1945年 4月9日『嘉数の戦い』

米軍部隊の増強

 『新しい部隊がぞくぞく送り込まれた。予備軍として海上にいた第27師団は、4月9日読谷村渡具知に上陸し、攻撃増援軍となり、第24軍団に配属されて、第96師団とともに西部を固めた。4月15日までには、第27師団は配置につき、攻撃準備態勢をととのえていた。

このほかさらに1200の増援部隊が、第7師団と第96師団に送られ、攻撃部隊に加わった。これらの増援部隊はサイパンで訓練をうけ、整備をととのえ、数時間で沖縄の部隊と交替した。』(185頁)
《「沖縄 日米最後の戦闘」(米国陸軍省編・外間正四郎訳/光人社NF文庫) 185頁より》

 

南進する米軍

嘉数(かかず)の日本軍陣地攻撃

嘉数を中心とする日本軍の陣地はあらかじめ地形を利用して計画的に構築されていたものであったので、米軍もその攻略に手をやいた。丘陵のふもとに塹壕が掘られており、そこに軽機関銃・擲弾筒(手榴弾の発射装置)・小銃が配されている。丘の中腹には重機関銃があり、迫撃砲が丘の反対側斜面に隠されている。こうした丘陵陣地は隣接するものどうし、巧みに支援しあうように銃座が設けられていた。要所要所には観測所があって、首里の南にある第5砲兵司令部などと連絡をとり、砲撃を要請する。

丘陵陣地の地下には自然洞窟を巧みに利用して網の目のようにトンネルが掘られている。トンネルには出口がいくつもあり、米軍が砲撃や爆弾をかけているときには日本軍の兵士はそのなかにひそみ、米軍歩兵が接近してくるとトンネルからはいだし、さまざまな角度から銃撃・迫撃砲攻撃を加えるのである。銃座には米軍から見て反対側の斜面にも多く設置されていたので、米軍は丘陵のあいだにある平坦地に不用意に進出すると、四方八方から射撃をうけなければならなかった

日本軍陣地は米軍の艦砲射撃や砲撃・爆撃によく耐えた。この地方の地表が非常に硬い隆起サンゴ礁から成っているためである。』(80頁)

《新装版「沖縄戦 国土が戦場になったとき」(藤原彰 編著/青木書店) 80頁より》

http://www.ibiblio.org/hyperwar/USA/USA-P-Okinawa/img/USA-P-Okinawa-p114b.jpg

Caves along north slope of Kakazu West used by the 2d Battalion, 381st, while entrenched on the reverse slope of the knob.

HyperWar: US Army in WWII: Okinawa: The Last Battle [Chapter 5]

『4月8日、メイ大佐は、第383連隊の第1、第3大隊に対し、翌日嘉数高地を奪取すべきことを命じ、翌4月9日、両大隊は攻撃前進を起こした。』(234頁)

『第383連隊の第1(長キング中佐)は、嘉数高地の奪取を、第3大隊(長ステイブ中佐)は西部嘉数の奪取を、それぞれ命ぜられた。各大隊は奇襲の目的を達するため準備砲撃を行うことなく払暁攻撃を行うことになっていた。』(236頁)

《「沖縄決戦 高級参謀の手記」(八原博通/中公文庫) 234、236頁より》

4月9日、米軍は嘉数丘に攻撃を加えてきた。米軍は丘の東部と西部の二手に別れて攻撃し、まず西の丘を占領した。しかし、4月9日の戦闘は全く激烈をきわめ、日本軍は420人の兵員を失った米軍は326人の戦死者を出し、無傷はたったの3人で、いったん占拠した西部丘を捨てて退去する羽目になった。』(58頁)

《「秘録 沖縄戦記」(山川泰邦著/読売新聞社) 58頁より》

http://www.ibiblio.org/hyperwar/USA/USA-P-Okinawa/maps/USA-P-Okinawa-12.jpg

HyperWar: US Army in WWII: Okinawa: The Last Battle [Chapter 5]

 

 

第32軍の動向

中南部戦線

首里攻防・第1線での戦闘

守備軍陣地は、牧港から嘉数、我如古、南上原、津覇を結んだ線上に配備され、ほとんど東西に島を横切る格好となっていたが、それは首里の守備軍司令部を守る数本の防衛戦のいちばん外側にあった。そこでは、藤岡武雄中将指揮下の歴戦部隊第62師団が高台地に機関銃や迫撃砲をたくみに配置していたほか、陣地のまわりに鉄条網や対戦車砲、地雷原などを二重三重に張りめぐらして守備にあたっていた。』(84頁)

《写真記録「これが沖縄戦だ」(大田昌秀 編著/琉球新報社) 84頁より抜粋》

  

嘉数(かかず)

嘉数地区を守っていたのは、独立歩兵13大隊大隊長は、寡黙、実行家肌の原宗辰大佐。大隊人員1233名を率い、5コ歩兵中隊(1コ歩兵中隊189名)のうち1、2中隊を嘉数高地、3、4、5中隊を前進陣地におき、中頭地区の狭くなった部分の左翼(西半分)を押えた。

嘉数高地は、高さ84.3メートル。嘉数部落の北側に、米軍の進攻方向にたいして直角に連なる約1キロの稜線。前(北)面は、典型的な沖縄の隆起サンゴ礁の特徴を見せた断崖ーといっておかしくない急斜面で、振り返ると、南面は緩やかな傾斜をして低くなり、低くなった底部に嘉数部落がある。それから約2キロのうしろには、もう一つの、高さ約130メートル前後の浦添高地の稜線が、右手(西端)から伊祖、仲間、前田、高地と連なり、棚原に及んでいる。

嘉数高地前面の断崖の下には、狭い谷があり、小川が流れていて、戦車の戦いには困難である。

火網の焦点は、その小川を含む谷あいで、その谷あいに顔を出したら、どんなところに顔を出したものも、日本軍の鉄火の洗礼をのがれられないように、地下壕で前後左右に連絡した迫撃砲や機関銃を配置した。また、南面の方も、斜めから、後ろから、横から、どこからでも射てるよう銃座が配置され、すでに疎開して、無人になった部落の家々を囲んだ暴風よけの石塀にも、銃眼をうがって、いつでも使えるように準備された。』(190-191頁)

《「沖縄 Z旗のあがらぬ最後の決戦」(吉田俊雄/オリオン出版社) 190-191頁より》

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/ja/thumb/4/43/Bunker_destroyed_by_rifle_firing_at_Kakazu.jpg/1920px-Bunker_destroyed_by_rifle_firing_at_Kakazu.jpg

嘉数高台公園に残る小銃弾のみで破壊されたトーチカ

嘉数の戦い - Wikipedia

9日未明、この嘉数高地は、米383連隊の奇襲を受けた。このときの13大隊兵士は、1、2中隊のほとんど全員(約400名)と、前進陣地から後退してきた3、4中隊の生存者20数名(5中隊は、8日夜の斬込に出て大部分戦死)。1コ大隊といっても、500名足らずの小人数でしかなかった。

米軍は、1コ連隊。約その6倍の兵力。その2コ大隊が、谷あいの向こう側にひそかに忍び寄り、3コ中隊が小川を渡って、稜線の頂上近くまで登ってきた。

米軍のいつもやる事前のジュウタン砲攻撃を、まったくせす、日本軍のおカブをとるような朝駈けの奇襲であった。外から見たところ、それほどの防備がしてあるとも見えぬ嘉数の小高い稜線であり、奇襲で奪取できると判断した。日本軍を過小評価していたことも事実であったが、その日本軍も、まさか米軍が鉄量戦法をとらずに奇襲をかけて来ようとは考えていなかった。それで、不意を討たれはしたが、気付いたあとの立ち直りが、日本軍の方が早かった。洞窟や地下壕から、500人が躍りだし、高地全体が一瞬に爆発したように、息もつかせぬ十字砲火を浴びせかけた。こんどは、米軍が不意を衝かれた。いまのいままで、奇襲に成功したと勝利感をいっぱいにしていただけに、このドンデン返しは強烈だった。

「退れ。引け、引け」と叫んでも、越えてきた谷あいが、今は火ぶすまを立てられ、通ることができない。それを見ながら、米軍の本陣は援軍を送ることもできない。味方射ちがコワくて、砲爆撃もできない。その位置で、米3コ中隊は釘付けにされ、みるみる被害がふえていく。

大隊長は、機を失せず、この釘付け部隊めがけて、反撃を命ずる。嘉数部落のそばから射ちかける迫撃砲に支援されて、果敢な逆襲。敵味方入り乱れての乱戦となる。』

「万難を排して高地を確保せよ」400メートルと離れていない谷の向こう側から、米軍の大隊長、連隊長がヤッキとなって厳命を下す。二階に上がったとたん、ハシゴを外された釘付け部隊に、踏みとどまれというのはムリであった。東側の米2コ中隊は、10時ころには崩れはじめ、煙幕を張り、死傷を覚悟して後退。西側の1コ中隊も午後4時ころまでには全部撃退された。』(191-193頁)

《「沖縄 Z旗のあがらぬ最後の決戦」(吉田俊雄/オリオン出版社) 190-193頁より》

RBC琉球放送

youtu.be

戦後70年の地平から「嘉数高地の戦闘」

嘉数高地の戦闘 | 琉球放送

日本兵の証言

4月9日、大隊本部守備軍陣地、嘉数高地での白兵戦でのたたかいで、私は右胸を撃ち抜かれました。米軍はこの日の戦闘で最大の戦死者を出し、副隊長は即刻更迭されたといいます。わずか90メートル足らずの高地の争奪に、1日の戦闘だけで日米双方で800名近い戦傷者を出したのでした。

その夜、私は後方の野戦治療室の壕内に担架で送られましたが、雨戸を敷き詰めた上に寝かされ、治療は傷口のガーゼを3回くらい取り替えるだけでした。狭く暗い洞窟のなかは灯火の油煙糞尿血と膿のにおい酸欠、次から次と運び込まれる負傷者の叫び声…。もう地獄を見る思いでした目をふさがれた者、手足をもぎ取られた者、あごを飛ばされた者、精神に異常をきたした者…。しかし、血清注射など治療薬や、ガーゼなどの補給もなく助かる命もどんどん失われていきます。』(34-35頁)

《最前線兵士が見た「中国戦線・沖縄戦の実相」〜加害兵士にさせられた下級兵士〜 (近藤一・宮城道良著/学習の友社) 34-35頁より》

 

 棚原(たなばる)・上原和宇慶(わうけ)

『一方、東半分を担当する歩兵14大隊正面にも、米軍大部隊が押し寄せた。棚原、上原方面では、激戦が続いたが、日本軍は強固に戦って、一歩も退かなかった。ただ、東端、和宇慶のそばで、東海岸の狭い平野部に入ろうという端の、155メートル高台が、9日米軍に占領された。』(193-194頁)

《「沖縄 Z旗のあがらぬ最後の決戦」(吉田俊雄/オリオン出版社) 193-194頁より》

 

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■