空爆、艦砲射撃

1945年 8月21日 『消えた村、消えた家』

〝沖縄〟という米軍基地 第3水陸両用軍団司令部の外観(1945年8月21日撮影) View of III Amphibious Marine Corps Command Post. 写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館 那覇にある物資補給所(1945年8月21日撮影)/ The Quartermaster Depot at Naha. 写真…

1945年 8月14日 『宮古の沖縄戦』

〝沖縄〟という米軍基地 沖縄本島の馬天港にある海軍作戦基地指令部。下士官用兵舎、赤十字用宿舎、食堂。(1945年8月14日撮影) NOB Headquarters at Baten Ko, Okinawa. Enlisted men's quarters, Red Cross hut and chow hall. 写真が語る沖縄 詳細 – 沖…

1945年 8月6日 『ATROCITIES (残虐行為) in 広島』

米軍、原子爆弾を使用する 1945年8月6日、広島に原子爆弾を投下した「エノラ・ゲイ」号の離陸前に手を振る操縦士のポール・W・ティベッツ大佐。 " Col. Paul W. Tibbets, Jr., pilot of the ENOLA GAY, the plane that dropped the atomic bomb on Hiroshima…

1945年 6月19日 『無敵皇軍参謀たちの最後の姿』

米軍の動向 新・第10軍司令官 『バックナー中将の戦死は、第10軍参謀長からニミッツ元帥に報告され、…19日、第3海兵軍団長のR・S・ガイガー少将が中将に昇進するとともに第10軍司令官に任命された。海兵隊の将官が軍司令官に任命されたのはこれが初めてだっ…

1945年 6月12日 『どうか死んでくれーッ』

米軍の動向 周辺離島の制圧 瀬長島(せながじま) 瀬長島の予備砲撃に向かう水陸両用車両。近くの浅瀬に墜落している日本軍の零(ゼロ)戦闘機に注目(1945年6月12日撮影) Amtracs moving up on Senaga Shima in preparation for the pre-invasion shelling. N…

1945年 6月9日 『米軍、粟国島に上陸』

米軍の動向 日本軍の忠魂碑の近くでノルマンディー上陸から1年を記念したカトリックのミサを行うマグラッティー牧師 (1945年6月9日撮影) Chaplain Arthur McGratty, USNR, holding Catholic services on D-Day plus One near Japanese memorial. 写真が語…

1945年 6月3日 『米軍、伊平屋島に上陸』

米軍の動向 周辺離島の制圧 伊平屋島(いへやじま): 上陸日 空爆を受ける伊平屋島へ揚陸艦で向かう海兵隊。(1945年6月3日撮影) Marine laden LST's move toward Iheya which is being pounded by an air assault. 写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館 伊…

1945年 5月27日 『さらば、首里よ』

米軍の動向 首里に迫る米軍 『5月26日の日本軍の移動が、空中からの観測で報告されたので、バックナー中将は、27日、命令を発し、両軍団(第3上陸軍団と陸軍第24師団)とも、「ただちに強力な攻撃を加え、日本軍を、支離滅裂になるまで攻撃せよ、敵をして、…

1945年 5月20日 『真っ赤な戦場』

米軍の動向 特攻機対応と被害 ほとんど毎晩日本軍機が読谷飛行場周辺に爆弾を落とし、翌朝にはこのくらい大きい穴ができていることもある(1945年 5月20日撮影) It Happens at Yontan--Almost every night Jap planes drop bombs around the Marine Yontan …

1945年 5月13日 『村全体を破壊する命令』

米軍の動向 総攻撃3日目 那覇郊外の戦線で、第22海兵連隊を視察するガイガー少将(投稿者註: 写真左)(1945年5月13日撮影) Major General Roy S. Geiger watching 22nd Marines in line on outskirts of Naha. 写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館 幕僚た…

1945年 5月6日 『連れていってください』

米軍の動向 空爆 米軍は、沖縄戦で占領した北(読谷)、中(嘉手納)、伊江島飛行場を整備し、そこから米軍機を飛ばし、南西諸島全域や九州方面の爆撃を実施した。また、航空機に魚雷を搭載し、日本海軍艦船を攻撃した。 那覇西部に爆弾を落とすTBF機(1945…

1945年 4月19日『米軍の総攻撃「耕す戦法」』

米軍の動向 周辺離島の制圧 伊江島(いえじま) 『米軍は伊江島の高台を奪るため、白兵戦につぐ白兵戦で血みどろの戦闘をくり返し、日本軍の陣地を一つ一つ攻撃し、日本軍は高台から迫撃砲や機関銃で応戦した。これまでにない激しい戦闘となった。』(164頁) 『…

1945年 4月14日『やんばるのゲリラ戦』

米軍の動向 北進する米軍 本部(もとぶ)半島・八重岳の攻略 PUSHING TO YAE-TAKE, infantrymen of the 6th Marine Division pause on a mountain top while artillery shells a Japanese position. HyperWar: US Army in WWII: Okinawa: The Last Battle [Cha…

1945年 4月1日『米軍、沖縄島に上陸』

沖縄島攻略はじまる 米軍の動向 上陸日: 復活祭の朝 米機動部隊の上に昇る日の出。上陸日、沖縄近海にて。戦艦ネバダ(BB-36)から撮影。(1945年4月1日撮影) Sunrise over ships of the US Task Force off Okinawa in the Ryukyus L-day. Taken from the USS…

1945年3月31日『沖縄島上陸・前夜』

米軍の動向 沖縄本島上陸・前夜 『3月31日の午後までにブランディ提督は、那覇地区の一部危険と思われる陣地を除いて「準備は十分である」との報告をすることができた。日本軍の海岸砲は、米艦隊の艦砲射撃中はまったく鳴りをひそめていて砲口を開かなかった…

1945年 3月29日『慶良間列島、死の島と化し米軍の海軍基地となる』

米軍の動向 空爆 / 艦砲射撃 / 掃海 沖縄本島 『3月29日、艦載機は沖縄の飛行場を襲い、日本機27機を撃破し、推定24機をさらに破損させた。この期間に地上で撃破された日本機は合計80機に達した。そのほか、小型船舶、木造船も襲撃され、少なくとも8隻の日…

1945年 3月26日 『米軍、慶良間列島に上陸』

住民を巻き込んだ地上戦の始まり 米軍の動向 慶良間(けらま)攻略 慶良間列島の空中写真。 Aerial view of one of Kerama Islands, Ryukyu Islands. 写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館 『沖縄戦は昭和20年3月26日、A.D. ブルース少将の率いる米第77歩兵師…

1945年 3月25日『慶良間列島への上陸作戦前夜』

1945年(昭和20) 3月25日は、 日本で唯一の「住民を巻き込んだ地上戦」が沖縄で始まる前夜だった。 米軍の動向 空爆 / 艦砲射撃 / 掃海 慶良間(けらま)列島 『米軍は1945年3月23日の空襲開始に続き3月25日、慶良間諸島に上陸前段の大規模な艦砲射撃をした。』…

1945年 3月24日『米軍の空爆と艦砲射撃』

米軍の動向 空爆と艦砲射撃 前日の23日から沖縄全域を対象に開始された空爆は2日目を迎え、この日からは米軍による艦砲射撃も始まった。 沖縄島への艦砲射撃 『24日からは押し寄せた戦艦8隻、駆逐艦27隻からの艦砲射撃が、本島南部や中城湾に叩き込まれた。…

1945年 3月23日『米軍による沖縄攻略戦の開始』

沖縄攻略戦の開始 米軍の動向 沖縄全域の空爆 1945年3月1日以降、途絶えていた米軍の空爆が再び始まった。 『1945年3月23日、沖縄本島は朝から夕方まで延べ355機の艦載機による空襲を受けました。米軍による沖縄攻略戦の開始でした。』 特集 沖縄戦クロニク…

1944年 10月10日 『十・十空襲』

琉球列島を確保せよ 米軍による沖縄攻撃 『1944年10月3日、太平洋軍地区米軍は、琉球列島(南西諸島)を確保せよ、との指令を受けとった。 琉球諸島は日本四島への入口、その中でも沖縄島は最も重要な島である。琉球侵攻を決定したことは、米国が日本の防衛…