1945年 6月16日 『イモとサトウキビ』

南進する米軍

最後の追い込み

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/80-03-3.jpg

前線へ向けて那覇飛行場を行軍する第2海兵師団第8連隊(1945年6月16日)

Marines of the 8th Regiment, Second Division, on their way to the front on Okinawa, march across Naha airfield.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

『米軍にとって、玻名城の山を占領し、八重瀬岳の外郭を奪ってのちというものは、牛島中将の地下壕と米第24軍団とをへだてるものは、なだらかな高地台だけであった。捕虜によると、牛島中将の本部は、軍団の作戦区域内最南端にある巨大な珊瑚礁の岩山内にあった。この岩山は、テーブル型で、頂上は大体同じ高さ、岩肌がところどころむきだしに見えている。岩山の中には、グループになっているところもあり、そういうところは、一つの防壁となっていた。そのほか、あちこちに灌木や草むらに中から頭を出し、あたかも地面から生えているような岩があった。日本軍が2、3個の要塞をつくれるくらい大きな岩山があった。こういう大きな岩山が一つの八重瀬岳であり、また一つは与座岳で、第96師団作戦区域の北端にあるものだった。』(496頁)

『…与座岳は、…6月16日に陥落し、おなじ日に第17連隊と第32連隊は、153高地と115高地を占領した。それでも、日本軍が完全に敗れるまでには、もう一度、激しい戦闘の日を迎えなければならなかった。』(497頁)

《「沖縄 日米最後の戦闘」(米国陸軍省編・外間正四郎訳/光人社NF文庫) 496、497頁より》

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/270800.jpg

153高地付近の状況を観察する第7師団の兵士

Men of 7th Division looking over the situation near Hill 153.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

第32軍の動向

軍司令部: 摩文仁(まぶに)

『今や軍司令部といえども、食糧の蓄えは十分でない。軍管理部長葛野中佐は、各人1日握り飯1個に制限してしまった。…若い人たちは、飢餓感を制しきれぬ。皆危険を承知の上で、夜になると洞窟を抜け出し、付近の畑から甘藷砂糖黍を失敬してくる。ときには大豆などの獲物もある。…当番兵は、日が暮れると競って食糧探しに出かける。甘藷小指大のものが多かったが、夜ふけってそっと持ってきてくれる茹でたての2つ3つが、実に美味である。

砂糖黍も、軍司令官以下皆でよくかじった。司令官や、薬丸は鹿児島育ちで、かじりかたが上手だ。薬丸の手ほどきで私も直ぐ要領を呑み込んだ。…戦前、敵来攻後の沖縄の食糧問題が議題になった際、若い県の農事課長が、「沖縄はニューギニアなどとちがい、甘藷と砂糖黍があるから戦が始まっても心配はいりません」と主張したものだ。今や我々は、彼の予言通りの恩恵に浴しているのだ。』(382-383頁)

 《「沖縄決戦 高級参謀の手記」(八原博通/中公文庫) 頁より》

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/88-40-1.jpg

サトウキビ畑に発煙手榴弾を投げ込み、日本兵が出てくるのを待つ海兵隊員。(1945年6月16日撮影)

Marines waiting for Japs to emerge from cane field, into which smoke grenades have been thrown.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

崩れゆく防衛線

『牛島中将最後の軍隊は、首里戦場の瓦礫とともにくずれ去った。南へ撤退していった戦闘部隊、そして使役部隊の兵隊たちは、毎日千人ずつ餓死した。生き残ったものは、死ぬまで戦ったが、しかしそれは、沖縄南部の日本軍最後の砦めざして、荒れ狂うように進撃する米軍の前には、部隊間の共同戦線も張れず、防備らしい防備もできぬ、単なる兵の集団にすぎなかった。』(495-496頁)

《「沖縄 日米最後の戦闘」(米国陸軍省編・外間正四郎訳/光人社NF文庫) 495-496頁より》

6月16、17日ごろ、混成旅団は与座、仲座の西端ならびに105高地付近において、旅団司令部を中心に残存の僅少な勇士らが細々と抗戦を続けているに過ぎない。

          潔く105高地の花と散り  九段の杜に返り咲きせむ

と鈴木少将が、辞世を送ってこられたのはこのころのことである。

思い見よ!この10日あまりの間に混成旅団の正面に投入した兵力は6千を下らない。その多くが小銃竹槍のような原始的兵器をもって4万トンの戦艦より撃ち出す40サンチ砲弾や、空を掩う敵の銃爆撃、幾百の戦車群、幾十万発と惜し気もなく撃ち込んでくる敵陸上砲に抗し、怨みを報いるに術なく、朝霧の如く消え去るさまは真に千秋の恨事である。』(400頁)

《「沖縄決戦 高級参謀の手記」(八原博通/中公文庫) 400頁より》 

 

国吉(くによし・くにし): 歩兵第32連隊第1大隊(大隊長・伊東孝一大尉)

6月16日、敵は朝から伊東たちの壕に猛攻を加えてきた。友軍はもとより、大隊の麾下諸隊の状況も一切不明である。』(244頁)

《「沖縄戦 二十四歳の大隊長 陸軍大尉 伊東孝一の闘い」(笹幸枝/Gakken) 244頁より》

 

沖縄県: (沖縄県知事・島田叡)・沖縄県警察: (警察部長・荒井退造)

沖縄県の島田知事と荒井警察部長の一行は、6月3日以降、最後の県庁・警察壕となった真壁村伊敷集落にある自然壕、「轟の壕」に辿り着いていた。6月7日、島田知事は警察部を含む沖縄県庁の解散を決定した。(投稿者注: 解散日に関しては、諸説あり) 

島田知事は、兼ねてから最後は軍と共に行動を取ると考えていたことから、摩文仁の司令部壕へ行くことにする。

『…豊見城村に居た那覇署も、高嶺村に居た糸満署も、申し合わせたように移って来たが、それを追うように避難民の出入りも激しくなった。いきおい敵の偵察機が注目するようになり、海上の艦艇から砲撃されるようになって、壕内外で死傷者が出始めた。食糧難の避難民は、夜になると壕外の畑へイモサトウキビを取りに出掛けたが、これも狙われた。

そんなある日、陸軍の衛生隊の一団14、5人がなだれ込んだ。入ってくるなり傍若無人の振る舞いで、包帯交換を頼みに来た他部隊の負傷兵を追い返す冷淡さとは裏腹に、看護婦とは思えない連れの女性には、やけに親切だった。その様子を苦々しげに見ていた島田知事は、吸殻入れにしていた空缶をキセルで不機嫌そうに叩いていたという。「軍医殿」と呼ばれた准尉は「戦場に役人や警察官なんか要らない。この壕は野戦病院として使うから立ち退け」と言い放った。隈崎が「我々は軍司令部から『与座岳以南で県民指導に当たれ』との指示を受け、ここに居る。軍司令部の指令書があれば、いつでも壕を譲る」と反撃すると効果てき面。翌朝、…この一団は姿を消していた。』(377頁)

『こんな状況の中で島田は、軍司令部と共に摩文仁の壕に入っていた毎日新聞の野村那覇支局長へ使者を送った。』(378頁)

野村那覇支局長の記録:

『〈島田さんから伝令が来て〝会いたい〟といって来た。早速、真壁(伊敷の轟の壕)に島田さんを訪ねたところ、〝やはり自分は軍司令官と最後の行動をとりたい摩文仁へ案内してほしい〟ということであった。翌日の未明、島田さんを案内して摩文仁の壕に牛島軍司令官と長参謀長を訪ね、そのまま島田さんはすぐ近くの軍医部壕に入った。…〉』(378頁)

《「沖縄の島守 内務閣僚かく戦えり」(田村洋三/中央公論新社) 377、378頁より》

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/c/cb/Akira_Shimada.jpg

沖縄県知事 島田叡(しまだ・あきら)

島田叡 - Wikipedia

『島田が摩文仁の丘の軍司令部壕へ行くことになった6月16日、同行の県庁・警察部職員4人は「長官と最後まで行動を共にさせてください」と懇願した。しかし、島田は知事官房の代表者である…官房主事にはそれを許したが、…秘書官、…警護官には「君たちは若い。生きて沖縄再建のために働きなさい」と聞き入れなかった。』(388頁)

警護官の回想:

 『「あの日は夜明けと共に、轟の壕を出ました。米軍の艦砲射撃が本格的になる午前7時までに行き着こうというわけです。轟の壕がある伊敷の丘陵を南へ突っ切り、古波蔵集落の東端をかすめて糸洲ー伊原ー米須ー小渡(現在の大度)ー摩文仁へと、丘陵地帯の山裾を拾って歩きました。道中は至る所、電線が垂れ下がり、県民や兵士の遺体が累々と横たわっていました。その一体、一体に長官は手を合わせておられた。少しやつれてはおられたが、動作は相変わらず機敏であられたですねえ。摩文仁では先ず、軍司令部の壕を訪問されました」(389頁)

「知事さんが軍司令部壕に入られ、私たちが表で待っていた時間は15、6分でした」(390頁)』

《「沖縄の島守 内務閣僚かく戦えり」(田村洋三/中央公論新社) 388、389、390頁より》

県出身将校の回想:

『今でも忘れられない光景を参謀長室で見た…衛兵が守るようにして立っている室内には、1本のローソクに揺れながら二つの人影が見えた。

「じっと見ると、こちら側を向いているのは長(勇)参謀長、背中が見えるのは国民服を着ている小柄な人だった」。参謀長は真剣な表情だった。向かい合って話す2人の言葉は聞きとれなかったが、深刻な話であることはうかがいしれた。…「あれは島田叡知事が最後のお別れにあいさつに来たものと思う。民間人が近づける壕ではなく、知事であればこそ長さんと、あんなふうに話し合えたのだろう」』

[121 32軍司令部壕(6)]島田知事最後の別れ - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース

軍医部壕の薬剤中尉の証言:

『「島田さんに初めてお会いしたのは昭和20年の2月上旬、着任されてまだ1週間くらいの時でしたが、今度の知事は死ぬ覚悟で来た、大した男だ、といううわさが軍司令部内にもとどろいていましてね。会った第一印象も、その通りでした。4か月ぶりに軍医部の壕で再開した時、司令部壕の方が広くて堅固なのに、なぜ狭くて貧弱なこの壕へ来られたのかな、と不思議に思いましてね、私、島田さんに直接、聞いたんです。すると『牛島司令官が、こちらへ行け、とおっしゃったので参りました』と言われた。

それ以上の理由はご自身では話されなかったが、戦後、…高級参謀の八原さんを…訪ねた時、改めて聞きました。それによると、島田さんは司令部壕に牛島司令官と長参謀長を訪ねた時、『最後の行動を共にさせていただきたいので、この壕に居らせてほしい』と頼まれたそうです。ところが、司令官は『自決するのは我々だけでよろしい知事は行政官で、戦闘員ではないのだから、ここで死ぬ必要はありません』と言われた。司令官としては島田さんに軍司令部壕に居てもらうと、危機が迫った時、自決しかねないと思われたようで、軍医部の壕に入るよう言われたのです」』(390-391頁)

 《「沖縄の島守 内務閣僚かく戦えり」(田村洋三/中央公論新社) 390-391頁より》

 

捕虜になった日本兵

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/12-52-2.jpg

洞穴から日本兵を引きずり出した海兵隊第1師団偵察部隊第5大隊隊員(1945年6月16日)

Marines of 5th Battalion, Recon Company, 1st Division, flush out Jap soldier from cave.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

 

そのとき、住民は・・・

http://www.nhk.or.jp/okinawa/okinawasen70/picture/style/img/detail32_img.jpg

沖縄戦の絵】「家族を守ろうとした父」

『昭和20年6月、砲弾のさく裂する中、母に手を引かれ那覇市首里から糸満市摩文仁に向けて避難した。壕という壕は避難者であふれ、ようやく石を簡単に積み上げ、上にサトウキビを置いた豚小屋を見つけ、中に入った。20人ほどが身を寄せ合っていた。しばらくして隣の豚小屋にいた日本兵が腰を低くして逃げていくのが見えたその時、戦車で迫ってきた米軍が日本兵めがけて豚小屋に無数の手榴弾を投げ込んだ。豚小屋も攻撃されて死者が出た。家族や小屋の人たちを守ろうと、病弱だった父親が両手をあげて外に出て行ったが銃で撃たれた。ひん死の重傷と悟ったのか、手榴弾で「自決」した。銃撃と手榴弾で両親ときょうだい4人、それに小屋の人たちの命が一瞬にして奪われ、姉と自分だけが生き残った。亡くなった家族を思い、収容所で来る日も来る日も泣いていた。「戦争のことは忘れたことは無いが、語りたくもなかった。しかし平和の大切さを若い人に感じてほしいと思って、幼いころの記憶をたぐって絵にした」』

家族を守ろうとした父 | 沖縄戦の絵 | 沖縄戦70年 語り継ぐ 未来へ | NHK 沖縄放送局

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/125368.jpg

死者の墓を掘る地元民を見守る海兵隊員。死因の大半は日本軍から食糧や適切な治療を受けられなかったことによる。(1945年6月16日)

Marine stand guard as Okinawans dig grave for their dead. Many of them died from starvation and lack of medical treatment from Japs.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

避難民のすべてが虱をわかしていた。頭髪にわく虱とは異なった白い虱で、年寄りはー「厄虱」と呼んでいた、白い虱は着衣のぬい目に食い込むようにして、ぎっしりと並んでいた。

…虱から連想するのはサトウキビである。関係のないこの二つのものがつながるのは、時期的な関係からであろう。虱をわかしていたころ、サトウキビをかじっていたのである。海岸から上がると、すぐそこにサトウキビ畑があるという情報が流れた。

サトウキビは植えたものの、製糖どころではなかったキビ畑は手付かずのままだったようだ。サトウキビの汁は疲れきった体にしみ入るような甘さだった。』(56頁)

《「狂った季節 戦場彷徨、そしてー。」(船越義彰/ニライ社) 56頁より》

  

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

 

琉球朝日放送 報道制作部 ニュースQプラス » 65年前のきょうは1945年6月16日(水)