慶良間列島

1945年3月31日『沖縄島上陸・前夜』

沖縄本島上陸・前夜 空爆と艦砲射撃 『3月31日の午後までにブランディ提督は、那覇地区の一部危険と思われる陣地を除いて「準備は十分である」との報告をすることができた。日本軍の海岸砲は、米艦隊の艦砲射撃中はまったく鳴りをひそめていて砲口を開かなか…

1945年 3月29日『慶良間列島、死の島と化し米軍の海軍基地となる』

空爆 / 艦砲射撃 /掃海 沖縄本島 『3月29日、艦載機は沖縄の飛行場を襲い、日本機27機を撃破し、推定24機をさらに破損させた。この期間に地上で撃破された日本機は合計80機に達した。そのほか、小型船舶、木造船も襲撃され、少なくとも8隻の日本潜水艦を運…

1945年 3月28日『慶良間の住民が集団自決』

米軍の慶良間列島侵攻: 3日目 阿嘉島(あかじま) 『3月28日: 日本軍による夜間(前夜)の活動なし。ただし、米軍の陣地に侵入しようとした日本兵1人が射殺された。日本兵の掃討や施設の破壊を命令された各中隊は、その日の掃討作戦を島の全域に拡大したが、日…

1945年 3月27日『米軍、慶良間列島を次々と制圧』

米軍、慶良間列島を次々と制圧: 侵攻2日目 3月27日午前9時11分、米軍は『慶良間で一番大きな渡嘉敷島に上陸し二日間かかって同島を制圧』、同じ日に『久場島、安室島、阿波連島を攻略』した。(18、20頁) 《写真記録「これが沖縄戦だ」(大田昌秀 編著/琉球新…

1945年 3月26日 『米軍、慶良間列島に上陸』

住民を巻き込んだ地上戦の始まり 米軍の慶良間(けらま)攻略 慶良間列島攻略の理由 『沖縄戦は昭和20年3月26日、A.D. ブルース少将の率いる米第77歩兵師団の慶良間列島上陸で幕が切って落とされた。慶良間攻略のねらいは、つぎに来るべき沖縄本島上陸作戦にそ…

1945年 3月25日『慶良間列島への上陸作戦前夜』

1945年(昭和20) 3月25日は、 日本で唯一の「住民を巻き込んだ地上戦」が沖縄で始まる前夜だった。 空爆 / 艦砲射撃 / 掃海 慶良間列島 『米軍は1945年3月23日の空襲開始に続き3月25日、慶良間諸島に上陸前段の大規模な艦砲射撃をした。』(85頁) 《「沖縄 戦…

1945年 3月23日『米軍による沖縄攻略戦の開始』

沖縄全域の空爆が開始される 1945年3月1日以降、途絶えていた米軍の空爆が再び始まった。 『1945年3月23日、沖縄本島は朝から夕方まで延べ355機の艦載機による空襲を受けました。米軍による沖縄攻略戦の開始でした。』 特集 沖縄戦クロニクル ~その時何が起…