1945年 3月24日『米軍の空爆と艦砲射撃』

米軍の動向

空爆と艦砲射撃

前日の23日から沖縄全域を対象に開始された空爆は2日目を迎え、この日からは米軍による艦砲射撃も始まった

24日からは押し寄せた戦艦8隻駆逐艦27隻からの艦砲射撃が、本島南部や中城湾に叩き込まれた。』(363頁)

《「沖縄県民斯ク戦ヘリ 大田實海軍中将一家の昭和史』(田村洋三 / 光人社NF文庫) 363頁より》

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/109-11-3.jpg

沖縄本島を砲撃する戦艦ノースカロライナ(BB-55)。左上隅は、日本軍の施設へ発射された16インチ弾。(1945年3月24日撮影)

USS NORTH CAROLINA (BB-55) firing guns at Okinawa, Ryukyu Islands. In upper left hand corner can be seen 16” projectiles hurled toward Jap installations.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

3月24日午前6時半ころ、沖縄本島南西沖合いに、米戦艦以下約30隻の白い姿が浮かび上がった。沖縄の海は、サンゴ礁に囲まれ、礁外は、大部分が急に深い。南部の小高いところから見ると、あんな近いところによく近寄られるものとおどろくほどの近さに、基準排水量45,000トンの「ニュージャージー」、「ウィスコンシン」、「ミズーリ」それに35,000トンの「マサチューセッツ」、「インディアナ」の巨大な最新鋭戦艦群が、駆逐艦11隻を従えて、東から西へ悠々と移動しながら、41センチの巨砲45門と、20センチ砲100門の砲口を揃えて撃ち込んできた。午前8時25分であった。この日は、東の海に雨雲がたれこめ、風が強かった。その雨雲と風をついて、朝7時ころから、米機延600機が襲いかかった。空襲は、まったく一方的であった。高射砲は射つがいっこうに命中しない。空を米機が完全に支配し、部落を狙い、地上に人を見つけると、どこどこまでも追ってきて、機銃を浴びせた

艦砲射撃は、約700発。南東の知念半島、南西の喜屋武地区にかけ、とくに湊川地区に多く、朝8時半から夕方5時50分ころまでの間撃ちつづけた。沖縄は9時間にわたって、震撼したが、これはほんの小手調べでもあった。これから、まる三ヵ月、晴雨にかかわらず、沖縄は艦砲射撃に痛めつけられつづけるのである。』(99-100頁)

《「沖縄 Z旗のあがらぬ最後の決戦」(吉田俊雄/オリオン出版社) 99-100頁より》

  

米軍による掃海

3月24日から、米軍は嘉手納、北谷沿岸の掃海作業を始め、水中の機雷を爆破すると共に、さんご礁を破壊して、上陸に備えつつあった。』(52頁)
《「秘録 沖縄戦記」(山川泰邦著/読売新聞社) 52頁より》

f:id:neverforget1945:20170324093502j:plain

沖縄沿岸に停泊する米軍艦艇

Ships at anchor off Okinawa, 1945. This item is part of a scrapbook that details the wartime service of Rear Admiral John Dale Price.

http://collections.naval.aviation.museum/emuwebdoncoms/pages/doncoms/Display.php?irn=24367&QueryPage=%2Femuwebdoncoms%2Fpages%2Fcollections%2FQuery.php

『掃海艇は、沖縄沖にそびえるように浮かんだ第58機動部隊の戦艦や空母に守られて、3月24日から目標地の南部海域を、かなり広範囲にわたって掃海した。』(61頁)

《「沖縄 日米最後の戦闘」(米国陸軍省編・外間正四郎訳 / 光人社NF文庫) 61頁より》

 

 

日本軍の動向

3月24日、沖縄に艦砲射撃が始まった日、日が落ちて、5航艦から捻出した「天山」艦攻7、「彗星」艦爆2が、沖縄周辺の米艦艇を攻撃した。』(135頁)

《「沖縄 Z旗のあがらぬ最後の決戦」(吉田俊雄/オリオン出版社) 135頁より》

 

 

第32軍の動向

32軍は24日、戦闘配備令を下令、連合艦隊は沖根司令部に対し、迎撃の作戦を指示した。それは「敵艦艇の砲撃に対しては砲台を隠蔽して応戦せず、近づく艦艇は甲標的を活用して攻撃せよ。上陸用舟艇に対しても本隊の到着を待ち、陣地の擬装を強化して敵を引き付けられるだけ引き寄せよ」という基地秘匿作戦であった。(363頁)

《「沖縄県民斯ク戦ヘリ 大田實海軍中将一家の昭和史』(田村洋三 / 光人社NF文庫) 363頁より》

 

軍司令部

『この艦砲射撃を、首里城趾の台上から見つめていた牛島中将と幕僚たちは、大本営や五航艦の半信半疑さと違い、これは間違いなく米軍上陸の準備砲撃だと断定した甲号戦術(敵有力部隊上陸のおそれある場合、全部隊戦闘配備に就き、いつでも戦闘を開始できる準備を整える)移行準備が時を移されず令された。同時に、62師団から独立歩兵第272大隊を抽出、知念半島の入口に陣地を移動させた。艦砲射撃の様子から見て、米軍が湊川地区に上陸する気配があるのを察しての処置だった。

いったい、艦と陸との砲撃戦では艦の方がブが悪いはずである。しかし、味方砲兵は固く沈黙を守り、一発も撃たない。撃つと、砲がどこにあるかが敵にわかり、徹底的な集中攻撃を受け、結局、破壊され、もっとも必要なときに戦闘できなくなる。これには、硫黄島マリアナなどで、痛い経験があった。圧倒的な兵力差のせいであった。』(100-101頁)

《「沖縄 Z旗のあがらぬ最後の決戦」(吉田俊雄/オリオン出版社) 100-101頁より》 

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/110-07-2.jpg

沖縄本島南東部の港川で、標的が炎上している様子。戦艦ワシントン(BB-56)の第16インチ砲による一斉射撃と空母艦載機の攻撃によって火災が生じた。新たな攻撃が行われている様子。(1945年3月24日撮影)

Targets were set ablaze in Minatogawa, southeast Okinawa, Ryukyu Islands, by salvos from the 16-inch battery of the USS WASHINGTON (BB-56) and by carrier strikes. Setting new fires.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

八原高級参謀の回想:

『明くれば24日、東天未だに紅を告げざるに、敵機は大挙来襲し、全島は再び殷々轟々銃砲爆声に圧せられ、砂塵と黒煙に掩われる。

海上の煙霧漸く霽れんとする7時ごろ、混成旅団長鈴木少将から、「知念半島沖に、敵艦隊を発見す」との電話報告がある。ほとんど時を同じくして、第24師団長雨宮中将からも「喜屋武半島南方海上に、戦艦を交える敵の大艦隊出現、徐々に西進中」との報告がきた。

かねて期したることながら、一同顔を見合わせ、暫し言葉がない。皆覚悟の掘り下げ、決心の反芻が必要なのだ。…暫くにして、爆弾のそれと異なる堅く、かつ力強い破裂音が、一弾また一弾と全島を震撼して、南方に起こる。司令官も参謀も、頭上を乱舞する敵機には不関焉と、双眼鏡を手にして首里山に登る。

南部正面を展望すれば、糸数高地、八重瀬岳、与座岳、特に混成旅団の陣する糸数高地付近は、敵主力艦の射ち出す巨弾が、盛んに炸裂し、男性的にして壮快な強い轟音とともに、岩石、土砂を飛散し、爆煙は、広く、高く拡がり、かつ濃化する。

港川方面糸数高地と八重瀬岳の間、山低く南海の展けたるあたり、岸をへだてること1万ないし2万メートルの沖合い、煙霧に薄れつつ、大型艦が1、2、3・・・凡そ目指し得るもの十余隻、二線となり、西方に徐航しつつ、射光閃々、熾に火蓋を切っている。硝煙やや薄れる瞬間など、3月の陽光に、真っ白い艦体がくっきりと浮かび、なにか絵画的な感じを与える軍艦もある。』(154-155頁)

《「沖縄決戦 高級参謀の手記」(八原博通/中公文庫) 154-155頁より》

 

慶良間(けらま)列島

『明くる24日空爆は終日続いた。この2日間の空爆慶良間諸島の特攻艇多数が破壊された。』(41頁)

《「沖縄・阿嘉島の戦闘 沖縄戦で最初に米軍が上陸した島の戦記」(中村仁勇 / 元就出版社) 41頁より》

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/1-07-4.jpg

慶良間上空を飛ぶTBF機。(1945年3月24日撮影)

TBF planes flying over Kerama Shima,Ryukyu Is.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

嘉手納(かでな)飛行場 (別称: 中飛行場): 第44飛行場大隊

部隊本部付有線分隊長の回想:

『…24日、東の空が白むと、もう米艦載機の空襲がはじまった

…繋いでも繋いでも、電話線が切れた。有線を担当しているわれわれは、爆撃で電話線が切れるたびにその都度、分担して保線にでかけなければならない。

…ここから東方、1.5キロにある中交換間の保線に駈ける。乱舞する上空の敵機に気を配りながら断線箇所を探して、導通試験をなし、ようよう保線を終えると、中交換内には野崎部隊長、岡崎中尉が居合わせ、洞窟の奥で電話を執っていた。私が異状の有無を報告しているときだった。

ダダン。

というもの凄い至近爆弾の洗礼をうけた。瞬間ランプが消え、真黒な土砂が雨のように強く身を打った。

…この辺の土質は軟弱であり、それに壕の厚さも2メートルくらいだったから、直撃であれば一たまりもない。

上空は敵機のひとり舞台だ。一瞬にして山野の地形を変える猛爆撃の中を私はふたたび、分隊員を引率して屋良通信所にとって返すと、午後になって、

「敵艦隊、知念半島沖に発見、久高島に対して1分間、6発の艦砲射撃実施中」

の情報が入る。…はじめてきく、ドロドロドローといった艦砲弾の音地震のように伝わってくる。

…刻々と入ってくる情報は「敵、湊川に上陸するもわが軍はこれを撃退す」と私たちを一喜一憂させたが、そのうち大機動艦隊帯は徐々に艦砲射撃を加えながら、島の南端を廻って北方に延び、午後3時頃には遂にわが嘉手納方面にも主力艦の巨弾が炸裂するようになった。

「敵艦隊、嘉手納沖ニ現レ那覇街道ハ艦砲射撃ノ危険ニ瀕ス。昼間ノ通行中止スベシ」

との情報が伝えられて事態は一層緊迫した。遂にきたるべきものがきた。心はかえって平常となった。』(109-110頁)

《「沖縄戦記 中・北部戦線 生き残り兵士の記録」(飯田邦彦/三一書房) 109-110頁より》

 

 

そのとき、住民は・・・

慶良間列島

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/1-09-4.jpg

上空から見る慶良間島の地形(1945年3月24日撮影)

Aerial of patchwork terrain at Kerama Shima,Ryukyu Is.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

 

阿嘉島(あかじま)

3月24日の艦載機による空襲はこれまでにない激しいものだった。集落に初めて小型爆弾が投下され、相当数の民家が倒壊、あるいは焼失した。』(95頁)

《「沖縄・阿嘉島の戦闘 沖縄戦で最初に米軍が上陸した島の戦記」(中村仁勇 / 元就出版社) 95頁より》

 

座間味島(ざまみじま)

昭和20年3月24日の未明、前日の空襲で民家や山野に焼夷弾が投下され、周りの山々は真っ赤な焔と白い煙に包まれ、燃え続けていました。集落内でも焼け落ちた茅葺の家がまだくすぶっています。10月10日の空襲のような一過性のものではない、今日もやってくるぞ、と察知した村人たちは、山の裾野に掘っていたそれぞれの防空壕へ夜明けに避難しました。家畜小屋の豚や山羊も小屋から放してやりました。空襲で焼かれてはいけないと、外に出したのです。…午前10時頃、再び空襲が始まりました。前日より激しさを増してきたようです。投下されるのが焼夷弾から爆弾に変わっていたのです。』(22-23頁)

沖縄戦体験記第21号「連行された逃亡兵」(宮城恒彦/グローバル企画印刷株式会社) 22-23頁より》

 

沖縄島

『この沈黙戦術は、しかし、沖縄県民の士気を阻喪させた。はじめ高射砲は撃っていたが、間もなく計画に基く新配置に移動する。友軍機は来ず、すぐ目の前にいて、さかんに艦砲射撃をつづける敵艦には反撃せず、日本軍は、ただ、ジッと壕の中に潜んでいる。これは、県民の抱いている「皇軍」のイメージと、甚だしく隔っていた。敵艦が撃ち、敵機が襲ってきたならば、たちまち猛然と撃ち返し、敵艦を撃沈、敵機を撃墜するのが「皇軍」のあるべき雄姿であった。県民は混迷し、不安を抱いた。もういけないと、ちょうど伊江島の住民がしたように、あわただしく国頭疎開をはじめた

…いっせいに動き出したのは、24日も日が落ちてからだった。北へーー島尻から中頭を経て国頭に通ずる道路は、人で溢れた。荷車に食糧や身の廻りのものを積んで、曳いていくことのできた人は幸せだった。…荷物を頭の上に載せ、歩いた男手を防衛召集や、現地召集でとられて、女が、すべてをしなければならなかった。灯をすべて消した夜道を、この疎開者たちの黒い集団は、ひたすら北へ北へと歩きつづけた。』(101-102頁)
《「沖縄 Z旗のあがらぬ最後の決戦」(吉田俊雄/オリオン出版社) 100-102頁より》

http://www.nhk.or.jp/okinawa/okinawasen70/picture/style/img/detail10_img.jpg

沖縄戦の絵】赤子を担いで渡河

昭和20年3月下旬ごろ、沖縄本島南部の南城市大里から本島北部に向けて疎開のため避難をしていたときのこと。今の金武町から更に北に向かう山の中でのある夜、あったはずの橋がなくなっていた日本軍によって壊されていたのだ。川に行く手を阻まれ、…生後1か月の長男を抱え、月明かりの下、川を歩いて渡った。胸のそばまで浸かった水は冷たく、産後間もない身体にこたえたが、『長男にかからないように』、ただそれだけを考えながら歩いた。72歳になる義母(白髪の女性)も冷たい川に入り、大勢の避難民とともに黙々と川を渡った。どの顔も不安な表情でいっぱいだった。』

赤子を担いで渡河 | 沖縄戦の絵 | 沖縄戦70年 語り継ぐ 未来へ | NHK 沖縄放送局

『夜になって軍を信頼してなかなか腰を上げようとしない住民の強制疎開が行われ、生色を失った老幼女子が持てるかぎりの荷物を持って、身寄りのものが互いにはげまし合い、かばいながら、業火の反映する松並木の名護街道を北へ北へと戦火におびえながら移動していった

軍の指導で彼等を戦列外で迎え入れるという、目指す国頭郡の山中には、こんなに大勢を迎え入れる住居も食糧も一体あるのだろうか。』(110-111頁)

《「沖縄戦記 中・北部戦線 生き残り兵士の記録」(飯田邦彦/三一書房) 110-111頁より》

 

名護(なご)

ある少年の体験:

『…24日早朝から爆撃の音である。今度は間違いなく上陸のための空襲に違いないと思われた。家族は庭の壕に入って過ごすことにしたが、敵機がいつもより村の上空を飛ぶようになり緊張した。時折至近距離でダッ、ダッ、ダッ、ダッ、ダッと耳をつんざく銃撃の音がするので、頭を押さえてすわり込む外はなかった。幸い我が家に銃撃はなかった。夕方、空襲が止んだので一安心していると、近くで人々が騒いでいる。何事かと行ってみると、何と三軒隣の浜崎の婆さんの家の福木の皮が、機関砲の弾で生々しく剥ぎ取られているではないか。一同身近に撃ち込まれた弾の怖さに慄然となった。シマに対する最初の銃撃である。海岸に近いコンクリート渡波屋をめがけて撃ったようだと警防団員が話していた。

夜、警防団から、海岸からなるべく遠くに避難するようにと勧告が出された。母と姉が馬車で食糧と家財道具を運ぶことになり、姉と私は学用品を持って避難小屋へと急いだ。』(43頁)

《「軍国少年がみたやんばるの沖縄戦 --イクサの記憶 --」(宜保栄治郎/榕樹書林) 43頁より》

投稿者註: 文中の「シマ」とは、著者が住んでいた集落、間切、村などの地域を指す。

 

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

www.qab.co.jp