1945年 8月10日 『ジャップ・サレンダー』

御前会議

ポツダム宣言の受諾を決意

『8月9日午後11時50分、皇居内にある御文庫附属庫。約50平方メートルほどの地下の防空壕で、昭和天皇が参席する御前会議が始まった。議題は一つ、ポツダム宣言を条件1つで受け入れるか、それとも4つの条件をつけるか。

前日の最高戦争指導会議で、東郷茂徳外相が主張したのは「天皇の国法上の地位を変更しない」1条件。これに対し阿南惟幾陸軍大臣らは「占領は小範囲で短期間」「武装解除は日本の手で」「戦犯処置は日本の手で」を追加した4条件を主張した。』

『日付が変わり、8月10日午前2時を回ったところで、鈴木貫太郎首相が昭和天皇の意見を求めた

「まことに異例で畏多いことでございまするが、ご聖断を拝しまして、聖慮をもって本会議の結論といたしたいと存じます」

「それならば自分の意見を言おう。自分の意見は外務大臣の意見に同意である

この瞬間、1条件でのポツダム宣言受諾が決まった。いわゆる「聖断」が下された。』

 

http://i.huffpost.com/gadgets/slideshows/443548/slide_443548_5919706_compressed.jpg

昭和天皇
ポツダム宣言を受諾し、太平洋戦争における日本の降伏を決断した。

 

午前7時、中立国のスイスとスウェーデンの日本公使あてに、ポツダム宣言を受諾するとの電報が送られた。両公使によって降伏の意思はアメリカ、中国、イギリス、ソ連に伝達された。

午前11時東郷茂徳外相はソ連のヤコフ・マリク駐日大使と会談した。東郷はマリクからは公式な宣戦布告状を受け取りポツダム宣言受諾の意思を伝えた

午後7時(日本時間)、日本政府の対外情報発信の役割を担っていた「同盟通信社」は、対外放送で、日本の降伏受け入れ意思を表明した。しかしこのニュースは、日本国民には伏せられた。』

【戦後70年】午前2時、昭和天皇の「聖断」 1945年8月10日はこんな日だった

 

 

米軍の動向

沖縄戦原子爆弾の使用

『原爆の擁護派は、トルーマン大統領があの潰滅的な決定を下したのは、沖縄におけるアメリカ軍の損害の影響を大いに受けたためであると主張する沖縄戦の苛烈さや予想外に長引いたことを知っていても、トルーマンは、最終的な人員消耗の数値に関する彼の質問に対する答申に愕然として、「沖縄戦の二の舞いになるような本土攻略はしたくない」といった。』(417頁)

《「天王山 沖縄戦原子爆弾(下)」(ジョージ・ファイファー著/小城正・訳/早川書房) 417頁より》

http://blog.nuclearsecrecy.com/wp-content/uploads/2012/06/1945-08-07-LAT-Atomic-bombing-hour.jpg

ロサンゼルス・タイムズ 風刺画

Los Angeles Times, August 7, 1945

Atomic Editorial Cartoons (August 1945) | Restricted Data

沖縄戦・・・アメリカ軍と日本軍の交戦の中でもっとも苛烈なものだった・・・沖縄の占領に莫大な人的、物的代価を払ったことが、原子爆弾の使用に関する決定に大きな影響を及ぼしたことは、いうまでもないことである。アメリカの指導者たちは、アメリカ軍が日本本土に接近するにつれて人的損失が、激増することに疑問をもってはいなかった。沖縄での経験から、指導者たちは、侵攻の代価は高すぎて払えないことを確信していたのである。 ーイアン・ガウ

日本本土の防衛戦は、他の地域より面積がきわめて広く、人口が非常に多いことから、沖縄防衛の性格を帯びることになるとすると、どこで、いつ、どれだけの代価で戦いは終わるもだろうか。ージェイムズ・ジョーンズ

われわれは日本軍を憎んでいたが、日本へ行って戦いたいと少しでも思っていた者は1人もいなかった。われわれは殺されるということがわかっていたからである。真面目な話、われわれには本当にそのことがわかっていた。しかし、いつもそんなことを考えていたわけではない。…女子供まですべての人々が戦うことになっている国は、いったいどうやって攻撃したらいいのか。もちろん、最後はわれわれが勝つだろうが、日本軍の戦いぶりを実際に見たことがないものには、その戦闘にどれだけの代価がいるのかは予想はできないと、私は思う。ーオースチン・エリア

私はどういうわけか沖縄では生き延びたが、本土の大決戦が控えていた。自分の運はいつまでもつかと思っていた。ところが、原子爆弾の投下で、私の人生には新たな火がともったのである。やっと、帰国できる。そして、私は帰国したのだった!ートマス・ハナハー』(413-414頁)

《「天王山 沖縄戦原子爆弾(下)」(ジョージ・ファイファー著/小城正・訳/早川書房) 413-414頁より》

http://blog.nuclearsecrecy.com/wp-content/uploads/2012/06/1945-08-09-LAT-All-this-and-Russia-too.jpg

ロサンゼルス・タイムズ 風刺画

Los Angeles Times, August 9, 1945

Atomic Editorial Cartoons (August 1945) | Restricted Data

『…ほぼ無傷でいた者たちは、「いずれは死ぬ身と完全に諦めた気持ちで」次の段階について様々な思いをめぐらせていた。あらゆる島の戦闘で疲れ果てていた強者たちは、これまで生き残れたのは、九州や本州に戦死しにいくためであったのかと、不思議に思った。このようなわけで、沖縄戦終結はアメリカ軍人たちにさしたる感動を起こさなかった---ビールの特配さえ出なかった。ところが、原爆投下のニュースは彼らを有頂天にさせた。もっとも逞しい強者たちの中にさえ、祝杯を挙げる前にほっとして泣き崩れた者がいた。』(416頁)

 

沖縄で戦闘に参加した米兵: 休養地のグアムにて

『「たちまち大騒ぎになった。われわれは狂喜して歓声をあげたり叫んだりして、とっておきのビールを全部飲み干した。空に向けて発砲したり、幕舎の列の間を踊って通ったりした。これで、おそらくわれわれは生きていける。しかも、杖の世話にもならずにすみそうだということになったからだった」』(415頁)

サンフランシスコの海軍病院に入院中だった米兵:

『「私は、腹の底から “神様、原爆のことを感謝いたします!” と叫んだ。なぜかといえば、あれがなかったら、私は、傷が治りしだいもっと激しい戦場へ送られいつかは戦死する身であったからだ。だから、神のご加護に私は狂喜した」』(416頁)

《「天王山  沖縄戦原子爆弾(下)」(ジョージ・ファイファー著/小城正・訳/早川書房) 415、416頁より》

 

〝沖縄〟という米軍基地

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/350123.jpg

馬天港にある船舶修理基地第1食堂で昼食をとる兵士。(1945年8月10日撮影)

Men at noon chow in the ship repair base mess hall #1 at Baten Ko.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

 

第32軍の敗残兵

ある夜の曳光弾

『ある夜、草むらの中で寝転んでいると、突然、島のいたるところから曳光弾が打ち上げられ、全島が花火で囲まれたようになった。近く遠く、いたるところからどよめきと喚声が聞こえてくる。いよいよ掃討大作戦が始まったのかと恐ろしくなり、思わず周りを見まわしたが、だんだんと静かになって元どおりになった。いっときの大歓声は収まり、やがて静かになったので掃討作戦でもなさそうである。いったい、なんだったのだろうか? と気になりながらいつしか眠ってしまった。あとで知ったことだが、この日は8月10日、第二次世界大戦終結を迎えたポツダム宣言受諾の日であった。』(117頁)

《「生還  激戦地・沖縄の生き証人60年の記録」(上根 保/幻冬舎ルネッサンス) 117頁より》

家族と一緒に国頭を目指していた学徒: 8月10日

『中城についた晩、米軍陣地から曳光弾がいっせいに射ちあげられた。何百、何千とも知れぬ小銃や機関銃の曳光弾が夜空に花火のように交叉した。それは全島にひろがったかと思うほど激しく大がかりのものだった。

時ならぬ光のページェントにわれわれはびっくりし、あれは何だとあわてふためいた。長時間つづいたので特攻機の反撃かと思ったが、この対空射撃は日本の降伏を知った米兵たちの歓呼の発砲だったことを捕虜になってから知った。』(343頁)

『恩納岳めざして北上する途中、兵隊にぶつかることがあったが、彼らのほとんどは米軍に発見され引っ返してきた。ピアノ線にひっかかって射殺される者もいた。国頭をめざしていたわれわれは、苦労してよその土地に行って殺されるくらいなら、生まれ故郷で死んだ方がましだと考え、国頭に行くことを思いとどまった。』(344頁)

《「証言 ・沖縄戦 沖縄一中  鉄血勤皇隊の記録(下)」(兼城一・編著者/高文研) 344頁より》

http://cdn.deseretnews.com/images/top/main/28120/28120.jpg?width=853&height=450

Upon hearing the news of Japan's peace bid, U.S. Marines on Okinawa Island celebrated by firing their guns into the air, on August 10, 1945.

Jubilation and devastation: 75 emotional photos from the end of World War II | Deseret News

 

捕虜になった敗残兵

野戦病院

『…8月10日の夜のことであった。幕舎の患者もみな眠しずまっていた。眠れないものは話し相手がなく、あれこれと想いをめぐらせていた。突然、激しい銃声がひびいた。病院の内部での発砲とわかって私たちは冷水をぶっかけられたようにおどろいた。私たちはしばらく銃声を聞いていなかった。

斬り込み隊か。いよいよ、日本軍の銃弾で殺されるか。飛んでもないことだ

私たちはとっさにコットの下に降りた。それで身をかばうことができるわけではない。それは、危なくなると地面に伏せるという人間の反射的な行動であった。付近の山林地帯に潜伏している日本兵たちはときどきアメリカ部隊に夜襲をかけて食糧品を略奪していた。その夜もてっきり日本兵たちの襲撃だと私たちは考えた。私はしばらくコットの下に伏せていたが小銃弾が飛んでくる気配もないし、夜勤の衛生兵もあわてているようでもない。起きあがってコットの横枠に腰をかけてようすをみていたが、そのうちに横になった。

まもなく幕舎担当のコーア・マンが飛び込んできた。

ジャップ・サレンダー

ジョーブン衛生兵が叫んだ。ジャップと呼ぶアメリカ兵の言葉を私ははじめてきいた。アメリカ兵の仲間では「ジャップ」という言葉がひんぱんに口にのぼったにちがいないが、日本兵の捕虜たちの目の前ではコーア・メンたちは「ジャップ」という言葉を使わなかった。日本人をジャップと呼ぶことは侮べつした言葉で、アメリカにいる日本人移民たちが「ジャップ」と侮られたということを私たちは知っていた。

ジョーブンは「日本が降伏した」というよろこびをかくしきれずに、昂奮してしまい、「ジャップ・サレンダー」と叫んだのであった。

日本が降伏すれば戦争は終わる。戦争が終われば家へ帰れる。すべてのアメリカ兵がよろこび、そして昂奮することは当然のことであった。日本が降伏したというので私もとびあがってよろこんだ。きょうか、あすかとこの時を多くのものが待っていたのである。

万歳!

私と東京生まれの堀は思わず叫んだ。2人ともアメリカ兵とおなじく、戦争の終わりと生きて家族に会えるというよろこびで雲に乗ったようなよろこびをおぼえた。日本兵の襲撃と思い込み、生命の危険におびえていたものが、俄然、日本の降伏、終戦、家族との再会これで苦しみはすべて終わった、という気持ちは、気が遠くなるようなよろこびであった。戦争の勝ち負けなどはどうでもよかった。私は敗戦は当然のこと、来るべきものが来たにすぎないと考えていた。私と堀は誰はばかることなく、心の底から「万歳」を叫んでいた。

しかし、私たちの幕舎にいた朝鮮で検事をしていて召集されたという男はちがっていた。

降伏は時期尚早だ。残念だ」』(200-201頁)

《「沖縄の戦場に生きた人たち」(池宮城秀意/サイマル出版会) 200-201頁より》

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/15-16-4.jpg

米軍政府病院のテント病棟。研究室と手術室のビルは後方に見える。沖縄。

The wards of the American Military hospital are located in tents on Okinawa, Ryukyu Retto. The laboratory and the surgery buildings are shown in the background.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

『彼は独りごとではあったが、幕舎のものたちが聞きとれるくらいの声で無念がった。あるいは私たちが「万歳」を叫んだことに対する反発の叫びだったのかもしれない。

「何をいうか、この検事め」

私はそう叫びたかった。朝鮮で検事をしていたというこの男は、これまで朝鮮人を散々苦しめてきたにちがいない。そう考えて私はその男が「いやなやつ」だと思われたし、彼が「降伏は時期尚早だ」ということに憎しみをおぼえた

こんな馬鹿気た戦争は早くやめてしまえ、1日早ければ、それだけ命が多く助かるのだ

私は朝鮮検事に聞こえるようにわざと声を高めていった。

私は二本の杖をついて幕舎の出入口までいって空をあおいだ。嘉手納飛行場の方向と思われる夜空一杯に花火があがっていた。病院のコーア・メンたちもカービン銃のありったけを空へ向けてぶっ放していたが、航空隊では曳光弾を一斉に射ちあげていたのである。それが花火のようにみえた。日本降伏となれば、小銃の弾も無用となる。しかし、そんなことを考えてのことではなく、兵隊たちはただ、無性によろこび、弾をぶっ放したのであろう。

歓呼の発砲がしばらくしてやむと、もとの静かな夜に返った。みんな昂奮して眠れないでいた。衛生兵のジョーブンにきくと、東京からジュネーブへの無電を沖縄のアメリカ軍が傍受して、日本の降伏申入れを知ったものらしい。

むろん、それはアメリカ軍の発表ではなく、通信兵たちの盗み聞きであった。通信兵たちはそのよろこびのニュースを上司に報告し、仲間にも伝えたというわけである。

このことも日本の軍隊では考えられないことである。このようなことは「極秘」ということにされ、たとえ「傍受」されても、通信隊の将校と兵隊たちの間だけと、少数の高級将校だけの知るところとなり、一般の兵隊たちは知らされなかったはずである。「歓呼の発砲」などということはとうてい日本軍では許されるはずもなし、考えられもしないことであった。小銃も勝手に使うことの許されない「天皇の兵器」であった。』(202-203頁)

《「沖縄の戦場に生きた人たち」(池宮城秀意/サイマル出版会) 202-203頁より》

 

 

そのとき、住民は・・・

軍作業

『1945年4月1日以降米軍の保護下におかれた北谷村(現・北谷町)を中心とした住民が、島袋収容所に移動させられた後、北谷・嘉手納海岸で強制的に軍需物資の陸揚げや北谷の各集落で水瓶割りなどに従事させられたのが、米軍に対する軍作業の始まりと断定してよい。それから越来村(現・沖縄市)胡屋周辺の道路建設工事や米兵の戦死体の埋葬処理などが軍作業の最も早い時期の内容である。その後、女性にも軍服の洗濯作業が割り当てられていった。いずれも、沖縄本島中南部を舞台に日米最後の地上戦闘が本格化しはじめた4月初旬から中旬にかけてのことである。』(31頁)

《戦後沖縄の社会史ー軍作業・戦果・大密貿易の時代ー(石原昌家/ひるぎ社) 31頁より》

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/137610.jpg

風通しのよいテントの下で、海兵隊の衣類を洗う沖縄の女性。石鹸と洗いだわしを使って(実際に)試され(有効だと)証明された方法で衣服を洗う。(1945年8月10日撮影)

Under and airy tent, Okinawan women wash clothes for the Marines, using the tried and proven method of soap and scrub brush.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/137608.jpg

番号で衣服を分ける地元の少女。ほとんど間違わずに男性らに衣服を手渡す。(1945年8月10日撮影)

Native girls sort clothes by number seldom make mistakes when handing laundry back to the men.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/137612.jpg

通訳を介して海兵隊洗濯場で働く女性たちに話し掛ける海兵隊所属従軍記者ブラマン三等軍曹。(1945年8月10日撮影)

With the help of an interpreter, Sgt Don Braman, Marine Corps Combat Correspondent, talks to Okinawan women who working the Marine laundry.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

 

琉球朝日放送 報道制作部 ニュースQプラス » 65年前のきょうは1945年8月10日(金)

 

www.huffingtonpost.jp