1945年 8月1日 『生きるためには』

〝沖縄〟という米軍基地

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/108-22-3.jpg

護衛空母シェナンゴ(CVE-28)。バックナー・ベイ(中城湾)に停泊している様子。(1945年8月1日撮影)

USS CHENANGO (CVE-28) at anchor in Buckner Bay, Okinawa.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

 

第32軍の敗残兵

恩納(おんな): 第4遊撃隊

8月に入ると、谷茶部落のあとの左右にひらけた山裾の田圃には、地元の住民たちが戦いのさなかに月あかりをたよりに植えたのであろう、ところどころに米がみのりはじめた

この「米」は敗残兵たちにとって、万金にも値するとうといものとなった。月夜の田圃には、どこからともなく敗残兵が現れて、せっせと穂をつむ風景がみられた。

この穂をつむ兵隊たち数名は「石部隊」の生き残りだそうだが、ほとんどの者が負傷していて、片腕を首から吊っていて穂をつむ姿は痛ましかった。この兵隊たちから私は「ドイツの屈伏」もきいた。みんな「ドイツはここまでよく戦ったなあ」と嘆声をもらした。

収穫した籾は避難民が山に残していった石臼(月の世界の兎が餅をつくような可愛いいもの)が役立った。2枚重ねてある石臼の上部に小さな穴が開けてあって、そこから籾米を入れて、柄のついているハンドルを、片手でグルグル臼を廻すと、すり合わされた籾米の中から、一度に半分くらいの殻が剥げた白い玄米が獲れた。みんなこの発明に歓声をあげた。

昼は敵の掃討戦を警戒してジッとしている私たちに、そのひいた籾米をみんなで1粒1粒より分けてすごしていると、フシギに緊張感を解きほぐしてくれるようであった。私はフト故郷のことを想った。

籾米は長期持久に備えてせっせと貯えた。山小屋の中は少し勾配になっていたので、夜は貯蔵用の籾米を低くなっている足元の方に積んで眠ったが、ネズミがこの籾米をねらって群がり、集まってくるのには往生した。

夕方からの活動のとき、食糧を求めて月の浜といわれる海岸地帯を仲泊の方まで、トボトボ歩いていって、忽然と米軍幕舎が建並んでいるところにゆき当たり、拳銃でパーンと射たれて驚いて逃げ帰ったことがあった。』(251-252頁)

《「沖縄戦記 中・北部戦線 生き残り兵士の記録」(飯田邦彦/三一書房) 251-252頁より》

 

 

そのとき、住民は・・・

やんばる山中にいた避難民

避難民の日誌より: 8月1日

風雨が強く台風になりそうな天気。食用にするためパパヤの木を倒し、根の部分を掘り取る。芋カズラとソテツの水たきが毎日の食事だが、ソテツもなくなりそうなのでパパヤの根に目をつけたのだ。栄養不足は極度にすすみ、下り坂では膝坊主がガクガクして思うように歩かれない。腹一杯食べられるのは何時の日か。』

《「沖縄の慟哭 市民の戦時 戦後体験記/戦時篇」(那覇市企画部市史編集室/沖縄教販) 480-481頁より抜粋》

 

軍作業

沖縄本島北部での軍作業

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/370923.jpg

労働班を編成する現地住民(1945年8月1日撮影)

Okinawan natives make up a Labor Bn.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

『住民達は最低限の衣食住と医療を与えられていましたが、さらに就労可能な人達については、アメリカ軍政府の活動を助ける「軍作業(ミリタリー・アクティビティ)」に従事することで、食糧などの加配を報酬として受けていたそうです。』

沖縄戦下の住民による「軍作業」 - Nichimy Corporation U.S. Office ニチマイ米国事務所

https://image.jimcdn.com/app/cms/image/transf/none/path/sb2199e95fe10e2a1/image/ic5db444a6f9c9bc1/version/1418172866/image.jpg

『…軍作業における男性陣の労働力は非常に限られたものでしたが、建築作業の他に、物資の運搬などに従事する男性住民もいました。上の写真には、沖縄北部の山岳地帯に残っているアメリカ陸軍第27歩兵師団の為に、食料などの配給物資を背負って運ぶ沖縄住民の姿が写っています。この写真が撮られたのは8月1日ですので、沖縄本土での激戦こそ終わってはいますが、体力的にとてもきつく、また危険を伴う労働であることは想像できます。』

沖縄戦下の住民による「軍作業」 - Nichimy Corporation U.S. Office ニチマイ米国事務所

Photograph No.SC-370925 “In order to carry rations and supplies to men of the 27th Div mopping-up in the mountains of northern Okinawa, the 105th Inf Rect, under the command of Col Walter S Winn, formed two companies composed of native Okinawans supplied and paid by the military government.” 1 Aug 1945. Record Group 111SC; National Archives at College Park, MD. 

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/370922.jpg

労働班を編成する現地住民(1945年8月1日撮影)

Okinawan natives make up a Labor Bn.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

沖縄本島南部での軍作業

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/112-27-2.jpg

那覇の地元の作業員が、アース線を埋設するための溝を掘っている様子。(1945年8月1日撮影)

Native laborers at Naha, Okinawa, Ryukyu Islands, digging trenches, where ground wire will be laid.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/112-28-1.jpg

那覇の補給地区で働かされている地元の作業員。(1945年8月1日撮影)

Native labor being used at supply areas, Naha, Ryukyu Islands.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

www.huffingtonpost.jp