〜シリーズ沖縄戦〜

Produced by Osprey Fuan Club

1945年3月28日『慶良間の住民が集団自決』

渡嘉敷の集団自決運天港基地の破壊

 

米軍の動向

慶良間(けらま)列島侵攻・3日目

渡嘉敷島(とかしきじま)

f:id:neverforget1945:20200301143106p:plain

慶良間諸島渡嘉敷島。米陸軍の部隊は、さしたる抵抗も受けずにこの島に上陸した。そうした上陸作戦の1つ。水上機母艦チャンドラー(AV-10)から撮影。(1945年3月28日撮影)

Tokashiki Jima in Keramas. One of several landings was made here by US Army troops with very little resistance. As seen from USS CHANDELEUR (AV10).

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

  

阿嘉島(あかじま)

『3月28日: 日本軍による夜間(前夜)の活動なし。ただし、米軍の陣地に侵入しようとした日本兵1人が射殺された。日本兵の掃討や施設の破壊を命令された各中隊は、その日の掃討作戦を島の全域に拡大したが、日本軍の抵抗はなかった。装備類が若干発見されたが、これらはすべて各中隊によって破壊された。」(75頁)

『3月28日の夜明け、テート(攻撃貨物輸送艦)は夜間の洋上退避から久場島沖の待機海域に戻り燃料や弾薬補給の任に当たった。同日朝、同艦所属の中型上陸用舟艇(LCM)が島の海岸で貨物陸揚げしていたところ、近くの茂みから突然2人の日本兵が手を挙げて近づいてきた。…乗員は全員丸腰で、武器は舟艇に装備されてある機関銃だけであった。2人の日本兵のうち、米兵よりも背が高く頑丈そうな1人は、明らかに降伏の意志があるようだった。…1人は将校で、もう1人は下級兵のように見えた。水兵らは直ちに2人を舟艇に収容し、母艦のテートへ向かった。(79頁)

《「沖縄・阿嘉島の戦闘 沖縄戦で最初に米軍が上陸した島の戦記」(中村仁勇 / 元就出版社) 75、79頁より》

 

沖縄島への空爆と艦砲射撃

的確な攻撃で日本軍の運天港の特殊潜航艇基地を壊滅に追い込む。

f:id:neverforget1945:20200301145955p:plain

沖縄戦写真を AI (人工知能) で自動色付けして気が付くこと

《AIによるカラー化》Direct hit on submarine pen at Unten Ko, Ryukyus, by torpedo bomber of VT-83 from the USS ESSEX (CV 9) 28 March 1945.
米軍艦エセックス(CV-9)艦載の雷撃機(VT-83所属)の攻撃が運天港にある潜水艦待避所に命中。運天港 (1945年 3月28日)

f:id:neverforget1945:20200301143311p:plain

沖縄戦写真を AI (人工知能) で自動色付けして気が付くこと

米軍艦エセックス(CV-9)艦載の雷撃機(VT-83所属)の攻撃が運天港にある潜水艦待避所に命中。(1945年3月28日撮影)

Direct hit on submarine pen at Unten Ko, Ryukyus, by torpedo bomber of VT-83 from the USS ESSEX (CV 9) 28 March 1945.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

f:id:neverforget1945:20200301145341p:plain

《AIによるカラー化》Briefing: relief map is shown to men before invasion aboard ship.
ブリーフィング。侵攻前に、艦上で地形図を見る兵士たち。(1945年 3月28日)

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

f:id:neverforget1945:20200301143556p:plain

沖縄を砲撃する戦艦アイダホ(BB-42)。戦艦ウェストバージニア (BB-48)から撮影。(1945年3月28日撮影)

USS IDAHO (BB42) firing at Okinawa in the Ryukyus as seen from BB48.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

  

第32軍の動向

中飛行場からの最後の特攻と自壊命令

嘉手納飛行場 (別称: 中飛行場): 特設第1連隊第2大隊

『3月28、9日も、中飛行場から特攻機数機宛が出撃した。近いところから出る特攻は、敵機の妨害を受けない時間さえ選べば、成果はひじょうに揚がった。飛行場にはハリツケ特攻を置くための秘匿掩体壕がたくさん造られ、米艦艇が近くから艦砲射撃をしても、艦載機が爆撃をしてもこれに堪えることができた。』(139頁)

《「沖縄 Z旗のあがらぬ最後の決戦」(吉田俊雄/オリオン出版社) 139頁より》

f:id:neverforget1945:20200301143730p:plain

炎上する米掃海艇。マキン・アイランド号より発進した航空機より撮影(1945年3月28日撮影)

US Mine sweeper burning at Kerama Retto. Taken by plane from USS MAKIN ISLAND (CVE-93)

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

日本軍の基地破壊、それを阻む米軍という構図

部隊本部付有線分隊長の回想:

『…28日、最後の特攻機援護がおわると、わが部隊にも、

「特設第1連隊ハ速ヤカニ北、中飛行場ヲ破壊シタル後、既定ノ新配備ニ就クベシ」の軍命が下った。

毎日が生死の関頭に立たされていただけに…これで寿命が何日か延びたという実感は皆にあった。

後退と同時に一切のものが破壊されることになった。その晩、青柳中佐から嘉手納飛行場の破壊命令を受けた補給中隊の石榑次郎曹長の指揮する、約1個小隊50名は、800キロ爆弾をトラック1台に積んで、…海上から絶えず打ち上げられる照明弾で真昼のように浮かび上がっている滑走路の北側中央に到着した。

…目の前に横たわる飛行場は毎日の激しい砲爆撃にもかかわらず、全く無傷のまま放置されていて一同をおどろかせたのである。
爆破隊は素早くトラックから降りるや駈足で滑走路の中央に出て、全員がローラーでカチンカチンに固めてある路面を、シャベルや十字鍬を使って穴掘り作業をはじめたそのとき、突然、爆破隊の頭上にパーッと照明弾が灯り、同時に海上から、

ダダダダーダダダダー

と曳光弾が飛んできたのである。いち早く地面に伏せた爆破隊のひとり高山藤吉伍長は、後に私に語ったように「奴等どこかで監視しているのかな?」

とおどろき、不思議におもってあたりを眺め廻したほどであった。

ときすでにおそかった。高感度の電波探知機を備えた米艦が海岸近くまで接近していて、電波を滑走路に集中し、上陸したらすぐ使用するために、日本軍の飛行場破壊を妨害していたのである。

爆破隊は、…軍人としての行動を証明するために、滑走路から蛸足のように八方に伸びている、誘導路の地面のやわらかい一部を掘って、爆弾を装填し、ここを爆破して「滑走路を爆破した」と報告したのである。北、中飛行場の破壊はすぐ至急電となって大本営に送られた。

「北、中飛行場は爆破してある。敵がもし上陸したとしても当面、1週間や10日は使用できないから、いまのうちに特攻攻撃を実施してくれ」
と軍参謀長が要請したということであるから、おどろくべき真相であったわけである。』(126-127頁)

《「沖縄戦記 中・北部戦線 生き残り兵士の記録」(飯田邦彦/三一書房) 126-127頁より》

 

学徒隊: 鉄血勤皇隊と通信隊の犠牲

鉄血勤皇農林隊: 沖縄県立農林学校

『青柳隊に入隊後、鉄血勤皇農林隊は、主陣地を比謝川上流の栄橋付近の壕に置いて、第44飛行場大隊本部から派遣された下士官上等兵の指揮下で、毎日、飛行場の東側に集積されていた食糧を越来村倉敷の山中に運搬する作業に従事した。しかも昼間は空襲が激しいので、作業は夜間に突貫作業でやるしかなかった。

しかし、早くも3月28日には農林隊の壕近くで1人の隊員が戦死したほか、2名の隊員が重傷を負い、10数名が負傷するに至った。』(150頁)

《 「人生の蕾のまま戦場に散った学徒兵 沖縄鉄血勤皇隊」 (大田昌秀 編著/高文研) 150頁より》

『この激しい砲爆撃下のトラックによる決死輸送任務は、尚謙少尉の率いる沖縄県農林学校生徒隊で編成した(鉄血勤皇隊)170名たちであった。跳梁する敵機の間隙をぬっての、長途10キロほどの道のり、土埃を上げて疾走しているトラックがグラマンに銃撃されて早くも若い犠牲がつぎつぎと出ていた。

いまや全島十里、火の雨を浴びつつ地表に身を挺しているのは、ひとり高射砲隊と鉄血勤皇輸送隊そして保線任務の通信隊だけである。』(114頁)

《「沖縄戦記 中・北部戦線 生き残り兵士の記録」(飯田邦彦/三一書房) 114頁より》

一中通信隊: 沖縄県立第一中学校

『1944年11月下旬に守備軍司令部の命令で、県立第一中学校の2年生約200名からなる通信隊が編制され、翌45年3月中旬まで、同校でモールス信号及び通信機や発電機の操作方法などについて訓練を受けた。

隊員には3月20日から「少年特別志願兵願書用紙」が配られ、それぞれ親の承諾印を貰ってくるように要請されて家族の許に帰された。各人は、2、3日後に親の承諾印を貰って提出したが、中には親の承諾がなくて自ら親の印鑑を盗んで捺印して提出した者も少なからずいたようである。

こうして3月28日頃、守備軍司令部から召集令状が来て、訓練開始時に約200名で編制した通信隊のうち、残っていた115名の生徒が電信第36連隊(隊長・大竹少佐)に入隊を命ぜられた。そして同日午前10時頃に首里金城町所在の養秀寮に集結して、そこから真和志村繁多川にある電信第36連隊本部壕の前面広場で入隊式を挙行した後、それぞれ4つの中隊(第4、第5、第6、固定)に配属されるようになった。』(106-107頁)

《 「人生の蕾のまま戦場に散った学徒兵 沖縄鉄血勤皇隊」 (大田昌秀 編著/高文研) 106-107頁より》

  

慶良間列島海上挺進戦隊 4隻の出撃

阿嘉島慶留間島: 海上挺進第2戦隊(戦隊長: 野田義彦少佐)

慶良間列島に配備された海上挺進戦隊 (マルレ) 300隻のうち、唯一出撃したのは第2戦隊の慶留間島に配置された第1中隊の4隻だけだった。野田隊長の命令を伝えるため特攻隊員1名が阿嘉島から泳いで伝えたといわれる命令は、「使用できる特攻艇を全て使って攻撃し、その後に本島へ渡り戦況報告を行う」だった。

『…命令が伝えられた慶留間島4隻が、28日未明出撃、米艦艇を攻撃して、中隊長の乗艇する艇ほか1隻が沖縄本島に到着した。戦果は駆逐艦1隻撃沈、輸送船2隻大破炎上と報ぜられ、感状が与えられた。慶留間の残り特攻部隊は、次の出撃を準備していたが、28日昼に米軍の攻撃を受け、舟艇壕のなかで爆雷を轟発させ、自爆した。』(125頁)

《「沖縄 Z旗のあがらぬ最後の決戦」(吉田俊雄/オリオン出版社) 129-130頁より》

日本軍によって自壊された「自爆ボート」は、慶良間列島で掃討されたときに第77師団によって発見されました。これらは小さなスピードボートのように見えますが、構造が悪く、非常に低速です。

f:id:neverforget1945:20200326190153p:plain

HyperWar: US Army in WWII: Okinawa: The Last Battle [Chapter 2]

 

渡嘉敷島、「非戦闘員らは自決せよ」

渡嘉敷島(とかじきじま): 海上挺進第3戦隊(戦隊長: 赤松嘉次大尉)

『28日が明けた。タコツボ陣地をつくりあげた戦隊は、1中隊とは連絡がつかないままであったが、3中隊がようやく到着して、大いに気勢があがった。また住民も、指示されたクボ地に集まり、一応、南方からの敵の攻撃にたいする備えができ上った。午前10時ころから、米軍の複郭陣地にたいする攻撃がはじまった。銃撃、爆撃のほかに、多数の迫撃砲をひっきりなしに撃ちかけてきた。

銃爆撃だけならば、タコツボに身をかくしていれば、大丈夫であったが、迫撃砲弾は、つぎつぎに頭の上で炸裂するので、威力が大きく、逃げ場所がなく、被害を出した。味方は、約350名(水勤隊軍夫を除く)。兵器は、重機関銃2、軽機6、擲弾筒7、小銃200。挺進隊員が銃をもたず、拳銃、軍刀、手榴弾だけであることは、ほかの戦隊と同じである。

こうして、米軍が間近にまで接近してくるのを、死に物狂いで防いでいるとき、それまで安全と考えていた住民集結地のクボ地の北側高地に、米軍が迂回し、陣地を構え、複郭陣地を包囲して、住民の集結地にまで砲火を撃ちこんできた。間もなく、その住民の避難地に、防衛隊員が、赤松戦隊長の命令をもってきた。非戦闘員らは自決せよーーと。』(129-130頁)

《「沖縄 Z旗のあがらぬ最後の決戦」(吉田俊雄/オリオン出版社) 129-130頁より》

 

座間味島

f:id:neverforget1945:20200301151916p:plain

座間味島で捕えられた日本人捕虜。(1945年3月28日撮影)

Jap prisoners taken on Zamami Shima in Ryukyu Retto.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

f:id:neverforget1945:20200301151653p:plain

座間味島で捕えられた日本人捕虜。(1945年3月28日撮影)

Jap prisoners taken on Zamami Shima in Ryukyu Retto.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

そのとき、住民は・・・

渡嘉敷島 380名の命が犠牲となった「集団自決」

住民異動の軍令と自決場への道

住民の移動命令 (27日夜) 比較的安全な恩納川原 (P) → 複郭陣地 → 集団自決場所 (Q)

f:id:neverforget1945:20190818084749p:plain

f:id:neverforget1945:20190818085901p:plain
《『検証「ある神話の背景」』伊藤 秀美 (紫峰出版, 2012)  p. xi 》

渡嘉敷村・元村長の証言

 安里喜順巡査が恩納川原に来て、今着いたばかりの人たちに、赤松の命令で、村民は全員、直ちに、陣地の裏側の盆地に集合するようにと、いうことであった。盆地はかん木に覆われてはいたが、身を隠す所ではないはずだと思ったが、命令とあらばと、私は村民をせかせて、盆地へ行った。

 まさに、米軍は、西山陣地千メートルまで追っていた。赤松の命令は、村民を救う何か得策かも知らないと、私は心の底ではそう思っていた。

 上流へのぼって行くと、私たちは、そこで陣地から飛び出して来た防衛隊員と合流した。その時米軍はA高地を占領し、そこから機関銃を乱射して、私たちの行く手を拒んでいるようであった。

 上流へのぼると、渡嘉敷は全体が火の海となって見えた。ぞれでも艦砲や迫撃砲は執拗に撃ち込まれていた。盆地へ着くと、村民はわいわい騒いでいた。

 集団自決はその時始まった。防衛隊員の持って来た手榴弾があちこちで爆発していた。

 安里喜順巡査 (註・改姓比嘉喜順) は私たちから離れて、三〇メールくらいの所のくぼみから、私たちをじ-っと見ていた。「貴方も一緒に…この際、生きられる見込みはなくなった」と私は誘った。「いや、私はこの状況を赤松隊長に報告しなければならないので自決は出来ません」といっていた。私の意識は、はっきりしていた。

 私は防衛隊員から貰った手榴弾を持って、妻子、親戚を集め信管を抜いた。私の手榴弾はいっこうに発火しなかった。村長という立場の手まえ、立派に死んでみせようと、パカッと叩いては、ふところに入れるのですが、無駄にそれをくり返すだけで死にきれない。

 周囲では、発火して、そり返っている者や、わんわん泣いている者やら、ひょいと頭を上げて見ると、村民一人びとりがいたずらでもしているように、死を急いでいた。そして私は第三者のように、ヒステリックに、パカバカ手榴弾を発火させるために、叩いていた。

 その時、迫撃砲は私たちを狙っていた。私は死にきれない。親戚の者が盛んに私をせかしていた。私は全身に血と涙をあびていた。すぐうしろには、数個の死体がころがっていた。

 私は起き上って、一応このことを赤松に報告しようと陣地に向った。私について、死にきれない村民が、陣地になだれ込んでいた。それを、抜刀した将校が阻止していた。着剣した小銃の先っぼは騒いでいる村民に向けられ、発砲の音も聞こえた。白刃の将校は、作戦のじゃまだから陣地に来るな、と刀を振り上げていた。

 陣地を追っぱらわれた私たちは、恩納川原にひきかえした。一部は儀志保島に対面する、この島の北の瑞に移動していたようだった。その時自決用の手榴弾の爆発音と、生き残って途方を失った村民の阿鼻叫喚に、迫撃砲が誘われたように撃ちこまれていた。…

 … 私には、問題が残る。二、三〇名の防衛隊員がどうして一度に持ち場を離れて、盆地に村民と合流したか。集団脱走なのか。防衛隊員の持って来た手榴弾が、直接自決にむすびついているだけに、問題が残る。私自身手榴弾を、防衛隊員の手から渡されていた。

 この問題を残したから、死に場を失って、赤松隊と自決しそこなった村民とがこの島で、苦しい永い生活を続けることになった。

 … 集団自決以後、赤松が私に対する態度はいよいよ露骨に、ヒステリー症状を表わしていた。私を呼びつけ、命令ということを云い、おもむろに腰から軍刀をはずし、テーブルの上に、右手で差し出すように立って、「我が国の軍隊は…」と軍人勅諭をひとくさり唱えて、今日只今から村民は牛馬豚の屠殺を禁止する (註・軍の食糧確保のため) 、もし違反する者は、処刑すると云い放っていた。

沖縄県史第9巻(1971年琉球政府編)p. 768-769》

渡嘉敷島の「集団自決」赤松嘉次隊長の沖縄戦

『島民たちが恩納河原に集まってきた27日夜からは雨が降り、米軍が数百メートルの所に迫っていると伝えられ、砲撃も降り注いでいた。島民たちが集まった場所は島の北側で逃げ場はもはや残されていなかった。』

《「沖縄戦 強制された「集団自決」」(林 博史/吉川弘文館) 42頁より》

『翌3月28日、住民は村長に指示され寄り集まった。阿波連400人と、別の集落600人の集団になった。そして、ささやきが波紋のように広がった。「軍から自決命令が出た」。命令の伝達経路は定かでないものの、命令を下されたと聞いて阿波連の住民は、「共生共死」の原則によって第3戦隊は米軍と戦い全滅した、と思い込んだ。次は住民の、「集団自決」の番になる。…母親は、10歳の娘と6歳の息子に言い聞かせた。「ここでお国のために死ぬ」。そして母は頬の涙を拭い、髪を整えた。他の女性たちも以心伝心で、最期の身支度をした。

すでに一週間前、軍は村役場の男子職員と村の青年およそ20人を集め、一人に2個の手榴弾を渡し、敵に遭遇したら1個を投げつけ残りの1個で自決しろ、と命じていた。それに防衛隊員の常備2個を合わせ、この日、谷間に集合の住民に配った。手榴弾は、陸海軍を統帥の天皇に直結する。その尊い武器を一般の住民に与えるというあり得ない行為によって、無言の「集団自決」命令が手榴弾に備わった。家族や親戚ごとに身を寄せた。』

《「沖縄 戦跡が語る悲惨」(真鍋禎男/沖縄文化社) 87-88頁より》

『恩納河原には村長や前村長、校長、防衛隊員ら村の有力者たちが集まっていた。…そこに「陣地方向から来た防衛隊が、村長に耳打ちをした。…何を言っているか分からなかったけど、うんうんと、村長は頷いて」(沖縄タイムス社349-350頁)、それから村長の音頭で「天皇陛下万歳」を唱和し、それぞれの家族らが集まって手榴弾を爆発させた。…手榴弾では死にきれなかった人々は、鎌やカミソリ、石、木の棒などで力のある男が家族、つまり子ども、老人を殺していった。残った人たちは日本軍陣地に向かうが追い返され、その近くでまた「集団自決」を行なった。(39-40頁)

《「沖縄戦 強制された「集団自決」」(林 博史/吉川弘文館) 39-40頁より》

『事ここにいたっては、いかんともしがたく、全村民は、陛下の万歳と皇国の必勝を祈り、笑って死のうと、悲壮な決意を固めた。かねて防衛隊員に所持せしめられた手榴弾各々2個が、唯一の頼りとなった。
おのおの親族が、ひとかたまりになり、一発の手榴弾に2、30名が集まった。瞬間、手榴弾がそこここに爆発したかと思うと、轟然たる不気味な音が谷間を埋め、たちまち老幼男女の肉片が四散し、阿鼻叫喚の地獄が展開された。

死に損なった者は、棍棒で頭を打ち合い、カミソリでみずからの頸部を切り、鍬や刀で親しい者の頭をたたき割るなど、世にもおそろしい情景が繰り拡げられた。谷川の清水は、またたく間に血の流れと化し、寸時にして394人の生命が奪いさられた。

その憎しみの盆地を、村民は、今なお「玉砕場」と呼んでいる。

榴弾不発で死を免れた者は、友軍陣地へ救いを求めて押しよせたが、そのとき、赤松隊長は、壕の入り口に立ちはだかり、軍の壕には一歩も入ってはいけない、速やかに軍の陣地付近から去れ、と、厳しく身構え、住民を睨みつけた。住民は、いたしかたなく、力を落として友軍陣地の東側の盆地に集まり、呆然とした一夜を過ごした』(130-131頁)

《「沖縄 Z旗のあがらぬ最後の決戦」(吉田俊雄/オリオン出版社) 130-131頁に記述の「渡嘉敷村遺族会の記録」より、死者の数は原文ママ》 

1940年の国勢調査では渡嘉敷村の人口は1377人、世帯数289と記録されている。住民の約3割が集団自決の犠牲で命を奪われ、一家全滅世帯は74世帯にもなった。

f:id:neverforget1945:20180329053321p:plain

http://www.vill.tokashiki.okinawa.jp/wp-includes/pdf/jiketsu04.pdf

『…防衛隊の持っていた手りゅう弾は30数個。自決命令が伝えられるとともに、車座になった輪の中から次々と爆発音が起こった。だが、30数個の手りゅう弾は住民全部が自決するのには不十分、またその多くが不発弾だった。… 自決の手りゅう弾に驚いたのか米軍からの爆撃がすぐに始まった。混乱はさらに拍車がかけられた。 … 阿波連の区長をしたこともある人が、必死の形相で木をへし折っている。 … その木が殺人の道具となり、妻をたたき、子を殴り殺した。…手りゅう弾で死ぬことができない者は、生き残ることへの不安から、次の確実な手段を探さねばならなかった。

元区長の行動が契機だった。鎌やカミソリで血管を切る。ヒモで首を締める。石や棒でたたく--- 様々な方法での殺し合いが現場で繰り広げられた。夫が妻、親が子、若者が老人をと、強者が弱者に向けて行われ、「愛情と同情からの行為」で共通していた。』(271頁)

兄と2人で家族を殺害した少年の体験談:

自決現場は残酷な方法で死を迎えた人たちの遺体で埋め尽くされた。遺体から流れた血は、下の小川にたどり、川の色を幾日も赤く変えた。…自決命令が伝えられた時、だれもが「友軍は全滅した」と思っていた。

集団自決という狂気の儀式も終わりに近づこうとしていた。まだ死にきれない人たちのうめき声が聞こえる。「殺してくれ」---最後の声をしぼり出すような叫び声が聞こえた。…「だれから死のうか」。母、妹、弟はすでに息が絶え、残った次兄と死の順番を決めなければならない。その相談をしている時だ。前島の同年輩の少年が2人の間に割り込んで来て、「どうせ死ぬなら米軍に切り込んで死のう」と言う。捕らえられれば何をされるかわからない相手。その恐怖と不安から逃れるためにあの残酷な集団自決の道を選んだのではないか。その米軍に切り込みを---そう思った。「皇民最後の生き残りとして、私たちは敵を一人でも殺して死ぬ。そう考えて切り込みを選んだ。より恐ろしい死への挑戦だった」

…どういうわけか、その切り込み隊に小学6年の女の子2人も加わった。12歳から19歳までの5人の切り込み隊の編成、武器は棒切れだけだ。素手で米軍に立ち向かおうという少年らの切り込み隊に、はっきりとした攻撃目標などあるはずがない。足の向くまま歩いて…間もなく大きな衝撃を受ける。最初に出会った人間が日本兵だった。

「ショックだった。全滅したと思ったから自決を選んだんだから---。その時、連帯意識が音を立てるように崩れていった」。その日本兵の言葉はさらに追い打ちをかけた。「むこうに住民はいる」。

…その後、…山中での生活、そして捕虜となる。生きていてよかったと思うことは一度もなかった。「ただ次の死に備えて生きているにすぎなかった」「家族の一人でも息を吹き返しているのではとの期待は全くなかった。絶望的状況の中で徹底的に手をかけて楽にしたから」。』(271-273頁)

《「証言 沖縄戦 戦禍を掘る」(琉球新報社) 271、271-273頁より》

赤松隊長、23年後の証言

(集団自決について) そんな話は、まったく身に覚えのないことですよ。

渡嘉敷島の「集団自決」赤松嘉次隊長の沖縄戦 ~ 「そんな話は

  

集団自決に関する米軍の記録

渡嘉敷島北端に野営していた第306連隊の兵士たちは、3月28日の夜、はるか遠くに何回となく爆発音や苦痛のうめき声を聞いた。』(70頁)

《「沖縄 日米最後の戦闘」(米国陸軍省編・外間正四郎訳 / 光人社NF文庫) 70頁より》

『米軍の記録によると、3月28日の夕刻、渡嘉敷島の北端で野営していた第306連隊の兵士たちは、何回となく爆裂音や人のうめき声を聞tいたが、翌朝、狭小な谷間で瀕死の重傷を負うた人びとのほか150人以上の死体が散乱しているのを発見した。なかには一枚の毛布の下で父親が二人の子どもと老父母を自分の身体に帯でゆわえつけ自爆している姿もあったという。』(23頁)

《写真記録「これが沖縄戦だ」(大田昌秀 編著/琉球新報社) 23頁より》

 

座間味島(ざまみじま)

1945年3月26日に米軍が上陸した座間味島では、同日夜、一部の住民が集団で自らの命を絶っていた。

『第77師団の従軍記者ロバート・シャーロッドによると、3月28日、座間味島を進撃中の米兵たちは、ある洞窟の中で、首を絞め殺された12名の女性の死体とほかに生き埋めにされた1名を発見したという。』(19頁)

《写真記録「これが沖縄戦だ」(大田昌秀 編著/琉球新報社) 19頁より》 

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

 

  1. 集団自決の真実(渡嘉敷村) | 戦世の証言 | 沖縄戦70年 語り継ぐ 未来へ | NHK 沖縄放送局
  2. 集団自決 戦後64年の告白
  3. 遺族ら100人、平和祈る 渡嘉敷村で慰霊祭 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース

 

battle-of-okinawa.hatenablog.com