1945年 5月29日 『首里城に侵入した海兵隊』

首里に迫る米軍

中央戦線

首里(しゅり)高地首里城

5月29日の午前7時30分、第5海兵連隊第1大隊は進撃を開始し、偵察隊が前の日に、日本軍の防備が薄くなっているらしい、と報告していた首里高地(山川、寒川付近)をめざしていった。この高台地は簡単に占領された

第1大隊は、今度は首里の東側に回って高台に立った。首里城はいまや米軍前線から、ほとんどまっすぐ西へ、わずか650メートルないし750メートルのところにある。見たところ、このあたりはまったく防備がなされていない。城さえ、ただ歩いていくだけで占領できそうであった。第1大隊の指揮官は、ただちに連隊長に連絡し、進撃して首里城内に入りたい旨、許可を求めた。

許可が下った。そして、この日の朝のうちに、第5海兵連隊のA中隊は、首里城めざして進撃していった。首里城・・これこそ、米軍が長い間、沖縄の日本軍のシンボルとして、ねらってきたものであったのだ。午前10時15分首里城はA中隊によって占領された。他の海兵隊も防備の薄いところを通って首里に入ってきた。』(432頁)

《「沖縄 日米最後の戦闘」(米国陸軍省編・外間正四郎訳/光人社NF文庫) 432頁より》 

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/80-08-4.jpg

首里城の城壁に立つ第1海兵師団の兵士

Marines of the 1st Marine Div. stand on the walls of Shuri Castle.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

29日午前9時ごろ、第5連隊第3大隊は首里高地に攻め込んだ。L中隊が先陣を切り、すぐあとにK中隊とI中隊が続いた。その少し前には第5連隊第1大隊のA中隊が東進して首里城趾に突入南部連合軍の旗を掲げていた。日本守備軍の抵抗拠点に南部の旗が揚がったことを知って、南部出身者はそろって歓呼の声をあげた。北部出身者は不満の声をもらし、西部出身者はどうしたものかと迷っていた。

その夜、首里城付近に壕を掘って休むわれわれの心は、達成感に満ちていた。首里を制圧するという戦略が作戦を遂行するうえでいかに重要か、誰もが知り抜いていたからだ。今は廃墟とかしているけれど、アメリカ軍の絶え間ない砲撃に破壊されるまでは、首里城の周辺が風光明媚な土地だったことはうかがい知れた。城そのものは惨憺たるありさまで、元の外観はほとんど想像もつかない。辛うじてわかるのは古い石造りの建物だったということ、それにテラスや庭園らしきものと外堀に囲まれているということだけだ。瓦礫のあいだをぬって歩きながら、私は石畳や石造物、黒焦げになった木の幹を見つめた。以前はさぞ美しかっただろうに、と思わずにはいられなかった。』(415-416頁)

《「ペリリュー・沖縄戦記」(ユージン・B・スレッジ: 伊藤真/曽田和子 訳 /講談社学術文庫) 415-416頁より》 

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/80-06-3.jpg

首里城攻略後、かつてこの(日本軍の)要塞を囲む小さな森だった場所で休憩する海兵隊員。遠景左は首里城中庭であった場所。右手は破壊された日本軍の司令部車輛。

Marines who took Shuri castle rest in what had been a grove of trees that surrounded the bastion. On the left background is the former Shuri parade ground. At right are wrecked Japanese command cars.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

『第1海兵師団は、はからずもその所属部隊が首里に進入してきたので、午前9時30分、陸軍の第77師団戦線のつぎにいた第1連隊に命令して、大名丘陵を素通りして南西にまわり首里で第5海兵連隊の第1大隊と交替するように指示した。

第1海兵連隊の移動は、第3大隊が先発して、第1大隊はそのあとにつづいた。日本軍陣地を右に見ながら、2個大隊は、夜までには首里南側で陣地を確立した。首里城に入城した第1海兵師団の一部は、そこが第77歩兵師団の作戦区域であったにもかかわらず、同師団に連絡もせずに移動したため、第77師団はやがて予定どおり首里城一帯を爆撃するところだった。かろうじて海兵隊の通過を知って、爆撃を止めたほどであった。』(432-433頁)

《「沖縄 日米最後の戦闘」(米国陸軍省編・外間正四郎訳/光人社NF文庫) 432-433頁より》

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/272379.jpg

敵との距離を縮めるために首里戦線を前進する兵士

Men moving up into Shuri line to fill gap.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

中央〜東部戦線

この戦線にいた日本軍は、首里を撤退する司令部を掩護するため、米軍の進撃に対し「死にものぐるい」の抵抗をしていた。そのため、ここ数日間の戦況に変化はなかった。

南風原(はえばる)・与那原(よなばる)・コニカル・ヒル: (運玉森・うんたまむい)

『南東のほう、第184歩兵連隊の前では、日本軍はカラデーラ村落後方の山中で、5月28日から29日にかけて、引きのばし戦術に出ていた。』(415頁)

《「沖縄 日米最後の戦闘」(米国陸軍省編・外間正四郎訳/光人社NF文庫) 415頁より》

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/407742.jpg

与那原の南側の家々を回る第184歩兵連隊の偵察兵 (1945年 5月29日撮影)

Scouts of the 184th Infantry Regiment, going through houses in the town south of Yonabaru.
写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

 

第32軍の動向

最前線に戻った海軍部隊

第32軍司令部の首里撤退に伴い、南部へ退却していた海軍部隊だったが、それは退却計画とは違う行動だと指摘され、28日、陣地がある小禄半島に戻った。しかし、南部への退却前に小禄半島にすえていた重火器類は破壊しており、米軍と応戦するはずの兵のほとんどは、戦闘訓練のない〝槍部隊〟だった。

沖縄方面根拠地隊(沖根): 小禄(大田実海軍少将)

小禄に帰った沖特陸は陣地の回復に躍起となったが、重火器類の破壊が、やはりこたえた。』(397頁)

《「沖縄県民斯ク戦ヘリ 大田實海軍中将一家の昭和史』(田村洋三 / 光人社NF文庫) 397頁より》

戦闘概報:

5月29日   部隊は小禄地区に復帰を完了する。敵兵約50人が、那覇市内の第一波止場、及び北明治橋付近に出現するのを望見する。』(91頁)

《「沖縄 旧海軍司令部壕の軌跡」(宮里一夫著/ニライ社) 91頁より》

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/91-24-4.jpg

小禄半島--小禄半島の東側沿岸部の丘には、カモフラージュネットの下に補強された壕が見える。この壕はロケットランチャーが配備されており、奥行きは25フィートであった。第6海兵師団がこの壕を攻略した時には、何の武器も発見されなかった

OROKU PENINSULA--Hill along the eastern border of Oroku Peninsula showing a heavily revetted cave with camouflage net. This cave was a rocket launcher position. The dimensions of the position are 25'. No equipment was discovered in the position when it was taken by Marines of the 6th Marine Division.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

南部への移動

軍司令部: 津嘉山(つかざん)

八原高級参謀の回想:

29日も梅雨空だった。摩文仁に先行した木村、三宅両参謀から、「摩文仁の洞窟は、軍の戦闘司令所としての機能を発揮せず」との電報がきた。「機能を発揮せず」の文句に参謀長も私もむっとした。通信連絡が思うに任せぬという意味ではあろうが、なんだか後方関係参謀の作戦関係参謀に対する、軽い反発が感じられる。今や、軍の最後の防御陣地だ。首里軍司令部におけるような贅沢は言っておられんのだ。第24師団司令部も、予定通り津嘉山に退ってきた。杉森参謀の報告によれば、同師団の後方整理は順調に進捗し、長堂および宮平付近にある小銃弾薬のほかはほとんど軍需品の全部を退却地域に後送し得るとのことである。

一時連絡途絶えていた第62師団の状況も、ぼつぼつ判明し始めた。左翼有川旅団は、特設第3連隊の線に兵力を増強し、右翼中島旅団も高平北方地区に逐次投入された諸隊を掌握して、一連の戦線を構成し、賀谷大隊は真境名より大里方向に積極的行動を開始したらしい。退却攻勢は絶望になったが、敵のわが右側背に対する突破侵入を阻止し軍の退却を掩護する態勢は一応整った。さすがに今日は、軍司令部の出発準備で壕内はごったがえしている。後方機関だから糧秣は量、種類ともに豊富だのに、戦闘部隊に遠慮して、今まで1日2食で頑張ってきた人々。彼らもこれからは戦列部隊なみに、最後の地に向かって出発するのだ

軍首脳部は、野戦兵器廠の木炭自動車2台に分乗し、今夜21時出発、爾余の者はできる限り糧秣を背負うて、日没とともに徒歩で進発することに決まった。

日が暮れるとともに、徒歩者は逐次出発し、壕内はひっそり閑となった。津嘉山下をクモの巣のように掘りめぐらした大洞窟も、今や人気稀に、怪奇の感がひしひしと身に迫る。静かに自室に座して出発の時間を待つ。』(360-361頁)

《「沖縄決戦 高級参謀の手記」(八原博通/中公文庫) 360-361頁より》

 

住民対策

沖縄県: (沖縄県知事・島田叡)・沖縄県警察: (警察部長・荒井退造)

『秋風台の東約1.5キロの高嶺村与座に司令部を置いていた第24師団(略号・山兵団、旭川編成、雨宮巽中将)から島田知事のもとへ「軍民協議会を開きたい」との緊急連絡が届いたのは、5月29日である。島田は例によって…警護官1人だけをお供に連れて同夜、与座へひた走った。

…そのころ、与座の東約1キロの東風平村上高良集落に避難していた後方指導挺身隊本部の…隊長と…人口課長も、会議に呼ばれた。

…軍は「与座岳(標高168メートル)と八重瀬岳(同、183メートル)を拠点に反撃を試みることになったが、地方人(軍隊用語で言う民間人)がこの地域にいては作戦の邪魔になる。そこで早急に彼らを安全地帯の知念玉城方面へ立ち退かせて欲しい」という要求だった。島田をはじめ県側首脳はこの時、初めて、県民を戦禍から救うために知念、玉城方面が安全地帯として指定されたことを知らされたのである。』(350-351頁)

《「沖縄の島守 内務閣僚かく戦えり」(田村洋三/中央公論新社) 350-351頁より》

 

 

 

そのとき、住民は・・・

『南部には兵士だけではなく、行き場を失った住民たちも殺到していた。アメリカ軍は沖縄本島を東西に貫く攻撃ラインを作り、これを徐々に南下させ日本軍を追い詰める作戦をとっていた。住民がこの攻撃ラインをかいくぐって戦闘が終結している本島北部に逃げることは極めて難しく住民は南に逃げるしかなかった。梅雨の時期に入り、時折亜熱帯特有の激しい雨がたたきつけるように降りしきるなか、本島南部は撤退してきた日本軍の将兵と戦火を逃れてきた住民たちがひしめき合う状態になっていった。』(148頁)

南部で避難民を目指した住民の証言:

『「夜はもう右往左往ですね。前に行く人もいるし、逆に戻る人もいるし。子どもが戦争で親をやられてですね。裸になって、道を歩いているのが印象的でしたよ」』(149頁)

NHKスペシャル沖縄戦 全記録」(NHKスペシャル取材班/新日本出版社) 148、149頁より》

http://www.nhk.or.jp/okinawa/okinawasen70/picture/style/img/detail36_img.jpg

沖縄戦の絵】「大きな葉を傘にした幼い2人

『…昭和20年5月ごろ、八重瀬町与座のがけの下の岩陰、樹木が生い茂るところに、家族や親せきと14人で避難していた。水くみの時、墓の周りに横たわる何人もの重傷の日本兵たちを見た。 ある大雨の日、岩陰で茶碗を洗っていると、大きな棒を両手でつかみ杖代わりにして歩く日本兵がいた。服はぼろぼろ、片足が半分以上切れ、血を垂らしていた。大きな葉を傘代わりにして立っている5歳くらいの男の子と3歳くらいの女の子もいた。2人はしっかりと手をつないでいた。「親とはぐれたのだろうか」と気になってしかたがなかった。その時いきなり、迫撃砲が飛んできた。…背中には砲弾の破片が食い込んだが、手当てを受けて命はとりとめた。落ち着いてから2人の幼子を見に行ったがどこにもいず、片足をけがした日本兵も見つからなかった。今でも手をしっかりと握り雨の中に立つ幼いきょうだいを忘れることができない。 』

大きな葉を傘にした幼い2人 | 沖縄戦の絵 | 沖縄戦70年 語り継ぐ 未来へ | NHK 沖縄放送局

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■