1945年 8月8日 『ソ連、日本に宣戦布告』

ソ連、日本に宣戦布告

『太平洋戦争で絶望的な戦況に追い込まれていた日本の、唯一の望みは、ソ連による和平仲介だった。1945年2月のヤルタ会談ソ連の対日参戦が密約され、1945年4月5日にソ連は、日ソ中立条約を延長しないと通告していた。それでも日本はソ連との水面下の交渉を続け、7月のポツダム会談中には、近衛文麿・元首相を団長とする使節団の受け入れをソ連に求め、返事を待っていた。』

【戦後70年】まだソ連に望みを託す日本 1945年8月8日はこんな日だった

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d2/Yalta_summit_1945_with_Churchill%2C_Roosevelt%2C_Stalin.jpg

リヴァディア宮殿で会談に臨むチャーチルルーズベルトスターリン(中央ソファー左から)

ヤルタ会談 - Wikipedia

ポツダム会談でソ連は東アジアのことに何も介入してこなかったから、ソ連は今後も東アジアに関しては連合国と距離を置くだろう。

軍部がこんな楽観的な報告をまとめていた、まさにその日だった

8月8日午後5時(日本時間午後11時)、モスクワ。日本の佐藤尚武・駐ソ大使は、ソ連モロトフ外相と向き合っていた。和平仲介の申し入れの返事をもらうべく、佐藤から長いこと申し入れていた会談だった。モロトフはその場で、佐藤に文書を手渡した。

「日本武装兵力の無条件降伏を要求した今年7月26日の3国すなわちアメリカ合衆国、英国並に支那の要求は日本の拒否するところとなった。従って極東戦争に対する調停に関するソヴエート連邦に宛てられた日本政府の提案は一切の基礎を失った(中略)

以上に鑑みソヴエート政府は明日即ち8月9日よりソヴエート連邦が日本と戦争状態に入る旨宣言する

日本への宣戦布告だった。』

【戦後70年】まだソ連に望みを託す日本 1945年8月8日はこんな日だった

 

 

米軍の動向

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/16-08-3.jpg

九州で戦線に立つ日本軍に向けて、無条件降伏とポツダム宣言がどれだけ重要かを知らしめるビラをダグラスA-26の爆弾搭載室から投げる準備をする後方砲手。心理作戦部隊は今回の任務で10万枚のビラを撒いた(1945年8月10日撮影)

The rear gunner of a Douglas A-26 of the 319th Bomb Group is ready to drop some paper bombs through the bomb bay to the Japs on Kyushu Island telling the Japs the significance of unconditional surrender and the Potsdam Proclamation. The Psychological Warfare Branch dropped over 100, 000 leaflets on this mission. Okinawa.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

 

第32軍の敗残兵

恩納(おんな): 第4遊撃隊

『…東シナ海の海が煌々たる月光に映じて金色の波を散らしているある晩、麓の方にみんなを待たせた私と岡本上等兵が、県道を越えてゆくと、海岸よりの畑地にライトを消した大きな米軍トラックが数輛、こちらを向いて並んでいた。それは鬼の目のように思われたが、車の中には何か食糧があるかも知れないと思った私は、岡本上等兵とは角度をかえた北の方から近づいてゆき、私がまず、人がいるかどうか試すために、石ころを拾ってこのトラックに向かって2つ3つ投げてみた。カラカラ、と静寂の中に音がしたが、なんの反応もなく、どうやら敵はいないらしい。私は右手に拳銃を擬し背を低めながら、用心深くトラックに近づいた。

あと2メートルというとき突然、すぐ目の前の運転台のなかから、自動小銃が私をねらって、パーン、と火を噴いた。私は銃口から突きだしたような真赤な火線をわすれることができない。どんなに下手な射手でも、体の真ん中に命中するであろう至近距離で、弾は幸運にも拳銃を持っている私の右手の関節部分をかすっただけだったのだ。

おどろいた私は、右手を押さえながら、まるで脱兎のように反対側の海岸に向かって逃げた。

私が射たれたと同時に、左方から侵入していった岡本上等兵が物音を立てて逃げだしたから、敵の射撃がこんどはそちらにも向いた。実は奴等は大勢いたのである。ボーン、頭上にはたちまち昼をあざむくばかりの照明弾が打ち上がり、逃げてゆく私の背後から曳光弾が洪水のように迫る。私も岡本上等兵も必死で走った。幸い海岸には、ブルドーザーで土を押し上げてできた断崖があったので、私たちはこの中に飛びこんでいた。そして射撃がひるんだ隙に海岸を一気に突っ走って危険をまぬがれた。その晩、谷茶の浜は一晩中射撃の音がなりっぱなしであった。』(253-254頁)

《「沖縄戦記 中・北部戦線 生き残り兵士の記録」(飯田邦彦/三一書房) 253-254頁より》

 

 

そのとき、住民は・・・

民間人収容所

米兵や「出てこい」役の呼びかけに応じて家族と一緒に投降した人びとが収容所に到着すると、男女別々に分けられて収容された。家族と引き離された後は、その家族が同じ収容所の別のコンパウンドにいるとは限らない。再度、米軍のジープやトラックに乗せられて、他の地区にある収容所に移された人びともいた。夫や妻、親や子、兄弟姉妹がどこにいるのか、無事なのか。そんな問いに答えてくれる者はいない。

男たちは毎朝、妻や子供、親の安否を心配しながら、米軍の作業に駆り出されて、トラックでどこかへと連れて行かれた。朝になると女たちは、金網ぎりぎりに立って、トラックに乗せられて行く男たちの姿を目で追った。『もちろん、探しているのは自分の肉親であるが、しかし、知り合いの姿が見えただけでも、安堵にはつながった。ああ、あの人も無事だった…よかった…と。』(300-310頁)

《「失われる記憶のルポタージュ/沖縄戦と民間人収容所」(七尾和晃/原書房) 300-310頁より抜粋、一部要約》

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/125407.jpg

最終検査を終えると、老いも若きも等しく避難民収容所後方へ送られる。

The old and the young alike are sent to a rear refugee camp after final checking.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

『一方、収容所には、避難中に家族と離ればなれになり、自分だけが収容所に入れられたという人々もいた。

『「ある老婆は、トラックが収容所に着くたびに、

〝んじ、いったーや、ちゅうる島尻ぬ防空壕から、んじてぃちゃんりやー 〟
(あなた方はきょう島尻の防空壕から出てきたそうだね)

〝あんし やーにんじゅ んーな げんきん、弾ぬなか ふしじちゅーるむん、いったーや いっぺー とっくゎむちやてーさ〟
(そして家族全部元気で弾丸の中を生きて来たんだから、あなた達は大へん徳があったんだね)

〝あんし えー、わったーや あらかち んりいーしが、わったー んまがーぐゎーたー、んーらんてぃ〟
(そして私は新垣というが、私の孫達を見なかったかね)

と、老いの目をショボショボさせ目には涙を一杯浮かべて孫たちを放心したままで探し回るのである。」(収容所の中の住民と生活の息吹/川平成雄) こんな姿がそこここに溢れていたのも、収容所のたしかな一面だった。』(313頁)

《「失われる記憶のルポタージュ/沖縄戦と民間人収容所」(七尾和晃/原書房) 300-310、313頁より抜粋、一部要約》

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/112-16-1.jpg

戦車揚陸艦 LST-1031に向かって移動する、沖縄本島の民間人。同艦によって、沖縄本島北部に運ばれた。

Japs on Okinawa, Ryukyu Islands move along into the USS LST-1031 to be taken to the northern part of island.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

www.huffingtonpost.jp