沖縄本島

1945年 6月22日 『アメリカ世(ゆ)の始まり』

アメリカ世(ゆ)の始まり 『合衆国がこの作戦に傾注された意志力、献身および物量により、また敵の死闘と相俟って…この戦いは戦史の上でもっとも激烈かつ有名な戦いとなりました…われわれは戦いに参加された貴国の全部隊ならびに各級指揮官に対して敬意を表し…

1945年 6月21日 『米軍の「沖縄作戦」終わる』

米軍の「沖縄作戦」終わる 『沖縄作戦は82日間にわたる戦闘の後、1945年6月21日に終わった。豪雨と困難な地形に加えて、狂信的な敵が複雑な洞窟網に拠って頑強に抵抗したため、この戦いはアメリカ軍にとって史上最大の激戦のひとつとなった。 ---「沖縄作戦…

1945年 6月20日 『方面軍からの感状』

米軍の動向 後方で進む基地建設 米軍は、沖縄に上陸した直後から、前線では戦闘を、後方では基地建設をした。これは、日本本土への出撃基地とするため、また、沖縄での地上戦の足場として、航空基地建設、補給路確保のインフラ整備が必要なためである。 ピカ…

1945年 6月19日 『無敵皇軍参謀たちの最後の姿』

米軍の動向 新・第10軍司令官 『バックナー中将の戦死は、第10軍参謀長からニミッツ元帥に報告され、…19日、第3海兵軍団長のR・S・ガイガー少将が中将に昇進するとともに第10軍司令官に任命された。海兵隊の将官が軍司令官に任命されたのはこれが初めてだっ…

1945年 6月18日 『バックナー中将、戦死』

米軍の動向 バックナー中将、戦死 『6月18日の昼すぎ、第10軍司令官バックナー中将は、真壁付近に布陣する第2海兵師団の前線観測所に立ち寄って海兵隊のさいごの進撃状況を視察中、日本軍の47ミリ対戦車砲の一弾が岩の下部に命中し、相次いで五発の砲弾がと…

1945年 6月17日 『生命を助けるビラ』

米軍の動向 艦隊用レクリエーションエリア近くの牧草地で、小型の馬に乗る下士官。慶良間列島の座間味島にて。(1945年6月17日撮影) Enlisted men riding small horses in pasture near fleet recreation area on Zamami Jima Island, Kerama Retto. 写真が…

1945年 6月16日 『イモとサトウキビ』

米軍の動向 南進する米軍 前線へ向けて那覇飛行場を行軍する第2海兵師団第8連隊(1945年6月16日) Marines of the 8th Regiment, Second Division, on their way to the front on Okinawa, march across Naha airfield. 写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書…

1945年 6月15日 『戦利品への執着』

米軍の動向 焼夷弾とロケット弾を搭載したF4U機が久志岳頂上の日本軍要塞攻撃のために出発(1945年6月15日撮影) An F4U carrying firebombs and rockets at the start of its attacking run against the Japanese stronghold on the mountain-peak of Kushi…

1945年 6月14日 『アブチラガマへの攻撃』

米軍の動向 映画鑑賞中。沖縄にて(1945年6月14日撮影) Okinawa, Moving Pictures 写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館 後方で進む基地建設 米軍は、沖縄に上陸した直後から、前線では戦闘を、後方では基地建設をした。これは、日本本土への出撃基地とす…

1945年 6月13日 『2人の少年の冒険』

米軍の動向 戦没者を讃え半旗を掲げる(1945年6月13日撮影) Flag Day on Okinawa 投稿者註: 原文には Flag Day(フラッグ・デー / 星条旗を称える米国の祝日)とある。 写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館 後方で進む基地建設 コンセット小屋の側面に絶…

1945年 6月12日 『どうか死んでくれーッ』

米軍の動向 周辺離島の制圧 瀬長島(せながじま) 瀬長島の予備砲撃に向かう水陸両用車両。近くの浅瀬に墜落している日本軍の零(ゼロ)戦闘機に注目(1945年6月12日撮影) Amtracs moving up on Senaga Shima in preparation for the pre-invasion shelling. N…

1945年 6月11日 『住民は日本兵の盾』

米軍の動向 車が通る度に舞い上がる砂ぼこりをおさえるために砂利がまかれた1号線と20号線の間のキング通り。砂ぼこりがひどくなったのは雨の4日後からで輸送の遅延が発生した。(1945年6月11日撮影) Crushed rock has been spread over King Street, betwe…

1945年 6月10日 『戦いは米軍の独り舞台となる』

米軍の動向 前線部隊の進軍準備に伴い設置された海兵隊機関銃班(1945年6月10日撮影) Marine Machine Gun team set up as first lines prepare to advance. 写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館 隊列を整えて基地に戻るTBMアベンジャー機(1945年6月10日…

1945年 6月9日 『米軍、粟国島に上陸』

米軍の動向 日本軍の忠魂碑の近くでノルマンディー上陸から1年を記念したカトリックのミサを行うマグラッティー牧師 (1945年6月9日撮影) Chaplain Arthur McGratty, USNR, holding Catholic services on D-Day plus One near Japanese memorial. 写真が語…

1945年 6月8日 『地域で異なる沖縄戦』

米軍の動向 カタパルト上の飛行機。船から偵察へ出かける(1945年6月8日撮影) Shot of a plane on the catapult used for aerial observation by the ship. 写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館 TBM機から前線に投下する迫撃砲弾の取り付け。(1945年6…

1945年 6月7日 『日本軍の住民対策』

米軍の動向 利用可能な日本軍の機材調査のため前線へ飛び立つ第6海兵師団の偵察機。わずか100ヤード(約91m)先の日本軍陣地を米軍機が爆破する様子に注目(1945年6月7日撮影) Recon of 6th Marine Division Engineers move up to front lines to estimate …

1945年 6月6日 『沖縄県民の実情』

米軍の動向 雨と泥との闘い 「泥将軍」が支配する沖縄--梅雨時の道路で、キャタピラトラクターが救出にくるまで泥のなかで立ち往生していた海兵隊の傷病兵輸送ジープ。他の車両をぬかるみから引っ張り出すため待機する第1海兵師団の駆逐戦車(後方)。(1945…

1945年 6月5日 『日本海軍の抵抗』

米軍の動向 ハマーソン牧師。第6師団の教会にて(1945年6月5日撮影) Chaplain J. L. Hamerson shown at his chapel at Sixth Division on Okinawa. 写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館 コルセア戦闘機から度重なるロケット弾の攻撃を浴びせ日本軍の要塞…

1945年 6月4日 『米軍、小禄半島に上陸』

米軍の動向 米軍、小禄半島に上陸 小禄(おろく)半島・奥武山(おおのやま) https://www.ibiblio.org/hyperwar/USMC/V/USMC-V-II-9.html 『…午前4時45分、まず砲兵隊が1時間にわたる予備砲撃で、4300発の砲弾を上陸予定地の前にある高台に撃ち込んだ。 第4海兵…

1945年 6月3日 『米軍、伊平屋島に上陸』

米軍の動向 周辺離島の制圧 伊平屋島(いへやじま): 上陸日 空爆を受ける伊平屋島へ揚陸艦で向かう海兵隊。(1945年6月3日撮影) Marine laden LST's move toward Iheya which is being pounded by an air assault. 写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館 伊…

1945年 6月2日 『破壊された琉球の文化財』

米軍の動向 雨と泥との闘い 写真に見られるようなぬかるみのため前線への陸路は断たれた。前線への補給物資は携行するか空輸するしかない。 (1945年6月2日撮影) Mud like this made land travel to the lines impossible. Supplies had to be carried or f…

1945年 6月1日 『残存兵の戦場』

米軍の動向 南進する米軍 HyperWar: US Army in WWII: Okinawa: The Last Battle [Chapter 17] 『南部攻撃が6月初日にはじまったとき、海兵隊は日本軍を孤立化させるよりも壊滅させる計画であった。第3上陸軍団は、偵察隊を派遣させたところ、首里付近に残っ…

1945年 5月31日 『戦いはまだ続く』

米軍の動向 周辺離島の制圧 伊平屋島(いへやじま) 伊平屋島侵攻に向け、ドック型揚陸艦オーク・ヒル(LSD-7)の凹甲板に荷積みを行う様子。(1945年5月31日撮影) Loading the well deck of the USS OAKHILL (LSD-7) at Okinawa, Ryukyus in preparation for …

1945年 5月30日 『死の行進』

米軍の動向 第7歩兵師団の墓地で戦没将兵追悼記念日に礼拝をするスチネット牧師と助手のヴァンスT/4、キネオン上等兵、ミルズ軍曹(1945年5月30日撮影) Chaplain C. R. Stinnette, Hartford, Conn., and aides, T/4 Christopher Vance, Bismail, N. D., Pfc…

1945年 5月29日 『首里城に侵入した海兵隊』

米軍の動向 雨と泥との闘い どこもかしこも泥だらけ。雨期の伊江島では、多年性植物のようにしぶといはずのジープでさえ、そこら中のぬかるみに足をとられる。ここで作業中の兵士によると、琉球の泥はイタリアやアリューシャン列島の泥に匹敵するとのことで…

1945年 5月28日 『最前線に戻った海軍部隊』

米軍の動向 首里に迫る米軍 『5月の末、戦線が首里のまわりに固まるにつれて、首里の町にいちばん近くなったのが、北西部から進んできた第1海兵師団と、北および北東の方角から攻めてきた米第77師団であった。偵察隊の報告によると、日本軍の首里防衛の火力…

1945年 5月27日 『さらば、首里よ』

米軍の動向 首里に迫る米軍 『5月26日の日本軍の移動が、空中からの観測で報告されたので、バックナー中将は、27日、命令を発し、両軍団(第3上陸軍団と陸軍第24師団)とも、「ただちに強力な攻撃を加え、日本軍を、支離滅裂になるまで攻撃せよ、敵をして、…

1945年 5月26日 『大移動の意味』

米軍の動向 雨と泥との闘い 梅雨のさなか、“シュガーローフ・ヒル”にある第4海兵連隊第1大隊の司令部(1945年5月26日撮影)1st Battalion, 4th Marines Command Post, on Sugar Loaf Hill during rainy spell. 写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館 那覇の…

1945年 5月25日 『米軍、那覇に進撃』

米軍の動向 首里に迫る米軍 那覇の北にある製糖工場。(1945年5月25日撮影) Sugar mill, north of Naha, Okinawa, Ryukyu Islands. 写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館 『米軍参謀たちは、日本軍は首里で最後まで戦うだろう、と信じていた。米軍が首里に…

1945年 5月24日 『絶好の空襲日和』

米軍の動向 雨と泥との闘い 『米軍の進撃の行き詰まりは、多くは雨や泥によるもので、泥沼になると重量の大きい兵器は、二進も三進もいかなくなってしまった。』(395頁) 『…雨期になれば泥があらゆるものの支配者であった。米軍はこの期間には大規模な攻撃を…