1945年 4月4日『沖縄攻略のためのインフラ整備』

沖縄攻略のためのインフラ整備

橋頭堡と燃料貯蔵施設

4月4日までに第10軍の占領した沖縄は、長さ24キロ、幅およそ5キロから15キロに及んだ。米軍が確保した橋頭堡には、きわめて重要な戦略価値をもつ二つの飛行場があり、貨物船から膨大な物資を運べる砂浜があり、物資集積所に十分な場所や、すぐ施設のできる広さの土地をふくんでいた。』(101頁)

『海岸にいろいろ施設をつくるほかに、さしあたっての作戦遂行に必要な基地施設を、早急に作らなければならなかった。既設道路は増員を広く改修し、そのほかに新しい道をこしらえ、二飛行場は修理して拡張する必要があった。なかでも沖合のタンカーとの関係から石油製品、とくに航空燃料用の巨大な貯蔵所建設がまっ先に必要とされていた。』(99頁)

《「沖縄 日米最後の戦闘」(米国陸軍省編・外間正四郎訳/光人社NF文庫) 99、101頁より》

 

北・中飛行場の使用開始

上陸4日目から米軍は、北・中飛行場を本格的に使用するようになった。

『読谷飛行場では滑走路の幅9メートル、長さ900メートルがきれいに片付けられ、砲弾の穴も上陸のその日にすぐ埋められた。4月2日、CVE型船やLSTに積載されて、19機の急降下爆撃機が運ばれ、翌3日からさっそく作戦に従事し、さらにその翌日から、両飛行場の使用は本格的になりはじめたのである。

4月7日、陸軍戦闘機隊は読谷に飛来し、その2日後には嘉手納に飛来した。こうして、しだいに制空権を広げていくとともに、機数をふやし、空からの支援を増強した。C-45型機を特別機に仕立てて、負傷者をマリアナに運ぶ空輸作業は、4月8日から開始された。同時に、4月2日以来、空母艦載機がやっていたDDT散布を、C-47がかわって受け持つことになり、これも読谷飛行場に到着した。』(100頁)

《「沖縄 日米最後の戦闘」(米国陸軍省編・外間正四郎訳/光人社NF文庫) 100頁より》

  

船橋設置

『LSTからの陸揚げ作業のために船橋が予定地に設けられ、4月4日までには長さ90メートルの単車道で、頭部が9×50メートルのT桟橋、長さ150メートルの両車道で、頭部の広さ18×53メートルのU桟橋がビーチにできあがった。この二つの桟橋に6つの単車道船橋がくっつけられ、その日に長さ120メートルで頭部の広さ縦13メートル、横53メートルの単車道L型桟橋が完成した。そのほかに砂の桟橋もつくられた。(97頁)

《「沖縄 日米最後の戦闘」(米国陸軍省編・外間正四郎訳/光人社NF文庫) 97頁より》

http://ibiblio.org/hyperwar/USMC/USMC-C-Okinawa/img/USMC-C-Okinawa-p16.jpg

As invasion forces fanned out on Okinawa, the beaches were scenes of organized disorder as shore parties unloaded the beans and bullets needed by the assault troops. They also began unloading matériel which would be needed later in the campaign. Department of Defense Photo (USMC) 118304

THE FINAL CAMPAIGN: Marines in the Victory on Okinawa

 

米軍の大補給作戦: 悪天候で苦戦

 『4月4日の午後は、…渡具知の浜に、高さおよそ2メートルから3メートルの高波が、白い歯をむき出しにして暴れ狂い、この嵐は一晩中吹き荒れ、翌日までつづいた。全陸揚げ作業は中止され、上陸用舟艇は珊瑚礁にたたきつけられて、壊されてしまった。ふたたび4月10日、強風にあおられた波涛は、作業を休止状態におとしいれ、翌11日になって、やっといくらか良くなったようなものだった。これらの暴風は、雨をともない、道路を泥沼と化し、そのため補給問題をいっそう複雑なものにしてしまった。しかし、こういうハンディキャップにもかかわらず、上陸部隊の補給は、4月16日までに80パーセントを達成し、57万7千トンの物資が渡具知の浜を通って陸揚げされた。これは予想以上の成果だった。』(98-99頁)

《「沖縄 日米最後の戦闘」(米国陸軍省編・外間正四郎訳/光人社NF文庫) 98-99頁より》

http://www.ibiblio.org/hyperwar/USA/USA-P-Okinawa/img/USA-P-Okinawa-p82a.jpg

SUPPLYING AND DEVELOPING THE BEACHHEAD had by L plus 3 made substantial progress. Supply ships were run in to the reef's edge, where they unloaded into trucks or amphibian vehicles. Indentation in shore line is Bishi River mouth, with Yontan airfield on horizon beyond;

HyperWar: US Army in WWII: Okinawa: The Last Battle [Chapter 3]

http://apjjf.org/data/612.jpg

Ryukyu/Okinawa, From Disposal to Resistance | The Asia-Pacific Journal: Japan Focus

 

道路整備

ほどなく沖縄西海岸の南部道路には、「合衆国1号線」の標識が各所に立てられ、道路が確保されるたびに、工兵隊の計画に従って、全主要道路に番号がつけられ、同じような方法で道路標識がうちたてられていった。沖縄の道路は、ほとんどが舗装されておらず、幅員も米軍の車両が、やっと1輌通れるか、あるいは、1輌半ぐらいの幅しかなかった。それでまず、上陸日に、海岸の出口と海岸沿いの物資集積所へ行く道路が改修され、つぎに各部隊への主要補給道路と、恒久、半恒久的な補給施設への道路が改修されたのである。

4月4日と5日、そして10日11日の大雨で、せっかく踏みならされ、固まっていたハイウエーは、延々とつづくトラックでめちゃめちゃにされ、泥沼となってしまった。かと思うと、今度は干天には道路の表土は粉末となり、はげしい軍車両の交通量は雲のようなほこりをたてて、時として前の車蓋もみえなくなるほどだった。工兵隊珊瑚礁を使い、あるいは新しく掘り起こして石をとり、砂利を運び、こわされた村落から砕石を採り、石灰岩を使って主要道路を拡張し、舗装した。橋で幅が狭すぎたり、アメリカのトラックや戦車を渡すには弱すぎるものは、臨時的に野戦用ベイリー・ブリッジで架橋した。これは簡単に組み立てたり、取りはずしたりできるものである。』(99-100頁)

《「沖縄 日米最後の戦闘」(米国陸軍省編・外間正四郎訳/光人社NF文庫) 99-100頁より》

f:id:neverforget1945:20170404192028p:plain

 

北進する米軍

石川・金武(きん)

『4月4日、第1海兵師団の全3個連隊は、沖縄の東海岸に位置をしめた。』(94-95頁)

4月4日の昼下がり、第6海兵師団の一隊は石川地峡を見渡す珊瑚礁岩の高い丘を降り、東海岸にある石川村落の海に面した方向へ進撃した。…石川地峡進撃の先鋒には第22海兵隊があった。海兵隊戦車が、まず海岸沿いの道を進んで簡単な偵察を行い、高台の中央部にそって第1海兵大隊が徐々に進撃して、行く道を偵察したり、ときどき出没する日本軍を掃討していった。第22海兵隊が熱田原-金武の線に到達したとき連隊は進軍を停止し、第4海兵隊は東側を、第29海兵隊は西側を通過した。日本軍には時たましか遭遇せず、ただ4月の5日から6日にかけての夜、30名から40名ほどの日本軍が海兵隊の陣地に斬り込んできたが、いずれも殺されたり、あるいは退却させられた。』(127頁)

《「沖縄 日米最後の戦闘」(米国陸軍省編・外間正四郎訳/光人社NF文庫) 94-95、127頁より》

f:id:neverforget1945:20170404192142p:plain

 

日本軍の動向

第32軍司令部

第32軍は、各方面の上級司令部から米軍上陸直後に奪われた北・中飛行場の奪回し、攻勢に転ずるべしとの要請を受け、前日の3日夜、持久戦略の継続を主張する八原参謀以外は攻勢に出るべきとの意見で一致した。多数決により、これまでの持久戦略を変更して攻勢に出ることを決定、牛島司令官の決裁を経て変更を各方面に打電した。

『この32軍の電報は、4月4日真夜中に大本営に着いたのだが、大本営陸軍部では、それと入れ違いになる形で、4日午後、参謀次長の名で、飛行場奪回の電報を打っていた。これには、沖縄作戦にたいする陛下の御心配の様子も伝達されていたので、32軍としては、どうあっても攻勢をとらなければならない立場に立たされていた。』(158-159頁)

『軍司令官の攻撃決心は、作戦担当の八原参謀の手で計画化された。…いったん命令が出されたら、心機一転、その命令をどうしたらもっとも効果的に遂行できるかを考えるのが、軍隊というものであった。4月4日、軍司令官の決裁を経た攻撃計画は、「軍は4月7日夜、全力を挙げて攻撃に転移し、所在の敵を撃破しつつ北飛行場、同東側制高地帯に進出し、上陸した敵を撃滅する」という方針をもって、第一線が62師団、第二線が24師団、第三線が独立混成44旅団、そして第四線に小禄にある海軍陸戦隊が続く。それまで地中に潜んでいた龍が、いっせいに地表に姿をあらわし、北に向かって突進を開始するという、すこぶる壮大な作戦だった。』(159-160頁)

『一応、攻撃に賛意を表したものの、24師団長と62師団参謀長たちは、軍参謀に、「この攻撃の成功には確信がもてんぞ」と、ひそかに耳打ちした。低い声がつづいた。「はじめから十分準備していればともかく、やらんことに決めていた陣地を出ての進撃を、急にやろうというんだからな。62師団の前線から北飛行場までは、15キロある。この猛烈な砲撃の下では、一日行程は3キロ、よくいって7キロだ。二日から五日はかかることになる。その間に大損害を受け、何分の一かになった部隊が、それでも全力をあげて北・中飛行場を奪回したとする。南部の陣地はガラ空きだから、湊川から入ってきたコソ泥的な敵に、アキ巣をすっかりやられてしまう。一方、飛行場を押さえたわが軍は、陣地を構築する余裕もなく重爆撃と艦砲射撃と米上陸部隊の十字砲火にさらされる。なにしろ、無防備のハダカ部隊だからな。どうしようもない」「沖縄戦は、そんなに早く終わらせた方がいいのかね。出撃すると、悪くすると半月もたんぞ」もともと沖縄を墓場と心に決めている人たちであった。早く終わった方が、死所を得やすいかもしれないが、そうすると沖縄が早く片付き、敵に出血を強い、戦意を失わせる機会が少なくなる。』(160頁)

■ 急遽中止された攻勢 ■

4日夕刻、計画は各師団長に伝えられ、各部隊それぞれの準備にかかろうとするその4日夜半、航空部隊から那覇南方150キロに空母3、輸送船50の部隊を発見したという電報が入った。湊川正面に上陸する公算大であるという。下腹を衝かれたら、万事休する。4月7日の総攻撃は、4日夜半に急遽中止された。』(164頁)

《「沖縄 Z旗のあがらぬ最後の決戦」(吉田俊雄/オリオン出版社) 158-159、159-160、160、164頁より》

 

第10方面軍(台湾)

『…4日に、飛行場奪回の大攻勢をかけるという電報を受けた安藤十方面軍司令官は、大よろこびで、「これでこそ帝国陸軍の伝統を生かすものだ。台湾はカラになってもよい。全力をあげて、沖縄に兵力と武器を送れ」と、空輸による強行輸送、小舟艇による輸送を至急研究せよと幕僚に命じた。』(165頁)

《「沖縄 Z旗のあがらぬ最後の決戦」(吉田俊雄/オリオン出版社) 165頁より》

 

沖縄方面根拠地隊(海軍少将・大田実)と第5航空艦隊

『32軍が、このようにして乾坤一擲の攻勢をかけようとしているとき、九州の五航艦では、ようやく三航艦、十航艦も九州に展開をはじめたので、4月3日、4日の二日にわたり、「菊水第1号」作戦の研究と打ち合わせを行なった。三航艦が出てきたといっても、それは十分な戦闘訓練を身につけることができたというのではなく、沖縄までマッ直ぐに飛ぶ訓練だけに集中し、そのかぎりで、ようやく一応の自信が得られた、という段階である。』(162頁)

《「沖縄 Z旗のあがらぬ最後の決戦」(吉田俊雄/オリオン出版社) 162頁より》

大田司令官は沖縄へ赴任して来た時、既に決まっていた陸軍の戦略持久作戦には否定的だった。』(378頁)

 《「沖縄県民斯ク戦ヘリ 大田實海軍中将一家の昭和史』(田村洋三 / 光人社NF文庫) 378頁より

『大田司令官は3日、「沖縄周辺の敵航空母艦をすみやかに撃滅してもらいたい」旨の電報を関係者に発していた。』(68頁)
《「沖縄 旧海軍司令部壕の軌跡」(宮里一夫著/ニライ社) 68頁より》

『これを受けて五航艦の宇垣司令長官は4日午前、菊水作戦の図上演習を行なった。』(378頁)
《「沖縄県民斯ク戦ヘリ 大田實海軍中将一家の昭和史』(田村洋三 / 光人社NF文庫) 378頁より》

  

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

【戦跡と証言】沖縄北飛行場 (読谷村)

www.nhk.or.jp

 

【戦跡と証言】基地に消えた村(嘉手納町)

www.nhk.or.jp

 

【戦跡と証言】砂辺海岸(北谷町)

www.nhk.or.jp

 

【戦跡と証言】ヌチシヌジガマ(うるま市)

www.nhk.or.jp