1944年 10月10日 『十・十空襲』

琉球列島を確保せよ

米軍による沖縄攻撃

『1944年10月3日、太平洋軍地区米軍は、琉球列島(南西諸島)を確保せよ、との指令を受けとった

琉球諸島は日本四島への入口、その中でも沖縄島は最も重要な島である。琉球侵攻を決定したことは、米国が日本の防衛線の内陣に食い込む用意ができていたことを意味するものであった。』(15頁)

『沖縄最初の攻撃は、レイテ上陸作戦に参加した第3艦隊所属の攻撃空母機動部隊(司令官マーク・A・ミッチャー中将)によって行われた。大型空母7、戦艦5、小型空母8、重巡4、軽巡7、対空巡3、駆逐艦58が、昭和19年10月10日の未明沖縄沖に到着した。台風による悪天候を利用して、南東からその後を追ってきたものであった。』(52頁)

《「沖縄 日米最後の戦闘」(米国陸軍省編・外間正四郎訳/光人社NF文庫) 15、52頁より》

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/108-26-2.jpg

空母ホーネット (CV-12) 甲板上で、暖機運転中のF6F-5機。同機には、南西諸島攻撃用のロケット弾が搭載。(1944年10月10日撮影)

F6F-5s warming up on flight deck of USS HORNET (CV 12). Planes loaded with rockets for strike against Nansei Shoto (Japan Proper).

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/108-31-4.jpg

F6F機。沖縄攻撃の準備のため、空母エンタープライズ(CV-6)の甲板上で弾薬が装備されているところ。点検され、翼にある銃器に50口径の弾が充填されている。(1944年10月10日撮影)

An F-6F on flight deck of the USS ENTERPRISE (CV-6) being loaded and prepared for a strike on Okinawa.Receiving a check-up and re-load of 50 cal shell for its many guns in the wings.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

『このころ、巡洋艦駆逐艦からなる小型の機動部隊が、2,400キロ東方のマーカス島に猛攻を加え、日本軍をして大機動部隊来襲と思わせようとしたり、マリアナに基地をもつ爆撃機が、硫黄島を猛爆し、その方面からの偵察が不可能になるようにしたり、第3艦隊所属の空母部隊に先んじて牽制偵察機を飛ばせたりして日本軍を牽制し、その間にミッチャーの空母部隊が沖縄沖に達したのである。

ミッチャーの艦爆機は、10月10日の朝早くから沖縄に対して波状攻撃を開始した。』(53頁)

《「沖縄 日米最後の戦闘」(米国陸軍省編・外間正四郎訳/光人社NF文庫) 53頁より》

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/108-20-4.jpg

空母バンカーヒル(CV-17)から出撃したSC2B機。沖縄本島へ爆撃に向かうところ。撮影機材:K-20カメラ。(1944年10月10日撮影)

SB2Cs from USS BUNKER HILL (CV 17) ready to drop bomb loads on Okinawa Jima, Nansei Shoto. K-20. Alt. var. F.L.. 6 3/8”. Aerial.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

『空襲は十日午前六時すぎ日本軍の不意をついて突如として開始された。軍の首脳部でさえ信じられないできごとだったので、一般住民は「友軍の演習だろう」ぐらいに思って安閑としていた第一撃は読谷山、嘉手納、伊江島小禄各飛行場に向けられ、編隊をなした艦載機群から大量の焼夷弾、爆弾、ロケット弾、機銃が浴びせられた。』

読谷村史 「戦時記録」上巻 第二章 読谷山村民の戦争体験 第一節 読谷山村における沖縄戦

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/108-24-4.jpg

第38機動部隊による南西諸島への攻撃。空母ハンコック(CV-19)の艦載機による攻撃で炎上する沖縄本島飛行場施設(1944年10月10日撮影)

Task Force 38 strikes Nansei Shoto, the southwestern islands of Japan, as airfield installations on Okinawa Shima burn after attack by USS HANCOCK (CV19) planes.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/108-31-3.jpg

兵器要員。沖縄の施設と日本軍に対する再攻撃のため、TMB機に破砕爆弾を装備するところ。空母エンタープライズ(CV-6)上にて。(1944年10月10日撮影)

Ordnance men loading TBM's with fragmentation bombs for another strike at Okinawa installations and Japanese personnel: on board the USS ENTERPRISE (CV-6).

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

『その後、船舶、無線設備、港湾設備などが攻撃目標になり、さらに未曽有の被害をもたらしたのは、午後一時からの那覇市街などへの無差別攻撃だった。』

読谷村史 「戦時記録」上巻 第二章 読谷山村民の戦争体験 第一節 読谷山村における沖縄戦

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/108-29-2.jpg

炎上する那覇市港湾施設。台湾・沖縄攻撃の際に、空母フランクリン(CV-13)の艦載機から撮影。(1944年10月10日撮影)

Harbor installations in Naha City, Okinawa Jima, Ryukyu Retto, burning. Taken by plane from USS FRANKLIN (CV-13) during Formosa-Ryukyu strike.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

首里の高台から那覇市街を見下ろした人は、「船や飛行場、倉庫などが爆発、その煙が天まで届いて怪物のように見えた。それが落ちてくるのではないか」と恐怖した。那覇市の9割が焼失。日本への空襲で初めて焼夷弾が使われ、病院や学校など、民間施設も爆撃を受けた無差別攻撃だった。』

報道の魂 

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/108-30-2.jpg

炎上する那覇市港湾施設。台湾・沖縄攻撃の際に、空母フランクリン(CV-13)の艦載機から撮影。(1944年10月10日撮影)

Harbor installations in Naha City, Okinawa Jima, Ryukyu Retto, burning. Taken by plane from USS FRANKLIN (CV-13) during Formosa-Ryukyu strike.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館

『爆撃は一日中つづき、多くの日本軍の飛行機が地上で攻撃うけて、破壊され、弾丸をあび、ほんの2、3機が舞い上がったのみであった。バンカーヒルの戦闘爆撃機が、相接する2隻の日本潜水艦を発見し、そのまんなかに爆弾を投下した。爆撃は沖縄島ばかりでなく、久米島宮古奄美大島、徳之島、南大東島に対しても行われた。』(53頁)

《「沖縄 日米最後の戦闘」(米国陸軍省編・外間正四郎訳/光人社NF文庫) 53頁より》

 

 

第32軍の動向

独立混成第44旅団の日本兵の証言:

『「グラマン(米軍戦闘機)がひっきりなしに来る。数なんて分からんかったです。『ドーン』とでも言うんかなあ。1発や2発やないから、口で表現しようもない。みな山の上へ上がってね。ただ見とるだけです。何もできん。とにかくね、見渡す限り穴だらけやな」』

『「きれいな街、という印象だった名護の街は変わり果ててしまって。民家なんかつぶれてね。住民はもう家を建てるのを諦めて、それきり壕に入って生活しよったわね」』

神戸新聞NEXT|連載・特集|シリーズ 戦争と人間| 第4部 玉砕せよ~沖縄戦~ |(2)空襲、見渡す限り穴だらけ

http://www.archives.pref.okinawa.jp/USA/108-25-2.jpg

第38機動部隊による南西諸島への攻撃。空母ハンコック(CV-19)の艦載機は、沖縄本島奄美大島近海を通る船舶をロケット弾で攻撃した。(1944年10月10日撮影)

Task Force 38 strikes the Southwestern Islands of Japan as planes from USS HANCOCK (CV19) make a rocket attack on shipping at Okinawa Shima and Amami Oshima, in Ryukyu Islands.

写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館 

軍司令部

『…第32軍は10月11日、「十・十空襲」での那覇市壊滅を第十方面軍と西部軍に次のように打電している。

那覇市ハ十日午後第四、第五両次ノ銃撃及爆撃ヲ伴フ大規模ノ焼夷弾攻撃ニ依リ全市火ヲ発シ十日夜半迄ニ県庁其ノ他一部ヲ残シ烏有(うゆう)ニ帰セリ」 と被害の大きさを伝えている。

空襲は日没まで五波に及び、その範囲も北は奄美大島から南は石垣島までの南西諸島のほぼ全域に爆撃が加えられた。』

読谷村史 「戦時記録」上巻 第二章 読谷山村民の戦争体験 第一節 読谷山村における沖縄戦

 

 

そのとき、住民は・・・

http://www.nhk.or.jp/okinawa/okinawasen70/picture/style/img/detail03_img.jpg

沖縄戦の絵】『10・10空襲で燃える那覇

昭和19年10月10日の10・10空襲の様子。…那覇市泉崎の自宅から宜野の湾市の親せきの家へ避難する途中、首里城守礼門のあたりから炎上する那覇市を目撃した。遠くに見える街からは赤い炎と黒い煙が上がっている。』

10・10空襲で燃える那覇 | 沖縄戦の絵 | 沖縄戦70年 語り継ぐ 未来へ | NHK 沖縄放送局

『1944年(昭和19年)10月10日。その日の朝、…トイレの窓の向こうに、異変を見た。遠くの空に黒い煙がもくもくと上がっていた。そして、蚊のような大群がこちらに向かって飛んで来る。それは航空機だった。機銃掃射!「何が起きているのかわからないが、とにかく防空壕へ入れ」と父は言う。近所の人たちは、「これは演習ですか?」と聞いていた。

それは本物の空襲だった。早朝から夕方まで、5回にわたる波状攻撃。延べ1400機の米軍艦載機が、合計541トンの爆弾を落とした。』

報道の魂 

http://www.nhk.or.jp/okinawa/okinawasen70/picture/style/img/detail06_img.jpg

沖縄戦の絵】 『10・10空襲 戦火の集落と防空壕

那覇市大嶺…の集落近くには日本軍の飛行場があり、昭和19年10月10日の10・10空襲では、爆弾や機銃掃射を雨あられと浴びせられ、住宅地域も被災した。…祖父母や親せきなど8人で防空壕に逃げ込んだ。激しい空襲は午後から3時間ほど続き、爆風で壕は揺れ、板やクバの葉の上に盛り土をしただけの天井からは土が頭上に降り注いだ。いつ止むとも知れない爆発音の中、全員耳と口を押さえてじっとうずくまっていた。
この時の恐怖は今でも忘れられないという。この空襲で同じ集落の住民2人が死亡し3人が負傷。2~3日経ち、家のすぐそばの海岸でたくさんの爆弾が落ちているのを見つけ、改めて空襲の激しさを知ったという。』

10・10空襲 戦火の集落と防空壕 | 沖縄戦の絵 | 沖縄戦70年 語り継ぐ 未来へ | NHK 沖縄放送局

http://www.nhk.or.jp/okinawa/okinawasen70/picture/style/img/detail05_img.jpg

沖縄戦の絵】 『空襲を受ける沖縄愛楽園』

昭和19年の10・10空襲で、当時国民学校6年生…が学校帰りに見た光景。昼ごろ雑木林の中を歩いていると5、6機の戦闘機が現れ、日本軍機と思って手を振ると機銃掃射を始めたので、とっさに松の木陰に隠れた。翼には米軍機を示す星のマークが見えた。戦闘機はハンセン病療養所の現在の沖縄愛楽園へ向かい、機銃を撃ちながら急降下を繰り返し、建物のセメント瓦の屋根が銃撃で砕けた。急上昇する機体からは黒い爆弾が落とされた。
米軍機に憎しみを感じると同時に、攻撃のすさまじさに圧倒された。』

『沖縄愛楽園の自治会で入所者の証言などを集め編集している事務局によると、10・10空襲については当時の園長の手記に、爆弾の破片で2~3人が軽いケガをしたと記されているとのこと。攻撃の理由は、軍事施設と思われたのではないかとも言われているが、正確なことは分かっていない。』

空襲を受ける沖縄愛楽園 | 沖縄戦の絵 | 沖縄戦70年 語り継ぐ 未来へ | NHK 沖縄放送局

http://www.nhk.or.jp/okinawa/okinawasen70/picture/style/img/detail07_img.jpg

沖縄戦の絵】 『死んだ米兵に石を投げる兄妹』

昭和19年10月10日の10・10空襲から5日ほど後、海岸の堤防のそばに、墜落した米軍機の乗組員とみられる遺体が流れ着いていた。空襲で家を焼かれた当時9歳…と6歳の妹は、米兵の遺体に石を投げた。…当時学校では「鬼畜米英」と教わり、憎しみが募っていた。時代は変わり、…石を運んでくれた妹は今、アメリカ人と結婚して幸せに暮らしている。正しい教育を受けられる、戦争のない世の中が続いてほしい』

死んだ米兵に石を投げる兄妹 | 沖縄戦の絵 | 沖縄戦70年 語り継ぐ 未来へ | NHK 沖縄放送局

http://www.nhk.or.jp/okinawa/okinawasen70/picture/style/img/detail04_img.jpg

沖縄戦の絵】『10・10空襲直後に描いたノート 』

昭和19年の10・10空襲直後、1~2週間ほどの間…に描いた空襲の記録の一部。10月10日の朝7時前米軍機が現れて爆撃が始まった。…家族4人は、自宅から500メートルほどの那覇市若狭の墓の中に避難。中は大勢の人で溢あふれ、担架で運ばれてくる負傷者もいた。午後6時ごろようやく空襲がやみ、被害の無かった那覇市郊外の高台へ向かった。火災を避けて初めは海沿いを進んでいたが、現在の松山のあたりで次第に街なかの炎が行く手を阻むようになった。道の両側が燃え上がって熱くてたまらず、できるだけ道の中央を歩いた。前を行く人たちを見て「あの人たちが通ってるから大丈夫だ」とついていった。およそ3時間後ようやく高台にある知人宅に到着。夜の9時になっていた。』

10・10空襲直後に描いたノート | 沖縄戦の絵 | 沖縄戦70年 語り継ぐ 未来へ | NHK 沖縄放送局

【戦世の証言】 NHK沖縄放送局より: リンク先で動画が観られます。

『69年前の10・10空襲は、住民を戦闘に巻き込んだ沖縄戦につながる悲劇の始まりの1つととらえる人も多くいます。また沖縄の人たちに必ず勝つとされた戦争に疑問を抱かせるものともなりました。10・10空襲を生き延びた2人の男性に空襲を目の当たりにして何を感じたのか、そして平和への思いについてうかがいました。』

10・10空襲(那覇市) | 戦世の証言 | 沖縄戦70年 語り継ぐ 未来へ | NHK 沖縄放送局

 

『戦時中、通信や郵便を扱う旧逓信省の職員になり、海軍司令部壕の設置工事に携わったあと、沖縄戦終結する直前まで軍とともに働くことになった男性がいます。昭和19年の那覇市の十・十空襲で一命を取りとめながら、その後、地上戦に巻き込まれ、数多くの死に直面し続けた男性の思いをうかがいました。』

十・十空襲~沖縄戦(那覇市) | 戦世の証言 | 沖縄戦70年 語り継ぐ 未来へ | NHK 沖縄放送局

 

『いまから70年前の昭和19年10月10日、アメリカ軍が県内各地を上空から爆撃し、那覇市のほぼすべてが焼き尽くされ、1400人あまりの死傷者が出ました。この「10・10空襲」は、多くの県民にとって戦争の恐怖を肌で感じさせ、半年後に始まる沖縄戦への不安を生じさせるものとなりました。』

10・10空襲(那覇市) | 戦世の証言 | 沖縄戦70年 語り継ぐ 未来へ | NHK 沖縄放送局

『1944年10月10日「十・十空襲ー那覇の崩壊」アメリカ軍は、南西諸島全域に大空襲を敢行した。10・10空襲と呼ばれるこの空襲によって那覇市は一挙に炎上し壊滅した。空襲は10日の午前7時の第一次から午後3時45分までの第五次まで延べ9百機におよぶ大規模なものであった。第二次の那覇港攻撃に続いて正午をはさんでの第三次攻撃で垣花町が炎上し、第四次攻撃は那覇市街地に集中し、第五次は全機をあげて那覇攻撃に終始した。低空銃爆撃とともに、多数の焼夷弾を投下したため、市内各所に火災が生じ、それが翌朝まで燃えつづけ、全市域の90%が消失した。

罹災戸数は、15,648戸中11,440戸に及んだ。とくに西本町592戸、貸座敷689戸で、上之蔵町602戸、東町552戸、旭町275戸、久茂地町903戸で全焼、西新町は1,146戸のうち1,130戸が焼失、天妃町は371戸のうち370戸が焼失した。また軍民あわせて150隻の船舶が沈み、また交通機関の破壊をはじめ軍需物資、民需物資の被害は大きかった。住民の死傷者は、死者330、負傷者455であった。この空襲によって那覇市庁舎は焼失し、重要書類もことごとく灰となった。→『写真集・那覇百年のあゆみ』

http://ryubun21.net/media/2/20140907-IMG_8461.JPG

「10・10空襲罹災地図」 赤色が被災した範囲

琉文21 » 1944年10月10日「十・十空襲ー那覇の崩壊」 

【戦跡と証言】 NHK沖縄放送局より: リンク先で動画が観られます。

『20軒もの窯元が集まる陶器の街、那覇市壷屋に、防空壕がありました。壕がある坂道の名を取って「天ぷら坂の壕」と呼ばれています。壕の建設は那覇市長の指示を受けた当時の町内会長がとりしきり、住民を挙げて進められ、昭和19年10月9日に完成しました。その翌日、のべ1000機あまりのアメリカの戦闘機が沖縄を襲いました
市街地の90%が焼失し、市内だけで、225人の住民が犠牲になりましたが、防空壕へ避難ができた壷屋では、ほとんどの住民が助かりました。』

天ぷら坂の壕(那覇市)| 戦跡と証言 | 沖縄戦70年 語り継ぐ 未来へ | NHK 沖縄放送局

 

那覇市若狭の若狭海浜公園に「なぐやけの碑」があります。和やかで穏やかという意味をもつ、なぐやけの碑には、那覇の街を焦土に変え、およそ670人の犠牲者を出した10・10空襲の犠牲者を含む那覇市戦没者およそ2万9000人の名簿が収められています。「なぐやけの碑」の慰霊祭には、空襲の犠牲者の遺族などが参列していますが、空襲を覚えている人は減る一方です。』

なぐやけの碑(那覇市)| 戦跡と証言 | 沖縄戦70年 語り継ぐ 未来へ | NHK 沖縄放送局

 

那覇市の甲辰小学校跡地に建つ石碑です。大型デパートの敷地に、戦時中まで小学校があったことを示しています。明治37年に創立され、10・10空襲で焼失するまで、40年間続いた甲辰小学校、今では、この石碑以外、当時の姿を推し量るものはありません。小学校は焼け野原となった那覇の戦後の復校計画の中で、隣接する小学校もあったことから再建されなかったのです。戦後50年が経ち、卒業生たちが石碑を建てました。』

甲辰小学校跡碑(那覇市)| 戦跡と証言 | 沖縄戦70年 語り継ぐ 未来へ | NHK 沖縄放送局

 

那覇市にある那覇空港の滑走路の北側に、塔がそびえる小高い丘があります。ここにはかつて大きな灯台が立っていました。先原埼灯台跡です。先原埼灯台は、明治29年に沖縄で初めて建てられた灯台で、高さは12メートルでした。この純白の灯台の近くには日本軍の飛行場があり昭和19年10月10日の空襲や、その後の地上戦でアメリカ軍の標的になり灯台は跡形もなく姿を消しました。いまは台座だけが残っています。』

先原埼灯台跡(那覇市)| 戦跡と証言 | 沖縄戦70年 語り継ぐ 未来へ | NHK 沖縄放送局

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

www.kobe-np.co.jp

thepage.jp

www.tbs.co.jp

www.nichimyus.jp

ryubun21.net

www.archives.pref.okinawa.jp

ospreyfuanclub.hatenablog.com