1945年 5月7日 『収容所の青空学校』

 南進する米軍

5月7日、米第24軍団長のホッジ少将は、第10軍の共同作戦の予備作戦として、進撃を続行し8日の夕暮れまでには安謝ー沢岻ー我謝の線を確保せよ、との命令を下した。』(324頁)

《「沖縄 日米最後の戦闘」(米国陸軍省編・外間正四郎訳/光人社NF文庫) 324頁より》

http://www.ibiblio.org/hyperwar/USA/USA-P-Okinawa/maps/USA-P-Okinawa-39.jpg

米軍進撃図(1945年5月3日〜10日)

HyperWar: US Army in WWII: Okinawa: The Last Battle [Chapter 12]

 

部隊交替と海兵隊の南下: 第6海兵師団

『第22海兵連隊は一足先に展開していた第1海兵師団第7海兵連隊と交代で、安謝川を望むことができる高い絶壁の上へ移動した。』(55頁)

《「沖縄 シュガーローフの戦い 米海兵隊 地獄の7日間」(ジェームス・H・ハラス/猿渡青児・訳/光人社NF庫) 55頁より》

 

屋富祖(やふそ)・勢理客(じっちゃく)

『第2大隊は、60高地に対して二度目の攻撃を試みたが、これも前日と同じく失敗だった。米軍はこの攻撃で野砲4個大隊や艦砲射撃、81ミリ、61ミリ迫撃砲で集中砲撃をくわえたが、それでも頂上の海兵隊を、日本軍の集中砲火のもとから救うことはできなかった。米軍は一度、陣地を奪われ、また奪い返した。こうして、はげしい争奪戦がくりかえされたが、ついにナン高地反対側の丘腹から撃ちつづけてくる日本軍の猛砲火が決定的要因となって、海兵隊は8名の戦死、37名の負傷者を出して、午後5時引き揚げざるを得なかった。』(327-328頁)

《「沖縄 日米最後の戦闘」(米国陸軍省編・外間正四郎訳/光人社NF文庫) 327-328頁より》

http://www.ibiblio.org/hyperwar/USA/USA-P-Okinawa/img/USA-P-Okinawa-p305b.jpg

60高地の戦闘

ATTACKS ON HILL 60 by marines developed into a tank, flame, and demolitions battle. Marines await result of a blasting charge, prepared to pick off any Japanese who might attempt escape.

HyperWar: US Army in WWII: Okinawa: The Last Battle [Chapter 12]

 

幸地(こうち)

『ここでは第7師団は、軍団長から、もっと強烈な攻撃をしろ、ときびしい命令をうけていた。そこで、副師団長のジョセフ・L・レディ准将は、第17連隊長のバッチラー大佐に、7日にゼブラ高地を攻略せよ、との命令を下した。

…第3大隊では、戦車隊と歩兵との共同作戦で、…幸地村落めざして突進した。目標はゼブラ高地と幸地丘陵のあいだにある道路の切り通しに構えている日本軍陣地であった。

…米軍歩兵は前進すると同時に、猛烈な砲火に見舞われて、進撃を阻止された。だが、戦車隊が、まず〝切り通し〟西側から村落に突っ込み、つづいて歩兵も支援砲撃のゆるむのを待って、村落にはいっていった。日本軍の陣地は、〝切り通し〟北側の洞窟だった。この洞窟陣地は、丘陵の第4陣地をひかえ、また道路の両脇が削りとったような壁になっていたので、ほとんど近づくことさえも許されなかった。

火炎砲戦車は火を吐き、弾丸を撃ち込んだ。それから弾薬補給に引き返そうとするところを、丘陵第4陣地から日本軍の猛烈な砲火をうけた。ここで昼過ぎまで砲撃戦が展開されたが、ついに第3大隊は退却せざるをえなくなった。

7日の午後になって、雨が降りはじめた。雨は翌日まで降りつづいたが、第17連隊の兵士は疲労していたにもかかわらず、意気軒昂、攻撃の手をゆるめようともしなかった。』(330-331頁)

《「沖縄 日米最後の戦闘」(米国陸軍省編・外間正四郎訳/光人社NF文庫) 330-331頁より》

 

棚原(たなばる)

『…F中隊は棚原高地を迫撃砲で砲撃してから、西部から攻め立て、すばやく頂上を占領した。丘の上の塹壕には、日本軍の死体が散乱し、その多くは米軍の81ミリ迫撃砲でやられたものであった。丘の上で発見された日米両軍の武器量を見て、日本軍が、なぜこうも頑強に戦えたかということが、よくわかった。放棄された彼らの兵器のなかには、75ミリ迫撃砲とその弾薬、重機2梃軽機6梃、その他の砲2門、地雷3個、その他、多量の弾薬があった。

このほかに、日本軍は捕獲した米軍兵器も使用していた。軽機1梃、ブローニング自動小銃2梃、カービン銃3梃、トミーガン3梃が発見された。棚原高地での3日間の戦闘で、日本軍の戦死者は462名をかぞえ、そのほとんどは、丘腹でやられ、また残りは、前線を後退しようとするところをやられたのである。』(320-321頁)

320頁)

《「沖縄 日米最後の戦闘」(米国陸軍省編・外間正四郎訳/光人社NF文庫) 320-321頁より》 

http://www.ibiblio.org/hyperwar/USA/USA-P-Okinawa/img/USA-P-Okinawa-p298b.jpg

米軍が再び占領した棚原高地 (北西斜面)

The north and west sides of the escarpment, where Company F, 17th, regained the hill 7 May.

HyperWar: US Army in WWII: Okinawa: The Last Battle [Chapter 12]

 

我謝(がじゃ)

『米第7師団の第184歩兵連隊は、…西原村我謝丘陵を…5月7日にきわめて簡単に占領した。

約1小隊の偵察隊が、まず我謝のほうに沿って、あちこち確かめたのち、第3大隊の歩兵が、小那覇の南西にある平坦地に隊形をとって進撃し、1時間後には、丘陵に沿って散兵線をしいた。この米軍のあまりの進撃ぶりの速さに、日本軍は驚いたが、野砲を2、3発むくいただけで、別に小銃や機関銃で応戦するということもなかった。』(329頁)

《「沖縄 日米最後の戦闘」(米国陸軍省編・外間正四郎訳/光人社NF文庫) 329頁より》

 

 

第32軍の動向

東部〜中央戦線

棚原(たなばる)高地から退却: 歩兵第32連隊第1大隊(大隊長・伊東孝一大尉)

7日午前3時、伊東大隊は第1中隊を先頭に前進を開始した。多くの負傷者が続く。…第1中隊は114高地の東裾の敵に突っ込み、ぐんぐん進んで姿が見えなくなった。…追いつこうとすると、突如、前方数十メートルから曳光弾が飛んできた。…曳光弾は右に左にと1メートルの間も置かずに着弾する。…敵の曳光弾がしばしやんだので、伊東は部下を少し後退させて溝に入れた。溝にそって移動すると、その音を頼りに米軍は撃ってくる。曳光弾で付近の枯草が燃えて周囲を照らし、前進は困難になった。さらに移動を続けると、溝は東に曲がって南に下がる術がない。ぐずぐずすれば夜が明けてしまう。(強行突破も止むなしか) …大胆にも樹木の影の中に立って敵前を歩き出した。…掩護物なしで伊東たちは敵前を通り抜けた。…伊東大隊はともかく120高地東側谷地を突破して、146高地南300メートルに位置する歩兵第22聨隊の第一線後方に帰還した。先に敵中へ突入して連絡が途絶えていた第1中隊も無事に帰還していた。』(199-203頁)

《「沖縄戦 二十四歳の大隊長 陸軍大尉 伊東孝一の闘い」(笹幸枝/Gakken) 199-203頁より》

 

軍司令部

部隊再編・再配置

『牛島中将に課された任務は、いまやいかにして首里防衛線を張り、そのためには、いかにして前線に十分な戦闘力をもった部隊を配置するかということであった。ところが、正規の歩兵では足りない。中将は、5月7日、歩兵以外の兵種の部隊も、歩兵として使用することにした。他の兵種を正規の歩兵と一緒にすることによって、最高の効果をねらったのだ。そして、命令が出された。

兵は10名のうち1名だけが軍務につき、他の9名は対戦車訓練に、没頭すべし」と。

日本兵の慎重さは、さんざんにやられた第24師団の第32連隊を再編するとき、もっともよく現れた。連隊本部は捜索第24連隊から5名をとり、第1大隊は残存兵に加えて、第2大隊の生き残り全員と第7船舶から20名、捜索第24連隊から90名、船舶工兵第26連隊から9名というぐあいに兵をあつめた。一方、第2大隊は、全面的に独立歩兵第29大隊と他の部隊で再編され、第3大隊も第1大隊と同じような方法で再編された。

こうして各部隊をかき集め、結合することによって、陸軍第32軍は、たとえその構成軍の元の部隊は、あるいは全滅し、あるいは兵力半減したとはいえ、沖縄の守備軍としての戦闘能力は、維持することができたのだ。…日本軍の再編された戦線はだいたい次のようになっていた。

東方では、独立2個大隊をふくんだ第24師団が、第89連隊を東側に、第22連隊を中央に、そして、第32連隊を西にして、首里までの戦線を張っていた。

痛撃をうけた第62師団の残存部隊は、首里の北からほとんど西海岸におよぶ戦線の3分の1をしめていた。

安謝川付近には、河口に沿って、独立混成第44旅団の1個大隊が守っていた。』(324-325頁)

《「沖縄 日米最後の戦闘」(米国陸軍省編・外間正四郎訳/光人社NF文庫) 324-325頁より》

 

 

そのとき、住民は・・・

石川学園: 収容所の青空学校

米軍は、戦前は一農村だった美里村石川(当時)に収容所を設けた。

『第六海兵師団は、四月三日に石川地峡に到達、四月四日には東恩納も確保した。美里村石川に住民が収容されたのは四月三日頃のことで、『石川市史』には次のように記されている。
 米軍は石川を避難民収容となし、読谷、北谷方面その他の避難民を続々と収容し始めた。しかし部落内の人はほとんど石川岳の奥の谷間俗称カーラン小に避難していたから避難民収容所になっていることも知らず、たまたま食糧を取りに来てみると我が家は見ず知らずの難民に占拠されている。(途中省略)難民収容所となった石川は安全地帯として続々避難民が送り込まれてきて、たちまちのうちに万余の人口となった。一番多いのは那覇、読谷、北谷方面の人であった。(『石川市史 改訂版』、八二八頁)』(読谷村史)

読谷村史 「戦時記録」下巻 第四章 米軍上陸後の収容所

数万人が収容されたことで、子ども達の扱いには策を講じる必要があった。そのため米軍は、収容された教育者や教育経験者たちに学校の設置を命じた。

『1945年5月。アメリカ軍の上陸からおよそ一か月、このときすでに本島中北部各地にはアメリカ軍による戦争難民収容所が作られていました。そのうち、石川地区の収容所ではきょう5月7日、子どもたちを集めて初等教育が始まりました。

うるま市の城前小学校に残る教育発祥の地の石碑には「校舎はおろか、机や腰かけ、教科書もない青空教室で子どもたちは砂の上に指で文字を書き勉強を始めた」と当時の様子が記されています。

浦添から那覇と、南部一帯では日本の勝利を信じ続ける住民と最後の抵抗を続ける日本軍が泥沼の戦いに突き進む中、アメリカ軍はすでに戦後を見越し、子どもたちへの教育を開始していたのです。』(琉球朝日放送)

http://www.qab.co.jp/01nw/images2/10-05-07-1945.jpg

琉球朝日放送 報道制作部 ニュースQプラス » 65年前のきょうは1945年5月7日

石川学園の校長となった山内繁茂氏の証言:

『「…収容所内では多勢の子どもの扱いにみんなが手を焼いていた。うえた子供たちは、ギブミー・ガムと叫んで米兵にたかる。しかも、車がとまるごとに車にもたかる。事故が心配のタネだった。ミシガン州出身の製粉会社の社長だというアーレン大尉が二世の小谷通訳を通じて「子どもを管理してくれないか」と申し入れてきた。私は子どもの姿を見るにつけ、何とかしなければならないと考えていたが、言下にことわった」

「私のことわった理由は、私は子どもの教育者であっても、子どもの管理人ではない、というにある。アーレンはさすが社長さんだけあってものわかりがよく、すべてをまかせると率直だった。ほんとのところは、米軍が行動するのに子どもがウロチョロして、死傷事故でも起こしたらめんどうと考えたのだろう。これも、実務家としての社長らしいところだ」

「教員の身分を隠す人が多かったときだから、先生になりてがなくて困った。そこで教員の経験がある私と妻と長女に加えて甥も仲間入りさせ、400人の子どもを集めた5月7日が開校だ

「…先生の数も少しずつふえて行った。アーレン大尉が一切干渉しなかったのはさすがだった。だが、元気のいい先生がいて、子どもたちを号令一下、一糸乱れず動かしていた。これを遠くから双眼鏡で監視していたMPが文句をつけてきた。さすがのアーレンもこれには弱ったらしくて、「これはやめてくれ」といってきた。それからもうひとつ、こういうことがあった。明治天皇の御製「あさみどりすみわたりたる大空の広さをおのが心ともがな」を毎日朗誦していた。「あれは何だ」「えらい人の御製だ」「御製て何だ?」「えらい人の立派な詩作品だ」「えらい人ってのはだれだ?」「明治天皇」「そいつは困る。やめてくれ」。こんなわけで、やめたのはこの二点だけだった。」

「これが戦後沖縄教育の原点といわれる、石川学園のはじまりです」

「…みんなの子をみんなで育てようと思って一生懸命だった。文字通りの青空学校だったが、校舎も手づくりでつくった。二間×三間の一棟二戸という規格住宅もつくった。もちろんかやぶきだ、紙やエンピツがないから、地面に数字や絵をかいた。すべて手づくりだった。生徒はふえるばかり、先生60人生徒4000人にのぼった。10月、石川学園を三分した。伊波城跡の城前初等学校(小学校)、旧石川之宮の近くの宮森初等学校、石川高等学校(中学校)がそれだ。宮、城の文字をふくませたのは、宮城=皇居という考えをしのばせたものだ」』(36-37頁)

《「沖縄・八十四日の戦い」(榊原昭二/新潮社版) 36-37頁より》

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/122339.jpg

石川の運動場にいる子供と先生

Children and school teacher in the playground at Ishikawa.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

www.qab.co.jp

 

ryukyushimpo.jp