〜シリーズ沖縄戦〜

Produced by Osprey Fuan Club

1945年8月9日 『地獄と化した長崎』

米軍、長崎に原子爆弾を投下する

ボックスカーの目的地 - 小倉か長崎か

ボックスカーは日本軍がテニアン島に建設したウシ飛行場から飛び立った。

8月9日の午前2時すぎ、原爆搭載機ボックスカー(B29)が、テニアン島のノース・フィールド飛行場を発進した。同機は北へ進路をとり硫黄島上空へ。硫黄島から進路を西にとり、屋久島上空へ到達した。そこで、気象観測機・撮影機と待ち合わせ、第一攻撃目標の北九州の小倉へ向けて九州の東海岸を進んだ。午前9時ごろ、上空を旋回したが雲におおわれて「目視攻撃」ができず、10時33分、第二攻撃目標に指定された長崎へ向かった。

読谷村史 「戦時記録」上巻 第一章 太平洋戦争

原子爆弾を搭載した「ボックスカー」が日本へ向かっている様子

Bockscar Archives - This Day in Aviation

10時58分、長崎上空に到達、長崎市に原爆を投下した。

11時2分に原爆が炸裂して長崎市は火の海となった。』

読谷村史 「戦時記録」上巻 第一章 太平洋戦争

 

米軍が広島・長崎に投下する原子爆弾を準備する様子

This silent footage, in both color and black and white, shows the preparation of the “Little Boy” and “Fat Man” atomic bombs on Tinian Island. It includes the takeoff and return of the Enola Gay, which dropped "Little Boy" on Hiroshima on August 6, 1945. The footage also depicts the mushroom cloud above Nagasaki.

Bombings of Hiroshima and Nagasaki - 1945 | Atomic Heritage Foundation

f:id:neverforget1945:20200808100600p:plain1945年8月9日。長崎に投下されたプルトニウム型原爆「ファットマン」は、一瞬にして多くの命を奪った。人々はその後、どう生きたのか。

あの日、長崎で奪われたもの。原爆投下直後の貴重な写真 Buzzfeed Japan

 

帰路で読谷飛行場に緊急着陸

ボックスカーは日本軍が沖縄島に建設した北飛行場 (読谷飛行場) に緊急着陸した。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/1/1a/Atomic_bomb_1945_mission_map.svg/1459px-Atomic_bomb_1945_mission_map.svg.png

The mission runs of August 6 and 9, with Hiroshima, Nagasaki, and Kokura (the original target for August 9) displayed.

Atomic bombings of Hiroshima and Nagasaki - Wikipedia

9時間以上も飛び続けた同機は燃料ぎれとなり、沖縄読谷山の飛行場に着陸した。ときに午後1時であった。読谷山の飛行場で燃料を補給し、小休止をしたボックスカーは、22時55分にテニアン島に帰着している。基地沖縄の戦略的な位置を明示する事例といえよう。

読谷村史 「戦時記録」上巻 第一章 太平洋戦争

機密の任務

f:id:neverforget1945:20190804100009p:plain
原爆を落としたのはB29「ボックスカー」。爆撃の第1目標・小倉が厚い雲に覆われていたため、3度試みたあと小倉への投下をやめ、第2目標の長崎に投下したのです。その結果、帰還予定のテニアンまでの燃料がなくなり、沖縄の読谷飛行場に緊急着陸することを決定。燃料は沖縄まで持つかもわからない状況でした。地上との無線もつながらないまま、すでに読谷飛行場が目の前に。

ボックスカーの副操縦士、オリビーは彼の手記にこう記しています。「突然、指揮官のスウィーニーが叫んだ。『オリビー、火炎信号を発射しろ!降りるぞ!』」オリビーは何発も火炎信号を発射し、緊急事態を地上に報せました。そして午後1時半、着陸。「滑走路は3分の1くらい過ぎていた。機体は左に傾いていた。スウィーニーがブレーキをかけると同時にプロペラを逆回転させた。」機体は滑走路を外れて誘導路でようやく停止。

「機体を離れる直前、スウィーニーが言った。『我々がどこから来たか、何をしてきたか、一切話すな。ここの者は何も知るべきではない』と」

アメリカ軍の最悪の任務の最後に沖縄の地は使われたのです。その後、燃料を補給した機体は午後5時半すぎ、テニアンに向けて離陸しました。

65年前のきょうは1945年8月9日(木) – QAB NEWS Headline

8月9日に読谷で撮影されている同型機の記録写真。

f:id:neverforget1945:20210809112953p:plain

マリアナ諸島にある基地に帰るため読谷飛行場から離陸したボーイングB-29スーパーフォートレス。この機は日本を空襲中に損害を受け、読谷に着陸せざるを得なかった。(1945年8月9日撮影)

Boeing B-29 ”Superfortress” taking off from Yontan Airstrip, Okinawa, Ryukyu Retto, on return trip to its base in the Marianas. This plane landed at Yontan after being forced down by damage in a raid somewhere over Japan.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

f:id:neverforget1945:20200808101658p:plain

浦上天主堂の近くの何もかも無くなった自宅跡で、築地さんはしばらくの間、拾ったトタンを石垣に載せて屋根にして寝起きし、後片付けをした。

半世紀後に描いた天主堂 絵の語り部 築地重信さん - 朝日新聞社

 

米軍の動向

空爆

f:id:neverforget1945:20200808103235p:plain

《註・AIによるカラー化では火焔の色彩が再現されていません》Lt. (jg) Howe, bombing Yonakuni Island off Formosa.

ハウ中尉による、台湾の近くにある与那国島への爆撃。(1945年8月9日撮影)

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

〝沖縄〟という米軍基地の建設

f:id:neverforget1945:20210728095809p:plain

嘉手納基地

f:id:neverforget1945:20210809104953p:plain

《AIによるカラー処理》8th Air Force Headquarters Area located near Kadena Strip #1, and site of Lt. General Doolittle's Office. It was from here that Boeing B-29 ”Superfortresses” operated in the bombing of Japan.

嘉手納第1滑走路近くの第8空軍司令部地区とドゥーリトル中将の事務所。日本への爆撃任務についたボーイングB-29スーパーフォートレスはここから飛び立った。(1945年8月9日撮影)

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

読谷飛行場

続々とシービーズ (建設大隊) によって基地建設が進められる。

f:id:neverforget1945:20200808103559p:plain

バトラー格納庫を建設中の第130NCBS。ノース・ウェスト・クレーンによってトラスが組み合わされる。完成した格納庫は読谷飛行場の第7空軍によって使用される。(1945年8月9日撮影)

Butler hangar being constructed by the 130th NCBS. A northwest crane carrying a quarter section truss to assemble to truss already in place which is known as “steel meets steel“. This hangar was completed for use by the 7th Air Force on Yontan Strip. Okinawa, Ryukyu Retto.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

f:id:neverforget1945:20210809105131p:plain

The machine shop of the 613th Air Engineer Squadron was set up in “quonset huts“ on Yontan Airstrip to do work for the 7th Air Force. At the right (foreground) is a lathe of Japanese make; the other two in background are of American manufacture. Okinawa, Ryukyu Retto.

第7空軍のために読谷飛行場のコンセット小屋に設けられた第613航空工兵中隊の機械工場。手前右は日本製旋盤。後方の二つはアメリカ製家具。(1945年8月9日撮影)

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

泡瀬飛行場

f:id:neverforget1945:20200808104149p:plain

泡瀬飛行場に隣接する野営地。(1945年8月9日撮影)

Bivouac area adjacent to Awase Airfield, Okinawa.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

f:id:neverforget1945:20200808104327p:plain

泡瀬飛行場に隣接する野営地。(1945年8月9日撮影)

Bivouac area adjacent to Awase Airfield, Okinawa.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

娯楽施設: 民家が接収され、そのまま米軍施設になった。

f:id:neverforget1945:20200808104102p:plain

沖縄の後方支援大隊。任務で最初に亡くなった兵士にちなむ名前が付けられた娯楽場。(1945年8月9日撮影)

Logistics support company on Okinawa. Recreation hall named after first man to die in line of duty.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

米報道陣の沖縄訪問

f:id:neverforget1945:20200808104529p:plain

沖縄について話し合っている新聞記者と軍関係者。左からミネアポリス・スター紙のコウルズ氏、ドリトル中将、シカゴ・デイリー・ニュースのナイト氏、副司令官のパートリッジ将軍。(1945年8月9日撮影)

Confering on Okinawa are a group of newspaper publishers and military officials. They are l. to r., Mr. John Cowles, Minneapolis Star;  Mr. J. O. Adler, New York Times; Lt. Gen. J. Doolittle; Mr. John Knight, Chicago Daily News; and General Early Partridge, Deputy Command General.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

f:id:neverforget1945:20190804092857p:plain

自決した第32軍司令官牛島中将と長参謀長の墓標の側に立つ沖縄訪問中の三人の新聞記者。写真はシカゴ・デイリー・ニュース紙のナイト氏、ミネアポリス・スター紙のコウルズ氏、ニューヨーク・タイムズ紙のアドラー氏。(1945年8月9日撮影)

Three newspaper publishers, visiting Okinawa, stand beside the graves of two Japanese Generals who committed Hara Kiri. They are Mr. John Knight, Chidago Dairy News; Mr. John Cowles, Minneapolis Star; and Mr. J. O. Adler, New York Times.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

そのとき、住民は・・・

沖縄の被爆者 - 幾重にも折り重なる痛み

沖縄には適用されない被爆者健康手帳

57年施行の旧原爆医療法で被爆者健康手帳の交付が始まったが、沖縄は当初適用されなかった。沖縄の被爆が明らかになったのは63年石垣島の女性が名乗り出たことがきっかけ。67年手帳交付が始まった。この頃までに30人余りが「難病」とされて、亡くなったという。2012年7月時点の手帳所持者は208人。

(2012-08-02 朝日新聞 朝刊 3社会)

米国民政府の圧力

「沖縄には被爆者はいない」。米国民政府と琉球政府は一貫してこう表明してきた。54年に久米島で男性が髪の毛が抜けるという原爆症特有の症状を伴い死亡。60年にはやはり久米島で男性が同様の症状で死亡している。琉球政府は調査団を派遣したが、専門医のいない調査であいまいなまま打ち切っている。

被爆者不在の根拠が崩れたのは63年。八重山地区をオルグしていた沖縄原水協石垣市に住む故佐久川ツルさんから訴えを受けた。佐久川さんは広島陸軍病院の看護婦だった。当時の沖縄原水協事務局長、大島修さん (65) =石垣市登野城=は「昼食で寄ったソバ屋に佐久川さんがいた。『めまいや貧血がひどく原爆と関係があるのでは』と聞く。思わず声を上げましたよ。やっと手がかりをつかんだと」と回想する。

大島さんは早速、琉球政府に援護措置を要求するが、政府は逆に原水協に詳細な調査を要求する始末だった。それでも78人の被爆者の存在が確認された。この結果を直接日本政府に訴えるため大島さんは、観光と偽って本土に渡った。

米軍の圧力はものすごかった。家にも脅迫めいた電話はかかる。おいが政府に就職するという時期で『手を引けば採用してやる』などとさまざまな圧力があった」と大島さんは明かす。そんな困難を経て衆議院外務委員会で取り上げられたのは64年。19年目にして沖縄の被爆者は日の目をみた。

原爆医療法が施行されたのは57年である。しかし、米軍施政下の沖縄では適用されず、しかも健康保険制度もないダブルパンチに被爆者の中には医師にかかれず命を縮める人も多かった。

検証 ヒロシマ 1945~95 <11> 沖縄被爆者 | ヒロシマ平和メディアセンター

沖縄県出身のある一家は、長崎市で暮らしていた。

45年8月9日朝、警戒警報と空襲警報が鳴った。母は「行かない方がいいよ」と言ったが、「大丈夫」と、いつも通り路面電車で出勤した。会社で仕事をしていた午前11時過ぎ、激しい音がした。爆心地から約3.5キロ。木造の事務所は揺れ、天井板が落ちてきた。すぐ裏にあった映画館「電気館」に何かが落ちたのかと思った。土煙がもうもうと上がった。

会社を出て、人の流れについて走った。鍛冶屋町の八坂神社に着いた。しばらくして、本原町の家が心配になり、帰ろうと思った。長崎駅まで行くと、人々が右往左往していた。そこにいた兵隊について山を越え、家をめざした。浦上方面から人が次々と上がってきた。皮膚の垂れた両手をだらんと下げ、頭から血を流し、うめきながら歩いていた。力尽きて倒れた人もあちこちにいた。幽霊の行進みたいだった。…頭の中が真っ白になり、「かわいそう」という感情も浮かばなかった。帰り着くと、家は倒壊していた。母はその下敷きになって頭を負傷し、隣組で掘った防空壕の奥にいた。兄と兄嫁の姿はなかった。

8月14日、…兄から「国民学校に収容されている」と伝言が届いた。教室の床は負傷者でいっぱいだった。兄は浦上駅近くで被爆して背中全体にやけどを負い、うつぶせに横たわっていた。兄の友人2人がリヤカーで迎えに行ってくれた。だが兄は、母のもとに着く間際、「この戦争は負けている。もうおしまいだ」とつぶやいて事切れたという。

兄嫁…は、その後も行方がわからなかった。福岡の陸軍で働いていて直爆を免れた父…が毎日、焼け跡を捜し歩いた。2カ月ほど後、犠牲者の埋葬場所にあった板に「11日に死亡」「沖縄のかすりのもんぺを着ていた」と記されているのを父が見つけた。当時、長崎に沖縄出身の女性は少なく、(兄嫁)と判明した。父は、骨を掘り出して持ち帰ってきた。(兄嫁)は当時22歳。おなかには初めての子どもがいたと、…母から聞かされた。』

『戦後数年して、…故郷の那覇市に戻った。一面の焼け野原。何にもなくて、びっくりした。「長崎で地獄絵を見たが、沖縄の光景もショックは大きかった」。建物はなくテント小屋で暮らした。被爆について話すことは、親類にさえほとんどなかった。沖縄では約3カ月にわたり、「ありったけの地獄を集めた」と表現される地上戦が展開された。その話をされると、言い出せなかった

本土では57年、原爆医療法ができ、治療費などの国費負担が始まった。だが、米国統治下の沖縄には適用されなかった。1963年、原水爆禁止沖縄県協議会が初めて被爆者の実態を調査した。78人が名乗り出た。… 被爆者団体に入り、広島や長崎で開かれる原水禁大会に出かけた。パスポートを持ち、船と汽車を乗り継いで往復に10日かかった。仲間から「ぜひこれだけは訴えて欲しい」と請われ、医療費ももらえない沖縄の現状を訴えた

…母…は、戦後の一時期、佐賀に移り住んだころ、血を吐き、髪の毛が抜けた。新聞に「新鮮な野菜で、新鮮な血を作ること」とあり、食べさせた。被爆時に頭を打ったせいか、沖縄に戻ってからは、突然気を失って倒れることがあった。やがて症状は治まったが、74年に84歳で亡くなるまで体調は芳しくなかった。

…沖縄がまだ米国統治下だった65年、母とともに日本政府を相手取り、医療費などを求める訴訟の原告になった。67年12月、東京地裁で証言台に立った。「沖縄の被爆者に救済措置がとられないのはなぜでしょうか。私たちは憲法の枠外に置かれ、不安におののきながら暮らしている」

朝日新聞の紙面から - 広島・長崎の記憶〜被爆者からのメッセージ - 朝日新聞社

折り重なる苦しみ

1945年8月9日。当時17歳だった浩さんは長崎湾に浮かぶ香焼(こうやぎ)島の造船専門学校で閃光(せんこう)を見た。爆心地から約10キロ。「米軍に何かを落とされたのだけはすぐにわかった」と生前語っていた。遺体の搬送を手伝って被爆。差別や偏見を恐れ、自分のきょうだいや親戚にも被爆したことを隠した。30歳を前に沖縄へ戻り、見合いを重ねた。ただ相手に明かすと断られることも度々。妻となった正子さん(故人)と出会うまで、それは続いた。

沖縄に戻った後、肝臓が悪くなり、血を吐くように。背中には原因不明の吹き出もの。戦後の米軍統治下で、沖縄の被爆者に対する国の医療保障は本土より10年遅れた。「長くは生きられない」と医師に告げられた。「だったら、好きな泡盛飲んで死ぬさ」。こう言って酔いつぶれる一方で、戦争の話をするとき口をついて出るのは、「沖縄戦で亡くなった人たちに比べれば……」。尊さんから見れば、被爆の恐怖と故郷への負い目は、ずっとつきまとっているようだった。

ウチナーンチュの被爆、刻む 差別や偏見恐れて隠した父 - 沖縄:朝日新聞デジタル

原爆手帳を求めて

伊江和夫さん「爆風が道路上の砂ほこりを舞いあげて、目の前が真っ暗になった。地面に伏せて、しばらくたってから横穴防空壕に避難した。」

原爆が投下された時、長崎や広島にいた人、また、2週間以内に救援活動や親族を探すために爆心地周辺に入ったいわゆる被爆者と呼ばれる人は沖縄にも163人。彼らはふるさとに帰ってからも、沖縄が置かれていた複雑な事情から本土の被爆者とも違う苦悩を味わいました。凄惨な戦を経験し、戦後27年間もアメリカ軍の統治下に置かれた沖縄。本土では「原爆医療法」が作られ医療的にも支援が始まりましたが、沖縄の被爆者たちにはその法律が適用されなかったのです。

f:id:neverforget1945:20190804094923p:plain

これは県原爆被爆者協議会が1991年に発行した記念誌です。この中には、アメリカ軍統治下の1965年沖縄でも172人もの人たちが被爆として確認されていたこと。その人たちが「原爆医療法」が沖縄で適用されないのは憲法違反だとして国を相手に医療費を求める訴えを起こした経緯が書かれています。

伊江和夫さん「復帰するまでは法律の適用がないわけですから、病気になっても医療費は自己負担と。」彼らに支援の手が届くのは投下から34年後のことでした。しかしせっかく勝ち取った権利も、多くの被爆者が差別を恐れて名乗りでなかったと言います。

伊江和夫さん「色々な誤解があって、被ばくは遺伝するとか、放射能の障害が出るとか、結婚してどうなるのかと、そんな話をいっぱいする人は多かった。言葉はかけないけど差別があったのは事実。」

Q+リポート 長崎で被爆した県出身者の苦悩 – QAB NEWS Headline

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

  1. 【戦後70年】長崎原爆、ソ連参戦 1945年8月9日はこんな日だった | ハフポスト