〜シリーズ沖縄戦〜

Produced by Osprey Fuan Club

1945年6月25日 『民間人捕虜になる』

 

米軍の動向

掃討作戦

f:id:neverforget1945:20190625012057p:plain

《AIによるカラー処理》南部では、多くの日本軍のトラックが破壊または鹵獲された。溝にはまって機関銃でハチの巣にされたトラックを調べる憲兵(1945年6月25日撮影)

In Southern Okinawa, many Japanese trucks were destroyed or captured, here MPs are shown inspecting one of the trucks which was run into a ditch and riddled with machine gun fire.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

f:id:neverforget1945:20200624020809p:plain

沖縄の海岸を攻撃した総勢240人のうち、第6海兵師団第22連隊第3大隊L中隊所属の兵士はたった31人。31人中25人が負傷したが、任務に復帰した。(1945年6月25日撮影)

Only thirty-one men of ”L” Company, third Battalion, twenty-second Regiment, Sixth Marine Division out of a total of 240 who hit the beach at Okinawa. Twenty-five of the thirty-one were wounded but have been returned to duty.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

日本兵と民間人捕虜の収容

那覇 - 武徳殿

f:id:neverforget1945:20200614173201p:plain

An Official building in the city of Naha.
那覇市内の公共建築物 (武徳殿)

撮影地: 那覇市 (1945年 5月)

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

f:id:neverforget1945:20200614173531p:plain
アメリカ軍は那覇にあった武術の総本山も占領し、捕虜収容所は無数の日本兵で溢れました。県庁の隣。現在は県議会棟が建っている那覇市泉崎の土地。沖縄戦当時は武術の総本山として、当時としては珍しいコンクリート造りの構造で建設された武徳殿がこの場所に建っていました。

武徳殿には一時日本軍の司令部が置かれていましたが、5月下旬にはアメリカ軍が完全に占領。65年前のきょうの映像には高く掲げられたアメリカの国旗、煙草を投げ捨てて中へと入っていくアメリカ兵の姿が記録されています。

この頃、糸満では日本兵が白旗を掲げたり両手を挙げて続々とアメリカ軍に投降していました。荒野の中で一ヶ所に集められ、座り込む日本兵達。アメリカ兵は日本兵が手榴弾やナイフといった武器を持っていないか上着やズボンのポケットをチェックしています。捕虜となった日本兵たちはその後、大型トラックで収容所へと送られ、日本軍の敗戦をさらに身を持って感じることになります。

65年前のきょうは1945年6月25日(月) – QAB NEWS Headline

 

f:id:neverforget1945:20190625012907p:plain

《AIによるカラー処理》上陸艇LCVPから銃を向けられ投降する日本兵(1945年6月25日撮影、慶良間列島

Japs surrendering under guns of a landing craft LCVP at Kerama Retto,Ryukyu Islands.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

f:id:neverforget1945:20190625012732p:plain

《AIによるカラー処理》上陸艇LCVPから銃を向けられ投降する日本兵(1945年6月25日撮影、慶良間列島

Japs surrendering under guns of a landing craft LCVP at Kerama Retto, Ryukyu Islands.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

第32軍の敗残兵

将軍らの遺体確認

6月25日、米軍は、捕虜となっていた沖縄憲兵隊副官(階級:中尉)を摩文仁へと連れ出し、自決した第32軍司令官の牛島満陸軍中将と同軍参謀長の長勇陸軍中将の亡骸を確認させた。この憲兵隊副官は、米軍が沖縄に上陸する数ヶ月前、首脳2人の自決を介錯した坂口勝中尉に、介錯の作法を教えていた。副官は、部下を率いて玉城村の壕内にいたが、6月3日に投降し、捕虜になって日本軍将兵に投降を呼びかける「帰順工作」に従事していた。

連れて行かれたのは、海岸側司令部壕から3、40メートル下の場所で、遺体は窪地に並ぶように埋められており、その上には石が積まれていた牛島中将の遺体には首がなく、略章をつけた軍服に白い手袋をしていた。長参謀長の遺体は、敷布2枚をつなぎあわせた袋の中に入っており、ズボンは軍服だが上着はなく白い肌着を着ているだけだった。その肌着には墨で「忠則盡命 盡忠報国 長勇」と書かれていた。これが沖縄戦を指揮してきた軍首脳2人の最期の姿だった。(首里城地下の沖縄戦・4 / 戦禍を掘る・32軍司令部壕)

《「証言 沖縄戦 戦禍を掘る」(琉球新報社) 200-202頁 および

[41 最後の命令]「最後まで敢闘せよ」 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース

 より抜粋、要約》

f:id:neverforget1945:20170625113522j:plain

牛島満司令官及び長勇参謀長とされる遺体

[Photo] Remains of General Mitsuru Ushijima and Lieutenant General Isamu Cho, Okinawa, Japan, 5 Jul 1945 | World War II Database

(投稿者注: リンク先はこの写真の撮影日を1945年年7月5日としている。また、この写真は牛島と長ではない人物の遺体である可能性を指摘する人びともいる。)

『沖縄守備軍首脳は、いかにも武人らしい最期をとげたわけだが、軍命とはいえ無謀としか言いようのない沖縄戦を部下将兵ばかりか、住民まで道連れにして戦ったことへの批判を免れることはできなかった。岡本太郎氏は、個人的な人格がどうであれ、「とことんまで叩きつぶされていながら大日本帝国の軍人精神の虚勢に自らを縛り、自分らのおかした惨憺たる無意味な破局を眺めながらついにさいごまで虚栄の中に反省もなく〝帝国軍人らしく〟自刃した。その軍部を象徴する暗いエゴイズムに戦慄する」と述べている(「忘れられた日本」)。』(224頁)

《写真記録「これが沖縄戦だ」(大田昌秀 編著/琉球新報社) 224頁より》

 

そのとき、住民は・・・

「民間人捕虜」になる

「わたしは12歳だったけれども、そういうことは皆、脳裏に刻まれているんですね。昭和20年の6月25日に捕虜になって、もう村中のひとが一斉にトラックに乗せられてね」

「そこはここ本部の村ですかと尋ねると、…「はい、自分の郷里でですよ。そして、母はもうその頃重体だったから、トラックじゃなくして、特別にジープで迎えにきたんですね。そのジープには2世の通訳がついていたんですよ」

…「やっぱり、米軍としてきている2世のかた、日本語話すかたがついてきていたという米軍の配慮というのがね、わたしとても感心したんですよ。

そして、それからジープに乗せられて、わたしはもう、鍋釜とか味噌とか、お米とか、持っていかなきゃってやっていたところに、その2世のかたがね、なんにもいらない、なんにもいらないって手を振って教えるんですよ。

なんにもいらないっていったって、鍋も釜も持っていかなきゃ何でご飯炊いて食べるんだってね、小さいながらに口答えしたら、その2世が、ほんとになんにもいらない、いらないっていうもんだから・・・。それに、母はもうとっても重体だったから、見込みはないなあと思いながらね」…「山で発病して・・・。それまでは父よりも母のほうが元気だったのにね・・・。急に何の病気だったかわかんないけど、熱も出て・・・。ほんとになんだったのかわからんけれども・・・」』(7-9頁)

《「失われる記憶のルポタージュ 沖縄戦と民間人収容所」(七尾和晃/原書房) 7-9頁より》

f:id:neverforget1945:20200624021516p:plain

10日目でやっと食べ物にありつけた沖縄の少女とその父親(1945年6月25日撮影)

An Okinawan girl and father receive food for the first time in ten days.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

それまで本部の村から奥に入った山中で避難生活を送っていた…が、沖合からの艦砲射撃の嵐が止み、地上戦も終わった気配伺い、本部の村に帰ってきていた。

「焼け跡に父が、萱の、小さい掘立小屋、ほんとに小さくて3名か4名ぐらいが寝られるぐらいの掘立小屋を作ってくれて、そこに母を寝かせていました。それで兄などは、もうほら、戦争中だからまだ学徒隊に行っていて帰ってきていなかったし姉達はアメリカに強姦される恐れがあるからといって、まだ山奥に逃げていたから・・・。結局は妹とわたしと父と、3人で母を見ていたんですよ」

そして、捕虜となる日は予告なく訪れた。「その日、うちの父は山へ行って、物をとってこようと馬を引っ張っていったんですね。ところが、行ったっきり。結局は父は途中で捕虜になっていたわけでね。それで、わたしと妹と母はジープに乗せられて。それから名護の病院に連れて行かれて、そこで米軍の医者がちょっと診察してから羽地に連れて行かれたわけ」

羽地と田井等は隣あった集落であり、同時に、沖縄島と本部半島との首根の細い部分にある。南北をつなぐ北部地域の交通の要衝ともいえる場所だ。羽地ではすでに収容所の構築が始まっていた。そこには病院なども併設され、小さな村は、…同様に次々と送り込まれてくる民間人捕虜であふれていた。(9-10頁)

《「失われる記憶のルポタージュ  沖縄戦と民間人収容所」(七尾和晃/原書房) 9-10頁より》

 

白旗の少女

f:id:neverforget1945:20200614174412p:plain

(「白旗の少女」)(1945年撮影)/ No Caption.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

『わたしは、一つのガマをみつけると、足音をしのばせ、姿勢を低くしてガマの入口に近づいていきました。そのとき、ガマの中から赤ちゃんの泣き声がしました。そして、その声がだんだん近くに聞こえてくるのです。わたしは、とっさに物かげに身をひそめて、ガマの入り口をじっと見つめていました。すると、大声で泣きつづける赤ちゃんをおぶった若いお母さんが、四五人の兵隊に押し出されるようにガマの入り口にあらわれました。お母さんは、ガマの中を指でさしながら、兵隊たちに何度も何度も頭をさげていました。きっと、中に入れてくださいとお願いしていたのだと思います。しかし、兵隊たちは、お母さんを入れるどころか手で追いはらい、とうとうお母さんは、ガマの外に追い出されてしまいました。お母さんは、ガマの入り口のところでしばらく立っていましたが、やがてあきらめたのか、首をうなだれて歩きだしました。危ないよ、そんなふうに立って歩いていては危ないよ。」わたしは、思わず心のなかでつぶやきました。そのとたんです。ダダダッと機銃の音がしました。お母さんの体が、クルクルクルッとコマのようにまわったかと思うと、バタッとたおれて、そのまま動かなくなりました。その背中では、赤ちゃんがまだ泣きつづけていました。そのとき、ガマから黒いかげがツッッと地面をはうようにしてあらわれ、たおれているお母さんのそばにかけよると、その背中から赤ん坊をひきはなして、岩かげに走りこんでいきました。赤ちゃんの泣き声がしだいに遠くなっていって、急に泣き声が聞こえなくなりました。』

 『…おじいさんに教えられたとおり、白旗をむすんだ木の枝を高くあげて歩きはじめました。まもなく、小高い丘と崖のあいだを通る道に出ました。そこで気づいたことは、わたしが逃げまわっているあいだじゅう、いつも聞こえていた砲弾や鉄砲の音が、まったく聞こえないことでした。』(186-187頁)

…途中で、腕章をまいたアメリカ兵が、手であっちへいけというふうに合図をしていました。…岩場をわたりきると、左手に広々とした砂浜が見えてきました。すると、目の前におおぜいの人たちが群がっています。近づいてみると、アメリカ軍の投降のよびかけに応じて、あちこちのガマから出てきた日本人たちでした。そのほとんどが、女の人と子どもとおじいさん、おばあさんたちでした。』(193-195頁)

『「おじいさん、おばあさん。ウワカリサビラ。(お別れします、さようなら。)」アメリカ軍の記録では、その日は、昭和20年(1945年)6月25日だということです。』(203頁)

《「白旗の少女」(比嘉富子/講談社) 195-196、201、203頁より》

 

「轟の壕」からの救出 - 2日目

轟の壕の救出活動は前日の6月24日から2日間にわたって行われた。

f:id:neverforget1945:20200624191701p:plain

その後入ってきた日本兵に住民や県庁職員は壕内の湿地帯に追い立てられた。18日ごろ米軍が壕を攻撃するが、日本兵は住民の脱出を許可しなかった。24日ごろ、約600名の住民が米軍に保護される。

轟壕 | 糸満市

f:id:neverforget1945:20200624193159p:plain

怪我をした民間人を壕から助け出す海兵隊(1945年6月25日撮影)

Marines help wounded civilians out of a cave.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

f:id:neverforget1945:20200624192313p:plain

怪我をした沖縄人に応急処置を施す海兵隊(1945年6月25日撮影)

Marines administer first aide treatment to wounded Okinawan.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

f:id:neverforget1945:20200624192400p:plain

投降した沖縄人に水を与える海兵隊員。(1945年6月25日撮影)

Marines give water to the Okinawans after their surrender.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

f:id:neverforget1945:20200624192750p:plain

捕虜に話しかける海兵隊のデグラッシ中尉(カリフォルニア州出身)。(1945年6月25日撮影)

Marine 1st Lt A. E. Degrassi of 2030 Lyon Street, San Francisco, Calif., talks to prisoners.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

f:id:neverforget1945:20200624192938p:plain

捕虜に話しかける海兵隊のデグラッシー中尉(カリフォルニア州出身)。(1945年6月25日撮影)

Marine 1st Lt A.E. DeGrassi of 2030 of Lyon Street, San Francisco, Calif., talks to prisoners.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

f:id:neverforget1945:20200624191930p:plain

投降してきた日本人と沖縄人の負傷兵の集団。(1945年6月25日撮影、場所不明)

A group of wounded Nips and Okinawans that have surrendered.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

f:id:neverforget1945:20200624024110p:plain

投降した沖縄人のグループ。傷を負い、当惑している(1945年6月25日撮影)

A group of wounded and dazed Okinawans who have surrendered.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

f:id:neverforget1945:20200614174532p:plain