沖縄島からの脱出

1945年 7月20日 『警部補の沖縄島脱出』

〝沖縄〟という米軍基地 読谷飛行場に降り立ち、歓迎の出迎えを受ける “ハップ” アーノルド陸軍大将。(1945年7月20日撮影) General view of Army General ”Hap” Arnold being welcomed as he stepped down from plane on Yontan Airfield, Okinawa. 写真が…

1945年 6月19日 『無敵皇軍参謀たちの最後の姿』

米軍の動向 新・第10軍司令官 『バックナー中将の戦死は、第10軍参謀長からニミッツ元帥に報告され、…19日、第3海兵軍団長のR・S・ガイガー少将が中将に昇進するとともに第10軍司令官に任命された。海兵隊の将官が軍司令官に任命されたのはこれが初めてだっ…

1945年 6月16日 『イモとサトウキビ』

米軍の動向 南進する米軍 前線へ向けて那覇飛行場を行軍する第2海兵師団第8連隊(1945年6月16日) Marines of the 8th Regiment, Second Division, on their way to the front on Okinawa, march across Naha airfield. 写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書…

1945年 6月15日 『戦利品への執着』

米軍の動向 焼夷弾とロケット弾を搭載したF4U機が久志岳頂上の日本軍要塞攻撃のために出発(1945年6月15日撮影) An F4U carrying firebombs and rockets at the start of its attacking run against the Japanese stronghold on the mountain-peak of Kushi…

1945年 6月9日 『米軍、粟国島に上陸』

米軍の動向 日本軍の忠魂碑の近くでノルマンディー上陸から1年を記念したカトリックのミサを行うマグラッティー牧師 (1945年6月9日撮影) Chaplain Arthur McGratty, USNR, holding Catholic services on D-Day plus One near Japanese memorial. 写真が語…

1945年 6月8日 『地域で異なる沖縄戦』

米軍の動向 カタパルト上の飛行機。船から偵察へ出かける(1945年6月8日撮影) Shot of a plane on the catapult used for aerial observation by the ship. 写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館 TBM機から前線に投下する迫撃砲弾の取り付け。(1945年6…

1945年 6月7日 『日本軍の住民対策』

米軍の動向 利用可能な日本軍の機材調査のため前線へ飛び立つ第6海兵師団の偵察機。わずか100ヤード(約91m)先の日本軍陣地を米軍機が爆破する様子に注目(1945年6月7日撮影) Recon of 6th Marine Division Engineers move up to front lines to estimate …

1945年 5月30日 『死の行進』

米軍の動向 第7歩兵師団の墓地で戦没将兵追悼記念日に礼拝をするスチネット牧師と助手のヴァンスT/4、キネオン上等兵、ミルズ軍曹(1945年5月30日撮影) Chaplain C. R. Stinnette, Hartford, Conn., and aides, T/4 Christopher Vance, Bismail, N. D., Pfc…

1945年 5月26日 『大移動の意味』

米軍の動向 雨と泥との闘い 梅雨のさなか、“シュガーローフ・ヒル”にある第4海兵連隊第1大隊の司令部(1945年5月26日撮影)1st Battalion, 4th Marines Command Post, on Sugar Loaf Hill during rainy spell. 写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館 那覇の…

1945年 5月12日 『今帰仁村の住民虐殺』

米軍の動向 総攻撃2日目 安里(あさと)・真嘉比(まかび): シュガーローフ: (52高地) 『海兵隊がはじめて首里の東側、真壁との間にある高地シュガー・ローフの日本軍に遭遇したのは、5月12日であった。第22海兵連隊のG中隊は、戦車11輌を先頭に、安里川のほう…

1945年 5月11日 『警察別動隊の沖縄脱出』

米軍の動向 総攻撃当日 『5月11日、米軍の総攻撃が開始された。はじめのうちは全戦線とも密接な連携がたもてた。だが、まもなく部隊間の連絡は断ちきられ、米軍は、西側、中央、東側で、それぞれ相当頑強な日本軍に出会い、熾烈な戦闘にはいった。』(336頁) …

1945年 5月10日 『沖縄島からの脱出』

米軍の動向 総攻撃前夜 『バックナー中将は、5月10日、今度の攻撃では、特別に変わった戦闘はない、と語って、さらにつぎのようにつけ加えた。 「今度の攻撃もこれまでの続行にすぎない。もし、ただちに占領できない陣地があれば、いつまでもそれに固執せず…