1945年 4月27日 『戦場の市町村会議』

南進する米軍

城間(ぐすくま):「アイテム・ポケット」

4月27日、ポケット陣地の南へ着いた戦車隊の最初の2輌は、47ミリ対戦車砲に撃たれて簡単にやられた。そこで戦車隊のほうでは、歩兵と緊密に連携を保って残った日本軍陣地の攻撃に出た。

4月27日の午後4時37分、ついにアイテム・ポケットは陥落した。だが、その後もたくさんの日本軍の残兵がおり、何週間かのちまで、まだ深い洞窟やトンネルの奥から出没してくるのだった。』(234頁)

《「沖縄 日米最後の戦闘」(米国陸軍省編・外間正四郎訳/光人社NF文庫) 234頁より》

http://www.ibiblio.org/hyperwar/USA/USA-P-Okinawa/img/USA-P-Okinawa-p216.jpg

アイテム・ポケットの中央部(城間丘陵より北方を撮影)

HEART OF ITEM POCKET, looking north from Gusukuma Ridge.

HyperWar: US Army in WWII: Okinawa: The Last Battle [Chapter 9]

 

前田(まえだ)

浦添丘陵の左のほうで、山なみが急に南西に曲がっているところがあり、ここで、第381歩兵連隊の第1大隊と、第383連隊の一部は、4月27日、第763戦車大隊と第713火炎砲装甲車隊の支援を得て、150高地と152高地のあいだのくぼ地を進撃していった。…装甲車や戦車の火炎砲が火を吐いて、前面から陣地を攻撃し、幾百の日本兵が、逃げようと壕から出るところを、歩兵や戦車が機関銃でやっつけた。
戦車と歩兵軍は、さらに、前田南端に進入したが、ここでは猛烈な反撃にあって、進撃できなくなってしまった。丘のうえにトーチカがあったのだ。…このトーチカの乗っ奪りに、米軍は集中攻撃を加えた。だが、この試みも失敗におわった。もちろん日本軍は、多数の犠牲者を出したが、それでもこの日、米軍としては、150高地と152高地ちかくの前田で、わずかばかり進撃した以外は、一つの土地さえも長時間、占領しているというわけにはいかなかった。』(290頁)

《「沖縄 日米最後の戦闘」(米国陸軍省編・外間正四郎訳/光人社NF文庫) 290頁より》

http://www.ourwwiiveterans.com/okinawa/maps/USMC-M-Okinawa-20.jpg

米陸軍第24軍団の前進状況(1945年4月18-30日)

Chapter 07 | Our World War II Veterans

 

 

第32軍の動向

北部戦線

沖縄本島北部: 国頭支隊(支隊長・宇土大佐)

本部半島を米軍に占領され、布陣していた八重岳一帯から多野岳へと退却した国頭支隊。その多野岳でも米軍の攻撃をうけ、さらに北上するために移動を始めた。24日には久志村の三原に到着、その後、源河部落を経由して25日には有銘に入った。

『…27日、福治又山中に入った。その時の宇土大佐らの陣容は、恩納岳から敗走してきた県立農林学校生徒達で固めた約20人の鉄血勤皇隊を指揮する同校配属将校の、尚謙少尉や、海軍の残兵などを合わせて約800人ぐらいだった。』(315-316頁)

《「沖縄戦記 鉄の暴風」(沖縄タイムス社編) 315-316頁より》

県立農林学校学徒の証言:

『「尚謙さんに連れられて野岳から目指したのは東村の内福地というところ。内福地に向かう途中、周辺の集落から話を聞きつけた農林生たちが何人か駆け付けてきてくれたので全部で14、5人にはなっていたでしょうか。戦争前に田舎に疎開したり、避難していた連中でしたが、積極的に仲間に入れたほしいと申し出てきたわけです」』

[66 農林鉄血勤皇隊(7)]距離20メートルの戦闘 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース

『…その日の昼頃、ちょうど谷川べりで、飯を炊こうとした時だった。…突然パシッと、立木の幹を裂いた一弾が飛び込んだ。次には、ドドドドドという音に変わっていた。機銃弾が、不意打ちに飛び込んできたのだ。…硝煙が渦まき、迫撃砲が破裂した。…静かな光景が、一瞬にして、地獄と化した。』(316頁)

《「沖縄戦記 鉄の暴風」(沖縄タイムス社編) 316頁より》

『内福地の川を臨む丘の斜面の木の上で体を休めていた農林生たちは音のした方向を見下ろした。武装した米兵が2、30人。間もなく激しい戦闘となった。』

『その丘の一帯は草木がおい茂っており、米軍の兵たちも銃の照準が定まらない様子。』

尚謙少尉は戦死。隊長を失った農林勤皇隊はこの日から解散状態となってしまった。』

県立農林学校学徒の証言:

『「敵との距離はほんの20メートルくらい。武器は向こうの連射銃に対し、こちらは手投げ弾がたったの2個。結果は知れていました。投げた手投げ弾が近くの木に当たってはね返り、自爆した形で死んだ仲間もいます。とても歯が立たないと思い、敵に背を向けて夢中で丘を駆け上がりました」』

[66 農林鉄血勤皇隊(7)]距離20メートルの戦闘 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース

肉体が、死体となって散乱した。他の処では擲弾筒で応戦したが、間に合わなかった。この騒ぎをよそに宇土大佐は山奥へ一人で逃げ込んだ。米兵の攻撃が止み、暮色が迫ると、山中では将校達が集まって会議を開いた。作戦主任の山本中尉は、「こうなっては、戦闘のしようもない」と力説したが、宇土大佐はその説を斥けた。』(315-316頁)

《「沖縄戦記 鉄の暴風」(沖縄タイムス社編) 315-316頁より》

 

県立農林学校

m.youtube.com

 

中南部戦線

小波(こはつ): 歩兵第32連隊第1大隊(大隊長・伊東孝一大尉)

4月27日、陽が昇ると、いよいよ伊東大隊の陣前にも、敵が集中砲火を浴びせるようになった。狙っているのは大山隊のいる小波津西側の陣地である。砲火は熾烈を極め、大隊本部の位置からは、陣地は土煙に包まれて全く見えなかった。砲声が響き渡っていたのがパタリとやみ、今度は銃声が聞こえてきた。 敵の歩兵が前進してきたのに対し、大山隊が応戦しているのだ。

…一日中、激しい戦闘が続いた。夕刻には敵が小波津集落に侵入したが、大山隊はこれを撃退した。この日は陣地を確保したまま暮れた。(137頁)

《「沖縄戦 二十四歳の大隊長 陸軍大尉 伊東孝一の闘い」(笹幸枝/Gakken) 137頁より》

f:id:neverforget1945:20170426160148j:plain

沖縄戦 二十四歳の大隊長: 陸軍大尉 伊東孝一の戦い - 笹幸恵 - Google ブックス

  

沖縄県: (沖縄県知事・島田叡)

島田知事は、米軍に占領されていない地域の市町村長を集めて緊急市町村長会を開くことにし、招集状を配らせていた。

『招集状に接した市町村長はおのおの、居村の壕から、弾の中を突破しつつ、続々繁多川の壕に集まって来た。4月27日午前1時、糸満署長上原敬和警部が、糸満真壁摩文仁の各村長一行7、8人と共に、繁多川の小さい流れを挟み、緩やかに上部へ拡がる谷間の低地をかけ上って、まっさきに到着した。谷間には、決死行の人々を犒うための、県庁女子職員の炊出用の水を汲む姿が群がっていた。あけがた、斜面を上ってくる人々の姿が点々と、上空の照明弾に照らし出された。…鉄兜と巻脚絆で身を固めた、真和志小禄、真壁、摩文仁喜屋武玉城知念那覇首里、各市町村長らが顔を揃えた。

前代未聞の戦場における市町村長会議は、壕の外を、荒れ狂う砲爆撃の喧噪と、狂気の中に、行われたのであった。

島田知事荒井警察部長各課長県庁員、市町村長、その従者、附近住民、無慮100人近い人間がぎっしり詰まる中に、会議は始められた。』(100頁)

f:id:neverforget1945:20170427201003p:plain

県庁壕の内部

県庁壕(那覇市)| 戦跡と証言 | 沖縄戦70年 語り継ぐ 未来へ | NHK 沖縄放送局

『…軍司令部情報主任益永大尉が立ち上がって、「敵の出血は夥しい数字に上っている。日本軍は毎日挺身斬込みで、物量におごる米の心胆を寒からしめている。だが遺憾なことには、非戦闘員に中には、利敵行為を行うものがおり、軍用電話線の切断を図ったり、壕の入口から戦争は敗けたのだと、叫んだりして士気沮喪を狙うなど、反逆行為が無数にある。諸君においては、かかる非国民を出さぬよう戒心して貰いたい」と警告を与えた

島田知事は、日本本土からの激励電報文を一同に、披露した。

…「住民に満足な壕を与え、必死の戦場食糧増産を図れ」「戦争中を喰いつなぐ戦場食糧はキビに限る」と、農務課長古郷甚作が持論を吐いた。「月夜を利用してイモを植えろ」と口々に意見が出た。壕内の会議場は、大げさな海上戦果を告げる、大本営発表とともに妙に浮きたつ中に、首都那覇市の助役兼島景範を、市長不在のために任命するという、島田知事の臨機な特別処置が、新たな市長に感激を生み、一層沈痛と崇高な空気に満ちみちていた。…午後6時頃、会議は終わった。市町村長らは、壕の出口に固まって、艦砲の薄れるのを見計らって三々五々、各自居村の壕を指して、死の峡谷を降りていった。』(101頁)

《「沖縄戦記 鉄の暴風」(沖縄タイムス社編) 100、101頁より》

 

 

真実を伝えない日本メディア

沖縄新報

国による「一県一紙」の言論統制方針によって、1940年12月20日、「琉球新報」「沖縄朝日新聞」「沖縄日報」の3紙が統合され「沖縄新報」が創刊された。』

『1941年12月に言論出版集会結社等臨時取締法が成立した。政府への批判的言動を取り締まるだけでなく、報道機関を利用して世論を誘導した。沖縄に配備された第32軍司令部は、参謀部内に報道宣伝協議会を設置して、報道機関を完全に軍の統制下に置いた(15) 。』

『真和志村(現那覇市)繁多川の県庁壕で1945年4月27日に開かれた南部地区市町村長、県、警察署長合同の会議の模様が、4月29日付「沖縄新報」に掲載された。記事は「勝つぞこの意気 弾雨を蹴って市町村長会議」の見出しとともに、「勝利の日まで辛抱を続けよう」という島田叡知事の訓示を紹介した。また「一万八千余を殺傷」という軍発表沖縄戦の戦果を伝えた。』(上書きにさらされる沖縄戦の教訓)

http://gendainoriron.jp/vol.04/images/ph_miyagi02.jpg

沖縄新報』1945年4月29日付

「上書きにさらされる沖縄戦の教訓」琉球新報論説委員・宮城 修 | 特集・戦後70年が問うもの Ⅰ

 

  

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

 

琉球朝日放送 報道制作部 ニュースQプラス » 65年前のきょうは1945年4月27日

 

【戦跡と証言】県庁壕(那覇市)

www.nhk.or.jp