1945年 7月31日 『米陸軍と米海軍』

〝沖縄〟という米軍基地

『陸海軍の共同作戦としておこなわれた米軍による沖縄進攻作戦は1945年7月初めには完了し、7月31日をもって、陸海軍の統合作戦は終了することとなった。その前の7月21日から23日にかけて海軍太平洋艦隊司令部と陸軍太平洋軍司令部、つまり陸海軍の会議がグアムで開催された。統合参謀本部から、オリンピック作戦の準備と実施を促進するために、太平洋艦隊と陸軍太平洋軍は、琉球の米軍支配地域の管理、第10軍を含む琉球に位置する全米陸軍部隊、米軍支配位置の防衛の責任、現在太平洋艦隊に委ねられている陸軍航空隊に関連する責任を、8月1日より遅くない、可能なかぎり早い日に、陸軍太平洋軍に移管するように調整せよとの指令が出されたからである。沖縄攻略作戦は海軍のニミッツ提督が最高司令官を務める太平洋方面軍の指揮下に陸海軍が入って陸軍の統合作戦として実施されたが、それが終わり沖縄は陸軍に委ねられることになったのである。』(88-89頁)

《「暴力と差別としての米軍基地  沖縄と植民地ー基地形成史の共通性」(林 博史/かもがわ出版) 88-89頁より》

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/80GK-5973.jpg

ニミッツ海軍元帥。グアムの前衛艦隊司令部にある彼の執務室にて。(1945年7月撮影)

Flt. Adm. Chester W. Nimitz in his office at Advanced Fleet hdqtrs., Guam. July 1945.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

『太平洋艦隊は、琉球におけるすべての海軍と海軍航空施設の管理とその展開計画、海軍部隊の移動とその地域への補給、そのための港と荷揚げ施設についての責任を、両者の相互の合意にしたがって、維持するものとするとされ、琉球におけるすべての海軍部隊の管理は太平洋艦隊の管轄におかれると指令された。

ただし現在の作戦にできるだけ支障がないように陸海軍の活動が地理的に分けられた。たとえば、海軍が港湾の浚渫作業を担当し、那覇は45年11月までに完成させること、読谷飛行場建設にあたっている海軍建設部隊は8月15日までに現在のプロジェクトを完成させること、読谷のボロ飛行場の海軍建設部隊は、そのまま10月1日まで活動を継続し、その代わり陸軍の建設部隊を海軍に提供すること、南北道路については、金武からコザまでは海軍が、コザから港川までは陸軍が担当することなど陸海軍の間での分担を取り決めた(Advance Headquarters, The Commander in Chief, United States Pacific Fleet and Pacifc Ocean Areas, "Control of U.S.-held Areas in the Ryukyu," 23 July 1945.,0000111466, RG77/Entry305J/Box10)。』(89頁)

《「暴力と差別としての米軍基地 沖縄と植民地ー基地形成史の共通性」(林 博史/かもがわ出版) 89頁より》

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/13-46-4.jpg

海と空からの爆撃によって破壊された人口6万6千の那覇市。建物などの残骸は供給物資を運び入れるために一掃された。(1945年7月31日撮影)

Naha, the capital of Okinawa, was completely destroyed by Naval and aerial shellings. The area on the left was a city of 66,000 people. Debris has been cleared away to accomodate supplies.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

『…1945年10月23日に沖縄基地司令部が作成した「基地展開計画」が戦後最初のまとまった計画になる(Headquarters 5223rd Engineer Construction Bridge, "Okinawa Base Command Historical Report" 21 March 1946, 沖縄市史編集室所蔵資料)。ただこの計画は、6月20日付の陸軍太平洋軍の指示に対応して作成された計画であり、戦時中の計画の延長線上にある計画という性格もある。

沖縄に7つの飛行場、伊江島に1つの飛行場を軽・中・重の航空機の作戦を支援するために展開すること(牧港飛行場は総合補給廠に転換する)爆弾及び地上弾薬庫については、2万5千トンの爆弾の保管のための167個の標準掩体施設と起爆装置および火工品の保管のための1万平方フィート(929平方メートル)の防護された倉庫、1万2千トンの地上弾薬を保管するための10個の標準野戦貯蔵設備と起爆装置および火工品の保管のための1万平方フィートの防護された倉庫が計画されている。さらに通信施設として、15の電話交換施設、陸軍通信センター1か所、陸軍航空隊の通信システムなど、補給廠としては倉庫と店37万2千平方フィート、野外貯蔵施設770万平方フィート、冷蔵施設25万2千平方フィートが挙げられている。』(92-93頁)

《「暴力と差別としての米軍基地 沖縄と植民地ー基地形成史の共通性」(林 博史/かもがわ出版) 92-93頁より》

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/14-41-2.jpg

本島南西、那覇の北に完成した牧港飛行場。九州への爆撃を終え舗装駐機場で第7空軍航空機が点検を受ける。駐機場と誘導路の一部は建設途中だが、6000フィートの石灰岩仕上げの滑走路は低木で覆われた丘を切り開いて第874及び第1906工兵航空大隊によって6月1日から7週間で完成した。(1945年7月31日撮影)

The completed runway of Machinato airfield located on the southwest part of Okinawa just north of Naha City. 7th Air Force planes are parked on the hardstands and are receiving a check up after returning from a bomb run over Kyushu. Work was still going on at several parts of the hardstands and taxiways but the runway started by the 874th EAB and 1906th EAB on June 1st, and took about seven weeks to complete this 6000 feet coral surfaced strip from the hilly scrub-covered terrain. Okinawa, Ryukyu Retto, Machinato.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/14-43-2.jpg

第36海軍建設大隊のローラーとスクレイパーで最後の仕上げにかかる泡瀬飛行場。一方1945年7月31日に第20海軍建設大隊が海軍陸上機と艦載機用に使う舗装駐機場と誘導路は準備が整っている。東海岸の海軍飛行場建設は5月1日開始。石灰岩の表面で、3万フィートの誘導路と長さ5,000フィートの滑走路は11月1日には500の海兵隊航空機を受け入れる予定(1945年7月31日撮影)

Awase Airstrip receiving its finishing touches from rollers and scrapers of the 36th Navy Construction Battalion, while the hardstands and taxiways are being made ready to handle the Navy land and carrier based planes by the 20th Navy Construction Battalion on 31 July 1945. Site of this Navy strip is on the east coast of Okinawa, midway down the island, and construction was started on 1 May 1945. The strip has a coral base and surface is 5000 feet long with over 30,000 feet of taxiway to handle the 500 Marine planes which were expected there by November 1, 1945.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/13-46-3.jpg

沖縄本島、パープル・ビーチ付近の6号線沿いに広がる補給地区。補給所は物資を泥から守るためにサンゴで覆われている。物資を分類するためにローラーが使われている。(1945年7月31日撮影)

An aerial view of supply depots along Route #6 in the Purple Beach area, Okinawa, Ryukyu Retto. Supply areas are coral topped to keep supplies away from mad. Note rollers used in separating supplies into different classes.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

 

そのとき、住民は・・・

先島諸島沖縄戦

遭難した疎開民 ⑨

1945年6月30日石垣島から台湾へと疎開する人びとが乗った船団が西表島に向かった。その後、米軍機に発見されないよう、尖閣諸島を経由する航路で台湾へと向かうが、7月3日、船団は米軍機による掃射を受け、うち1隻は沈没し、多くの人びとが溺死した。

沈没を免れた船は、生存者を乗せて石垣島に引き返すつもりでいたが、7月4日魚釣島に漂着した。台湾を目指していた疎開民は、無人島の魚釣島で救助を待ちながら、サバイバル生活を送ることになった。疎開民は、それぞれが持っていた食糧を出し合って炊き出しをし、島に繁殖する野草や木の芽、カニやヤドカリを食した。

7月9日、数名が沈没を免れた船で助けを求めるために石垣に向かった。しかし、途中でエンジンが故障。船が漂流し始めたため、小伝馬舟に乗り移り、魚釣島に引き返した。そのため、外部との連絡手段は失われた。

無人島での生活は、母子、高齢者には過酷なものだった。

食糧は、どんどん尽きていく。人々の衰弱はひどくなり、餓死する者もで始めていた。1人、また1人と死んでいった。死者を埋葬しようにも、島は岩盤だらけ。遺体はクバの葉で包み、石で押さえるだけ。死臭が島を覆っていた。最初のころは皆、救出する船がやってくることを期待していたが、遭難生活が長引いてくると、そのような期待は捨てなければいけなかった。

石垣島に助けを求めようと、一度は船を出したこともあった。しかし、途中で故障したので船を放棄し、小舟で魚釣島に引き返すしかなかった。外部との連絡がつかず、「ここで死を待つよりない」と、そう思う者が多くいた。

ある日、母子だけの一家が食糧を探していると、小学3年生になる娘がスズメを拾ってきた。わずかばかりの肉片がこの夜、一家8人にとって素晴らしいごちそうとなった。こうした生活の中でも、母子だけのこの一家は、石垣島に残っている夫(父親)が行方不明になった自分たちを思い「気を落としているだろうなぁ」と気遣っていた。そんなある日、親子は海に向かって叫んだ。

「とうちゃーん…」
私たちは死んでいないよォ…
「きっと生きてかえるからね…」
「とうちゃんも死なないでよォ…」 

《  [71 尖閣諸島遭難(3)]餓死者の死臭 島覆う - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース 、[72 尖閣諸島遭難(4)]ついに“決死隊”編成 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース および 「八重山の戦争」(大田静男/南山舎) / 216頁より抜粋、一部要約》

 

収容所の学校 

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/370912.jpg

体育の授業で綱引きをする児童(1945年7月31日撮影)

School children playing tug of war during physical training period at Takesu.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/370913.jpg

教職員の会議風景(1945年7月31日撮影)

School teachers meeting at Takesu.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■