〜シリーズ沖縄戦〜

Produced by Osprey Fuan Club

1945年 8月22日 『投降の条件』

 

米軍の動向

掃討戦

f:id:neverforget1945:20190808081032p:plain

《AIによるカラー処理》Men of 27th Div. in mop-up campaign on island.
第27師団による沖縄本島での掃討作戦
撮影地: 安田 1945年 8月

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

f:id:neverforget1945:20190808081438p:plain

 《AIによるカラー処理》 Men of 27th Div. in mop-up campaign on island.
第27師団による沖縄本島での掃討作戦
撮影地: 安田 (1945年 8月)

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

f:id:neverforget1945:20190822044932p:plain

Men of 27th Div. in mop-up campaign on island.
第27師団による沖縄本島での掃討作戦
撮影地: 安田 (1945年 8月)

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

第32軍の敗残兵

国吉: 歩兵第32連隊第1大隊(大隊長・伊東孝一大尉)

十八日の昼間、敵の小型機が飛来して伊東大隊の陣地の上に紙片を無数にばらまいた。珍しくパトロールの米兵はいない。紙片を手に取ってみると、それは宣伝文で、次のような内容だった。「日本の天皇陛下は皇室の安泰だけを求め、無条件降伏を受諾した。日本軍は武器を捨てて湊川方面に投降してこい」にわかには信じられなかった。もとよりこんな敵の宣伝に踊らされてはならない。伊東はそう自戒しながらも、十四日夜以降の様子から、何か大きな変化があったのではないかと感じないではいられなかった。それでも、伊東たちは変わらぬ日夜を過ごしていた。

そして── ついに伊東にとって生涯忘れることのできない、八月二十二日がやってきた。この日の昼間、大隊本部の壕の入口で何やら叫び声がした。「大隊長殿と言っているようです」傍らにいた樫木副官が言う。耳を澄ますと、確かに甲高い声で何者かが伊東を呼んでいる。(敵か、味方か)こんな昼間に友軍がぶらぶらしているわけがない。そのうち、五月に大隊に配属になった輜重兵の近沢伍長ではないかと誰かが言いだした。なるほど近沢の声だった。

「自分は島の南端の摩文仁で十七、十八日頃、米軍の宣伝で日本の敗戦を知り、投降しました」近沢はそう答えてから言葉をあらためて言った。「大隊長殿のことを思い出し、日本の降伏を早くお知らせしたいと、やって来ました」「…………」次いで切り出しにくそうに言葉をつないだ。「じつは米軍の将校が来ています。会ってください」「会おう」伊東は躊躇なく応じた。

《「沖縄戦 二十四歳の大隊長 陸軍大尉 伊東孝一の戦い」(笹 幸恵/Gakken) 253-277頁 より抜粋、一部要約》

 

阿嘉島(あかじま): 海上挺進第2戦隊(戦隊長: 野田義彦少佐/阿嘉島慶留間島)

米軍は慶良間諸島の島々に潜む日本兵に投降するよう呼びかけていたが、なかなか成果をあげることができないでいた。そこで、既に捕虜となった日本兵らを使い、投降を呼びかけることにした。そこで、偽の上官からの「命令書」を作成し、投降する名分を与えることにした。

8月22日午前

野田隊長は150人の部下と共に山を下りた。島は一木一草焼失し、白い岩肌を剥きだして殺風景な島に変わり果てていた。ただ、青い海と白砂だけが昔のままだった。白砂の海岸に着くと、そこにはアメリカ軍を代表してジュリアン・G・ハーン大佐以下数十人のアメリカ兵が待っていた。

午前10時、阿嘉島の降伏調印式が始まった。阿嘉島守備隊が軍刀武器を引き渡した。沖には数隻のアメリカ軍艦が浮かび、空には航空機が編隊を成して飛び、阿嘉島の戦争終結を祝った。

守備隊の投降に続いて、多数の住民が投降してきた。38人の住民が担架で運ばれてきた。阿嘉島の長い、長い戦争は終わった。』(29頁)

《「沖縄戦トップシークレット」(上原正稔/沖縄タイムス社) 29頁より》

 

f:id:neverforget1945:20190822051818p:plain

Japs that surrendered at Kerama Retto, Ryukyu Islands.Japs squatting under Marine guard on the flight deck of a Navy carrier. Squatting down on the deck.
【和訳】 慶良間列島で投降した日本兵。しゃがんでいる兵士達は、海軍空母の飛行甲板で海兵隊員の監視下におかれている。
撮影地: 慶良間列島 (日時場所とも記入なし)

 

アブチラガマで生き残った7名の傷病兵

5月25日の撤退以降、ガマの中に置き去りにされた百数十名の傷病兵のうち、生き残った7名が避難民と一緒に出て米軍に収容された。

数名の日本兵が、突然、抜け穴から入ってきて、一同を驚かせた。さらに、その言葉に我々は呆然とした。「日本は戦争をやめた。兵隊は、全部、家へ帰ることができる」と言った。いも畑に残された足跡から、ここを発見し、呼びに来たと言うが、「そのようなばかげたことは、絶対ない」と一同は、頑として信じない。「一度、外に出て話を聞け」と詰め寄られ、思案の末、私が代表として単身、様子を見に行くことに決定した。間違って捕虜になった場合にはと、手榴弾を二個ふところに隠し、この人達の後からガマを出た。その時の気持ちは、決死の覚悟であった。これまでの苦労が水の泡に帰すかもしれぬと、危機感さえ感じた。
幾月ぶりかで、昼間青空の下に立ってみて、ギラギラ光る太陽を仰ぎ、緑なす山々を眺めたとき、それは、初めてカラー映画を見たときよりも美しく、鮮かさには感嘆の声も出ず、ただ目をみはるばかりであった。自然の緑が、これほどまでに印象的であったのは、生涯でこの時だけであろう。ここに至っては、どのような条件下でも良い。死ぬまでこの光の中で生きたいと、一刻も早く、ガマから出たくなり、早速引き返し一同に伝えた。通訳を通して、「皆、揃って出ます」と、直ちに、狭い入り口から光の中に、出ていった。長い光のない生活からようやく解放されたよろこびは、その後に、どのような事態が待ち受けようと問題ではなく、青白くふやけた顔のどれにも一度に生気が溢れていた。最後に歩けぬ者を背負ってガマをはい出す時の私は、感無量の涙があふれて止めようもなかった。

日比野勝廣さんの証言 | 糸数アブチラガマ

 

捕虜になった日本兵

f:id:neverforget1945:20190808072026p:plain

《AIによるカラー処理》JAP OFFICERS SURRENDER AT OKINAWA: A First Marine Div. officer interrogates Jap officers (Major) left, and second Lt. who surrendered recently at Okinawa. The officers identified themselves as Major Yoshikaki Masai and Second Lt. Sadami Ishido. The two reluctantly surrendered after hearing a Japanese language broadcast from Radio Tokyo which convinced them that the Emperor had ordered his forces to lay down their arms. The Major had charge of fortifying Okinawa's intricate southern defenses before the American invasion. He later was present when the commanding general and chief of staff of the Jap 32nd Army committed hari kari[hara kiri] in the campaign's final, bitter days. For 53 days the two officers hid in caves by day and traveled by night, subsisting on raw potatoes and grass.

投降したばかりの日本軍少佐(左)と少尉の二人に尋問する海兵隊第1師団将校。マサイヨシカキ少佐、イシドサダミ少尉と名乗る二人は、天皇による「武器を下ろして降伏せよ」というラジオ東京の日本語放送を聞いてしぶしぶ降伏を決めた。少佐は米軍侵攻前に沖縄での防衛強化を監督していたが、戦闘の最後の激しい攻防の中、日本陸軍第32軍の指揮官と参謀長が「ハラキリ」を行ったときに居合わせた。 53日もの間この二人は生イモや草を食べながら昼は洞穴に身を潜め、夜になって移動するという生活を続けていた。 沖縄。(1945年8月撮影)

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

f:id:neverforget1945:20190808083354p:plain

《AIによるカラー処理》SEARCH THEM ALL-- Marines leave nothing to chance as they take Japanese prisoner on Okinawa. They search all of them thoroughly for hidden weapons before taking them back to the stockade.

徹底検査--海兵隊員が日本兵を連行する際には万全を期す。収容所へ連行する前に、武器を隠し持っていないか徹底的に調べ上げる。
撮影地: 1945年

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

そのとき、住民は・・・

収容所生活

f:id:neverforget1945:20190808082617p:plain

《AIによるカラー処理》Civilian stockade on Okinawa in Ryukyus.
沖縄の民間人収容所。

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

f:id:neverforget1945:20190822050703p:plain

In the village of Taira on Okinawa, Ryukyu Islands, captured Jap civilians are constructing a stockade for US Navy Military Government compound to be used for the Jap prisoners of war.
捕えられた民間人が、米海軍軍政府の収容所内に日本兵捕虜用の営倉を建設している様子。沖縄本島田井等の村にて。
撮影地: 名護市田井等

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■