損害は沈没36隻、破損368隻で、そのほとんどは空襲でうけた損害だった。また空中戦による米軍機の損害は、4月1日から7月1日までのあいだに763機であった。

《「沖縄 日米最後の戦闘」(米国陸軍省編・外間正四郎訳/光人社NF文庫) 516頁より》

f:id:neverforget1945:20210701021449p:plain

services for those who died in invasion.

侵攻作戦で亡くなった者の葬式(1945年撮影)

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

投稿者註: リンク先の原文と和訳の一部を掲載時に投稿者が削除。

勝利の代償が、こうも高かったのは、予想よりも、はるかに強大な力をもった日本陸軍に対し戦いを挑んだことであり、しかも、それが険しい地形に、驚くべきほど強固な砦がつくられていたこと、さらに米軍が本土から幾千キロも離れたところで戦ったことなどである。沖縄戦線は予期したよりもかなり長びいた。だが、米軍は沖縄の戦闘において、ふたたび、いかなる環境下でも、日本軍と戦えることを如実に示したのである。

《「沖縄 日米最後の戦闘」(米国陸軍省編・外間正四郎訳/光人社NF文庫) 516頁より》

f:id:neverforget1945:20210701022507p:plain

沖縄にある司令部墓地の一つ。(1945年7月1日撮影)

One of the Island Command cemetaries on Okinawa, Ryukyu Retto.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

琉球攻略作戦は、多くの点で、アメリカがこれまで太平洋戦線で経験を通して学んだことの蓄積であった。それは、太平洋上の日本の前哨基地での長いあいだの戦闘から体得した教訓、つまり一致協力と、全軍攻撃力の結集上陸作戦戦術、そして、日本軍の戦術およびそれに対応すべき米軍の戦術など、これらいっさいを包含したものであった。

アイスバーグ作戦は3ヵ年以上の戦争で蓄積に蓄積を重ねた兵員や武器、飛行機などいっさいの軍事力を一緒にしたもので、したがって日本帝国内陣の堡塁に対しては、太平洋戦線でいまだかつて動員されたことのない陸海空軍勢力の大結集をはかり、さらに各軍の共同一致した作戦が必要とされたのである。

《「沖縄 日米最後の戦闘」(米国陸軍省編・外間正四郎訳/光人社NF文庫) 28頁より》

 

〝沖縄〟という米軍基地の建設

米軍は4月1日に読谷と嘉手納の基地を占領し、次々と日本軍の基地を礎にして更なる基地建設を進めた。1945年の沖縄戦で米軍は11の飛行場20の小飛行場を建設し、そのほか数多くの軍事施設を構築した。

アイスバーグ作戦が終了したこの時期、アメリカ軍政府が沖縄を統治する戦後行政が本格的にスタートします。

琉球朝日放送 報道制作部 ニュースQプラス » 65年前のきょうは1945年7月2日(月)

小禄半島の米軍基地化

那覇空港のある小禄半島は沖縄戦から1970年代にかけ、そのほぼ全域 (70.45%) を米軍基地として占有されることになる。

f:id:neverforget1945:20210701022849p:plain

これら格納庫の骨組みは、放棄された那覇飛行場に唯一残っているものである。屋根と壁は米工兵隊なら敏速に修理可能である。(1945年7月2日撮影)

Frame work of these hangars is all that remains of the abandoned Naha Airfield, Okinawa, Ryukyu Retto. Roof and walls can be repaired in short order by our engineers.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

牧港飛行場 - 現在の牧港補給地区 (キャンプ・キンザー) は6月1日から7週間で建築された。

f:id:neverforget1945:20210702061059p:plain

米陸軍: Base development by the 1166th Engr. Constr. Group of the Machinato airstrip.
牧港飛行場の第1166工兵隊による基地建設工事 1945年 7月

写真が語る沖縄 – 沖縄県公文書館

  

米軍保養施設

また軍事施設にはいくつかの米軍保養施設も含まれていた。石川収容所はやがて米軍基地「石川ビーチ」となる。(1977年返還)

f:id:neverforget1945:20190701141108p:plain

Soldiers relax by going swimming at the beach at Ishikawa.

石川のビーチで海水浴を楽しみながらリラックスする兵士達(1945年7月2日撮影)

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

米軍の戦史に「ありったけの地獄を集めた」と記録された沖縄戦の一方、米軍は島の美しさを「沖縄の逆説」「矛盾の島」と記録している。

f:id:neverforget1945:20210701030242p:plain

沿岸警備隊: Okinawa...A Paradox: A Touch of Home--and Japan
沖縄の逆説 − 故郷アメリカにも日本本土にも似た風景 1945年7月2日

写真が語る沖縄 – 沖縄県公文書館

f:id:neverforget1945:20210701030620p:plain

沿岸警備隊: Okinawa...A Land of Contradictions: Devastation...Industry...Beauty
矛盾の島・沖縄:破壊、勤勉、美 1945年 7月 2日

写真が語る沖縄 – 沖縄県公文書館

f:id:neverforget1945:20210702223519p:plain

Curious Kids Caper amid Okinawa Ruins
廃墟の中を飛び跳ねる二頭の仔ヤギ (1945年7月2日)

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

嘉手納飛行場

f:id:neverforget1945:20210702123349p:plain

米海軍: Dead Jap in vicinity of MAG-33 gasoline dump of Kadena Airfield, Okinawa, Ryukyu Islands.
日本兵の死体。嘉手納飛行場の第33米海兵隊航空群燃料集積所付近にて。 1945年 7月 2日

写真が語る沖縄 – 沖縄県公文書館

 

第32軍の日本兵

歩兵第32連隊の敗残兵

国吉: 歩兵第32連隊

f:id:neverforget1945:20210630030918p:plain

《「沖縄戦 二十四歳の大隊長 陸軍大尉 伊東孝一の闘い」(笹幸枝/Gakken) より》

沖縄戦の最前線で戦った陸軍歩兵第32連隊。山形県、北海道、沖縄県の出身者で編成され、およそ3000人が投入された。5か月にわたる過酷な戦いの中で、将兵の9割が戦死する。

[証言記録 兵士たちの戦争]沖縄戦 住民を巻き込んだ悲劇の戦場 ~山形県・歩兵第32連隊~

敬愛する雨宮師団長が戦死したらしいと知ってから数日後の7月初め、伊東は樫木副官と共に国吉集落の東側を見回りしていた。そこで島の南端から逃げてきたという2名の兵に会った。彼らは、軍司令官閣下が6月22日に自決されたと告げた。実際は23日の黎明だったが、その頃の伊東は知る由もない。

《「沖縄戦 二十四歳の大隊長 陸軍大尉 伊東孝一の闘い」(笹幸枝/Gakken) 253頁より》

連隊本部に聞いたらば、師団長は「最後の一兵になるまで、現在の陣地を守って戦え」と、こういう最後の命令を出したということが分かった。軍司令官からの命令は聞いていません。ただ、師団長からそういう命令が出てたから、連隊もまた、最後の一兵となるまで、頑張るしかしょうがないなと。最後の命令をそういうふうに、自分は受けとったんですね。

「大隊の部下の9割を失って」 伊東 孝一さん 山形・歩兵第32連隊

喜屋武岬の南端で生き残った兵士たちは、また国吉台地に向かった。

(住民は) 特に女の人が、女の人それから子どもの人が多いんですよ。やっぱり男の人なんかあんまりいなかったですね、子ども、女の人、年寄り。… 32連隊、連隊長もそっちのほうにまだ元気でしたから、山城からちょっと離れたところにいたんですけど、ここがもう最後で、国吉が最後で、「もうこっから下がらないから、とにかく、動ける者は、全部もう山城でなく、国吉に戻れ」って。それ、もう全部戻りました。

「追いつめられた日本軍」 渡辺 春雄さん 山形・歩兵第32連隊

 

渡嘉敷島 - 伊江島住民の虐殺

海上挺進第3戦隊 (隊長: 赤松嘉次) - 渡嘉敷

7月2日、米軍によって渡嘉敷に移送された伊江島住民の男女6人、投稿勧告に行き赤松隊により殺害される。また渡嘉敷小学校訓導の大城徳安が殺害される。

16日、伊江島に上陸した米軍は21日には占領を完遂、日本軍が建設した本の滑走路のある飛行場を使用するため、住民を慶良間や今帰仁移住させた。その数は、慶良間では渡嘉敷島が約1,700慶留間島は約400に及んだ。

72,米軍は伊江島住民6人に第3戦隊に投降勧告書を届けるよう指示した。その6人は前進陣地で捕えられた。赤松戦隊長は米軍の投降勧告を拒否、陣地の状態を見た以上、帰すわけにはいかないという理由で6人は「処刑」された。

《川田文子「70年余を経た複郭陣地跡と 「慰安婦」の写真」(2017年) p. 79. 》

 

そのとき、住民は・・・

山城 - マヤー壕の追い出し

f:id:neverforget1945:20210702231700p:plain

慰霊の日に ~ 「魂魄の塔」 - Osprey Fuan Club

元々は山城集落の避難壕でしたが、後に陸軍の将兵が移動してきて住民を管理下に置きました。住民を追い出したり食糧を強奪したり、更には住民を虐殺したという証言があります。

沖縄県のガマと地下壕:マヤーアブ(マヤーガマ)

f:id:neverforget1945:20210702121001p:plain

マヤーアブについて | おきなわ 緑と花のひろば

300名ぐらいが入れる広さ。実際は 100名以上が入っていた。陣地壕が危なくなった頃、日本兵が押しかけてきて、住民の追い出しにかかった。山城の人々が畳で入口を塞ぐと、軍刀で畳を切り裂き脅迫した。

三和地区ガマ解説

石部隊が来てからは、住民の行動は、自由にはできなくなったんです。住民は全部マヤー壊に入っていますから、何戸ずっといって班をつくってですよ。それで班長をきめて、男何名、女何名といって、水汲み作業、飯炊き作業、野菜取り作業といって、やっておったんですよ。「昼は出られないので、夜行動するんですが、出るには証明書がいるんです。出入口には、衛兵がいました。そういうふうに住民は自由に行動するわけにはいかなくなったんですよ。…(中略)… 出ろということになった時は、仕方がないから、出たんです…。

沖縄戦証言 喜屋武村山城 マヤー壕の経験 - Battle of Okinawa

住民は岩の空洞を見つけ岩をどかしてもう一つの大きな壕を見つける。

そうしたらマヤー壕にいた石部隊から、機関銃部隊といって六、七名くらい、機関銃をうちらの壕のそばに置いて二、三回ドンドン撃ったんです。撃ったら、わたしたちの壕に入れるという考えだったと思うんです。そうして、自分たちを、そこへ入れてくれといって来たんです。

…(中略)… そうしたら隊長が言うわけですな。あっちから来た隊長が、君たち飯はないかというんです。うちらもその時から飯もあんまり食ベないんです。澱粉ですよ。澱粉を水に溶かして、これを飲んでおったんですよ。それでも少しずっ持っている米を出してこの兵隊にやったんですよ。

その翌日ですよ。子供がいたらまたこっちも爆破かけられるからといって、「三歳以下は、こっちで処理する」といってですよ、三歳以下は五名いたんですよ。曹長がいたんですよ。それといっしょに四名来ているんです。注射やったんです。その前に、兵隊が、ちょっと、頭が変なのがいるでしょう (ブログ註・戦闘疲労所と思われる) 、そんなのをつかまえて、全部よく (注射) やるのを見たんですよ。やっぱり注射してから一時間くらいですな。この五名の中には、わたくしの弟と、姪も入っています。この五名を殺すというので、わたしたちは、この壕から出ようと相談したんですよ、隊長に。そうしたら、君たちがスパイやるからといって、門衛を立てて、もう一歩も動かさないわけですよ。そうして五、六名来て、一人ひとりつかまえて注射したんですよ。うちらは、どうにかして、弟や姪を助けようと思って、この壕を出るからと、お願いしたのですが、スパイされて、アメリカに自分等を知らすということで、出口に門衛を置いて鉄砲を構えて、動かさないようにしたので、もう仕方がなかったんですよ。その時からは、兵隊がいっぱいなって動くこともできないくらいに入って、おりまして、民間としては、奥にいっぱい入っておりましたからね。

その翌日の朝ですよ。住民が生きているのは君たちだけだから、アメリカに捕えられて戦車に轢かれるよりは、われわれが処分してやろうというのです。そういわれたので、わたし等は黙っていました。それは、住民を処分して、残りの良雅を澱粉なんかあったら片分なんかが取る考えだったですな。八時頃、その話が出てもたもたしている中にですよちょうどいい場合に、アメリカがこの壕を発見してしまってですよ。爆雷、こっちの壊に投げ込んだですよ。その時兵隊は人口にいたのですから、五、六十人はやられたでしょう、一日中爆雷はかけられ通しでしたから。それでちょっと顔を出して覗いたら小さな入り口が大きくなっていましたよ。隊長は奥にいたので、さしつかえなかったんです。それで晩になってから民間がこっちにいては大変だとみんなで相談して、この壕から出たんですがな。あの時からは出ても、文句はなかったんです。もうこっちが発見されているので、うちらが出たから発見されるということはないとわかっていたからでしょう。

沖縄戦証言 喜屋武村山城 マヤー壕の経験 - Battle of Okinawa

 

 

先島諸島沖縄戦 - 与那国島

f:id:neverforget1945:20210602202617p:plain

沖縄玉砕後も「ゲリラ戦続けろ」 民間スパイ機関が暗躍か | 沖縄タイムス

与那国島(よなぐにじま) - 日本軍13000人が常駐した与那国では、十・十空襲以降、頻繁に日本軍の拠点を標的にした空爆がおこる。山間地に避難して生活していた人々はハマダラ蚊に襲われ、多くの島民がマラリアに感染した。

f:id:neverforget1945:20200701182757p:plain

《AIのカラー化処理では火焔の色が再現されていません》Destruction of enemy buildings and damage to luggers at Yonakuni Island, east of Formosa, by Lt. Ira West.

与那国島の敵建物の破壊と小型船に与えた損傷。ウェスト大尉による撮影。与那国島は、台湾の東にある島。(1945年7月2日撮影)

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

沖縄の離島には偽名を使い陸軍中野学校出身者11人配置された。

阿久津少尉は「柿沼秀男」と名乗り、与那国国 民学校の訓導として教鞭を執った。… 遊撃要員として在郷軍人青年団の中から信用のいる人を選定し、訓練する必要があった。… 在郷軍人青年団の訓練を続け、女子青年に竹やり訓練も実施した。

久米島の戦争を記録する会『沖縄戦 久米島の戦争―私は6歳のスパイ容疑者』インパクト出版会 (2021) 106頁 》

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■