1945年 7月2日 『アイスバーグ作戦終了』

アイスバーグ作戦終了

1945年7月2日、米軍は沖縄占領を目的としたアイスバーグ作戦の終了を宣言し、次のターゲットを日本本土に定めた。1945年1月6日に作成された「第10軍作戦計画アイスバーグ(氷山)」は、米軍が沖縄戦に際して用いた総合作戦計画書である。この作戦は、米軍が日米開戦以降太平洋地域で展開した戦闘の経験や教訓を盛り込み、沖縄占領に引き続く日本本土上陸までを視野に入れたものだった

その中には、沖縄に軍事基地を確立すること東シナ海から中国沿岸部にかけて海路および空路の安全性を確保すること、日本に対して間断ない圧力をかけるとが目的であると記されていた。アイスバーグ作戦が終了したこの時期、アメリカ軍政府沖縄を統治する戦後行政が本格的にスタートした。(QAB/公文書館)

《 琉球朝日放送 報道制作部 ニュースQプラス » 65年前のきょうは1945年7月2日(月) および アイスバーグ作戦 – 沖縄県公文書館 より抜粋、一部要約》

http://www.archives.pref.okinawa.jp/wp-content/uploads/icebeag.jpg

アイスバーグ作戦計画書 1945年1月6日 (左)表紙 (右)第1章 概要

第1章 概要より
b.アイスバーグ作戦の目的は、
(1)(沖縄に)軍事基地を確立すること
(2)東シナ海から中国沿岸及び揚子江流域にわたる海路および空路の安全性を確保すること
(3)日本に対して間断ない圧力をかけること

アイスバーグ作戦 – 沖縄県公文書館 

7月2日琉球作戦終了が宣言された。

沖縄に払った代価は高かった。米軍側の損害の合計は、日本との戦争では、どの戦役での損害よりもいちばん大きかった。米軍損害4万9151人のうち1万2520人が、戦死または行方不明になり、3万6631人が負傷した。陸軍の損害は、戦死4582人、行方不明93人、負傷1万8099人、海兵隊の損害は、戦術空軍のそれもふくめて、戦死と行方不明2938人、負傷1万3708人、海軍戦死と行方不明4907人、負傷4824人であった。非戦闘損害は陸軍1万5613人、海兵隊1万598人で、艦船の損害は沈没36隻、破損368隻で、そのほとんどは空襲でうけた損害だった。また空中戦による米軍機の損害は、4月1日から7月1日までのあいだに763機であった。

勝利の代償が、こうも高かったのは、予想よりも、はるかに強大な力をもった日本陸軍に対し戦いを挑んだことであり、しかも、それが険しい地形に、驚くべきほど強固な砦がつくられていたこと、さらに米軍が本土から幾千キロも離れたところで戦ったことなどである。沖縄戦線は予期したよりもかなり長びいた。だが、米軍は沖縄の戦闘において、ふたたび、いかなる環境下でも、日本軍と戦えることを如実に示したのである。』(516頁)

《「沖縄 日米最後の戦闘」(米国陸軍省編・外間正四郎訳/光人社NF文庫) 516頁より》

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/14-21-1.jpg

沖縄にある司令部墓地の一つ。

One of the Island Command cemetaries on Okinawa, Ryukyu Retto.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

琉球攻略作戦は、多くの点で、アメリカがこれまで太平洋戦線で経験を通して学んだことの蓄積であった。それは、太平洋上の日本の前哨基地での長いあいだの戦闘から体得した教訓、つまり一致協力と、全軍攻撃力の結集上陸作戦戦術、そして、日本軍の戦術およびそれに対応すべき米軍の戦術など、これらいっさいを包含したものであった。

アイスバーグ作戦は3ヵ年以上の戦争で蓄積に蓄積を重ねた兵員や武器、飛行機などいっさいの軍事力を一緒にしたもので、したがって日本帝国内陣の堡塁に対しては、太平洋戦線でいまだかつて動員されたことのない陸海空軍勢力の大結集をはかり、さらに各軍の共同一致した作戦が必要とされたのである。』(28頁)

《「沖縄 日米最後の戦闘」(米国陸軍省編・外間正四郎訳/光人社NF文庫) 28頁より》

 

 

第32軍の敗残兵

国吉(くによし・くにし): 歩兵第32連隊第1大隊(大隊長・伊東孝一大尉)

『敬愛する雨宮師団長が戦死したらしいと知ってから数日後の7月初め、伊東は樫木副官と共に国吉集落の東側を見回りしていた。そこで島の南端から逃げてきたという2名の兵に会った。彼らは、軍司令官閣下が6月22日に自決されたと告げた。実際は23日の黎明だったが、その頃の伊東は知る由もない。』(253頁)

いまや第32軍は完全に崩壊した軍司令官も師団長もすでにこの世にいない。国吉台での乱戦の最中、知らない間に事態は逼迫し、結果的には取り残されてしまったのだ。伊東は混乱した頭で、ようやくそのことを理解した。

軍司令官の最後の命令がいかなるものであったか。師団長の命令は何だったのだろう。聯隊の命令もそれに準ずるはずだった。

のちに聯隊本部から聞いた師団長の最後の命令は、次のようなものだった。

各部隊は現陣地を死守し、最後の一兵まで敵に出血を強要せよ

しかし聯隊からは何も発令されていなかった。

最後の一兵まで敵に出血を強要せよ---。伊東大隊は確かに現陣地を守り通し、なお100名の兵がいた。しかしほとんどが負傷兵で、兵器は大隊の拠点7か所を合わせて小銃が十数梃に過ぎない。

いったい何ができようか!

出血を強要する力は、体力と共に、日ごとに衰えていった。

この頃になると、食糧の欠乏も目立ってきた。

敵から奪った食糧や民家に捨てられていた食糧、あるいは陣地周辺の芋だけが、伊東たちの命をつないでいた。』(254-255頁)

昼は米軍の掃討を防ぎ、夜は芋を掘る生活が始まった

いくらか元気な兵が、炊事婦たちと共に芋を掘り、炊事をした。彼女たちは戦闘が激烈な間は壕の奥に隠れていたが、夜になると得意の芋掘りで伊東たちを養ってくれた。かすかな星明りで、葉によって芋の良否を判断しては良い芋を掘り当てている。兵たちは、芋掘りにおいてはとても彼女たちに敵わなかった。大隊本部だけでなく、指揮下の各隊も似たような状況だった。

昼は防戦、夜は芋掘りの日々が続く

伊東は師団長の命令が心に重くのし掛かっていた。

敵に出血を強要せよ---。

しかし兵たちは傷病の身体である。伊東もまた、中頭で罹っていたアメーバ赤痢が再発し、下痢に苦しんでいた。

…薬品はなくなっていた。そこで師団の軍医部の壕に行けば入手できると思い、軍医たちが敵の間隙を縫って4キロも南へ潜入し、成功して帰ってきた。この薬品は、多くの兵の治療に役立った。』(256-257頁)

《「沖縄戦 二十四歳の大隊長 陸軍大尉 伊東孝一の闘い」(笹幸枝/Gakken) 253、254-255、256-257頁より》

 

 

そのとき、住民は・・・

先島諸島沖縄戦

遭難した疎開民 ③

7月2日午後7時ごろ、第一千早丸(友福丸)と第五千早丸(一心丸)は、前日に入港した西表島(いりおもてじま)の船浮(ふなうき)港を出て、尖閣諸島経由で台湾の基隆(キールン)港を目指した疎開民を乗せた2隻のほかに、もう1隻の小さな船も船団に加わり、3隻で台湾へと向かったが、この船には負傷兵らが乗船しており、与那国島経由の航路をとった。(尖閣諸島遭難・2)

《 [70 尖閣諸島遭難(2)]米軍機の機銃浴びる - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース より抜粋、要約》

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/c/c0/Funauki_iriomote_island.jpg

船浮
手前が白浜港。右手の島が内離島。その奥に船浮湾を挟んで船浮が見える。』

船浮 - Wikipedia

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

www2.nhk.or.jp

 

琉球朝日放送 報道制作部 ニュースQプラス » 65年前のきょうは1945年7月2日(月)