学徒隊 / 少年兵

1945年 8月14日 『宮古の沖縄戦』

米軍の動向 ハト小屋と港務監督所。那覇にて。ロリンズ1等兵は、監督所の脇でハトの管理をしている。(1945年8月14日撮影) Pigeon loft and port director, Naha, Okinawa. 14 Aug. 1945Herbert A. Rollins, S1/c, is responsible for pigeons by the Port …

1945年 8月13日 『八重山の沖縄戦』

【投稿者註】先島諸島では地上戦がなかったため、日米両軍の記録や証言、住民の体験談等が乏しいが、八重山諸島に関しては、ここに集約しておく。 第32軍の動向 先島諸島の日本軍 八重山諸島 『八重山群島には、昭和19年に宮古島から配転になった独立混成第4…

1945年 8月7日 『久志地区』

米軍の動向 軍政府病院にいる民間人の患者。沖縄本島にて。地元民の手当をするシュリューター衛生兵。(1945年 8月 6-7日撮影) Japanese patients in a Military Government hospital on Okinawa, Ryukyu Islands. R. J. Schluter, PHM3/c, treating a nati…

1945年 8月4日 『戦場でひとりぼっち』

米軍の動向 屋根なし観覧席に座り、服装についての講義を聴く兵士達(1945年8月4日撮影) Men sit on the bleachers to hear a lecture on clothing. 写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館 小さな男の子の喉を検査するウィンターズ衛生兵。沖縄本島のコザに…

1945年 8月2日 『国頭突破するためには』

米軍の動向 〝沖縄〟という米軍基地の建設 高射砲隊の陣地は敵味方全ての飛行機を識別するこの観測局によって強化される。SCR584パラボラレーダーは長方形の敵味方識別装置が作動する時に追跡を開始。レーダーは中継で発信点から目標までの直線距離をコンピ…

1945年 7月30日 『命を救った血漿輸血』

米軍の動向 米軍の兵器 MK-13魚雷が正確な角度で飛ぶように翼のバランスを確かめる第47爆撃中隊第41爆撃群の二人の兵士。沖縄。(1945年7月30日撮影) A couple of men of the 41st Bomb Group, 47th Bomb Squadron, are shown as they ”balanced” the wings…

1945年 7月24日 『それぞれの食糧事情』

米軍による占領統治 配給と自給 『沖縄の「戦後」は、沖縄戦と米軍による占領統治が同時に進行する中に始まる。米軍は沖縄上陸後、住民を収容するとともに、米国太平洋艦隊及太平洋区域司令長官兼南西諸島及其近海軍政府総長である米国海軍元帥C・W・ニミッ…

1945年 7月23日 『片手に手榴弾、片手に白い布片』

米軍の動向 〝沖縄〟という米軍基地の建設 航空守備軍管制センター用地内にある砂袋で覆われた航空守備軍の中枢部。内部につながる電線はレーダーでキャッチした敵の位置を受け、その情報を高射砲及びサーチライト砲兵隊へ送る。この島では航空守備軍は第2海…

1945年 6月21日 『米軍の「沖縄作戦」終わる』

米軍の「沖縄作戦」終わる 『沖縄作戦は82日間にわたる戦闘の後、1945年6月21日に終わった。豪雨と困難な地形に加えて、狂信的な敵が複雑な洞窟網に拠って頑強に抵抗したため、この戦いはアメリカ軍にとって史上最大の激戦のひとつとなった。 ---「沖縄作戦…

1945年 6月19日 『無敵皇軍参謀たちの最後の姿』

米軍の動向 新・第10軍司令官 『バックナー中将の戦死は、第10軍参謀長からニミッツ元帥に報告され、…19日、第3海兵軍団長のR・S・ガイガー少将が中将に昇進するとともに第10軍司令官に任命された。海兵隊の将官が軍司令官に任命されたのはこれが初めてだっ…

1945年 6月17日 『生命を助けるビラ』

米軍の動向 艦隊用レクリエーションエリア近くの牧草地で、小型の馬に乗る下士官。慶良間列島の座間味島にて。(1945年6月17日撮影) Enlisted men riding small horses in pasture near fleet recreation area on Zamami Jima Island, Kerama Retto. 写真が…

1945年 6月2日 『破壊された琉球の文化財』

米軍の動向 雨と泥との闘い 写真に見られるようなぬかるみのため前線への陸路は断たれた。前線への補給物資は携行するか空輸するしかない。 (1945年6月2日撮影) Mud like this made land travel to the lines impossible. Supplies had to be carried or f…

1945年 6月1日 『残存兵の戦場』

米軍の動向 南進する米軍 HyperWar: US Army in WWII: Okinawa: The Last Battle [Chapter 17] 『南部攻撃が6月初日にはじまったとき、海兵隊は日本軍を孤立化させるよりも壊滅させる計画であった。第3上陸軍団は、偵察隊を派遣させたところ、首里付近に残っ…

1945年 5月23日 『泥と死体とウジ虫と』

米軍の動向 首里に迫る米軍 第3水陸両用軍団155ミリ榴弾砲砲兵隊の兵士や装備を満載し、南部の日本軍陣地に接近(1945年5月23日撮影) Fully loaded with gear and men III Phib Corps 155mm Howitzer as the guns move closer to Japs on Southern Okinawa. …

1945年 5月14日 『“戦力”として必要』

米軍の動向 総攻撃4日目 第6海兵師団第22連隊第1大隊が防衛する前線での第10軍総司令官バックナー中将と第6海兵師団司令官シェパード少将。2人の司令官はこの地点から初めて、共に那覇の町を眺望した(1945年 5月14日撮影) LtGen Buckner, Command General …

1945年 5月13日 『村全体を破壊する命令』

米軍の動向 総攻撃3日目 那覇郊外の戦線で、第22海兵連隊を視察するガイガー少将(投稿者註: 写真左)(1945年5月13日撮影) Major General Roy S. Geiger watching 22nd Marines in line on outskirts of Naha. 写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館 幕僚た…

1945年 4月28日 『米軍の部隊交替』

米軍の動向 南進する米軍 部隊交替と海兵隊の南下 『4月28日、バクナーは第3水陸両用車の第1海兵師団にたいして、3日以内に戦線の西翼をになう第27歩兵師団と交代するようにつげた。』(44頁) 《「沖縄 シュガーローフの戦い 米海兵隊 地獄の7日間」(ジェーム…

1945年 4月27日 『戦場の市町村長会議』

米軍の動向 特攻機対応と被害 日本軍機による沖縄上空からの無駄な攻撃の後、米太平洋艦隊の戦艦から発射された曳光弾と砲弾の光跡。1945年4月27日。港湾内の軍艦からの砲撃。(1945年4月27日撮影) Tracers and fiery shell trails from U.S. Pacific Fleet…

1945年 4月17日『馬乗り攻撃と火炎放射器』

米軍の動向 北進する米軍 1日に40マイル以上のペースで進軍する第1海兵師団第1海兵連隊第3大隊。沖縄島北端わずか数マイルの地点を進軍中、ほとんど抵抗を受けることはなかった。(1945年4月17日撮影) Little resistance was met by these Marines of the 3…

1945年 4月16日『伊江島の「六日戦争」はじまる』

米軍の動向 特攻機対応と被害 『九州にある飛行場は、米第58機動部隊がたたいた。だが、それにもかかわらず、日本機は15日と16日、ふたたび相当な数をもって沖縄上空に現れた。16日の空襲では、神風1機が、空母イントレピッドの飛行甲板に体当たりしたのをは…

1945年 4月15日『北部の学徒隊 〜 県立第三中学校 〜』

米軍の動向 北進する米軍 沖縄本島北部の田舎の風景。名護の潜水艦待避所を見渡せる丘からの眺め。(1945年4月15日撮影) Countryside of northern Okinawa in Ryukyus. From hill overlooking submarine pens above Nago. 写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文…

1945年 4月14日『やんばるのゲリラ戦』

米軍の動向 北進する米軍 本部(もとぶ)半島・八重岳の攻略 PUSHING TO YAE-TAKE, infantrymen of the 6th Marine Division pause on a mountain top while artillery shells a Japanese position. HyperWar: US Army in WWII: Okinawa: The Last Battle [Cha…

1945年 4月12日『「この島を守っているのは兵隊だ」』

米軍の動向 特攻機対応と被害 『特攻機の攻撃は、警備艦船や渡具知沖の船団に重点が移った。この日の空襲で艦船17隻が命中弾をうけ、うち2隻が沈没。駆逐艦 M・L・アベルも特攻機と〝バカ爆弾〟をうけて沈んだ。この〝バカ爆弾〟とは、双発爆撃機から発射さ…

1945年4月2日『南北に分断された沖縄島』

米軍の動向 沖縄島を南北に分断: 侵攻2日目 『沖縄本島を進撃中の米軍は、上陸後2日目には、中城湾の沿岸付近まで進出、沖縄を北部と南部に分断した。その途中、日本軍の抵抗を受け約100名の死傷者をだしたが、それでも本格的戦闘はまだだった。』(57頁) 《…

1945年 4月1日『米軍、沖縄島に上陸』

沖縄島攻略はじまる 米軍の動向 上陸日: 復活祭の朝 米機動部隊の上に昇る日の出。上陸日、沖縄近海にて。戦艦ネバダ(BB-36)から撮影。(1945年4月1日撮影) Sunrise over ships of the US Task Force off Okinawa in the Ryukyus L-day. Taken from the USS…

1945年3月31日『沖縄島上陸・前夜』

米軍の動向 沖縄本島上陸・前夜 『3月31日の午後までにブランディ提督は、那覇地区の一部危険と思われる陣地を除いて「準備は十分である」との報告をすることができた。日本軍の海岸砲は、米艦隊の艦砲射撃中はまったく鳴りをひそめていて砲口を開かなかった…

1945年 3月30日『激化する空と海からの攻撃』

米軍の動向 空爆 / 艦砲射撃 沖縄本島 戦艦ネバダ(BB-36)の40ミリ砲。沖縄本島の上陸拠点を砲撃する様子。(1945年3月30日撮影) 40mm guns of USS NEVADA (BB-36) firing on beachhead of Okinawa in Ryukyus. 写真が語る沖縄 詳細 – 沖縄県公文書館 『3月3…

1945年 3月29日『慶良間列島、死の島と化し米軍の海軍基地となる』

米軍の動向 空爆 / 艦砲射撃 / 掃海 沖縄島 『3月29日、艦載機は沖縄の飛行場を襲い、日本機27機を撃破し、推定24機をさらに破損させた。この期間に地上で撃破された日本機は合計80機に達した。そのほか、小型船舶、木造船も襲撃され、少なくとも8隻の日本…

1945年 3月28日『慶良間の住民が集団自決』

米軍の動向 慶良間(けらま)列島侵攻・3日目 渡嘉敷島(とかしきじま) 慶良間諸島の渡嘉敷島。米陸軍の部隊は、さしたる抵抗も受けずにこの島に上陸した。そうした上陸作戦の1つ。水上機母艦チャンドラー(AV-10)から撮影。(1945年3月28日撮影) Tokashiki J…

1945年 3月27日『米軍、慶良間列島を次々と制圧』

米軍の動向 慶良間(けらま)侵攻・2日目 3月27日午前9時11分、米軍は『慶良間で一番大きな渡嘉敷島に上陸し二日間かかって同島を制圧』、同じ日に『久場島、安室島、阿波連島を攻略』した。(18、20頁) 《写真記録「これが沖縄戦だ」(大田昌秀 編著/琉球新報社…