1945年 4月30日 『海兵隊の南下』

南進する米軍

部隊交替と海兵隊の南下

首里第2防衛戦の攻撃が行われている最中、4月の末には、第7師団をのぞく全米軍の前線では、疲労困憊した部隊の大きな入れ替えがあった。西側の第27歩兵師団は第1海兵師団がとってかわり、中央部の第96歩兵師団は第77師団と交替した。この師団交替は4月30日までには完了し、第7師団は前線に残って、第96師団が10日間の休息をしてから交替した。』(276頁)

4月30日第1海兵師団の第1海兵連隊は、西海岸で第165歩兵連隊と交替し、またつぎの日には第5海兵連隊が第105、第106の両歩兵連隊が守っていた前線と交替することができた。』(277頁)

《「沖縄 日米最後の戦闘」(米国陸軍省編・外間正四郎訳/光人社NF文庫) 276、277頁より》

http://ibiblio.org/hyperwar/USMC/USMC-C-Okinawa/img/USMC-C-Okinawa-p8.jpg

THE FINAL CAMPAIGN: Marines in the Victory on Okinawa

 

前田(まえだ)・浦添丘陵: 第307連隊第1大隊(大隊長・クーニー大佐)

『クーニー大隊は、4月30日の夜から5月1日の夜陰に乗じて、浦添丘陵に到達しようと、長さ15メートルの梯子と、海軍から荷揚げ用のネットを借りてきて使った。まずA中隊は、東側から試みたが、丘は登りきらぬうちに全員が射殺されるか、あるいは負傷してしまった。一方、西側のB中隊は、どうにか成功し、午前零時ごろまでには2個小隊が、いちおう頂上に達したが、これも着くと同時に、日本軍のはげしい反撃の前に退却せざるを得なくなった。(293頁)

《「沖縄 日米最後の戦闘」(米国陸軍省編・外間正四郎訳/光人社NF文庫) 293頁より》

 

幸地(こうち): 第17歩兵連隊

4月30日の朝、E中隊は、もとG中隊がいた線に陣どり、そこから前進を開始した。すると、突然、8時45分ごろ、両側の丘や前面の機関銃陣地から、およそ8梃ほどの機関銃で交差銃撃をうけ、つづいて迫撃砲の集中砲火をあびた。損害は大きかった。…兵をおおいかくすために使用した煙幕は一陣の風で吹き流され、負傷者だけでなく、傷をうけていない者さえ敵陣の前にさらけだされて逃げだすすべもなく、救援部隊さえ進撃することができなかった。ついに負傷兵の救急措置として小型飛行機を飛ばし、日本軍の面前で30メートルの上空から医薬品を投下するという方法に出た。こうして負傷者の大方は日が暮れてから原隊に復することができた。』(283-284頁)

《「沖縄 日米最後の戦闘」(米国陸軍省編・外間正四郎訳/光人社NF文庫) 283-284頁より》

 

翁長(おなが): 第17歩兵連隊

西原村翁長方面の丘腹では、I中隊が午前11時ごろ、およそ25名からなる日本軍の反撃をうけて5名が戦死し、11名が負傷した。その同じ日に艦載機コルセアが、第17連隊の前線後方を、日本軍とまちがえて盲爆し、このため6名が死亡、19名が負傷するという悲劇を生じた。まったく4月30日は、第17連隊にとって魔の日だったのである。』(284頁)

《「沖縄 日米最後の戦闘」(米国陸軍省編・外間正四郎訳/光人社NF文庫) 284頁より》

 

小波(こはつ)

『第32歩兵連隊の第1大隊は、4月30日の朝まだき、攻撃を開始して、C中隊をして小波津村落北西部にある〝煙突山〟を占領させ、またA中隊を村落南西側にある〝ルーレット・ウィール〟山を占領させることに成功した。』(285頁)

《「沖縄 日米最後の戦闘」(米国陸軍省編・外間正四郎訳/光人社NF文庫) 285頁より》

 

 

第32軍の動向

再び攻勢へ

軍司令部

軍司令官は、5月4日に軍主力をあげて攻勢を実施することを決定した。攻勢計画の方針と概要は、次の通りである。

方針

第32軍は総力を結集し、5月4日黎明に右正面から攻勢を開始。重点を右翼第24師団に保持しつつ攻勢を行い、普天間東西の線以南において米第24軍主力を撃滅する。』(164頁)

《「沖縄戦 二十四歳の大隊長 陸軍大尉 伊東孝一の闘い」(笹幸枝/Gakken) 164頁より》

http://www.ibiblio.org/hyperwar/USA/USA-P-Okinawa/maps/USA-P-Okinawa-37.jpg

日本軍の総攻撃計画図

HyperWar: US Army in WWII: Okinawa: The Last Battle [Chapter 12]

概要:

『「まず逆上陸部隊をあげて、米軍の後方を攪乱させる。攻撃開始の前夜には、米軍戦線内約2キロの深さにわたって、多数の挺身斬込隊を出し、米軍の内部を混乱させる。一方、軽機関銃を中心とする小銃部隊多数を、斬込隊とともに潜入潜伏させ、攻撃させる。攻撃開始当日。東部戦線で、黎明攻撃。煙幕を大規模に使い夜が明けても、できるだけ長く黎明の状態におく。第1線部隊は、夜が明けるまでに、相当の深さまで米軍の内部突入を終わらせておく。つまり、各方面から部隊をもぐりこませ、各部分で敵味方入りまじらせ昼間も米軍の砲爆撃ができないようにし、両軍を互角の立場におき、そこでわが得意とする近接戦闘で米軍を撃滅する。このとき、軍砲兵隊は徹底した集中砲火を浴びせ、攻撃部隊を支援する」

これが、日本軍が優勢な米軍に勝つ方法であり、32軍の独創的な戦法であった。…各部隊は、4月30日に軍司令部から示された攻撃計画にもとづいて、攻撃準備をはじめた。問題は、攻撃の主軸となる24師団が(もちろん62師団も同じだが)、62師団と交替して第1線となり、第3次総攻撃をかけている米軍との激烈な交戦に手一杯で、それとは別な攻撃準備を整えることが非常にむずかしかった。とくに、この攻勢計画の支点とされた前田仲間高地は、米軍と激闘がつづいており、味方に大きな損害を出しながらも、頑強に、戦線を維持している場所だったことであった。』(243-244頁)

《「沖縄 Z旗のあがらぬ最後の決戦」(吉田俊雄/オリオン出版社) 243-244頁より》

 

北部戦線

沖縄本島北部: 国頭支隊(支隊長・宇土大佐)

4月中旬に八重岳の陣地を放棄して以来、遊撃戦に転じるつもりで多野岳を目指した宇土大佐と将兵、学徒らの総勢千人だったが、多野岳で米軍の攻撃を受け、その後は沖縄本島北部の密林の中を北上したり南下したりを繰り返した。しかし、その間も米軍に発見されては攻撃を受け、多くの死傷者をだした。隊列を組んでの移動が困難になり、ついに分散行動を決断、一班およそ25名で行動し、各々で食糧を調達しながら、敵には遊撃戦で挑むことになった。

宇土大佐の本部一行は、30日、川田を越し、東村慶佐次の山中に入った。(彼らは、終戦時までこの山中の地点に匿れていた)。本部は矢張り25人。宮城兵長は本部情報係、上地兵長は、食糧蒐集係だった。宇土大佐は、山小舎の中に、相変わらず女と一緒にいた。女はふとしたことから大佐と知り合い、ずるずると大佐の世話を焼くようになっていた。「時を稼ぐんだ」と、大佐は、部下の顔を見るとこともなげに云いつづけた。頰は黄色にくぼみ、目は絶えず怯えて光っていたが、全身のどこからか、永い軍隊生活で得た人を威圧する力がまだ滲みでていた。』(317-318頁)

《「沖縄戦記 鉄の暴風」(沖縄タイムス社編) 317-318頁より》

 

中南部戦線

首里平良(たいら)町: 歩兵第32連隊第1大隊(大隊長・伊東孝一大尉)

伊東大隊は、前日29日に第24師団司令部から首里北側に転進するよう命じられ、移動を開始した。

『夜になると、敵は攻撃を仕掛けてこない。その代わり、日本軍の夜襲の警戒や夜間行動の妨害のために、ところかまわず砲弾を撃ちこんでくる。その弾雨のなか、タコツボに入っている兵たちを集め転進の途につかせるのは容易なことではなかった。大山隊には、第1線の任務を24時に交代した上で、本隊を追及させることにした。明け方近く、予定通り首里北側の平良町付近に到達した。そこは、戦闘中の第32聨隊主力の後方に位置していた。

やれやれ着いたか。しかし、その途端、轟音を立てて敵の一弾が炸裂した。…2、3名が負傷したようだ。…負傷兵はすぐさま野戦病院に送った。…伊東は大隊本部の兵を分散させて小さな手掘りの横穴に入れた。

小穴から頭をのぞかせ、ふと北東方向1500メートル先の146高地と呼ばれる丘を見る。…のそりのそりと歩いている兵が見え、その手前の西斜面にも大きな身体の兵がいた。傍らにいた他部隊の兵に聞くと、昨日からあの高地は敵が占領しているという。…同地を守っている歩兵第22聨隊第2大隊は、30日夜、146高地および120高地を奪回すべく攻撃準備中だった。

…伊東は直ちに準備命令を下した。「大隊は本夜146高地を攻撃する。ただし攻撃前進の時機は別命する」第1中隊を攻撃中隊と定め、大隊砲には突撃支援射撃を行うよう命じた。』(152-153頁)

『師団司令部に状況を報告したが、146高地は友軍(歩兵第22聨隊第2大隊)が保持しているようだった。しばらくして事情が判明したのか、「貴大隊は第32聨隊に復帰し、146高地を本夜攻撃せよ」との命令が下った。』(154頁)

22時、齋藤中尉率いる第1中隊が出発、第1機関銃中隊がそれに続く。…「本部前進」…途中で、突撃支援射撃の準備に余念がない高井中尉の大隊砲小隊の傍らを通った。…やがて大隊本部は、分散して弾幕地帯へと突入していった。』(156-157頁)

『目標の小さな丘に到着した。右手300〜400メートル、146高地の山頂をじっと見上げた。この山頂へ、部下たちがまさに突撃しようとしている。まだ人影は見えない。突撃時間お24時は近い。…大隊砲の突撃支援射撃を待った。』(158頁)

《「沖縄戦 二十四歳の大隊長 陸軍大尉 伊東孝一の闘い」(笹幸枝/Gakken) 152-153、154、156-157、158頁より》

 

 

そのとき、住民は・・・

前田(まえだ)

『1944年(昭和19年)から45年にかけて、北谷や仲西の飛行場つくりによく出かけたものでした。前田には兵隊さんもたくさんいるし、老父が「どうせ死ぬならここがいい」というので、最後まで前田にがんばるつもりでした。兵隊さんがいるから大丈夫と思ったのは見当ちがいで、敵は強い軍隊がいるとみるとかえって攻撃を集中してくるものなのですね。けれども、私は77歳にもなる父のいうことを思えばどこかへ避難しようなどと考えもしませんでした。

1945年4月ごろ、自分の墓に避難していました。ムシロを取りに出たとき、左手に貫通銃創を受けました。熱いっと、思って右手でタマを払ったら、右手の指もけがしてしまいました。友軍の将校がこれを見て「気丈な女だなあ」と感心していました。傷口にブタの脂をつけ、食塩をしみこませて治してしまいました。傷口に食塩をつけると痛いのですが、ブタの脂をたっぷりつけておいて、塩をほんの少しずつつけるとあまり痛くないのです。みんな傷口からウジをわかせていましたが、私はとうとうわかせずじまいです。のちに米軍につかまったとき、けがをしているのにウジがわいていないから「君は野戦病院の看護婦だったんだろう」とMPに疑われ、いろいろ質問を受けました。』(90-91頁)

《「沖縄・八十四日の戦い」(榊原昭二/新潮社版) 90-91頁より》

 

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■