1945年 4月24日 『津堅島の悲劇・前夜』

 南進する米軍

4月23日の夜から24日にかけて、濃い靄が、やがて深い霧に変わって、沖縄南部をつつんだとき、日本軍砲兵はしだいに砲撃度を増し全前線に対して猛烈な砲火をあびせてきた。夜も明けないうちに米軍前線部隊は、少なくとも1千回の砲撃にさらされたのである。24日の朝が明けるにつれ、日本軍はこの弾幕と、夜のうちに降りてきた濃い霧を利用して、首里第1防衛線から撤退したことが明らかになった。』(273-274頁)

24日、第24軍団長のホッジ少将は、各師団長に対して無線電話で、「本日の戦況は、敵がこれまで死闘をつづけてきた陣地を放棄し、兵を撤退せしめたものと思われる」と連絡し、さらに偵察を強化して日本軍の新たな散兵線をさぐるようにとの命令を下した。その日の午前11時、将軍は各師団長に指示して隊を再編成し、積極的な行動に出て前線のあらゆる地形を利用しつつ、日本軍の前哨地に突進して地の利を得るように命令した。これは、4月26日の午前6時を期して行われる予定の総攻撃の準備である。』(275頁)

《「沖縄 日米最後の戦闘」(米国陸軍省編・外間正四郎訳/光人社NF文庫) 273-274、275頁より》

 

東部・中央戦線

島の東側では、第7師団は散発的な砲撃を加えることによって、簡単に178高地の頂上まで達することができた。

小銃の音もなく機関銃の砲火もなかった日本兵の死体も2、3しかなく、戦場にはありがちな遺棄死体や武器弾薬の乱雑さもなく、きれいに片付けられていた。明らかに整然たる撤退を意味していた。

第96師団作戦地区前線のなかにいる日本兵といえば、わずかに本隊をはなれてちりぢりになった兵隊や、あるいは前線後方の兵ばかりであった。米軍は棚原高地、その南につづく長さ1500メートルの丘陵棚原村落西原高地、そして、143高地占領したのだ。

他の部隊は、さらに進撃し、谷を越え、宜野湾街道を進み、浦添丘陵の東端ふもとを占領した。といっても、日本軍の反撃がまったくなかったわけではない。各地で出没する日本軍にあい、時おりおこる長距離機関銃砲火にあって幾多の生命を奪われたのである。』(273頁)

《「沖縄 日米最後の戦闘」(米国陸軍省編・外間正四郎訳/光人社NF文庫) 273頁より》

http://www.ibiblio.org/hyperwar/USA/USA-P-Okinawa/img/USA-P-Okinawa-p233a.jpg

西原高地一帯

NISHIBARU ESCARPMENT AREA

HyperWar: US Army in WWII: Okinawa: The Last Battle [Chapter 9]

 

嘉数(かかず)

二日前の22日、嘉数陣地の日本軍陣地を一気に攻めるため、第27師団副師団長ブラッドフォード准将の指揮下で、“ブラッドフォード特攻隊”が編成された。

4月24日の朝…13分間にわたる予備砲撃をくわえたのち、ブラッドフォード特攻隊は、午前7時30分、攻撃を開始した。嘉数陣地をかちとらねばやまぬという決意も固く…。しかし、刃向かう敵はいなかった。日本軍は夜のうちに陣地を退いていたのだ。2時間もたたぬうちに米軍の全大隊は目的地に到着した。

…激しい戦闘も終わって、4月24日と25日、嘉数地区を調べることができるようになってから日本軍の死体をかぞえてみたら、600の死体が発見された。』(272頁)

《「沖縄 日米最後の戦闘」(米国陸軍省編・外間正四郎訳/光人社NF文庫) 272頁より》

http://www.ibiblio.org/hyperwar/USA/USA-P-Okinawa/img/USA-P-Okinawa-p246b.jpg

KAKAZU POCKET area (photographed 10 July 1945), looking south.

HyperWar: US Army in WWII: Okinawa: The Last Battle [Chapter 9]

 

 

第32軍の動向

北部戦線

野岳(たのだけ/タニューだけ): 第3遊撃隊、国頭支隊

八重岳から多野岳へと後退した宇土大佐率いる国頭支隊だったが、米軍の攻撃を受けた。多野岳に布陣していた第3遊撃隊などは斬込みを敢行。宇土大佐は、総勢1千人の隊列をさらに北へ移動させることにした。攻撃で戦死した兵隊や、重傷を負って歩けない兵隊は、そのまま多野岳に置き去りにされた。

『濡れた隊列が徐々に動き出すと、地上に倒れた兵隊が、傍らの米袋を指差しながら、榴弾と交換してくれと眼で力なく嘆願した。木の根に転び、立木に頭を打ち、暗黒の斜面を辷り落ちながら、一歩一歩前に進んだ。行進ではなく、谷にうごめき、はいずり廻る、傷ついたけものの彷徨に似ていた。…隊列は久志村の三原の山辺にはいっていた。24日の未明だった、この時、宇土大佐は前夜隊列から離れ、1日先に本部とともに多野岳を発っていた。

三原についた宇土の将兵は、枯枝や、落葉を掻き寄せ、飯を炊き始めた。山が深く、樹々を深く掩われた麓だった。付近には、多数の住民もいた。久しぶりに、日本軍の集団を眼のあたりに見て狂喜した住民部隊の後について行こうと焦り出す者もいた。同日夜、隊列は三原を出発、源河部落を経て、25日には有銘の山中まできた。』(314-315頁)

《「沖縄戦記 鉄の暴風」(沖縄タイムス社編) 314-315頁より》

 

中南部戦線

津堅島(つけんじま): 球師団4152部隊、独立混成第15連隊部隊

津堅島は米軍の中城湾侵入に備えた中城湾要塞の重砲陣地として1941(昭和16)年夏から、島民総動員で陣地づくりが行われた。沖縄戦では日本守備軍約160名配備され、それに防衛隊約40名島民女子約30名が加わっている。』(沖縄県平和祈念資料館)

沖縄県平和祈念資料館 | 沖縄戦について

4月10日、米軍は津堅島に上陸し、翌11日に同島を制圧した。津堅島に布陣していた日本軍の部隊は、島が制圧されると沖縄本島に退却。島には負傷して動けない日本兵と看護婦や住民が残された。その後、米軍は掃討作戦のためか、3、4回ほど島に上陸した。沖に停泊する米艦艇を拠点とし、島での作戦が終わると艦艇に戻るということを繰り返した。

f:id:neverforget1945:20170424175114p:plain

『そのころ、負傷兵30~40人は准看らと一緒に新川城跡の壕で生活。ローソクの灯だけを頼りに暮らしていた。』(新川城跡壕・中)

『平たんな津堅島を一目で見渡せる小高い丘の士族墓を基に、岩山を下に掘り下げた3階建ての構造で、各層を木階段でつなぎ、下部(1階)には出口が造られていた』(新川城跡壕・上)

准看護士2人の証言:

『「米軍の攻撃は都合4度。上陸―戦闘―…艦艇に引き揚げ―のパターンで平均して、3、4日ごとにありました。』(新川城跡壕・上)

『「私たち准看13人は、4人、4人、5人と分かれて配置されたのですが、あれは治療とは言えません。ただ血を止めるだけです。包帯が少ないので、夜になると海に出て潮水で洗い、それをまた巻くのが仕事でした」

「惨めな状態だったが、兵隊はみな優しかった。郷里の自慢話や家族の話など聞かせてくれたが、死が近くなると“水をくれ、早く楽にしてくれ”と叫び、早めに戦死し、皆からねんごろに弔われた戦友をうらやんだりしてました」

「戦前、戦中私たちは、死に臨んだ際“天皇陛下万歳”と言うと聞かされてきたが、皆そうは言わなかった。“お母さん”“アンマー”と叫びながら亡くなっていきましたよ。死んでも死にきれなかったでしょうし、私たちもやりきれなかった」』(新川城跡壕・中)

琉球新報「戦禍を掘る」(津堅島新川城跡壕/上・中) より》

[13 津堅島・新川城跡壕(上)]まだ眠る多くのみ霊 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース

[14 津堅島・新川城跡壕(中)]傷を海水で消毒 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース

日本軍の部隊と共に本島に渡った防衛隊員らは、その後の命令で津堅島に戻る。

『防衛隊員ら10人ほどが負傷兵を助けに、津堅に戻ったのは3回目の戦闘から約1週間後の24日ごろ、米軍に発見されないようにと照明弾が打ち上げられるとサバニを引っくり返し、消えるとまたこぎ出すといった難行だった。』

津堅島にたどりついたのは、午後8時過ぎ。夜陰にまぎれて、壕から500メートルほど北にある砂浜に到着した。急きょ負傷兵の搬出作業が始まった。日本軍のタンカのほかに、米軍が放棄していったタンカがあったが、それでも足りずに木を切り取って、間に合わせのタンカ作りも行われた。元気な者総出で必死の作業だったという。』

防衛隊員男性の証言:
『「亭島大尉らとともに沖縄本島まで行き、その後の命令で、負傷して島に残った戦友の救出にと、島に引き返したことも今考えれば夢のような感じがする。』

琉球新報「戦禍を掘る」(津堅島新川城跡壕・中) より》

[14 津堅島・新川城跡壕(中)]傷を海水で消毒 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース

だが、救出、移送の準備作業は困難を極めた。そして翌朝、米軍が島に上陸する。

f:id:neverforget1945:20170424170048p:plain

津堅島の陣地壕(うるま市)| 戦跡と証言 | 沖縄戦70年 語り継ぐ 未来へ | NHK 沖縄放送局

 

第1防衛線

『第32軍司令部は、東西の両翼から米軍にまわりこまれることを恐れ、戦線を全面的に後退させることを決めた。23日夜から24日にかけて嘉数高地の守備隊を約1.5キロ後方の浦添高地(仲間ー前田の線)に下げた。また、南部の糸満摩文仁方面にほとんど無傷でいた第24師団を北上させ、中街道以東の戦線(幸地から小波津の線)につけた。第62師団は東海岸道の城間から中街道の前田(浦添高地)の線に戦線を縮小した。第24師団の東部戦線への進出により、この方面からの米軍の浸透は阻止されたが、西半分を守る第62師団はすでに消耗しきっていたので、西海岸道と中街道にそった進撃は止まらなかった。浦添高地は、首里方面の日本軍陣地を見おろせる位置にあるため、米軍はその攻略に力をいれた。(81頁)

《新装版「沖縄戦 国土が戦場になったとき」(藤原彰 編著/青木書店) 81頁より》

http://www.ibiblio.org/hyperwar/USA/USA-P-Okinawa/img/USA-P-Okinawa-p244.jpg

浦添高地のスケッチ

HyperWar: US Army in WWII: Okinawa: The Last Battle [Chapter 9]

 

そのとき、住民は・・・

http://www.nhk.or.jp/okinawa/okinawasen70/picture/style/img/detail13_img.jpg

沖縄戦の絵】山中を歩く家族と日本兵の死体 

『空襲が激しくなり、家族と親せきそれに近所の人約60人で、いったんは沖縄市の自宅から沖縄本島北部に避難したものの、食糧が底をついて再び沖縄市に戻る時の山中での光景。敵に見つからないよう、歩くのは夜。大人たちは持てるだけの荷物を担いだり頭に乗せたりしていた。』

『子どもたちは足が腫れ、その痛さに泣いた。いちばん怖かったのは、うるま市石川のあたりで見た日本兵と思われる大勢の死体真っ黒く焼けた顔や肌ちぎれた片足など、思い出すと今でもぞっとするという。』

山中を歩く家族と日本兵の死体 | 沖縄戦の絵 | 沖縄戦70年 語り継ぐ 未来へ | NHK 沖縄放送局

 

 

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■