1945年 6月26日 『久米島の悲劇の始まり』

戦闘後の米軍

戦場の片付けと備品整備

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/83-40-1.jpg

沖縄戦終結後、要塞を取り壊し、砲脚を掘り出して砲座から105ミリ榴弾砲を移動する準備を行う米海兵隊の砲兵たち。(1945年6月26日撮影)

Marine artillerymen tear down the fortifications, dig up the gun trails, and prepare to move their 105mm howitzer out of the gun pit after the battle of Okinawa is over.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/86-38-3.jpg

日本軍の迫撃砲火を浴びた戦車の修理に当たる、第15海兵砲兵連隊輸送部隊所属の海兵隊員3名インディアナ州出身)。(1945年6月26日撮影)

Three Indiana Marines, members of the Motor Transport section of the 15th Marine Artillery Regiment, are shown working on and repairing one of their trucks that was hit by Japanese mortar fire.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/328521.jpg

第10軍通信隊臨時集積所で第585通信中隊の在庫点検をするバーベリTec5(1945年6月26日撮影)

Tec 5 Mario Barberi, (ll****) Cameron Ave., Highland Park, Mich., checks the stock for the 585th Signal Depot Company at the U. S. Tenth Army Signal dump.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/95-37-3.jpg

ラッキー大佐率いる第15海兵連隊に所属する5人の砲兵(バージニア州出身)。拡声器を通して沖縄戦勝利を祝賀記念するラジオ番組に耳を傾けている。(1945年6月26日撮影)

Five Virginia Marine artillerymen of the 15th Marines, commanded by Colonel R. B. Luckey, are shown listening to a radio program over a loud speaker commemorating and celebrating the victory of Okinawa.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

第10軍首脳陣による視察

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/81-37-1.jpg

第3水陸両用軍団司令部を視察する米第10陸軍司令官スティルウェル大将。右は、米海兵隊第3水陸両用軍団の軍団長ガイガー中将。後は第3水陸両用軍団の参謀長シルヴァーソーン准将。(1945年6月26日撮影)

General Joseph Stilwell, USA, head of the 10th Army, inspects III Amphibious Corps Headquarters. With Gen. Stilwell are, right, Lt. Gen. Roy S. Geiger, USMC, head of III Phib. Corps, and rear, Brig. Gen. Merwin H. Silverthorn, USMC, Chief of Staff, III Ph

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

周辺離島の制圧

久米島(くめじま)

米軍は、伊平屋島粟国島など沖縄本島の外郭に位置する島々を次々と占領していった。

『1945(昭和20)年

6月26日   米軍、久米島に上陸(30日までに占領)』(254頁)

《写真記録「これが沖縄戦だ」(大田昌秀 編著/琉球新報社) 254頁の「沖縄戦主要年表」より》

『1945(昭和20)年

6月26日   アメリカ軍イーフ海岸に上陸。ジェームズ・ジョーンズ少佐指揮下、水陸両用偵察隊(艦隊付き海兵隊)第7海兵連隊A中隊など戦闘員742人、非戦闘員224人、計966人。』(17頁)

6.20  6:44 上陸  7:15海岸に橋頭堡確保。敵の抵抗なし。』(81頁)

《「太平洋戦争と久米島」(上江洲盛元 編著/あけぼの印刷株式会社) 17頁の「太平洋戦争の年表」、81頁「第1海兵師団第7海兵連隊第1大隊 A中隊」の「作戦概要 1945.6.22から7.31」1945.8.2付より》

https://www.ibiblio.org/hyperwar/USMC/V/maps/USMC-V-22.jpg

https://www.ibiblio.org/hyperwar/USMC/V/USMC-V-II-10.html 

米軍は、26日の上陸前に偵察隊を送り込んでいた。その際、米軍は島民数名を拉致、うち1人を射殺している。

『1945(昭和20)年

6月13日   アメリカ偵察隊深夜、北原部落に上陸、男子3人を拉致。そのうち40歳ぐらいの男を射殺(偵察隊)。』(16頁)

45.6.13・14   偵察上陸  

北海岸の東地区担当   B中の小隊   53名(将校3名) 5隻のゴムボードで上陸、3つに分かれて偵察  23:30・3:00 各グループとも捕虜を捕まえる任務  兵士とも住民とも会わなかった』(81頁)

『45.6.14 

西地区担当   59名(将校2名)駆逐艦Kinzerで接近  23:15  3つに分かれて偵察

第2偵察隊   小屋に寝ていた男を連衡  叫び声をあげて回りの住民に知らせた。沖縄語で話して日本語を話せないのでうまく尋問できず

第3偵察隊   2人と出会う40歳ぐらいの男はこん棒で襲いかかってきたので射殺16歳ぐらいの少年を捕まえる(非常に頭がよさそうで、捕虜として価値があると思われる)。射殺した男は3000ヤード北の海に棄てた。この少年を駆逐艦Scribnerに連れて行く』(81頁) 

《「太平洋戦争と久米島」(上江洲盛元 編著/あけぼの印刷株式会社) 17頁の「太平洋戦争の年表」、81頁「艦隊付海兵隊 水陸両用偵察大隊 アクション・レポート」の「久米島攻略並びに占領 アクション・レポート」1945.8.15付、「久米島北海岸東地区および西地区偵察報告」1945.6.14付より》

一方、日本軍はこの動きを察知し、住民に「布告」を行う。

『1945(昭和20)年

6月14日   鹿山兵曹長よりの「布告」--- 拉致されたる者が帰宅せし場合、自宅にも入れず、直ちに軍駐屯地に引致、引渡すべし、若し此の命令に違反したる場合、その家族は勿論、字区長警防団長は銃殺すべし』(16-17頁)

《「太平洋戦争と久米島」(上江洲盛元 編著/あけぼの印刷株式会社) 16-17頁の「太平洋戦争の年表」より》

 

 

第32軍の敗残兵

捕虜になった日本兵

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/113-24-3.jpg

日本兵捕虜の病院にあるX線撮影テント。沖縄本島にて。テントの外にいるのは、先ほど担架で運ばれてきた、日本軍の負傷兵2人。(1945年6月26日撮影)

X-ray tent at hospital for Japanese prisoners on Okinawa, Ryukyu Islands. Two recently arrived wounded Jap soldiers are outside on stretchers.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

6月26日午後5時過ぎ糸満(いとまん)・大度(おおど)集落の裏にある小高い森で、山部隊の通信兵が米軍に捕らえられ、そのまま捕虜となった。森にあった人工壕から水を求めて出た直後、入り口付近で4人の米兵に取り囲まれた。米兵の1人が銃の先でつつき、別の1人が手を挙げろというようなしぐさをした。

通信兵は、この人工壕で国民学校時代の同級生と2人で潜んでいた。壕の中には死んだ日本兵が転がっていて異臭を放っていた。もう何カ月も食事らしいものを口にしたことはなく、ただ、水だけを求めて壕から出ては近くの民家へ行き、古井戸の中をのぞき込んだ。砲弾が飛び交う命がけの水探しをする毎日だった。サトウキビの水分で喉を潤すこともあったが、折るとパラパラ音がするため、敵に感づかれないよう、そのままかじる必要があった。その頃、多くの住民がサトウキビを隠れみのにして畑の中に潜んでいたが、夕方になると米軍のセスナ機が飛来し、ガソリンをまいてサトウキビ畑に火をつけたこともあった。

米兵に取り囲まれた通信兵は、軍服姿で鉄帽をかぶり、ベルトには自決用の98式手榴弾を携帯していた。当時、軍服姿の日本兵は、短剣やピストルなどの武器を所持している可能性があったため、捕まった際に服を脱がされ、フンドシ一枚にされていた。日本兵の中には、投降する際に民間人の衣服を着て、軍人と見抜かれないようにした者もいた。この通信兵の場合は、突然の出来事だったために着替えることもできず、また、手榴弾を持っていたため、それを見た米兵が服を剥ぎ取り、フンドシ一枚となった。

その後、一緒に捕まった民間人の同級生とは引き離され、両手を挙げたままの状態で約8キロ先の潮平(しおひら)にあった収容所まで歩かされた。水を探し求めていたある日、爆風で吹き飛ばされて死んでしまった母親の傍らで途方に暮れていた同級生を見かけ、声をかけた。その後は一緒に壕で身を隠していたが、この時に別れてしまった。この同級生は戦後、栄養失調で亡くなった。フンドシ一枚にされても、恥ずかしいという気持ちはなく、ただ、殺す前にせめて腹いっぱい水を飲ませてくれないだろうかと、考えていた。(フンドシ姿、上・下)

[167 フンドシ姿(上)]本島南部で捕虜に - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース および 

[168 フンドシ姿(下)]「水さえ飲めれば… - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース より抜粋、要約》

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/13-05-2.jpg

捕虜に話しかけるデグラーシ海兵隊中尉。沖縄。(1945年6月26日撮影)

Marine 1st Lt. A. E. Degrassi of 2030 Lyon Street, San Francisco, Calif., talks to prisoners. Okinawa.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

 

そのとき、住民は・・・

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/113-24-1.jpg

沖縄における看護師。日本軍の看護師(左)と地元民の助手。日本兵捕虜の病院にて。(1945年6月26日撮影)

Nurses on Okinawa, Ryukyu Islands. A Japanese Army nurse (left) with native assistants at the hospital for Japanese prisoners.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■