1945年 8月14日 『宮古の沖縄戦』

〝沖縄〟という米軍基地

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/111-37-4.jpg

沖縄本島馬天港にある海軍作戦基地指令部下士官用兵舎、赤十字用宿舎、食堂。(1945年8月14日撮影)

NOB Headquarters at Baten Ko, Okinawa. Enlisted men's quarters, Red Cross hut and chow hall.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/80GK-6344.jpg

くず鉄として再利用される大湾製糖工場(1945年8月14日撮影)

Owan sugar mill now being used for scrap, Okinawa 14 Aug.1945

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/80GK-6345.jpg

工場を解体するクレーン。(1945年8月14日撮影)

Crane dismantling factory, Okinawa. 14 Aug. 1945

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

米軍の動向

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/80GK-6349.jpg

ハト小屋と港務監督所那覇にて。ロリンズ1等兵は、監督所の脇でハトの管理をしている。(1945年8月14日撮影)

Pigeon loft and port director, Naha, Okinawa. 14 Aug. 1945
Herbert A. Rollins, S1/c, is responsible for pigeons by the Port Directors.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/80GK-6347.jpg

ハト小屋と港務監督所。那覇にて。(1945年8月14日撮影)

Pigeon loft and port director, Naha, Okinawa. 14 Aug. 1945

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/95-24-4.jpg

今度はどこだ?--ついに戦争が終わり、荷物をまとめて出発の準備を整えた第1海兵師団の兵士。3年と1週間前、彼らは太平洋での最初の攻撃を行った。今日、東京への第1陣あるいは帰国第1陣の準備が整った。(1945年8月14日撮影)

WHERE NOW?--Marines of the First Division, now that the war has ended, are packed and ready. Three years and one week ago they made the first offensive in the Pacific war. Today, they're ready to be the first in Tokyo--or the first home.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/80GK-6343.jpg

海軍予備役のエリス2等兵曹(掌帆長属)が手作りの洗濯機「フライング・ダッチマン」で洗濯をする様子。(1945年8月14日撮影)

Frank Ellis, BM2, USNR washing clothes with ”flying Dutchman,”home made washing machine. 14 Aug. 1945.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

 

先島諸島沖縄戦

宮古の日本軍

宮古島には納見敏朗中将を長とする先島集団傘下に第28師団 (兵員約16,000名)のほか、多賀哲四郎少将が率いる独立混成第59旅団 (兵員3,360名)と安藤忠一郎少将指揮下の独立混成第60旅団 (兵員3,320名)、第32軍直轄部隊 (兵員6,700名)、それに村上重二大佐が率いる海軍部隊 (兵員1,714名)の計約27,000名が守備に任じていた。』(230-233頁)

《写真記録「これが沖縄戦だ」(大田昌秀 編著/琉球新報社) / 230-233頁より》

www.nhk.or.jp

『防衛担当軍の視察で「宮古島は、島全体が平坦で起伏に乏しく、航空基地として最適である」と判断された宮古島には、3カ所の飛行場が建設された。土地の接収は買収の形で半強制的に行われたが、土地代は公債で支払われたり、強制的に貯金させられ、しかもこの公債や貯金は凍結されて地代は空手形であった。飛行場建設には島民の多数の老若男女や児童までも動員され、昼夜を問わない突貫作業が強行された。

昭和19(1944)年12月までに3万人の陸海軍人が宮古島にひしめいた。急激な人口増加に加えて、平坦な地形を持つ農耕地は飛行場用地として接収され、甘藷、野菜などの植え付け面積は大きく削られた。』

 

http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/daijinkanbou/sensai/situation/state/images/okinawa_02_002.jpg

宮古島地区防禦配備図

《 総務省|一般戦災死没者の追悼|宮古島市(旧平良市)における戦災の状況(沖縄県) より》

www.youtube.com

www.youtube.com

 

宮古島への空襲

昭和19(1944)年10月10日午前7時30分宮古島南方上空に見馴れない機影が編隊を組んで現れた。秋晴れの平良町上空でそれは東西に分かれ、飛行場方面と漲水港へ急降下する。間もなくサイレンが鳴り銃撃音、爆撃音がこだまして対空砲が応戦しても、友軍機の演習が実戦さながらに行われていると多くの町民が空を見上げていた。飛行場の方面から黒煙が舞い上がり、"銀翼連ねて"宮古島の空を守るはずの"荒鷲"が燃え上がるのを見て、ようやく本物の空襲であることを知った。45分に及ぶ空襲で、島の3カ所の軍用飛行場からは応戦に飛び立つこともなく9機が撃破された

続いて午後2時5分第2波、延べ19機による空襲で、漲水港沖合に停泊中の広田丸(2,211トン)が撃沈されるのを目の当たりに見せつけられた。この「10・10空襲」を皮切りに宮古島は連日のように米軍機の空襲にさらされ、瓦礫の島へと化していった。

《 総務省|一般戦災死没者の追悼|宮古島市(旧平良市)における戦災の状況(沖縄県) より》

http://www.nhk.or.jp/okinawa/okinawasen70/picture/style/img/detail55_img.jpg

沖縄戦の絵】「銃撃を受ける漁船」

宮古島での米軍空襲の様子。港から1キロほど沖合で、宮古の民間漁船が米軍の艦載機から銃撃を受けていた。その後、漁船の乗組員が攻撃で亡くなったと聞いた。』

宮古島 銃撃を受ける漁船 | 沖縄戦の絵 | 沖縄戦70年 語り継ぐ 未来へ | NHK 沖縄放送局

『昭和20(1945)年になり、3月までの宮古島の空襲は、主に軍事目標が狙われていたが、4月に入ると次第に市街地が狙われていく。時限爆弾や街を焼き尽くす焼夷弾も用いられるようになり、平良の街は廃墟と化した。』

http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/daijinkanbou/sensai/situation/state/images/okinawa_02_001.jpg

爆撃を受ける平良の軍事施設

 

『その後の空襲は、10月13日にあって、年内はほぼ小康を保ち、明けて昭和20(1945)年正月早々から再び始まり3月以降7月までは連日のように繰り返された。4月3日延べ140機、5日延べ200機、8日延べ300機と大空襲が終日続き平良のまちはあらかた焼失した。平良に限らず、連日の無差別爆撃で民家の密集地帯は全郡的に焼けてしまった。』

http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/daijinkanbou/sensai/situation/state/images/okinawa_02_004.jpg

廃墟と化した平良市街

《 総務省|一般戦災死没者の追悼|宮古島市(旧平良市)における戦災の状況(沖縄県) より》

 

宮古島への艦砲射撃

1945年5月4日、『宮古島は、H・ローリング中将の率いる英太平洋艦隊(第57任務部隊)の艦砲射撃を受けた。英軍部隊の太平洋戦線への参加は、これが最初だったが、英艦隊の主な任務は、宮古島石垣島にある六つの飛行場を攻撃し、台湾方面からの日本軍増援部隊の使用を事前に阻止することにあった。英艦隊は、空母4隻、戦艦2隻、巡洋艦5隻、駆逐艦15隻の計26隻から成り、そのうちの戦艦2、巡洋艦5、駆逐艦11の計18隻が5月4日の午前11時すぎから約40分間砲撃を浴びせたのであった。』(230頁)

宮古島の『海軍部隊は、敵襲にさいしては海上からの特攻攻撃を企図し、約50隻の震洋型特攻艇を城辺町の友利海岸に秘匿していた。英艦隊の来襲にたいしては、日本側航空隊は、約20機の特攻機を出撃させ、英空母を攻撃、11機の艦載機を破砕したほか55名を死傷せしめた。

宮古群島で戦火に倒れた兵員は陸海合わせて2600名ほどいた。しかしそのほとんどがマラリアや栄養失調によるものだった。』(233頁)

《写真記録「これが沖縄戦だ」(大田昌秀 編著/琉球新報社) / 230、233頁より》

www.nhk.or.jp

www.nhk.or.jp

 

そのとき、住民は・・・

遭難した疎開民 ⑫ 

1945年(昭和20) 6月30日、台湾に疎開する人々を乗せた船2隻が石垣島を出港した。数日後の7月3日疎開船は、米軍機からの機銃掃射を受けた。1隻は沈没、もう1隻は生存者を乗せて尖閣諸島魚釣島に到達した。疎開者らは、無人島でサバイバル生活を送ることになった。1カ月が経過した頃、決死隊を石垣島に送り出すことになり、難破船の廃材などを使い舟をこしらえた。8月12日魚釣島を出発した決死隊の舟は、石垣島を目指した。

手作りの小舟を漕ぎ、魚釣島を出発した決死隊。8月14日の午後7時頃、小舟は約170キロの荒波を越えて石垣島の川平地区にある底地(すくじ)の海岸にたどり着いた。上陸すると、決死隊の8人は疲れ切った体をお互いに抱きあい、しばらくの間、ただただ涙を流した

台湾行きの疎開船2隻が石垣島を離れたのは約45日前のこと。台湾に到着する予定の日に米軍機から攻撃を受け、疎開船1隻が炎上し沈没し、多くの死傷者をだした。生存者らは、残る1隻の船で魚釣島に上陸する。その後は、飢えと闘う地獄のような日々が続いた。外部との連絡を取るには、誰かが石垣島に向かう以外に方法はなかった

遭難した疎開者全員に見送られ、小舟で東シナ海を航海した決死隊は、魚釣島を出発して以来の2昼夜クバのシン芽だけで体力を支えていた。航海中、米軍機が低空でやって来たため、3回ほど舟を転覆させ遭難を偽装した

上陸した浜に座り込んだ8人は、もう、体力が尽きて動けない。そのうち1人が近くにあった野生のバンジロウグアバ)をもぎ取り、みんなのところに投げた。それをかじった時、やっと一息つくことができた

決死隊の8人は、川平の群星御嶽(ゆぶしおん)に駐屯していた陸軍部隊に遭難の報告をし、そこからは、独立混成第45旅団へと報告がされた。初めて惨状を知った旅団は、水軍隊に対し直ちに救助に向かうよう命令、また、台湾に駐留する日本軍に対し、飛行機を飛ばして魚釣島に食糧を投下するよう要請した。台湾疎開の船団を編成し、乗組員を出していた水軍隊では、全員が死亡したとして告別式も済ませていただけに、喜びはひとしおであった。島の住民も生存しているとの報に驚いた。(尖閣諸島遭難・4 / 八重山の戦争)

《 「戦禍を掘る 出会いの十字路」目次 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース 「尖閣諸島遭難 (1〜4)」および 「八重山の戦争」(大田静男/南山舎) / 217頁より抜粋、一部要約》

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

www.huffingtonpost.jp