1945年 8月31日 『牛馬以下にあつかわれて』

降伏文書調印式までの動向

日本本土への進駐 ⑤

8月31日、厚木飛行場には1000名の連合軍将兵が到着し、横浜に進駐する。』(308頁)

『前日、関内に進駐した連合軍将兵の就寝は早かった。それでも山下公園に設営された幕舎には、自家発電装置による電灯が煌々と輝いていた。通信線の取り付けをはじめ設営の能率的な動きは日本人を驚かせた

「丗一日はマッカーサー元帥をはじめ將兵全員早朝5時半には起床、7時朝食をすますと直ちに進駐第2日目の活動がはじまった。

マッカーサー元帥以下高級將兵の宿泊するホテル・ニューグランドのロビーには部下に命令を傳える將校や元帥の部屋へ報告に入る参謀などがあわただしく行き交ひ、その間を縫って米英新聞記者、映画班などがカメラを両手に忙しくたち廻っている」(20・9・1『読売報知新聞』)』(311-312頁)

《「マッカーサーが来た日」(河原匡喜/光人社NF文庫) 308、311-312頁より》

https://www.hotel-newgrand.co.jp/english/images/stay/suite_macarthur_01.jpg

現在のホテル・ニューグランド、マッカーサー・スイートルーム

https://www.hotel-newgrand.co.jp/english/stay/suite.php 

『このマッカーサーの日本進出と前後して、他の米軍部隊と要人たちも続々と日本の土を踏んでいた。要人たちの多くは、9月2日に東京湾上の米戦艦「ミズーリ」で行われる日本の降伏調印式に参加するためである。

まず8月28日にはウィリアム・F・ハルゼー大将の米太平洋艦隊第3艦隊が、旗艦「ミズーリ」以下258隻を率いて東京湾に入った。翌29日にはチェスター・W・ニミッツ元帥(米太平洋艦隊司令長官兼太平洋方面司令長官)がグアム島から水上機で飛来し、相模湾の戦艦「サウスダコタ」に長官旗を掲げた。そして30日には第3艦隊の海兵隊相模湾から上陸し、横須賀の海軍工廠鎮守府を接収し、ハルゼーの勝旗を掲げた。

8月31日、さらに2人の有名な将軍が日本の土を踏んだ。1人は日本軍のシンガポール攻略時の英軍司令官だったアーサー・パーシバル中将、もう1人はマッカーサーの部下で、フィリピンのコレヒドール島で降伏したジョナサン・ウェーンライト中将である。2人は満州奉天(現瀋陽)の収容所にいたが、マッカーサーの招きで降伏調印式に参加するため東京に飛んできたのだった。』(61頁)

《図解「マッカーサー」(太平洋戦争研究会=編、袖井林二郎・福島鑄郎=著/河出書房新社) 61頁より》 

http://www.trumanlibrary.org/photographs/98-2448.jpg

横浜のニューグランド・ホテルでウェーンライト中将を迎えるマッカーサー

『General Douglas MacArthur greets General Jonathan Wainwright in Yokohama's new Grand Hotel. This is their first meeting since they parted in embattled Corregidor, in the Philippines, in 1942.』

Truman Library Photograph: General MacArthur greets Gen. Jonathan Wainwright.

 

 

〝沖縄〟という米軍基地

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/108-22-3.jpg

護衛空母シェナンゴ(CVE-28)。バックナー・ベイ(中城湾)に停泊している様子。(1945年8月31日撮影)

USS CHENANGO (CVE-28) at anchor in Buckner Bay, Okinawa.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

 

朝鮮人の犠牲

軍夫

沖縄戦では日本植民地だった朝鮮から軍夫として約1万5千人(あるいは約3万人とも)が連行されたと推定されている。彼らは「牛馬以下にあつかわれて」、酷使され、その大半が戦没したと考えられている。軍夫というのは軍の命令にしたがって陣地構築や飛行場建設に従事する。軍属とはかなり違った立場である

総数がはっきりしないのは、当時の朝鮮人に対する不当で蔑視的な考え方が根強かったという側面と深く関係しているのであろう。戦火で記録類が焼失したなどという事情があったと考えられもするが、第一、正確な記録がとられていたかどうか怪しい

朝鮮人軍夫で配置がはっきりしているのは、第32軍司令部の地下壕造りに約1,000人慶良間列島震洋特攻艇基地建設に約1,000人宮古島には要塞建設などに約1,500人、八重山諸島で飛行場建設に約600人などという。

沖縄で軍夫として使役された者に対する待遇は、ごく一部を除いて極端に悪かった。坑内作業や輸送運搬など、腹の空く重労働をさせながら、動員された日本人と同量の食糧を供給しなかった。日本人労務者も満腹するほどの食糧を支給されたわけではないが、日本人よりうんと少なく支給した。

空腹の朝鮮人やむなく近くの畑に忍び寄って芋を盗んだりすることになるが、農家から苦情が殺到し、それが朝鮮人に対する暴行となり、現行犯ともなると罰と称して木に縛りつけて、兵隊が棍棒で殴りつけることもあった。それでなくとも、沖縄県民も含めて当時の日本人は、朝鮮人を一段低く見る差別意識が強かった。労働中の朝鮮人軍夫に対する遊び半分のような暴力沙汰は日常茶飯事だったのである。

朝鮮人軍夫に対するいわれなきスパイ容疑による虐殺が頻繁した。金武で特殊潜航艇の基地として豪堀りに従事していたなかから7人がスパイ容疑で虐殺されたし、渡嘉敷ではスパイ容疑で5人、窃盗容疑で2人が殺されている。

そのほか慶良間列島では「『脱走をはかった』『食糧を盗んだ』とかの理由で、野田隊は関ヶ原処刑場と呼ばれる座間味村の阿護の浜で13人の軍夫を処刑した。また部隊本部の下に約50人を監禁し、逃げ出した者をつかんで阿護の浜で処刑している」(福地曠昭「強制連行された朝鮮人沖縄戦」『別冊歴史読本』戦記シリーズ18「沖縄 日本軍最期の決戦」所収)

ここで野田隊というのは野田義彦少佐が率いていた海上挺進第二戦隊のことで、マルレと呼ばれた特攻艇(爆雷を装備して敵艦に体当たりするベニア製モーターボート)100隻と104人の隊員を擁していた。朝鮮人軍夫はその基地造りをさせられていた。戦闘が始まると、これら朝鮮人軍夫は最前線に配置され、爆雷や弾薬の運搬、死体運搬やその処理など最も危険な仕事をやらされた。』(129-132頁)

《図解「沖縄の戦い」(太平洋戦争研究会=編、森山康平=著/河出書房新社) 129-132頁より抜粋》

f:id:neverforget1945:20170831213009j:plain

水上機母艦ケネス・ホワイティング(AV-14)の副艦長である海軍予備役のヘイワード少佐、部隊上級下士官であるライアンズ大佐、そして、降伏した朝鮮人軍夫一行のリーダー。言葉の壁により上手くいかなかった尋問後の様子。

Lt. Comdr. Loring F. Hayward, USNR, executive officer of the USS KENNETH WHITING (AV-14), Capt. Raymond R. Lyons, USNCO, and the leader of the Korean surrender party after an unsuccessful interview hindered by language difficulties.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

youtu.be

知られざる"朝鮮人軍夫" - YouTube

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

 

琉球朝日放送 報道制作部 ニュースQプラス » 65年前のきょうは1945年8月31日(金)

 

www.okinawatimes.co.jp