1945年 6月22日 『アメリカ世(ゆ)の始まり』

アメリカ世(ゆ)の始まり

合衆国がこの作戦に傾注された意志力、献身および物量により、また敵の死闘と相俟って…この戦いは戦史の上でもっとも激烈かつ有名な戦いとなりました…われわれは戦いに参加された貴国の全部隊ならびに各級指揮官に対して敬意を表します。

---1945年6月22日ウィンストン・チャーチル首相からハリー・トルーマン大統領へ』(345頁)

《「天王山 沖縄戦原子爆弾(下)」(ジョージ・ファイファー著/小城正・訳/早川書房) 345頁より》

 米軍統治

6月22日の朝、米第10軍本部では、第10軍の2軍団、各師団の代表が整列、軍楽隊が〝星条旗はひるがえる〟を奏でる中を、軍旗護衛兵がおもむろに沖縄島の上に米国旗かかげた。旗が上がり、ポールのてっぺんまできたとき、突然、一陣の微風が、さっと吹いて、旗はぱっと広がり、静かな青い空を背景にはためいた。』(514頁)

《「沖縄 日米最後の戦闘」(米国陸軍省編・外間正四郎訳/光人社NF文庫) 514頁より》

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/14-22-3.jpg

1945年6月22日星条旗掲揚式で、琉球列島沖縄は米軍管理下にあることが公式発表された。沖縄。

A flag raising ceremony on 22 June 1945 announced officially that Okinawa, Ryukyu Retto, was under U.S. control.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 『ガイガー将軍は、6月21日の午後、沖縄の確保を宣言した。翌日、ステビンスの第22連隊第2大隊G中隊から出された小さな分遣隊が、最南端の荒崎の立木の枝に旗を掲げた。それは、2ヵ月前に北端に掲げられた同じ旗だった。分遣隊の一員であった衛生兵…は、自分たち分遣隊はLデイ以来83日間生き残ってきたのだから、精鋭だと思っていた。彼は、第10軍の広報部員たちが、アメリカのシンボルのひとつになっていた、硫黄島の有名な国旗掲揚の報道に匹敵する成功をここでも収めようとしているものと信じていた。ところが、アメリカ国民は沖縄の写真をまるで古いニュースのようにしか受け取らなかった。同じような場面を以前見ていたからである。硫黄島の場合と比べて、沖縄戦は全体的に報道不足で、最後まであいまいだった。もちろん写真では、断崖から飛び降りたり、どこへ行くという当てもなく海に入って沖へ泳いでいった日本の軍人や民間人たちの、ときには血まみれになっている衣類が散乱している場面は報道されなかった

銃後のアメリカ国民は、太平洋のどこかでの勝利を当て込んでいたが、殺し合いは続いた。歩兵たちは、こんな危険な地域がなぜ確保の宣言をされたのか不思議だった。もしかしたら、司令部の参謀たちが、必要なのは残敵の掃討だけだと本当に思っていたためかもしれない。ことによったら、司令部の高級将校たちが国民の士気を高揚したかったのか、あるいは「もうひとつ階級章の星が欲しいどこかの将軍」が自己宣伝をしたかったせいかもしれない。』(348-349頁)

《「天王山 沖縄戦原子爆弾(下)」(ジョージ・ファイファー著/小城正・訳/早川書房) 348-349頁より》

 

掃討作戦

前線にいた米海兵隊の部隊に沖縄作戦の終了が伝えられたが、同時に、敗残兵の掃討、敵兵死体の埋葬、武器等の収集も命じられた。

『82日間に及ぶ戦闘で疲労困憊した部隊にとって、残党掃討というのは気の重い知らせだった。どう前向きに考えても、神経のすり減る仕事だ。われわれの遭遇した敵は、ただでは死なないとんでもなくしぶとい相手だった。「確率論」の網をかいくぐってどうにか生き抜いてきたわれわれは、怖じ気づいた。グロスター岬、ペリリュー島沖縄本島と生き延びてきて、最後の最後で、洞窟に追い詰められた日本兵の生き残りに撃たれてしまうこともあり得るのだ。われわれにとっては受け入れがたい命令だった。だが、受け入れるほかはない。こうして、敵の死体を埋め、戦場の薬莢や装備を拾っていくうち、われわれの士気の低下は決定的になった。

「まったくの話、こいつらをやっつけたおれたちが、なんだって臭い死体の埋葬までやらなくちゃならないんだ? 後方支援のろくでなしどもに一度、この臭いを嗅がせてやりたいよ。やつらは戦わずに済んだんだから」

「クソっ、薬莢拾いか。こんなにあほらしい、くだらん命令は聞いたこともないぜ」

敵と戦うことはわれわれの務めだが、敵の死体を埋めたり、戦場の後片づけをしたりするのは、歩兵部隊のやることではない。われわれはそう思っていた。みんな渋い顔で、不平不満を隠さなかった。こんなにも長く激しい戦いを続け、ついに勝利を収めた男たちの顔に泥を塗るような行為ではないか。われわれは納得できず、憤慨した。実際、仲間の古参兵数人が命令に従うことをきっぱりと拒否した。初めて目にする光景だった。私も含めた仲間たちが彼らを説得して、下士官との激論をやめさせなければ、命令不服従ということで厳罰を受けていたことだろう。』(458-459頁)

《「ペリリュー・沖縄戦記」(ユージン・B・スレッジ: 伊藤真/曽田和子 訳 /講談社学術文庫) 458-459頁より》 

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/97-29-1.jpg

日本兵の狙撃で負傷した海兵隊員を前線から後方へ運ぶ海兵隊員。サトウキビ畑と壕に隠れていた10人の日本兵は殺され、海兵隊員はこの1人が負傷しただけだった。(1945年 6月22日撮影)

Marines carry a Marine wounded by a Jap sniper back from the front lines. Ten Japs hiding in cane fields and in caves were killed and only this one Marine wounded.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

 

第32軍の崩壊

牛島・長両将軍のさいご: 自決当日

投稿者注: 第32軍司令官牛島満中将と参謀長の長勇中将の最期に関しては諸説あり、また、両将軍の「自決日」に関しては、米軍側が22日未明とし、日本軍側は23日未明となっているため、当ブログでは、両日に双方の記録、証言等を掲載する】

==========

自決日が1945年6月22日の説

『月が登る直前の午前3時、集まっていた将校のほとんどが、生き残っていた司令部の者とともに丘の上の敵と戦って「名誉の戦死」を遂げるため、洞窟から出ていった。彼らは、敵を司令部の丘から追い落とす決意をしていたが、自分たちを包囲しているアメリカ軍の兵力を現実的に評価した結果、最後まで残った自分たちが下の摩文仁の村を奪回するために攻撃するところを見せながら、両将軍に丘の上で死んでもらおうという当初の計画を放棄せざるを得なかった。それから1時間たって4時を過ぎると、両将軍のさらに短時間の出撃の用意が整った。長は「では、牛島司令官閣下、足下が暗いかもしれませんので、私、長が先に立って案内させていただくことにします」と牛島の了解を求めた。すると、牛島はいつものとおり、武人らしく悠揚迫らぬ態度で「どうぞ、そうしてください。暑くなりましたから、私はうちわをもっていくことにしましょう」といった。』(337-338頁)

《「天王山 沖縄戦原子爆弾(下)」(ジョージ・ファイファー著/小城正・訳/早川書房) 337-338頁より》

http://www.generals.dk/content/portraits/Ushijima_Mitsuru.jpg

第32軍司令官 牛島 満(うしじま・みつる)陸軍中将

Military Leaders - World War II: Pacific. Period 5 

『両将軍は立ち上がった。牛島は沖縄うちわを手にとった。その場に八原大佐の姿がないのが目立った。この冷徹な戦略家は、両将軍と最期をともにしたいと願ったが許されなかった。その代わりに、牛島と長は、軍の作戦の担当者であったこの高級参謀に、脱出して本土に帰り、アメリカ軍の戦法と技術について大本営に報告するように命じた。「貴官が死ねば、沖縄戦の実相を知っている者がいなくなる。一時の恥は忍び、それに耐えてもらいたい。これは、軍司令官としての命令だ」。長は、八原と意見が対立したこともあったが、これまでのロマンティシズムに反するような考え方で、若い参謀や参謀部付きの将校に対して、日本のためにその経験を活用するとともに、沖縄におけるゲリラ戦の指導者として活動することができなくならないように、彼らが自決を思いとどまることを切に望んだのである。それでも一部の参謀は軍司令官のもとにとどまったが、参謀部付の者を含む20数名が、すでに長の指示に従ってひそかに司令部の洞窟から脱出していた。』(337-338頁)

《「天王山 沖縄戦原子爆弾(下)」(ジョージ・ファイファー著/小城正・訳/早川書房) 337-338頁より》

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/b/ba/Cho_Isamu.jpg

第32軍参謀長 長勇(ちょう・いさむ) 陸軍中将

Isamu Chō - Wikipedia

『頭上のアメリカ軍の注意をそらす試みが行われている間に、2人の将軍は閉ざされていない、海側に面した洞窟の出入口から出た。そこは自然にできた大きな岩の裂け目だった。牛島は落ちついた態度でうちわを使いながら数ヤード歩いて、太平洋を見渡せる狭い岩棚の上に出た。この様子を目撃したある人物は後に、「死に直面していながら、2人の将軍は落ちつきはらっていた。居並ぶ部下の間を通りすぎていく両将軍の姿は、いかにも不滅の人物であるという感じを受けた」と報告している。第32軍で数少ない沖縄出身の高級将校の一人であったある少佐の義妹が、自刃の儀式に必要な白い敷布数枚と下着を用意していた。敷布のうち一枚は、岩棚に敷いた刺し子の布団の上に敷いてあった。司令部の下の方の動きを察したアメリカ軍は、これらの少数のグループの方向に向けてさらに榴弾を低く投げてきた。しかし、牛島と長はまったく意に介することなく、東の空に向かって遥拝した。ジェイムズ&ウィリアム・べローテは、このときの様子について次のように記述している。

「2人は敷布の上に太平洋に面して座った。岩棚には、北方の皇居の方向に向かって礼式を行うだけの広さがなかったからである。彼らは無言のまま、各々自分の軍服の前をくつろげて、腹部を出した。牛島中将の側には、その副官の吉野中尉が、刃の部分の半分を白い布で巻いた短刀二振りを持って立っていた。高級副官の坂口大尉は軍刀を抜いて、牛島の右側に立っていた。吉野がひと振りの短刀を牛島に渡す。すると、牛島は両手でそれを受け取り、気合一声それを腹に突き刺した。その瞬間、作法どおり、坂口の軍刀が牛島の頸部に振り下ろされてこれを切断し、牛島の体が前方に傾いて敷布の上に倒れた。次いで、長中将の番となり、同じ儀式が繰り返された。」』(338-339頁)

《「天王山 沖縄戦原子爆弾(下)」(ジョージ・ファイファー著/小城正・訳/早川書房) 338-339頁より》 

http://www.ibiblio.org/hyperwar/USA/USA-P-Okinawa/img/USA-P-Okinawa-p469b.jpg

牛島および長の両将軍が自決した89高地

The still smoldering reverse slope of Hill 89, where Generals Ushijima and Cho committed suicide.

HyperWar: US Army in WWII: Okinawa: The Last Battle [Chapter 18]

 

第32軍の動向

【投稿者注: 第32軍司令官牛島満中将と参謀長の長勇中将の最期に関しては諸説あり、また、両将軍の「自決日」に関しては、米軍側が22日未明とし、日本軍側は23日未明となっているため、当ブログでは、両日に双方の記録、証言等を掲載する。以下の6月22日の出来事に関しても、米軍側の記録では21日の出来事として記録されている内容があり、前日から既に1日の「ズレ」が生じている】

==========

軍司令部: 摩文仁(まぶに)

八原高級参謀の回想:

22日未明、第24師団司令部からの最後の下士官伝令が飛び込んできた。その報告によれば、師団司令部は、今や東、西、北の三方から近く包囲攻撃を受けているが、付近に陣する15サンチ榴弾砲が、なお活躍を続けているので、まだ当分は大丈夫だとのことである。この下士官に託された杉森参謀の私宛ての手紙は、藁半紙に鉛筆で大きな字で走り書きしたもので、「いよいよ最期も近づいてきました。参謀殿には、長らくご指導お世話になりました。今度は靖国神社でお目にかかります」とあった。…私は軍参謀の動静を簡単に記し、かつ無限の愛着をこめて、訣別の言葉を送った。そして

     砲声もやがて絶えなむ喜屋武    つわものどもの夢をのこして

の駄句をつけ加えた。伝令は22日の日没を持って、再び死地を師団司令部に向かったが、果たして無事帰還したかどうか知る由もない。』(425頁)

22日の夜が明けて間もなく、摩文仁の部落に猛烈な機関銃声が起こり、3時間ばかり続くと、はたと止んだ。松井小隊が全滅したのだ。さらば松井少尉よ!戦車の走る音が、手にとる如く聞こえ、戦車砲がわが洞窟に集中射を浴びせてくる。…正午やや前、参謀部出口で轟然数発の爆声が起こり、爆煙と土砂が身辺に吹き込んできた。出口の近くにいた数名が、どっと私の方に退る。それ!黄燐弾だと皆防毒面を装着する。よく見ると、出口の阻絶は崩れていない。敵兵の足音と、不敬な笑い声が聞こえる。私はきたな!と思ったので、「秋永中尉!ここは大丈夫だ。中央の山頂出口を固めろ!」と叫ぶ。声に応じて、秋永は駆け出した。

私が、随感手記を便所付近に落としたのを探しに行った勝山が息せき切って引き返し、報告した。「ただ今敵に山頂を占領されました。敵の爆雷が垂坑道から洞窟内に落下して爆発、参謀長室のあたりには、死傷者がいっぱい転がっています」

秋永中尉が駆け出してから、まだ10分も経たぬのに、もうやられたか。垂坑道から敵に侵入されたのでは一大事だ。まず参謀長、軍司令官がいちばん危い。そして参謀部と副官部が遮断され、参謀部の者は進退きわまる。私は蛍電灯を手にして、敵を警戒しつつ、垂坑道上り口に歩み寄った。爆煙が立ちこめ、惨として声を発する者なく、あたり一帯血なま臭い。

電灯の弱い光で点検すると、上り口の付近に10数名の将兵が折り重なって倒れている。頂上からさらに攻撃を加えられそうな気がするので、十分周囲の状況を確かめた後、意を決して死体を乗り越え参謀長室に突進する。まだ絶命していないのか、私に踏まれた兵士が痛い!と叫んだ。

参謀長室は、無残に吹きとばされていた。長将軍は憮然として、隣の牛島将軍の寝台に腰掛けておられる。避退した将兵は、両将軍を囲んで総立ちになり、 まだ衝撃から立ち直れぬ様子である。

…皆の話を総合すると、秋永中尉は山頂に達するや、直ちに数名の部下衛兵とともに榴弾を交えてことごとく殪れ、第2陣を承って駆け上がった池田少尉以下10数名は山頂に達するに先だち死傷して壕底に転落し、さらに手持ちの手榴弾が爆発して、損害を大きくしたようだ。』(427-428頁)

《「沖縄決戦 高級参謀の手記」(八原博通/中公文庫) 425、427-428頁より》

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/7/7f/%E6%91%A9%E6%96%87%E4%BB%81%E3%81%AE%E4%B8%98.JPG/1920px-%E6%91%A9%E6%96%87%E4%BB%81%E3%81%AE%E4%B8%98.JPG

摩文仁の丘

沖縄戦跡国定公園 - Wikipedia

ついに山頂は敵の有となった。敵はいつ垂坑道から侵入するかもしれぬ。唯一の残された副官部出口は、敵に海上から制されており、さらに山頂の敵から手の届くところとなった。容易に自決の日を示されなかった両将軍も、わがことすでに終われりと観ぜられたものか、今夜司令部将兵をもって山頂を奪還し、23日黎明摩文仁部落方向に玉砕突撃を敢行、牛島中将、長参謀長は山頂において自決するに決せられた

…軍司令官、参謀長の広大無辺な取り計らいで本土決戦参加の命は受けたものの、一軍の高級参謀たるものが、恩顧ある両将軍や幾万の戦友を見棄てて本土に走るのは、真に情において忍び難いところだ。…早や6月22日も夕方に近い。

参謀長は、司令部の最期を見届ける必要はない。機を失せぬうちに、早く出撃せよとしきりにすすめられたが、さすがに私もこの言には従い難く、ここに踏み止まっている。夕刻やや過ぎて、司令部衛兵の1人が泥にまみれてやって来た。彼は対戦車肉迫攻撃隊の一員として、今晩摩文仁高地東麓で、敵戦車を待ち伏せして、その2輛を爆破したが、戦友は皆死傷したという。…確報ではないが、混成旅団、軍砲兵隊の両司令部は昨夜総員斬り込みをしたという。第62師団司令部は依然頑張っているだろうか? もとより知る由もない。最後の夕飯は、暗い洞窟のそこここでいつもと変わりなくひそやかに始まっている。泥水で煮た握り飯1つ、飲む水はすでに一滴もない。』(429-430頁)

『…月未だ出ず、暗黒の谷間には濛気漂い、海上には敵哨海艇2隻が眠るが如く浮かんでいる。…攻撃の部署は、垂坑道方面はたんに監視に止め、副官部出口から電光形の道に沿うて断崖を登り山頂の敵を攻撃することに決まった。…私はこれら部隊のここ数日の間の手並みを知っているので、あまり期待はできぬと考えていた。

高級副官の命令一下、先陣を承った工兵分隊が、一名ずつ匍匐前進して闇の中に消える。…山頂に達したと思うころ、数発の銃声が起こる。数発の銃声が起こる。不思議にも、機関銃声も、手榴弾の破裂音も聞こえない。私は、敵がいつもの手を使い、夜間戦闘を避け、山頂から後退しているのではないかと判断した。

…松原少佐から、正面を避け、断崖の中腹を迂回して攻撃する旨の報告がきた。…攻撃の指揮は高級副官に任せて、洞窟内に引き返そうとすると、坂口副官に呼び止められた。彼は長さ30センチ、幅10センチの板にそれぞれ陸軍中将牛島満之墓陸軍中将長勇之墓と墨書した墓標を見せて曰く、「高級参謀殿、私はいかなることがあっても両将軍の遺骸は収容して、この墓標を建てますからご安心下さい。しかし、その他の人は、たとえ高級参謀殿でも戦死したらそのままにします」と、彼の口調はいつもの親しみがあった。

私は参謀長に、残念ながら山頂の攻略は断念のほかなき旨を報告した。将軍はすでに酒の酔いが回っているらしく、なかなかの上機嫌だ。私の報告など歯牙にもかけず、「まあ一杯飲め」と酒を勧められる。「…お前も俺も横紙破りのわがまま者だったので、苦労を重ねたあげく、今日の運命を甘受するに至った。俺は着任の当初から、決してお前をこの島では殺さぬと言っていたが、今その約束を果たし得てまんぞくだ。お前の敵線突破は必ず成功する。…」と言って、…先だつものは金だからと、百円札5枚を渡された。

夜半過ぎて、山頂奪回は断念し、両将軍は23日未明、副官出口で自決されるに決し、今両将軍ともお休み中との知らせがあった。』(431-434頁)

《「沖縄決戦 高級参謀の手記」(八原博通/中公文庫) 429-430、431-434頁より》

 

日本兵の行動

『日本軍は、すでに敗北の運命も明らかになりながら、最後の防衛線が米軍の手におちるまで、おどろくべきほどみごとに、兵の士気や軍紀を維持していた。だが、それがいったん崩壊しはじめたとなると、あたかも悪疫がひろがるようにひろがっていった。多くの兵は、すでに首里を放棄したときから、〝最後の勝利〟に対するのぞみを失い、大砲の音も、4月の轟くような大音響が、6月12日までには、早くも、消えるような、かすかな音に変わっていた。小銃の数は兵員にも足りなくなった。ある将官は、「もし手榴弾などが戦場に落ちていたら、各自、それを拾って、自分の武器とすべし」という命令さえ出した。

兵も将校も、どうしてよいかわからないほど、混乱していた。ある捕虜の話によると、兵隊が、部隊名も将校の名前も知らずに隊に入ってくることは、ごくありふれたことだったという。また別の捕虜は、医薬品の欠乏がひどく、治療も、しまいには包帯で巻くだけに止まり、いきおい負傷兵の中には、そのまま自決を遂げる者も出てくる始末だったという。

兵の半分はめくら滅法に闘い、いまや生きのびている期間も、残りすくないことがわかると強姦事件もあちこちで発生した。こういう状態は、国吉丘陵や第153高地が米軍の手におちる前にすでにあったのだが、これら両高地が陥落してからというものは、彼らは日本の作戦は、たとえどんなことがあっても、一時的にせよ成功する見込みはない、ということを認識しつつあった。

だが、こういう最悪の状況下で、将校たちは、米軍の捕虜になった死は免れぬ、と兵隊にいいきかすことによって、軍紀を維持していた。それと同時にまた、部下の兵に味方の逆上陸があるのだ空挺隊がいまにやってくる、6月の後半には、総攻撃を行うんだといいつづけていた。

この話を語りあった捕虜たちの話によると、日本軍は、まず第9師団が台湾から来るし、500機の飛行機も帝国海軍の残った艦隊とともに、総攻撃に参加するというのだった。ただこの大作戦の一つの但し書きは、もし沖縄の日本陸軍が、6月20日までに壊滅状態になったら、逆上陸は中止になり、残存部隊だけが総攻撃をはじめる、ということであった。』(503-504頁)

《「沖縄 日米最後の戦闘」(米国陸軍省編・外間正四郎訳/光人社NF文庫) 503-504頁より》

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/98-16-3.jpg

監視のもと、島の南端から列をなして進む捕虜。

POWs being marched under guard from the southern tip of the island.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

 

そのとき、住民は・・・

http://www.nhk.or.jp/okinawa/okinawasen70/picture/style/img/detail30_img.jpg

沖縄戦の絵】「家族の悲劇」

『…父、母、妹、弟とともに、西原町から沖縄本島南部へ避難した。砲火をくぐり抜け、やっとの思いで糸満市真栄平までたどり着いた時、1発の砲弾が近くでさく裂。弟は頭に破片を受け即死。父も腹部に破片が刺さり、お腹を押さえて倒れこんだ。母もけがをしたが、幼い弟を抱き上げ「アイエナー、チャースガヤー(どうしよう)」と言って泣きながら取り乱していた。弟のそばには妹が駆け寄り泣きじゃくった。…自身も破片を受け右腕が腫れて感覚が無くなっていたが、苦しむ父にしがみつき「お父ー死なんけー」と呼び続けた。父と弟を何とか近くの家に移し寝かせたが、2人は間もなく息を引き取った。父は死に際に「私に構わず早く逃げなさい。娘たちを頼む」と母に言い残し、母子3人は後ろ髪を引かれながらその場を後にした。3人はその後、糸満市の喜屋武岬付近で米軍の捕虜となった。父と弟が亡くなったのは昭和20年6月22日、日本軍の組織的な戦闘が終わる前日のことであった。』

家族の悲劇 | 沖縄戦の絵 | 沖縄戦70年 語り継ぐ 未来へ | NHK 沖縄放送局

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

 

琉球朝日放送 報道制作部 ニュースQプラス » 65年前のきょうは1945年6月22日(金)